編集  

レイピア単語

レイピア

レイピアとは、

  1. 16~17世紀頃のヨーロッパで護身用いは決闘用に用いられた、細身で先端の鋭くった刺突用の片手剣
  2. 英国BAC社の開発した短距離ミサイル、及びそのシステムフォークランド紛争において実戦投入された。
  3. アメリカ軍の試作戦闘機、XF-108。B-70XB-70)の護衛戦闘機としての性が要されていた。
  4. ガンダムシリーズモビルスーツレイピア」。(ΖレイピアⅠ、開発コードηガンダム。)

本項では1.を紹介する。

概要

基本的には幅2.5cm以内、全長1.2m前後の細身の身を持ち、両である。
しばしばフェンシングで用いられるフルーレと混同されるが、フルーレはスモールソードの練習であり、を落とし軽量化されている。
これに対しレイピアは突くだけでなく、切り裂きにも使用でき、又、重量も1.0kg~1.3kg程度と見たより重い(日本刀と同じくらい。の2~3倍と考えると分りやすいかも。でも、これは重心が護拳側にあるからであって、直ちに身の重さ≒折れ難さとは直結しないとかなんとか、あとは詳しい人に任せる。)
但し、上記は標準形であり、時代の変遷の過程で、木の葉、身幅の広いワイレイピア、片のついていない純な刺突など、身幅、全長、重量、使用方の異なる様々なものが作られている。

 

レイピア - に軽装やでの戦闘的とした片手剣。(登場作品:アラトリステ?)

 |      の登場による軽装化→による、や肌の露出部を狙った剣術・武器という構図から

 |      日本で言う所の、江戸時代以降の打ち遇が近いと言う人もいる。

 |      (エペ・ラピエルエスパダ・ロペラ、ストリッシャ、レイピア等)

 ∟ モールソード - 護身、決闘、装身具としての側面が強化されたもの(登場作品:シュヴァリエ)

 |      ∟ フルーレ - フェンシングで有名。レイピアと言われて大抵の人が想像する、細くて凄く撓る

 |                針みたいなやつはこっち。モールソードの練習で、近代西洋剣術の基礎が

 |                みっちり入っている。文字通り練習に最良の

 |                蛇足伝統的フェンシングではフルーレではなく、木が使われる場合もある。

 ∟ エペ - エペ・ラピエルから生した、決闘用の位置づけは、スモールソードに近い。

         には刺さらないが、フェンシング防具くらいなら、浅くではあるが刺さる。

         の瞳はもう君の姿を見る事ができない。愛している…オスカル!(登場作品:ベルサイユのばら

 

・よく勘違いされるやつら

  ・エストック - 突きが体のという事で、親戚扱いされるが、全くの別物。

           相手をごとでぶった切るのは、日本でもそうだった様に、かなりの無理ゲー(故に兜割りが

           凄い技だったりするわけです)。そこで、の隙間を埋めるチェインメイルなら、突き破って

           ぶっ刺せるんじゃね?という発想で出来た武器です。

  ・サーベル - 又はサーブル。同じ近代西洋剣術(フェンシング)によって運用され、また、同時代に活躍した

           武器だが、レイピアとは全く別の血筋の武器。切り裂き用の曲の系譜です。

           蛇足独立戦争ナポレオン戦争、一次大戦と、レイピア(の子孫)、サーベルによる

           騎兵突撃が行なわれたが、軍配は、直(レイピアの血筋)ではなく、サーベルにあがった。

歴史と背景

レイピアは15世紀中期にフランスで誕生したエペ・ラピエルと呼ばれる刺突用のとされている。
後にスペインに渡り発展(エスパダ・ロペラ)、イタリア経由でフランスに戻り、17世紀初頭に普及。ヨーロパに広く流行した。
この時代は銃器の発達に伴い、れていった時期であり、による攻防技術が発達した時期でもある。
但し、戦場においてはブロードソード、サーベル等が使われており、レイピア中での護身、いは決闘のためのとして扱わる事が多かった(戦場で使われた例としては1565年のマルタ包囲戦など)。
17世紀中頃になると、より日常生活において嵩らない小(全長6070cm、重量500700g)のスモールソードが後継となり、装身具としての意味合いが高くなり、装飾も麗なものとなっていった。
現在ではスモールソードの練習であるフルーレ、及び、18世紀後半に入り帯の習慣がくなって後、決闘に用いられたエペが、フェンシングの競技に残っている。

扱い

一般的には相手の攻撃を受け流すためのパリイングダガー(名のマンゴーシュで有名)と対で使用された。
レイピア身の細さ故、破損しやすく、、刺突双方において取り扱いの難しい武器である。
その為、擦りりなど、身に負担が掛からない剣術が編み出されていった。
また、レイピアの特徴でもある複雑な柄は、護拳以外にも相手のを絡め取って折るなどの的に使用されていた。
尚、しばしば類似性を摘されるエストックは戦場において、敵の甲冑の継ぎを保護するチェインメイルを刺し貫くために開発されたもので、構造も扱いも異なる
エストックを細くしてレイピアが誕生したなどの直接的な連続性も認められていない。

関連動画

レイピア、スモールソード、フルーレ、エペ混合、順不同。

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

レイピアに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%94%E3%82%A2
ページ番号: 4770358 リビジョン番号: 2505771
読み:レイピア
初版作成日: 11/11/24 00:49 ◆ 最終更新日: 17/07/08 12:59
編集内容についての説明/コメント: 記事番号2の「英国」の位置が1の最後にずれていたので修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レイピアについて語るスレ

18 : ななしのよっしん :2015/11/01(日) 14:27:00 ID: uDa2mhlWYv
レイピア使いの一覧

アスナ(「ソードアート・オンライン」)
スカル・フランソワ・ド・ジャルジェ(「ベルサイユのばら」)
如月ハニー(「キューティーハニー」) - フルーレ
ククール(「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」)
サマルトリアの王子(「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」)
三銃士ダルタニャン、アトス、ポルトス、アラミス)(「三銃士」)
ジャン=ピエール・ポルナレフ(「ジョジョの奇妙な冒険」) - 本人でなくスタンドが使う
ゼルダ(「ゼルダ無双」)
ゾロ(「怪傑ゾロ」)
ディードリット(「ロードス島戦記」)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
19 : ななしのよっしん :2016/04/07(木) 14:53:40 ID: 3SjvSWkUGj
>>7
SFC版紋章二部ではロード系の他に踊り子のフィーナが使えたんだよな
DS版では使えなくなっていたが、当時はフィーナに王族の隠し設定でもあったんだろうか
あとifには出てきていんだよな
20 : ななしのよっしん :2016/06/02(木) 21:41:26 ID: 54UrWSA+Qv
FF1では貧弱な武器だった…
21 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 05:20:21 ID: SsN/DNo+US
そうなんだよな太刀はともかく
同じ打刀でも戦国幕末復古
江戸期の 打刀とはまたぜんぜん違うんだよな
ロングソードも実は14世紀頃に結構違ったり護身用があったりすんだが

ドラマーとか見てるとそこら辺り区分せんから分かりにくい
前者は厚重く長くて頑丈な作り 江戸期でも例外的に規制されなかった薩摩拵えが分かりやすい 戦場 レイピアに対してのブロードソード

後者は幕府が歌舞伎モノ対策とと太刀長巻や戦具取り上げる的で
長さ制限されて短め 戦もないからの飾り 軽く全に護身用途
なるべくを合わせないサムライチャンプルーな戦い強いられるのはコイツ 明治にこれを軍拵えにして戦場に持っていくとまるで役に立たなかったが 工業軍の開発理由の1つ 後者レイピアに近い
22 : ななしのよっしん :2017/01/02(月) 05:23:01 ID: SsN/DNo+US
>>18
SAO始め使い方的にどはレイピアっぽい何かでしかいけどな
モールソードやブロードソードとの区分も怪しい
23 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 06:09:05 ID: wgh+P5ZnCy
レイピア使いの騎士さん増えないかなぁ

レイピアとフリル付きのって絶対合うと思うんだけどw
24 : ななしのよっしん :2017/05/06(土) 15:16:45 ID: yAu1hc4nIQ
>>23
エイリーク(ボソッ
25 : ななしのよっしん :2017/05/26(金) 14:53:03 ID: kKn38R27T5
>>18
実はポルナレフ本人も使えるんだな
と、言うのもアヌビス神洗脳されて承太郎と戦った時の構えがレイピアを構える時のそれだったから
26 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 15:58:38 ID: x3pgJE6RtT
>>21
江戸時代後期で槍術剣術に応用して、左片手突きが得意、場破りに敵なしの大石種次によって、一時期に五尺にも達する長直が流行した。
長すぎる携帯に不便だが、突きが有効の素決闘ルールレイピアの設計思想が極めて有利の左の一つだ。とにかく有利な間合が長く、さらに素なら軽い突きでも致命傷になる、竹刀ルールでも有効判定を取れる。
竹刀が試合にあまり強すぎるかつ護身の現実から離れたため、後で日本剣術界が共通ルールを作った時に竹刀の長さを規制し、突きの有効判定も制限した。
27 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 12:32:40 ID: 2sl1I4Jt0J
違和感
まず大石は突きだけじゃない胴打ち得意
更に大石のは両手持ち、レイピアは片手持ち較にはならん
どっちかって言うと大石のはだし、園部秀雄は薙刀とか抑えてトップとったから長物有利だってだけでしょ
禁止にしたのは、も同じ長さにして同じ様に扱えないから同じ様に扱える範囲に抑えただけでしょ

少し刺しただけで致命傷も違うわ画鋲刺さった時いの?
レイピアは刺しまくっても止まらなくて何日か後にお互い死亡ってのが起きまくってた見たいだよ?

何で剣術水月心臓とかわざわざ突いてると思うん?
レイピアよりのが身幅広いから傷広くなるのにだよ?

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829