単語記事: ロボット

編集

ロボット英語: robot)とは、与えられた的を実行する機械の総称である。ただし、全ての機械ロボットと呼ばれる訳ではない。略称ロボに複合で用いられる(ex. メイドロボ)。創作作品上では人型機動兵器や巨大人ロボット兵器がロボットとしてよく登場する。まれにロボとも表記される。

曖昧さ回避

概要

R.U.Rのロボット

ロボットrobot)という言葉は、現チェコ作家カレル・チャペックの1921年の戯曲『R.U.R』[1]で使われたものが最初である。造したのはカレル芸術のヨゼフ[2]

robotのりは「(農制下の)義務強制的な労役」「強制労働者」という意味のチェコ語ロボタrobota)に由来する単として造されたとされている。
なお、本作に登場するロボット今日の定義によれば、人工培養技術を核心にして工業的に構成されたバイオロイド(有機体で構成された人造人間(アンドロイド)の一種)となる。

現在の工学上のロボットの定義では標・的を与えた際、自動で与えられた標・的を実現する機械とされており、必ずしもである必要はなくなっている。
また、この定義によって仮に人であっても、人間が操作する必要があるものはロボットとは呼べない。

人気アニメ機動戦士ガンダム』などに登場するロボットにおいても、人間が操縦するものは(工学的には)厳密にはロボットではない。『ガンダム』作中でこれらロボットす「モビルスーツ」という言葉が使われているのは、この前述の定義を作者が知っていた為らしい。

ただし、基本的には人が操縦するが自稼働も可タイプロボットフルメタル・パニック!アーム・スレイブなど)もある他、人が操縦するタイプのものでも何らかの自動補正を行っている場合が多いので、その界は非常に曖昧である。

ロボットの種類(現実に存在するもの)

車輪型ロボット

輪を用いて移動するロボット。一見ロボットというイメージからはかけ離れているが、前述のように「自動で標を達成できる」、すなわち、与えられた標地点まで自動で移動することができれば、これも立ロボットであるといえる。
基本的に二次元の動きがメインである為、後述するようなロボットべて製作は容易。

代表的な例としては、庭用のお掃除ロボット災害現場用のロボットなどがある。

マニピュレーター

マニピュレーターという単に聞き覚えのない方には「腕ロボット」と言えば思い浮かべやすいと思われる。
マニピュレーターは人間の腕の動きを模したロボットであり、基本的にその構造も人間の腕の構造と酷似している。

ただし、後述するように全に人間の動きを再現するには、次元数:3+向き:3の6自由度系での制御が必要となり、その軌方程式は想像以上に複雑である。例えば「腕を持ち上げて止める」という動作でも、実際には自重で落下しようとするのを常にモーターを駆動させて支えなければならない。

産業用ロボットの多くがこの形である為、ロボットの中でも最も研究・開発が進められている分野である。

また人ロボットの腕部はマニピュレーターになっている事が多い。

ヒューマノイドロボット

ヒューマノイドとは、日本語で言えば「人間っぽい」「人間もどき」を意味しヒューマノイドロボットで人ロボットす。代表例はホンダASIMO

人間の動きを模したロボットであるが、人間の動きを再現するというのは想像をかにえる技術が必要となる。
特に歩行動作については、々人間は普段何も意識せずに行っているが、常時必要なバランスの調整などを計算式で表し、尚且つそれをコンピュータで処理させると言うのは至難の業である。

しかし、人間社会において一番適合しやすいのは人ロボットである為(人間用に作られた住宅などの施設内で行動可であり、人間用に作られた具などが使え、人間の生活や仕事の場で人間と一緒に行動できることから)、福ロボットなど将来、社会に普及することを的とするロボットは人であることが最も望ましい。

介護用の分野と軍事分野では、人ロボットとは別のアプローチとして人間が体に装着するタイプの動格(パワードスーツ)の研究開発も内外で進められている。

ロボットを作るには

ロボット製作にはロボット工学の知識が必要となるが、このロボット工学という学問は非常に多くの分野から成り立っている。

ロボット工学を扱うには最低でも次に挙げるような分野の基礎を十分に理解している必要がある

上記のような知識が必要になり、複雑なロボット製作は様々な分野の専門が集まって共同で作業を行うことも多い。

ロボットの制御

ロボットの動きの制御は、モータへかける電圧や駆動部への油圧を調整することで行う。

ただし急に電圧値や油圧を上げるとロボットの動きが安定せず、最悪暴走や故障にも繋がる為、実際の設計では加速度を考慮しなければならない。

その為ロボットの軌方程式微分した際に加速度二次関数的(徐々に加速・減速していく)となる、3次関数以上の式で与えなければならない。また人間と同様の3次元の動きを実現するには、先述したように最低でも6自由度系で計算を行う必要がある。

ちなみにロボットは常に1000分の1秒で行動を判断しているが、人間は判断してから行動に移るまでの間に約0.2秒が必要。なのでロボット暴走した場合、人間はほとんど避ける事が不可能である。

その為、実際には暴走する1歩手前の段階で安全装置を設けておくことが一般的である。

関連動画

実在するロボット

実在するロボットがモデルのフィクションのロボット、フィクションのロボット

関連項目

※個別のロボット等に関する記事については以下の一覧記事や該当する作品・カテゴリ一覧記事を参照。

関連リンク

脚注

  1. *R.U.R. は副題である英語 Rossum's Universal Robots の頭字アクロニム)で、本作のな舞台であるロボット企業の名前であり「ロッサム万ロボット会社」等と訳される。ユーニヴァーサル機械について「万・自在」という意味であると同時に通常の「世間一般の、普遍的な」という意味も掛けられている。なお本作の世界観ではロボット世界中のあらゆる場所で人間の代わりに働く安価かつありふれた存在である。
  2. *ヨゼフは画業の他に「チャペック兄弟」名義でカレルと戯曲・児童書等の共同執筆やの書籍デザインなどでマルチに活躍する芸術だったが、政治犯としてナチス逮捕されアンネ・フランクと同じくベルゲン=ベルゼン強制収容所で死去。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88
ページ番号: 1650562 リビジョン番号: 2365824
読み:ロボット
初版作成日: 09/02/28 18:16 ◆ 最終更新日: 16/05/25 17:13
編集内容についての説明/コメント: ロボットアニメ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ウォーリー

青銅人間タロス

SCARAロボット

一時保留

ごはんたべにいくので・・・

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロボットについて語るスレ

216 : ななしのよっしん :2016/06/07(火) 09:57:42 ID: IQrOo/nTPE
>>214
ロックマンXのレプリロイド並みに柔軟なロボットが現れない限りは
難しいだろうね実際。
217 : ななしのよっしん :2016/06/07(火) 20:16:16 ID: iy3Ro2Q3un
そんな時代が来たら、はこう言ってやるんだ
ドモ アリガット Mr.ロボット ドモ
218 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 22:26:56 ID: n3jObKfDyV
>>214
ロボットを修理するロボットも修理できるロボットを2体以上作ればそれ以降はお互いを直すことで人間が手を貸さなくても永遠に動ける。「どんなロボットも直せて自分と全く同じロボットを作れるロボット」という実にご都合主義な高性ロボットが一定数いればよし。もしくは>>215のように自己修復。
人間も医者病気を治す医者病気を治す医者が~で無限ループにはならないしね。
まぁ十分非現実的なのは承知の上だけど・・・。

>>217
野暮だけど元ネタググった。面歌詞だね。
219 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 23:54:25 ID: iy3Ro2Q3un
>>218
気になったら調べる。嫌いじゃないぜその精。反応してくれたから調子乗って貼らせてもらうぜ!
>>sm6300798
220 : ななしのよっしん :2016/06/25(土) 13:33:17 ID: nzwLlNZdCL
最近は一般ニュースでも「ロボットが人間に反抗したらどうしよう」なんて
フランケンシュタインコンプレックス丸出しの事を言ってるが、本当に恐ろしいのはそんなことじゃない

ロボット仕事を奪われる」半分当たり
「人間は仕事しないで生きられていいじゃないか」これも半分しか合ってない

本当に恐ろしいのは、一部の富裕層がロボットを独占し、
大多数の人々から仕事を奪って自分たちだけが幸せに暮らす格差社会
結局一番恐ろしいのは人間なんだよ。ニュースでこういう所まで踏み込んで話さないのは作為を感じる
ロボットの反乱々は大衆に対するくらましだと思う
221 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 19:59:52 ID: e7tWNKIfW0
>一部の富裕層がロボットを独占し
というか彼らってさあ、基本的にナチュラルなのが好みなんじゃない?添加物だらけの製品世界中に売り捌いてる会社の上層部とかオーナーが食生活ではオーガニック食品に拘ってたりするそうだし

「富裕層がロボットを独占」ってどういう状況なのか判らんけど寧ろ庶民にはロボット売り付けて自分らは山辺の別荘で生身の人間たちに囲まれて暮らすってのが一番ありそうな未来の富像なんだけど。


222 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 20:11:32 ID: pGnYp5vcst
ロボット技術が凄まじく発展したとして
それを買える人じゃない限りその利益は受けれないとは思う
知らない人にゲーム機を貸してあげないだろうし

それについて不満以前になんで全員
あやかれると考えてるのかの方が不思議
223 : ななしのよっしん :2016/06/30(木) 13:41:36 ID: iy3Ro2Q3un
そりゃあ、技術が発展しまくって貧乏人でも買える位ありふれた物に成ってるて考えているからよ
224 : ななしのよっしん :2016/06/30(木) 14:02:17 ID: kafzkDW/YD
発明された当時は本当に一部の人間しか入手できない高価なものだが
時間が経てば一般人が扱える程度の価格帯に落ち着く、自動車携帯電話とかと同じだな
225 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 07:52:01 ID: ORASyy8gzA
いや、問題はむしろコストダウンそのものだろ。
ロボットが高けりゃ普通に人間雇うわ、って話で。

俺ら貧乏人というか、普通の労働者は、自分の「労働」って生産物を他の物と交換して飯食ってるワケだが。
人間並みの仕事が出来るロボットがお安く出来たら、この「労働」の価値が減する。

ロボットガンガンコストダウンできるかもだが、人間はダンピングするしかない。
ダンピングすればするほど可処分所得は減っていく。
ロボットを買う余裕なんてあるのか?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015