単語記事: ロキノン

編集

ロキノンとは、ロック系の刊雑誌「ROCKIN'ON」または「ROCKIN'ON JAPAN」の略称である。1986年発刊。

概要

テレビに出ない純ロックアーティストインタビューを数多く掲載している。

また、この雑誌に良く出るようなアーティストバンドは総称として「ロキノン系」と呼ばれ、そのアーティストを好んで聴く人は「ロキノン」と呼ばれる。

現在における「ロキノン系」は、狭義では94年に「ROCKIN'ON JAPAN」が誌面をリニューアルしてからに扱う、UKロックやUSオルタナの流れをんだバンドすが、広義ではインディーズから頭を現したグループロックフェスに出演するアーティスト全般(例外あり)総括して「ロキノン系」とする潮もある。前者では所謂下北ロックバンドが中心となるのに対し、後者では一般的なロックバンドはもとより、HIP HOPポストロックプログレノイズバンドなど、大フェスや不特定音楽雑誌には出るが、ジャンル的にロキノン本誌には染みが薄いアーティストまでも含まれる。これは90年代後半以降、ロックフェスの浸透やインディーズバンドの台頭などが起こったため、従来メジャーシーンにいたTVをはじめとする芸メディアを積極的に活用LIVEで大量動員を行うアーティストと、あくまでフェス・ライブ、雑誌・ラジオといった媒体を中心に活動するアーティストとを二分するための単として、ネットを中心に広まった。

80年代後半~90年代初頭のバンドブーム期、一時的にヒットチャートと繋がったインディーズライブハウス出身といった背景を持つバンドは、90年代後半以降からチャートの一を定期的に占めるようになった。
当時、姉妹誌の創刊などもあって影を増し、業界におけるそういったバンドの共通したムードを徴する存在にあったのが、雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」だったことから発生した単だと思われる。
尚、現在の「ROCKIN'ON JAPAN」の路線は初代編集長渋谷陽一、二代編集長山崎洋一郎時代に徐々に固められていった。

ただし、上記のような出自のアーティストでもHR/HM系やヴィジュアル系バンドは「ロキノン系」という言葉が登場した90年代後半頃には独自の固定層を既に形成していたため住み分けが行われ、結果、ロキノン系と呼称されることはない(今の「ロキノン系」に当たるファン層は当時は漠然と”コアロックファン”のように認識されていた)
これは(リスナー側から一方的に発生した「ロキノン系」という呼称・特徴とは別に)実際にバンド側が参加する各々のフェスの顔ぶれなどにおいても顕著で、ファン形成の中心となる雑誌とともに基本的にマーケットの住み分けがなされている。海外でのオルタナ・グランジブームがもともとMTVLAメタルカウンターであったことも影していると思われる。
しかし、メタルヴィジュアル系バンドも誌面リニューアル前のROCKIN'ON JAPANでは頻繁に扱われており(市川哲史在籍時)現在でも稀に誌面に登場することがあるため、その界線は曖昧である。avexユニットビーイングバンドとも一定の距離感を保っている。

ロキノン系という呼称に関してはROCKIN'ON及びROCKIN'ON JAPANに掲載されるようなバンドアーティストが好きという純アイコンとして肯定的に使われる一方で 、ロックフェス特有のファンのノリや、2万字インタビューに見られるROCKIN'ON特有の感性重視な視点、一部ファンに見られる選民思想などを一括りにして腐す否定的な(ロキノン等)用いられ方もする。
しかし、雑誌ROCKIN'ON JAPANを読んだことがないがそこに載っているようなバンドが好きという層もいれば、ある時代までのロキノンは好きだった層や類似誌やバンドそのものは好むが上記2万字インタビューに代表されるロキノンの雰囲気は苦手な層など、一口にロキノン系といっても必ずしも雑誌ROCKIN'ON JAPANがその中心にある訳ではない。故に「ROCKIN'ON JAPANに掲載されるようなアーティスト」を好む、そのファン層もまた様々である。

ともすればコア音楽シーン全般を一括りにしてしまう漠然としたカテゴリであるため「ロキノン系」という呼称に否定的な意見を抱く音楽ファンもまた多い
ROCKIN'ON JAPAN本誌も従来の面の雰囲気とは異なる、所謂j-POPシーンに属するアーティストを突発的に取り上げる事例もあって(上記V系の例と同じくその時々の編集長のカラーによって左右される部分も強い)その定義について未だに議論が尽きないカテゴリである。

ロキノン系バンド / アーティストの例

注意:上記を参照していただきたいのだが、現状ここに挙げられているアーティストは、大まかに分けて2つの基準によって選出されている。

①雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」に取り上げられる、その関連イベントに出ている、など
②ある一定の音楽性的、曲的な特長から

例えば、①の基準によれば、the pillows相対性理論などはロキノン系には入らないであろう。しかしこれらは曲として他のロキノン系と呼ばれるアーティストと近しいものがあり、②の基準によりロキノン系として挙げられている。
また、②の基準で考える者の中には、電気グルーヴDRAGON ASHPerfumeなどが入っていることに違和感を持つ者もいるだろう。
今後このページをどうしていくかも含め、掲示板を参照のこと。

なお、以下では、「the」は除いて五十音順に並べてある。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行 

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%B3
ページ番号: 753482 リビジョン番号: 1605003
読み:ロキノン
初版作成日: 08/12/04 06:18 ◆ 最終更新日: 12/08/12 22:10
編集内容についての説明/コメント: リスト復元
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロキノンについて語るスレ

270 : ななしのよっしん :2014/12/30(火) 15:29:01 ID: O9G572KJYI
ロキノン系って結局明確な定義がないんだよね。「ロキノンで持ち上げられてる」ぐらいしか共通点がない。

ただ、あの「そのミュージシャンが好き」なんじゃなくて「そのミュージシャンが好きなセンスのいい自分が大好き」とでもいうようなあのなんともいえない雰囲気に気持ち悪さを感じていた人は少なくないんじゃないかな(だからロキノン系なんて言葉ができるんだろうし)。

対談だっけ?あれの悪い意味でオタクくささというか気持ち悪さはすごいと思う。
271 : ななしのよっしん :2015/01/05(月) 21:00:52 ID: ou3H57py6o
ロキノンが嫌われる原因はに二つあるとおもう
ひとつはファンの幼さからくるネットでの迷惑行為
の場合セカオワファンとか暴れまわっててすごい迷惑した経験多数
もうひとつはメジャーバンドいて自分たちのホームである所謂ロキノン系だけを持ち上げるところ
B'zGLAY、L'ArcとかいてBUMPサカナクションセカオワとかを持ち上げる感じがすっごい気持ち悪い 売れてるものを素直に認められない厨房的な感性がとにかく鼻につく
272 : ななしのよっしん :2015/01/16(金) 15:12:27 ID: E19sMiUG1m
イントロサビダンスビート(四つ打ちキック、裏打ちオープンハット)で、音が固くて、サビがどれも同じ感じのコード進行で、イントロリフなんかペンタトニックスケールばっかで、
フュージョンみたいな非調性的なコード進行サビ終わった間とかに挟んで、どれもテンポくて、みんなタイトなパンツマッシュカットだったりとにかくまとまってるミディアムショートみたいなの又は最近のサブカル漫画に出てくるような清楚を少しだけ崩したタイプみたいな感じのばっかだし、
女が鍵盤だったらなんかクラシック出身ですみたいな体の揺らし方するし、PVもやたらスタイリッシュ感やシュール感狙ってるのばっかだし、シンセの音はどれもなんかビービ―してる簡単すぎるやつだし、
ピアノコードというよりもほんと上物でピアノキラキラ感みたいのを強調するように音域高めで使うのばっかだし、
硬い音でメタルみたいなピロピロピロピロみたいな疑似演奏混ぜるし、メロディがやたらトニックに回帰するし、やたら全く同じフレーズを繰り返すし、やたら歌詞が濃いし、
なんか全体的に焦燥感煽る系の曲ばっ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
273 : ななしのよっしん :2015/01/16(金) 15:24:14 ID: E19sMiUG1m
※271
は「ロキノン系なんていう括りは音楽ジャンル名じゃなくて~」「雑誌名なだけで~」「ロキノンに出てるからってロキノンアーティストとして括るのは変やなあ」みたいに言ってるロキノンが嫌

本文に
>①雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」に取り上げられる、その関連イベントに出ている、など
>②ある一定の音楽性的、曲的な特長から
と書いてるのになんで①だけしか見ないで「おかしくね?」「違くね?」って言ってんだよ。一体何回そういうコメントこの掲示板で見ればいいのか。本文読めよ
274 : ななしのよっしん :2015/01/16(金) 21:52:34 ID: pfK+fpqWRN
>>272
なんかロキノン系のイメージもだんだん時代とともにシフトしてきた感じ?
その文章読むと思い浮かぶのって大体セカオワとかクリープハイプサカナクション相対性理論、あるいは一部のロックボカロ曲とかだよね
まあRADとかもそれに当てはまるかも知れんけど

前にもここで書いた気がするけどロキノン系って言われて思い浮かぶのはBUMPアジカンピロウズとかフジファブリックとかACIDMANとかその辺だから、>>272の文章はあんまり共感できないところがある
275 : ななしのよっしん :2015/01/16(金) 22:17:50 ID: E19sMiUG1m
※274
マジで?
※272は「が最近たまたまyoutubeで開いてしまったロキノン系にありがちな要素」を羅列した感じだったから、まさにその古めのとこでなく、新しめのゲスの極み、カナ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン、パスピエ、フレデリックキートークとか、そうロックボカロプロパガンダ/カラスヤサボウfeat.鏡音リンとか)とかをしてたわ。
バンプアジカンピロウズフジファブリックアシッドマンとかもロキノン系だと思うけど、今のロキノン系よりはまだここまで「ダンスビートばっか」レベルのヤバさではかった気もする。その時代でも「メロディがトニックに帰りすぎ!!」は思ってたけど、もはやそこらへんの音楽忘れた。
276 : ななしのよっしん :2015/01/30(金) 18:20:04 ID: IiE03ZaASi
もやし野郎ボーカルによるもやし野郎のためのオ○ニーバンドセカオワ聴くくらいなら聖書読んだ方がマシだわ
277 : ななしのよっしん :2015/02/03(火) 04:16:19 ID: 68g8vFzQsu
>>273
その②の定義が曖昧すぎるからなあ…
その人の中で②の定義にも当てはまってないのにただの一音楽雑誌で好きなバンドをラベリングされるのは嫌だろう…
本文中にもあるが、perfume電気DragonAshが全部ひとくくりにされたらファンが怒るのも理ない希ガス
278 : ななしのよっしん :2015/02/08(日) 21:50:42 ID: Yw7wJt+xE5
ロキノン系って言葉知ったのがスイーツ(笑)全盛期だったから当時はバンド名の後ろに(笑)付けてひたすら羅列してるコピペをよく見た
今はこういうの見ないから何が流行ってるのかよくわからん
279 : ななしのよっしん :2015/02/18(水) 05:21:19 ID: NNtHIcQQld
荒れてるのは、要は単調でモテる音楽が嫌いなんだ
とかそういうネット気で使う辺り、既にどうしようもなくロキノンだと思うわ

ブームが去った今でも、まだしばらくは眠くなる音楽しか出てこないだろうな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015