単語記事: レコード

編集

レコード/リコード(record)とは、「記録」「情報を形として残す」「資料」などの意味を持つ英単語である。

概要

レコードするための人や物は「レコーダー」と呼ばれる。名詞的に呼ぶときは「レコーディング」になる。
レコーディングする施設は一般的に「レコーディング・スタジオ」と呼ばれる。有名ミュージシャンにもなると、個人的にレコーディング・スタジオを持つ者もいる。

ここでは「記録」のレコードと、そこから派生した「音楽レコード」について解説する。

レコード

レコードとは、「記録」の意味で訳されることが多い単語である。
「ワールドレコード」と言った場合は「世界記録」の意味になる。

レコード(音楽レコード/ミュージックレコード)

レコード現在ではあまり見かけなくなったが、かつて音楽を記録していた物を「音楽レコード」略されてただの「レコード」と呼ばれていた。今でも音楽会社には「レコード」とつく社名が多い。

カセットテープを始めとする磁気フィルム記録媒体と共に、現在で言うところの「CD」「DVD」「ブルーレイ」といった音声(&映像)記録媒体の御先祖様に当たる。

記録媒体であるレコード本体は、樹脂製で再生時の回転数やサイズにより「SP」「7インチ」「LP」「コンパクト盤」等と複数の種類に分類されており、表層の細かい溝の内部に刻印された音声信号をプレイヤーの針でひっかくことで読み取り、その信号を増幅することで再生するという物で、溝の両サイドに左右それぞれの信号を刻印することで、最大で2chまで音声を記録できたが、樹脂製という事で取り扱いをミスして溝を破損してしまい、針跳びという同じところを延々繰り返すことしか出来なくなる状況になるケースも多かった。

日本では45回転7インチ盤を総称してEPと呼ぶ事があるが、EPというのはそれまでの45回転盤よりもより細かく音溝を刻み、収録時間を延ばした形式のレコードのことである。通常は片面に1~3曲程度が収録されている。

また、素材自体の耐久力さえ何とかなれば、相当な長期間にわたって記録内容を劣化すること無く保存できる事から、腐食に強いでレコード本体を作るケースも見られ、コレがCD時代以降になっても使われるゴールドディスクの語源となっている。

現在ではそのプレイヤーはおろか販売されている物を店頭で見かけることすらも無くなったが、「ブルーレイ」が存在する現在でも絶滅したわけではなく、「CD以降の媒体はデジタル化され不可逆圧縮された状態で記録されているのに対して、レコードはアナログ形式で可聴域以外もされている」等のデジタルメディアとは一線を画する特殊性も手伝って、多くの根強いファンが大勢いる。

特にクラブDJといった特定の人は、「スクラッチ」と呼ばれる手法で「クチュクチュ」音を立てるのであるが。新規にスクラッチ専用に開発された機材でCDでもスクラッチが可能となった現在でも、今だに旧来のレコード+レコードプレイヤーの組み合わせを好んで使う。

関連動画

関連商品

関連項目

  • 記録
  • CD
  • アフレコ
  • オーディオ
  • ICレコーダー
  • ドライブレコーダー
  • 日本レコード協会
  • 日本レコード大賞
  • レコード会社一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89
ページ番号: 4587509 リビジョン番号: 2083180
読み:レコード
初版作成日: 11/03/16 04:48 ◆ 最終更新日: 14/09/09 03:16
編集内容についての説明/コメント: 音楽会社の社名、関連項目を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レコードについて語るスレ

26 : ななしのよっしん :2013/07/26(金) 02:26:46 ID: szfoESj/qI
アナログレコードには20kHzよりはるかに高い周波数が記録されている というのは誤りです。
LPの直径は30cm 回転数は33.3回/分。
今中心から13cm程の所をトレースしているとすると、20kHzに対応する波長は約20um(20/1000 mm)です。
それに対して、LP壁面と接触している針の曲率半径は25.4umと言うことなので、20kHzでもギリギリトレース可能といった状態です。
更に、このような微小な凹凸は針のトレースによる強い圧力により(針圧が1g以下でも接触面にかかる圧力はかなり高い)すぐ滑され、
再生している内にこの情報は失われてしまいまうのです。
27 : ななしのよっしん :2013/10/10(木) 20:52:54 ID: uuGLHIuv89
>>26
「レコードには20KHz以上の信号が刻まれてるからCDより音が良い」
というのは与太話だとは思うが、レコードに20KHz以上の音を記録出来ないっていうのは間違い。
CD-4という4chステレオレコードは30KHzの信号でFM変調信号を記録している訳だが…。
もっとも、この仕様のレコードは通常の2chカートリッジで再生させると音溝を破壊するし、専用カートリッジと専用デコーダーが必要ではあるんだが。
まぁ、70年代の技術でもレコードに30KHzの信号を記録するのは不可能でないということを言いたかっただけです。ハイ。
28 : 名無しさん :2014/06/16(月) 23:57:52 ID: fiEE9If+mN
CD-4の盤があるから、色々実験してみようかな。
その過程や結果を、うpしてみたい。機材が足りな過ぎかもだけれどw
レコード盤は、気に入った盤の音色が好き。20kHz云々はどうでも良くて。
でもハイパーソニック効果には、ちょっと興味あるかもw
29 : ななしのよっしん :2014/09/25(木) 22:58:32 ID: GRWi4In4wX
キチガイレコード(ボソッ
30 : 名無しさん :2014/10/02(木) 02:13:09 ID: fiEE9If+mN
レコード盤にする事によってマスターテープよりも良い音に感じるケースが有る事をかつてのカッティングエンジニアは当たり前の様に感じていて、腕利きのエンジニアは原作超えならぬマスターテープ超えをノルマにしていた・・・
なんて想像して、「職人だなあ」と勝手にニヤニヤ。
31 : ななしのよっしん :2015/01/27(火) 05:49:21 ID: t6jjgZI0hS
レコードとCDではアルファ波が違う。
32 : ななしのよっしん :2015/10/25(日) 23:59:03 ID: cUhuRRPFYL
レコードはあんまり聴いたことないから比べようがないが、CDは情報の割り切りや再生機器の影響が人工音な印象を出すんじゃないかと思ってる。
写真やビデオでも、今のデジタルの方がデータとしては綺麗なんだけど、フィルムの方が味があるよね(数字的には単なる偏りでしかないはずだけど)
33 : ななしのよっしん :2015/10/26(月) 08:30:46 ID: tfOqebIaHY
>>32
フィルムとデジタルを比べるなら、CDじゃなくてハイレゾと比べた方が良いんじゃない?
で、その味っていうのは意図しない劣化だったりノイズだったりするんだから
現代では意図してそういうフィルターやエフェクトを施せばそれに近い感触を得られると思うんだけど(カメラアプリのレトロ効果とかまさにそういう目的でしょ)
まぁ偶然の産物っていうのが精神的に気持ちいいのかな。
34 : ななしのよっしん :2016/01/29(金) 01:47:07 ID: 48AJ+2fpho
ノイズを不要なデータとして極力排除すべきなのかどうかはこの先いつか議論になるであろうな
極端に言えば映像からアナログノイズが消えて解像度も上がって鮮明化したことで時代劇は画面に雰囲気を出すのに苦労するようになったようだし
雰囲気という定量化できない要素をアナログな情報は持っているのかなと、そう思うね
35 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 19:27:15 ID: ZepCo3gUw/
ごく一部だけどノイズ系の人で「CDになって自分のやりたい音が正確に頒布できるようになった」
みたいなことを言ってるミュージシャンもいる
そういう微細なニュアンスをコントロールしたいという制作側のエゴ(歓迎の意味で)もあるだろうね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015