(有)未来検索ブラジルが運営するあらゆる言葉についての記事を閲覧・編集したり、コメントをしたりするサイトです。

単語記事: ロボット

編集

ロボット英語: robot)とは、与えられた的を実行する機械の総称である。ただし、全ての機械ロボットと呼ばれる訳ではない。略称ロボに複合で用いられる(ex. メイドロボ)。創作作品上では人型機動兵器や巨大人ロボット兵器がロボットとしてよく登場する。まれにロボとも表記される。

曖昧さ回避

概要

R.U.Rのロボット

ロボットrobot)という言葉は、現チェコ作家カレル・チャペックの1921年の戯曲『R.U.R』[1]で使われたものが最初である。造したのはカレル芸術のヨゼフ[2]

robotのりは「(農制下の)義務強制的な労役」「強制労働者」という意味のチェコ語ロボタrobota)に由来する単として造されたとされている。
なお、本作に登場するロボット今日の定義によれば、人工培養技術を核心にして工業的に構成されたバイオロイド(有機体で構成された人造人間(アンドロイド)の一種)となる。

現在の工学上のロボットの定義では標・的を与えた際、自動で与えられた標・的を実現する機械とされており、必ずしもである必要はなくなっている。
また、この定義によって仮に人であっても、人間が操作する必要があるものはロボットとは呼べない。

人気アニメ機動戦士ガンダム』などに登場するロボットにおいても、人間が操縦するものは(工学的には)厳密にはロボットではない。『ガンダム』作中でこれらロボットす「モビルスーツ」という言葉が使われているのは、この前述の定義を作者が知っていた為らしい。

ただし、基本的には人が操縦するが自稼働も可タイプロボットフルメタル・パニック!アーム・スレイブなど)もある他、人が操縦するタイプのものでも何らかの自動補正を行っている場合が多いので、その界は非常に曖昧である。

ロボットの種類(現実に存在するもの)

車輪型ロボット

輪を用いて移動するロボット。一見ロボットというイメージからはかけ離れているが、前述のように「自動で標を達成できる」、すなわち、与えられた標地点まで自動で移動することができれば、これも立ロボットであるといえる。
基本的に二次元の動きがメインである為、後述するようなロボットべて製作は容易。

代表的な例としては、庭用のお掃除ロボット災害現場用のロボットなどがある。

マニピュレーター

マニピュレーターという単に聞き覚えのない方には「腕ロボット」と言えば思い浮かべやすいと思われる。
マニピュレーターは人間の腕の動きを模したロボットであり、基本的にその構造も人間の腕の構造と酷似している。

ただし、後述するように全に人間の動きを再現するには、次元数:3+向き:3の6自由度系での制御が必要となり、その軌方程式は想像以上に複雑である。例えば「腕を持ち上げて止める」という動作でも、実際には自重で落下しようとするのを常にモーターを駆動させて支えなければならない。

産業用ロボットの多くがこの形である為、ロボットの中でも最も研究・開発が進められている分野である。

また人ロボットの腕部はマニピュレーターになっている事が多い。

ヒューマノイドロボット

ヒューマノイドとは、日本語で言えば「人間っぽい」「人間もどき」を意味しヒューマノイドロボットで人ロボットす。代表例はホンダASIMO

人間の動きを模したロボットであるが、人間の動きを再現するというのは想像をかにえる技術が必要となる。
特に歩行動作については、々人間は普段何も意識せずに行っているが、常時必要なバランスの調整などを計算式で表し、尚且つそれをコンピュータで処理させると言うのは至難の業である。

しかし、人間社会において一番適合しやすいのは人ロボットである為(人間用に作られた住宅などの施設内で行動可であり、人間用に作られた具などが使え、人間の生活や仕事の場で人間と一緒に行動できることから)、福ロボットなど将来、社会に普及することを的とするロボットは人であることが最も望ましい。

介護用の分野と軍事分野では、人ロボットとは別のアプローチとして人間が体に装着するタイプの動格(パワードスーツ)の研究開発も内外で進められている。

ロボットを作るには

ロボット製作にはロボット工学の知識が必要となるが、このロボット工学という学問は非常に多くの分野から成り立っている。

ロボット工学を扱うには最低でも次に挙げるような分野の基礎を十分に理解している必要がある

上記のような知識が必要になり、複雑なロボット製作は様々な分野の専門が集まって共同で作業を行うことも多い。

ロボットの制御

ロボットの動きの制御は、モータへかける電圧や駆動部への油圧を調整することで行う。

ただし急に電圧値や油圧を上げるとロボットの動きが安定せず、最悪暴走や故障にも繋がる為、実際の設計では加速度を考慮しなければならない。

その為ロボットの軌方程式微分した際に加速度二次関数的(徐々に加速・減速していく)となる、3次関数以上の式で与えなければならない。また人間と同様の3次元の動きを実現するには、先述したように最低でも6自由度系で計算を行う必要がある。

ちなみにロボットは常に1000分の1秒で行動を判断しているが、人間は判断してから行動に移るまでの間に約0.2秒が必要。なのでロボット暴走した場合、人間はほとんど避ける事が不可能である。

その為、実際には暴走する1歩手前の段階で安全装置を設けておくことが一般的である。

関連動画

実在するロボット

実在するロボットがモデルのフィクションのロボット、フィクションのロボット

関連項目

※個別のロボット等に関する記事については以下の一覧記事や該当する作品・カテゴリ一覧記事を参照。

関連リンク

脚注

  1. *R.U.R. は副題である英語 Rossum's Universal Robots の頭字アクロニム)で、本作のな舞台であるロボット企業の名前であり「ロッサム万ロボット会社」等と訳される。ユーニヴァーサル機械について「万・自在」という意味であると同時に通常の「世間一般の、普遍的な」という意味も掛けられている。なお本作の世界観ではロボット世界中のあらゆる場所で人間の代わりに働く安価かつありふれた存在である。
  2. *ヨゼフは画業の他に「チャペック兄弟」名義でカレルと戯曲・児童書等の共同執筆やの書籍デザインなどでマルチに活躍する芸術だったが、政治犯としてナチス逮捕されアンネ・フランクと同じくベルゲン=ベルゼン強制収容所で死去。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88
ページ番号: 1650562 リビジョン番号: 2365824
読み:ロボット
初版作成日: 09/02/28 18:16 ◆ 最終更新日: 16/05/25 17:13
編集内容についての説明/コメント: ロボットアニメ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ウォーリー

青銅人間タロス

SCARAロボット

一時保留

ごはんたべにいくので・・・

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロボットについて語るスレ

202 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 20:18:54 ID: e7tWNKIfW0
てかカレルチャペックの時点で既にバイオノイド的人工生命体という定義がなされてたのがどこでどうやってメカメカしいイメージに変わってったんだろうな。
ロボット(笑)も何もロボットが人のそれとして描かれてるんですがっていう。
何で有機性をこの言葉から剥奪する方向で用いられるようになってったんだろうな。機的なものは単にマシンメカとか呼べばいいのに。人ならその二文字付けるだけで事足りるし


203 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 07:54:03 ID: ORASyy8gzA
>>202
多分ロボットって言葉が実際にの前で労働してた機械の発展系をすようになって、そのうち原典の中身はさっぱり忘れられたんだろうけど、
実際にどこでどうやって?ってかれると確かにだよな。

考えてみりゃ労働じゃくて人間の模倣をメインに据えてたアンドロイドさえも何時しか中身は全に機械になって、新たにバイオロイドみたいな言葉作ってるし…ひょっとして有機系のロボットの系譜ってどこかで一旦断絶してる?
204 : ななしのよっしん :2016/04/02(土) 12:27:36 ID: e7tWNKIfW0
>>203
RURが邦訳された時点(1923)では"人造人間"という訳を当ててたらしく、内でロボットという言葉が用いられるようになったのは戦後だそう。
日本にも學天則とかあったけどあれをロボットとは呼んでいなかったようだし、鉄腕アトムの登場が51年だか2年だかで、それは恐らく連載開始時からロボットという触れ込みだったからその間三十年での向こうでロボットの定義が変質したという事なんだろう。
話では20年代後半に作られた試作機械ロボットとか呼ばれ始めたのが原因だとか。んでアシモフの"I,Robot"が決定打か?
あとロボットという言葉のき自体に機的・硬質的なイメージが有るせいなのかも知れんがそう感じるのは日本人だけなのかどうなのか。
個人的にはロボット今日"スーパー系"に区分される架兵器メカ実在兵器および今日"リアル系"に区分される架兵器マシン機械全般をす言葉だけどな。
人間大の物は有機機問わずアンドロイド
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
205 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 21:36:41 ID: KRnCx2ZffL
AIBOの葬儀の話とかはロボットの死について考えさせるよな
メーカーサポート終了のお知らせが実質の死亡宣告になる訳だし
206 : ななしのよっしん :2016/04/08(金) 10:02:18 ID: e7tWNKIfW0
>>205
米軍でもラジコン戦車の葬式とかやってたな。
207 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 05:44:26 ID: e7tWNKIfW0
メトロポリス』が27年に出ててそこに登場するMaschinenmenschてのが今日機械イメージに連なるロボットの初出か?
この映画ロボットていう言葉自体は使われてないっぽいけど明らかにRURの影受けてるからこの辺りからロボットに対して機械イメージが覆い被さっていったのか
208 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 10:29:01 ID: +7tE19mze6
ロボットSFに出てくる技術者って機械に対して冷淡か良き理解者の2パターンに分かれるな。
前者の方が現実的だと思うけど、日本後者が多いイメージ
209 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 10:35:48 ID: twKRomXiRy
>>208
そうかな?
ジャンルにもよるけど研究者、技術者ってそれなりにコミュないとやってけないし
根がマニアだから興味のある分野には結構おおらかな人が多いイメージがあるぞ
その上で変態(マッド)
210 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 20:20:32 ID: e7tWNKIfW0
>>208,209
エンジニアって基本的に体育会系なんだよね。まず体がないとやっていけないっていうのがあるし
船乗りしてたも体くてケガしたから断念したとか嘆いてたし、そのベテラン歯車とか自慢か自嘲か分からんニュアンスで嘯いてたから、やっぱ環境への適応が第一なんだろうな。

変態ってのはまあ言えてる側面あるか。だからその手のプレイに付き合うテクニシャン止まりとその上に立つサイエンティストとでは成り立ちからして違うつって事だよな。
211 : ななしのよっしん :2016/05/25(水) 23:07:09 ID: iy3Ro2Q3un
ロボットが人間の仕事を奪って20年後には失業者が溢れる!!

人間が働かなくても生きていける社会ができるってことだろ?ひゃっほおおおお!ボクニート!!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015