編集  

ロスト事件単語

ロストジケン
注意 この記事は、内容が不足しています。 加筆、訂正などをして下さる協者をめています。
注意 この記事は、放送中の作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

ロスト事件とは、遊☆戯☆王VRAINSにおける事件である。

概要

10年前、6人の子供がとある間に拉致され、VRゴーグル以外何もない個室にそれぞれ監禁されたの多い事件。現在、6人の内4人が判明している。それは、藤木遊作草薙仁、スペクター穂村尊である。

VRゴーグルを装着することで、デュエルを開始することができる。食事は勝敗によって大きく異なっており、始めの内は勝たなくても粗末な食事は用意されたが、次第に勝たないと食事を得ることができなくなり、負ければ強電気ショックが待っていた。睡眠は自由に取ることが出来るが、睡眠、デュエル、食事という生活を強いられた。半年後、6人全員が突如救出されるが、被害者の1人草薙仁は心を閉ざした廃人状態となっていた。

事件後知り合った遊作と草薙翔一(仁の)は、調の結果この事件が「ハノイプロジェクト」と呼称されていたことを突き止める。彼らはネットワークに出没するハッカー集団「ハノイの騎士」が事件に関連を持つと推測し、復習の為「ハノイの騎士」を追い続けた。

この事件によって時間を止められたと考えている遊作は、この事件の首謀者を突きとめ、復讐を果たそうとハノイの騎士を追っている。一方同じ被害者であるはずのスペクターは正反対であり、この事件をきっかけに前進しているようである。リボルバーはこの事件について何か知っているようであり、大企業SOLテクノロジー社」が事件に関与していることをほのめかしていた。

後に、ハノイの騎士ネットワークそのものを破壊する「ハノイの塔」を完成間近まで進めたところで、リボルバー自身の身元を突き止めた遊作は、遂に真実に辿り着く。
リボルバー……鴻上了見は事件を知っているどころか、の行為に気づき内部告発した本人であり、さらに遊作を励まし続けた『アイツ』と同一人物であった。

ハノイプロジェクトは意志を持つAIの作成を的としており、そのために子供たちを拉致・監禁・デュエル強要し、意志を持つAI群「イグニス」を作り上げた。
事実、この「イグニス」のもたらした恩恵によりSOL社は大な利益を上げた。
しかし、はこのイグニスと共にある未来に破滅しか試算することができず、イグニスを消滅させようと息子の了見を巻き込むことになる。

全ての元凶であるは、SOL社により電ウイルスを仕込まれ、現実世界では死亡扱いとなったが、VR間にて復活しハノイの騎士揮していた。了見も負いを感じていたのか、のやり方に従うこととなる。
しかし本編中に限界が来たのか、責任息子に投げる形となって本編中に息を引き取った。
遊作や草薙から見れば、諸悪の根源は既に死亡し、恩人のはずの人間が残ったという状態になる。

遊作が真実に辿り着き、ハノイ最後の作戦を止めたことで、本事件を発端とした遊作の復讐はひと段落することになる。しかし三か後、の存在に草薙仁が襲撃されたことから新たな物語が始まる。
この時点で、SOL社の関与の全貌が明らかにはなっていないため、本事件もまだ裏がある可性が存在する。

ロスト事件の年表

十年前

SOLテクノロジー社(以下『SOL』)所属の研究者:鴻上聖が独断でハノイプロジェクトを立案実行。 (ロスト事件

六人の子供たちが誘拐・監禁され、意志を持つAIイグニス』開発のための被験者にされる。(通称『アイツ』⇒その正体は鴻上了見)、六人の被験者:藤木遊作と接触。    

被害者の一人、穂村尊の両親が息子の捜索中に事故死。

半年後、内部告発により事件がSOLに発覚。囚われていた六人の子供たちが救出・保護される。       その後、国家のSランク保護プログラムが適用され子供たちの身元は伏せられる。     

SOLイグニスを独占するために鴻上聖を監禁。 その後、は電ウイルスを仕込まれ睡状態に陥る。(数年後自宅に帰される)

事件当時のSOL役員達は全員退職。その後全員消息不明に。(ロスト事件的は不明のまま)

七年前 鴻上聖死亡が確認される。(実際はまだ生存している)
???  鴻上聖息子:了見、電ウイルスを除去し父親ネットワーク上に再現することに成功する。
五年前 サイバーテロ組織ハノイの騎士リーダーリボルバー(=鴻上了見)、サイバー世界を襲撃するもイグニスの内の一体:IGN006によって阻止される。
一年前 ハッカーPlaymaker(=藤木遊作)が出現。ハノイの騎士狩り始める。  
劇中
(TURN 46まで)
鴻上聖息子:了見と共に、電テロハノイの塔」でネットワークごとイグニスを葬ろうと画策。
作戦の最中、ネットワーク上に存在していた死亡
同時に遊作が鴻上に突入し、ロスト事件における全ての真実を知るという当初の的を果たす。

ロスト事件、6人の被害者

藤木遊作

本作の主人公であり、10年前のロスト事件被害者の一人。監禁された状態で半年間過ごしたが、当時の記憶は失われてしまっている。失った記憶を取り戻すため、ハノイの騎士を追っている。「3つ考えることを忘れないで」と遊作を応援し続けていたがいたが、救出される際、そのは6人の中に居なかった。遊作は仲間と考えており、「アイツ」と呼んでいた。
リボルバーく「6人の被験者」であるらしく、遊作の手に渡ったAIの正体は、遊作を基にしたイグニスであった。

最終的に「アイツ」=鴻上了見に辿りつき、真実を知った遊作は、自身が前に進むための「復讐」に区切りをつけた。

草薙仁

草薙翔一。10年前のロスト事件被害者の一人。事件後、心を閉ざした状態となった。遊作く、「草薙さんのは暗闇の中にいる」とのこと。
遊作が真実を暴いてからは快方にあったが、突如現れたの存在に襲撃される。

スペクター

ハノイの騎士の一人で、リボルバーに忠を誓う側近。10年前のロスト事件被害者の一人。生まれた直後に親に捨てられ児童養護施設で育つ。他人と接することに頓着であり、コミュニケ-ションが低いことを自覚している。一の心の支えは生まれた時から支えられている「大きな木」であった。突然ロスト事件被害者となるのだが、彼はそれを楽しんでいた。理由はかが自分を試していて、必要としているから。彼にとってロスト事件は孤独感を癒すものとなっていた。

遊作とのデュエル中に、お互いの意見を交換した時にこの事件についての考え方が正反対であることが分かり、Aiイグニス)が「まずいヤツは危険だ。プレイメイカーの信念が揺らぐ。」と心の中で発言。スペクターを特別に警していることが分かった。
最終的に遊作に敗北し、三騎士同様の状態に陥る。

穂村尊

10年前のロスト事件被害者の一人。事件後、祖に引き取られるが、両親が誘拐された自分を探しまわっている最中に交通事故に遭い亡くなったと聞かされ、の状態となった。
ハノイの騎士の壊滅後に不霊夢と出会い、自分の身に起きた事を知り、自分の人生に立ち向かう為に立ちあがる。同じ事件の被害者という遇を持ちながらも強く生きる遊作に憧れを持ち、またPlaymakerと共にハノイの騎士に立ち向かい、LINK_VRAINSを救ったGO鬼塚ブルーエンジェルも憧れの存在である。

???

行方不明

???

行方不明

イグニス

事件によってつくられたのは全6体、それぞれ被害者の子供たちに応じたAIが存在する。

Ai(アイ)

藤木遊作 / Playmakerのもとに転がり込んできたイグニス属性は闇。
その正体は先述の通り、遊作のデータから作られたイグニスである。

不霊夢(フレイム)

穂村尊 / Soulburnerと共に行動する、作中二体イグニス属性は炎。
その正体は、穂村のデータから作られたイグニスである。

ウィンディ

エコーという人工知能を従えて単独行動する、作中三体イグニス属性
データから作られたかは不明。
人間を信用していない節があり、元になった子供を探す気はないらしい。
同じイグニスAi不霊夢には「また一緒にサイバー世界を作り直そう」という提案をもちかけている。

光のイグニス

行方不明

地のイグニス

行方不明

水のイグニス

行方不明

ハノイ・プロジェクト参加者

鴻上聖

イグニスを作成した人物でロスト事件の首謀者。元はSOLテクノロジー社の一員だったが、ハノイプロジェクトに参加。事件が発覚した後、SOLテクノロジー社は捜機関から表されぬよう全てを隠蔽するために、そして自社の収入を高めるイグニスを独占するために、SOLテクノロジー社の何者かによって電ウイルスを仕込まれ、睡状態にさせられてしまった。
しかし、何年後か過ぎ、自身の息子父親である博士ネットワーク上に再現した。博士ハノイの騎士の一員にはなったが、SOLテクノロジー社に対して復讐は考えておらず、あくまでイグニス殺を考えている。博士イグニスは「あれは世界を導くはずのものだった。しかし、世界を破滅に導く怪物だった。」とのこと。

全ての元凶ともいえる存在だが、イグニスを葬るために全世界の電子ネットワークを破壊するテロハノイの塔」実行の最中、ネットワークに再現された彼のも生命活動を維持できなくなり、本当の意味で死亡した。

滝響子他二名

作中では「ハノイの三騎士」として行動していた、の協者。
本名が判明しているは「バイラ」、それ以外にも苗字だけ「麻生」と判明している「ファウスト」、本名不明のDNA研究者「ドクター・ゲノム」がハノイプロジェクトに関与していた。

ファウストは遊作、バイラとゲノムは当時のカリスマデュエリストに敗れ、電世界で眠りに囚われることとなる。

事件関係者

鴻上了見

鴻上聖息子。彼の通報ロスト事件を収束に導くこととなった。
幼い彼でもの行為が悪いことだと感づいており、通報した上に被害者の遊作に対して勇気づける言葉をかけていた。しかしその結果として、変わり果てた姿となったを突きつけられてしまうこととなり、罪悪感に囚われてか、自身もの言動に傾倒することとなってしまう。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ページ番号: 5515292 リビジョン番号: 2612081
読み:ロストジケン
初版作成日: 18/01/17 22:54 ◆ 最終更新日: 18/07/31 10:03
編集内容についての説明/コメント: 尊の文を修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロスト事件について語るスレ

20 : ななしのよっしん :2018/05/04(金) 19:04:08 ID: a918D+4g3V
デュエルじゃなくていいとかアークファイブ大好きマンなの?
21 : ななしのよっしん :2018/05/07(月) 13:19:10 ID: yJmIGFlMw/
被験者の名前が対応するイグニス属性や色に関係しているという考察があるね
藤木遊作(闇属性)
草薙仁…(属性)
穂村尊…穂村→焔(炎属性)

いでイグニスに対応する名前になってるけど
過去竄しないとが被験者の可性は低い
22 : ななしのよっしん :2018/05/10(木) 17:24:29 ID: BWj+F2aXIk
隠された七人被害者or被験者がいて他のイグニスも知らない属性イグニスが登場!
というのも有り得そうな予感
23 : ななしのよっしん :2018/05/10(木) 23:21:49 ID: a918D+4g3V
>>22
そういうパターンだったら寧ろこれから生まれそう
24 : ななしのよっしん :2018/05/16(水) 19:27:22 ID: euMA6G6+pj
プレミアム会員の方へ
半年後、〜の上に以下の文の挿入お願いします。

被害者の一人、穂村尊の両親が息子の捜索中に事故死
25 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 00:07:17 ID: Yiq8rA9K4l
>>18
お前原作遊戯王DEATH-Tとか王編とか見たら憤死しそうなほどしょーもないツッコミ入れてるな
26 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 15:29:01 ID: Y6qTMC3pBD
スペクターも事件の被害者なんだから、彼に対応したイグニスもいる訳で。
ソウルバーナーみたくイグニスと一緒に登場したりするのかしら。
27 : ななしのよっしん :2018/05/31(木) 14:51:49 ID: 8reat1x9vE
スペクター属性って使用カード的に地属性かな
の名前やハノイイメージ的にはかなって最初は思ったけど
28 : ななしのよっしん :2018/06/21(木) 06:35:13 ID: yJmIGFlMw/
遊作だけじゃなく仁もバックアップデータと入れ替わってるような気がする
今後被験者のバックアップデータが重要になりそう
29 : ななしのよっしん :2018/07/29(日) 04:51:08 ID: MZVD0GJRUq
記憶のバックアップデータがあるのならイグニスとは別に、本人の人格を独立させて、
ロスト事件被害者のクローンみたいなものが量産されそうではある
むしろ登場してからずっと記憶ブレッブレのボーマンがそのための実験体であるなら合点がいく
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829