単語記事: レッド・ツェッペリン

編集

レッド・ツェッペリンLed Zeppelin)とは、1968年から1980年まで活動したイギリス古典ロックグループである。
略称は「ZEP」または「ZEPP」(ゼップ)、「LED ZEP」(レッド・ゼップ)と呼ばれる。

概要

1970年代を代表するロックバンドであり、ロックバンドとしては史上、ビートルズに次ぐ実績と人気を誇る、歴史的な大物ロックバンドである。ハードロックヘヴィメタルロックの祖としてられることが多々あるが、ツェッペリンが得意とする楽曲はハードなものに留まらず、ブルースからフォークトラッド、ファンクレゲエソウルカントリーロカビリーインドや中近東系の音楽に影を受けた楽曲など幅広く、多様な音楽性を内包したバンドであった。また最もリスペクトされるミュージシャンと知られており、フォロワーの数は著しく多く、同時代のロックミュージックへの影はもちろん、現代のミクスチャーロックオルタティブ・ロックヒップホップラップミュージックなどにも、音楽ジャンル越して多大な影を与え続けている。

バンド名の由来

ドキュメントビデオレッド・ツェッペリンオンレコード(Led Zeppelin Up Close & Personal)」に収録されたジョンポールジョーンズコメントによれば、命名者はキース・ムーンで、最初は別のプロジェクトの為に用意されていた名前だった。メンバーキース・ムーンの他、ジェフ・ベックジミー・ペイジニッキー・ホプキンス、ジョンポールジョーンズの5人。
かしこプロジェクトは結局実現しなかったため、ペイジとジョーンズが自分達のバンド名に転用した(ただし結成した直後はヤードバーズとしての契約が残っていたため、その間はニュー・ヤードバーと名乗っていた)。

バンド名の由来は「飛行船Lead Zeppelin)」と言われている。上記のキース・ムーンとその友人のミュージシャンたちが結成当時に使っていたジョークで、「で出来た飛行船は飛び立てない、つまり、売れない」という皮が込められたものだった。ただし、そのジョークを由来にした名を持つこのバンドは商業的に大きな成功を収めている(後述)。 ちなみにキース・ムーンとザ・フーで同僚だったピートタウンゼントはビデオドキュメント「ザ・ヒストリー・オブロックンロール」に収録されたインタビューの中でレッド・ツェッペリンに関するコメントめられ「嫌いだ。俺達より売れやがった」と苦笑まじりに述べている。
ものすごーーーーくよく間違えられるが、飛行船Red Zeppelin)」ではないので注意。

巨大なる成功

彼らは、アーティストレコード会社やプロモーターに対し、隷属的な立場であることが当然の時代に、レコード会社に対しては全なる創作活動の自由め、プロモーターに対してはアーティスト導の行をめ、自身の要を貫き通した。

60年代のシングル優先のビジネススタイルを否定し、圧されながらも、レコード会社によって意図しないシングルレコードが発売されることを嫌い頑強に抵抗した。バンドの創生期を除きマスメディアによるプロモーションも必要とせず、その終焉に到るまでプレスとは敵対的ともいえるような態度をとり、一定の距離を置いて活動していた。彼らには精的に行ったライブ活動によって築き上げた、アンダーグラウンドでの絶大な支持があったからである。

アドリブを重視したレコードでのアレンジに縛られない、奔放な即興演奏が展開され、時には3時間を越える熱演も稀ではない、彼らのライブの凄まじさはく間に伝説化し、その評判はロックファンの間で口コミによって広まっていった。やがてその人気は、彼らのオリジナルアルバムに対しての爆発的反とあいまって、好むも好まざるも巻き込んだ、もが視出来ぬ巨大な旋音楽業界に巻き起こし、ツェッペリン世界最大のロックグループにまでに押し上げる原動となった。

彼らの発表したアルバムはその全てが巨大なセールスを記録し、累計売上枚数は、21世紀の今日、約3億枚に達している(こちらを参照)。コンサートの観客動員数についても、一度のUSツアーにつき130万人以上の観客を集める史上前規模の行を行い、1973年からはビートルズの打建てた単独アーティストとしての観客動員記録を塗り替え、その解散まで世界記録を更新し続けていた。

メンバー構成

バンドメンバー及びな担当楽器と役割は以下のとおり

なお、ds担当のジョン・ボーナム1980年に死去しており、1985年ライヴエイドでの再結成ではdsを、ト二ー・トンプソンフィルコリンズの二人のドラマーが担当し、1988年アトランテック・レコード創業40周年記念コンサートと、2007年のアーメットアーティガン追悼記念コンサートでの再結成では、ボーナムの長男ジェイソン・ボーナムの後を引継ぎ、ドラムを担当した。

また、ピーター・グラントも1995年に故人となっている。

関連動画

関連商品

2003年に発表され、全世界ロックファンを再び驚嘆させた究極のライヴ映像集。米国だけでも累計で1000セット以上を売り上げた、音楽DVD史上最高のヒット作。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%B3
ページ番号: 241123 リビジョン番号: 2033551
読み:レッドツェッペリン
初版作成日: 08/06/14 22:26 ◆ 最終更新日: 14/06/05 01:41
編集内容についての説明/コメント: 修正忘れひとつ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レッド・ツェッペリンについて語るスレ

66 : ななしのよっしん :2013/08/11(日) 15:24:03 ID: UdIOmIrsoh
ジョンジーがいっぱい話題に上がってすごくうれしいわ。雑誌とかだと、ジョンジーってあまり触れられないからさ...個人的には世界最高のベーシストだと思う。
67 : ななしのよっしん :2013/10/01(火) 18:52:27 ID: r2kgUpPKwK
ジョンジーの多才さにはマジ脱帽
ジョンジーといいボンゾといい、このバンドリズム隊はがかっている。
68 : ななしのよっしん :2013/10/05(土) 00:44:51 ID: 3Q+O6+AV4B
http://www.youtube.com/watch?v=eNNEPfdjPXo
重な日本映像
69 : ななしのよっしん :2013/10/16(水) 01:41:22 ID: WO5vq/elOG
ジョンジーはあらゆるベーシストの中で一番好きだし尊敬してる
ていうかジョンジーだけ単独記事ないのか?
残念だな
70 : ななしのよっしん :2014/03/20(木) 00:22:55 ID: NnYtejCWy+
全盛期のジミーとロバートはどちらが人気あったのけ?
71 : ななしのよっしん :2014/06/02(月) 08:29:36 ID: rUUx81YJYT
>>lv179274881

4日にはBS-TBSで「胸いっぱいのを」の特集番組も放送予定
72 : ななしのよっしん :2014/09/10(水) 17:33:17 ID: v3JQhDFA0h
最近聴き始めたけど、ggo times bad timesが、特にイントロと歌いだしからの10秒間くらいがすごく気持ち的に乗れるから好き。
丘の向こうにのシャウトもかっこいいね。
73 : ななしのよっしん :2014/11/06(木) 06:05:22 ID: rUUx81YJYT
BS-TBS 11月12日午後11時Song to Soul 天国への階段
予告から察するにジミー・ペイジが番組インタビューに答えている構成。
確か以前オンエアしたのはインタビューい構成だったはず。
http://www.bs-tbs.co.jp/program_weekly.html
74 : ななしのよっしん :2015/01/10(土) 21:11:08 ID: JDUNna4Qhn
フィジカルグラフィティ買ったんだけどThe RoverとThe Wanton Songが特に気に入って何度も聴きまくってる
この2曲って解散前のライブとか残ってないのか
75 : ななしのよっしん :2015/01/23(金) 11:09:37 ID: PxBLB+EuuV
>>74
The Roverは解散前はSick Againの前奏としてしか演奏されてないね。
The Wanton Songはこの動画の説明文にある通り非常にレア
nm10384616
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015