編集  

レベル単語

レベル

レベルとは、以下のいずれかをす。

  1. Level … 「準」「らな」「すり切り1杯の」などをす英単
  2. Rebel … 「反逆者」などをす英単

もしかしてレーベル/ラベル

Level

用法

もしかして

ロールプレイングゲームのレベル

LvやLなどと略されることがあり、もっぱら主人公たちの強さを表す言葉として用いられる。

世界初のロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG)である「ダンジョンズ&ドラゴンズ」から既にレベルシステムは登場。コンピューターRPGの始祖「ウルティマ」「ウィザードリィ」「ローグ」でもそのシステムは受け継がれる。

レベルが上がると各ステータスの値が増加したり、新しい魔法スキルを習得したりで、戦闘が有利になる。ゲームによってはレベルアップ制ではなく各パラメータだけが個別に上昇するタイプのものもある(ロマンシング・サ・ガなど)。
またレベルアップによる上昇だけでなく、レベルの数値そのものが戦に影するゲームも古くから結構ある。

転職などでレベルを1に下げる手段がある場合、パラメータを強化するアイテムがある場合、成長のランダム要素、成長率自体の変動など、同じレベルでも全然が違うということもよくある。

また、ファイナルファンタジーVなどでは装備品やアビリティが豊富にあり、それらを工夫することで低レベルでもボスに対して充分な戦を得ることができるため、あえてレベルを上げずに進めていくタイプ縛りプレイがある(参考: キーワード「低レベル」でタグ検索)。

一方、ゲームによってはレベル上昇によるダメージ上昇が凄まじく、実質的な問題解決手段がレベルを上げて物理で殴るだけのものもある。
(誤解なきよう補足するが、FF5も武器・魔法ダメージレベルが直接例するので、レベルの影も大きいゲームと言える。この場合はアビリティや装備等の効果がそれ以上に大きいということ)

一般的にレベルを上昇させるためには経験値が必要であるが、またクロノクロスのように特定レベルまでしか上がらずイベントクリアすることでさらに強くなるタイプもある。ストーリーを進行させずに経験値を貯めることに集中することを「レベル上げ」、「レベリング」などと言う。

関連商品

関連項目

Rebel

反逆を意味する英単

で使われるよりも、反逆者を意味するリベリオン(レベリオン)で使われることのほうが多いと思われる。

Magic: The Gatheringでのレベル

トレーディングカードゲームMagic: The Gatheringではクリーチャータイプとしてレベルが存在する。

レベルクリーチャーの特徴として、同族をライブラリー(山札)から直接戦場に出すを持つものが多い。

このによって多数のレベルを展開して押し切るタイプデッキリベリオン(Rebellion)が流行した。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB
ページ番号: 2459800 リビジョン番号: 2148403
読み:レベル
初版作成日: 09/03/21 02:21 ◆ 最終更新日: 15/01/20 11:53
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に勝鬨くん追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レベルについて語るスレ

49 : ななしのよっしん :2015/05/01(金) 08:39:50 ID: 05FUgvWvFR
>>48
旧神ノーデンレベル8でいいでしょうアレ
50 : ななしのよっしん :2016/01/24(日) 17:56:08 ID: 2DDsqWz10r
>>sm7666215
51 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 00:40:11 ID: hV/ZrvSKVy
ゲームレベルは最高値がゲームによって違うせいでめんどくさ・・・ややこしい 99だったり100だったり50だったり 1200とかいうわけのわからないレベルの中の神様がいたり
52 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 13:48:27 ID: v0/u/l/nZ2
ゲームによってはほぼ死にステになってる代わりに、そういう場合キャラクターの強さは装備やスキル依存してるパターン
53 : ななしのよっしん :2017/08/21(月) 23:17:28 ID: GrNEWwPSov
本来は純然たるゲーム側からのそので十分だから先に進んでくれっていうヒントでありシステムなんだけど
育成ってのがクローズアップされすぎちゃったからなぁ
54 : ななしのよっしん :2017/10/01(日) 08:30:42 ID: W/1MCYMjHb
敵のレベルが表示されるゲームや、レベル差補正のかなり強いゲームもあるけど、
そうでないならヒントとしては機してないんじゃないかな?
そういうゲームが出てきたのってスーファミ辺りからのような気がする。

ゲーム外で攻略情報を共有する時の較にはなるけど。
55 : ななしのよっしん :2017/10/05(木) 17:40:51 ID: GrNEWwPSov
>>54
それヒント通り越して解答じゃない?
戦いの感触からの判断とか露に増える必要EXPとかあるっしょ
総合的な強さの「安」が掛かってる場所は、当然ユーザーのウオーツエーだけじゃない
そうだったらサガみたいなシステムでもいいわけで
56 : ななしのよっしん :2018/03/01(木) 00:18:03 ID: Si92npINNx
カウンターレベルは楽しかった
57 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 08:25:26 ID: wLQYRBn3uT
どこで書いていいか分からんから書くわ
レベル上げのことをレベリングというじゃん?多分MMOから始まった表現なんだけど、和製英語英語圏の人には通じない、とかなんとか
昔、FF11辞典とかで見たりしたんだけど

実際は今だと英語圏でもレベル上げにLevelingって表現を使う人多いみたい
日本から広まったのか、あるいは全く関係なしに同じような表現をし始めたのか、どちらなんだろう
ゲームだと日本存在感大きいから前者であってもおかしくはないけど

ていうか、Leveling和製英語だとするとPL(Power Leveling)も和製英語?これらの言葉の起が知りたいけど生まれた場所や時期が分からん
2005年くらいにFF11始めた頃には既に日本人普通に使ってたとは思うけど、それ以前のMMOから存在するのかもしれんし、そもそも英語圏でも普通に使ってたんじゃないのかって気すらする
58 : ななしのよっしん :2018/08/20(月) 15:19:01 ID: +gT0AnP3IU
今気づいたけど、何?レベルを持たないならレベル0ではないのか!?のすぐ下に「リベリオン」があるのは卑怯だろwww
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829