単語記事: ロボット

編集

ロボット英語: robot)とは、与えられた的を実行する機械の総称である。ただし、全ての機械ロボットと呼ばれる訳ではない。略称ロボに複合で用いられる(ex. メイドロボ)。創作作品上では人型機動兵器や巨大人ロボット兵器がロボットとしてよく登場する。まれにロボとも表記される。

曖昧さ回避

概要

R.U.Rのロボット

ロボットrobot)という言葉は、現チェコ作家カレル・チャペックの1921年の戯曲『R.U.R』[1]で使われたものが最初である。造したのはカレル芸術のヨゼフ[2]

robotのりは「(農制下の)義務強制的な労役」「強制労働者」という意味のチェコ語ロボタrobota)に由来する単として造されたとされている。
なお、本作に登場するロボット今日の定義によれば、人工培養技術を核心にして工業的に構成されたバイオロイド(有機体で構成された人造人間(アンドロイド)の一種)となる。

現在工学上のロボットの定義では標・的を与えた際、自動で与えられた標・的を実現する機械とされており、必ずしもである必要はなくなっている。
また、この定義によって仮に人であっても、人間が操作する必要があるものはロボットとは呼べない。

人気アニメ機動戦士ガンダム』などに登場するロボットにおいても、人間が操縦するものは(工学的には)厳密にはロボットではない。『ガンダム』作中でこれらロボットす「モビルスーツ」という言葉が使われているのは、この前述の定義を作者が知っていた為らしい。

ただし、基本的には人が操縦するが自稼働も可タイプロボットフルメタル・パニック!アーム・スレイブなど)もある他、人が操縦するタイプのものでも何らかの自動補正を行っている場合が多いので、その界は非常に曖昧である。

ロボットの種類(現実に存在するもの)

車輪型ロボット

輪を用いて移動するロボット。一見ロボットというイメージからはかけ離れているが、前述のように「自動で標を達成できる」、すなわち、与えられた標地点まで自動で移動することができれば、これも立ロボットであるといえる。
基本的に二次元の動きがメインである為、後述するようなロボットべて製作は容易。

代表的な例としては、庭用のお掃除ロボット災害現場用のロボットなどがある。

マニピュレーター

マニピュレーターという単に聞き覚えのない方には「腕ロボット」と言えば思い浮かべやすいと思われる。
マニピュレーターは人間の腕の動きを模したロボットであり、基本的にその構造も人間の腕の構造と酷似している。

ただし、後述するように全に人間の動きを再現するには、次元数:3+向き:3の6自由度系での制御が必要となり、その軌方程式は想像以上に複雑である。例えば「腕を持ち上げて止める」という動作でも、実際には自重で落下しようとするのを常にモーターを駆動させて支えなければならない。

産業用ロボットの多くがこの形である為、ロボットの中でも最も研究・開発が進められている分野である。

また人ロボットの腕部はマニピュレーターになっている事が多い。

ヒューマノイドロボット

ヒューマノイドとは、日本語で言えば「人間っぽい」「人間もどき」を意味しヒューマノイドロボットで人ロボットす。代表例はホンダASIMO

人間の動きを模したロボットであるが、人間の動きを再現するというのは想像をかにえる技術が必要となる。
特に歩行動作については、々人間は普段何も意識せずに行っているが、常時必要なバランスの調整などを計算式で表し、尚且つそれをコンピュータで処理させると言うのは至難の業である。

しかし、人間社会において一番適合しやすいのは人ロボットである為(人間用に作られた住宅などの施設内で行動可であり、人間用に作られた具などが使え、人間の生活や仕事の場で人間と一緒に行動できることから)、福ロボットなど将来、社会に普及することを的とするロボットは人であることが最も望ましい。

介護用の分野と軍事分野では、人ロボットとは別のアプローチとして人間が体に装着するタイプの動格(パワードスーツ)の研究開発も内外で進められている。

ロボットを作るには

ロボット製作にはロボット工学の知識が必要となるが、このロボット工学という学問は非常に多くの分野から成り立っている。

ロボット工学を扱うには最低でも次に挙げるような分野の基礎を十分に理解している必要がある

上記のような知識が必要になり、複雑なロボット製作は様々な分野の専門が集まって共同で作業を行うことも多い。

ロボットの制御

ロボットの動きの制御は、モータへかける電圧や駆動部への油圧を調整することで行う。

ただし急に電圧値や油圧を上げるとロボットの動きが安定せず、最悪暴走や故障にも繋がる為、実際の設計では加速度を考慮しなければならない。

その為ロボットの軌方程式微分した際に加速度二次関数的(徐々に加速・減速していく)となる、3次関数以上の式で与えなければならない。また人間と同様の3次元の動きを実現するには、先述したように最低でも6自由度系で計算を行う必要がある。

ちなみにロボットは常に1000分の1秒で行動を判断しているが、人間は判断してから行動に移るまでの間に約0.2秒が必要。なのでロボット暴走した場合、人間はほとんど避ける事が不可能である。

その為、実際には暴走する1歩手前の段階で安全装置を設けておくことが一般的である。

関連動画

実在するロボット

実在するロボットがモデルのフィクションのロボット、フィクションのロボット

関連項目

※個別のロボット等に関する記事については以下の一覧記事や該当する作品・カテゴリ一覧記事を参照。

関連リンク

脚注

  1. *R.U.R. は副題である英語 Rossum's Universal Robots の頭字アクロニム)で、本作のな舞台であるロボット企業の名前であり「ロッサム万ロボット会社」等と訳される。ユーニヴァーサル機械について「万・自在」という意味であると同時に通常の「世間一般の、普遍的な」という意味も掛けられている。なお本作の世界観ではロボット世界中のあらゆる場所で人間の代わりに働く安価かつありふれた存在である。
  2. *ヨゼフは画業の他に「チャペック兄弟」名義でカレルと戯曲・児童書等の共同執筆やの書籍デザインなどでマルチに活躍する芸術だったが、政治犯としてナチス逮捕されアンネ・フランクと同じくベルゲン=ベルゼン強制収容所で死去。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88
ページ番号: 1650562 リビジョン番号: 2365824
読み:ロボット
初版作成日: 09/02/28 18:16 ◆ 最終更新日: 16/05/25 17:13
編集内容についての説明/コメント: ロボットアニメ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ウォーリー

青銅人間タロス

SCARAロボット

一時保留

ごはんたべにいくので・・・

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロボットについて語るスレ

246 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 20:41:42 ID: Miq5/xhIh2
ID: e7tWNKIfW0は接近戦タイプロボット
必殺技固有結界オレ・ワールドを展開しての定規ストライク
ヒットすると大ダメージだが、惜しむらくは命中率が極めて低い。
247 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 08:55:10 ID: e7tWNKIfW0
>>245
少なくともドラえもんが出てくる話の中身じゃない事は確かなんでそれ摘しただけだって。作品の内容理解してないなら理して喩えに出さなくてもいいんだよ、その方が相手に余計な負担掛けずに済むから。

>>246
もっとと表現上げよう。
248 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 19:24:14 ID: 8htDNswODn
iy3Ro2Q3unが汎用高級ロボットみたいなものなら社会的な観点から人である要請もあるだろうって話してんのに、取り成しも視して効率ガー効率ガーじゃ無敵くんと揶揄されても理なかろうよ。
そんな末節に全で噛みついて掲示板空気悪くしなくても良いんだよ?もっと思いやりと社会性身に着けよう?
249 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 14:40:21 ID: v/sB1OWOZt
メイド欲しがるやつは人間の奴隷が〜とか、エロコンテンツでしかメイド見たことがない庶民オタクの発想だな。まあも庶民オタクだけど。

本物のメイドってのは、事掃除炊事なんかの作業を行うための労働者であって、性衝動をぶつけるために雇ってるわけじゃないんだぞ。さえあるならロボメイドにも需要はある。
250 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 14:46:54 ID: v/sB1OWOZt
人間と同居して人間のサポートをするんなら人が一番効率がいい。ロボットとしておそらく最も有名だろうルンバ君は、掃除のために特化したあの形状だが、おかげで人間が解除してやらなきゃ中の掃除はままならない。
階段があり、ドアがあり、棚があり、蛇口がある、徹頭徹尾人間が暮らすために設計された設備の中での作業を前提にするなら、人が一番いい。
251 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 10:22:17 ID: 2iUYQ/ZD+M
モチャのロボットだけどcozmoが表情豊かでいい感じ
252 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 14:05:22 ID: e7tWNKIfW0
>>248
KYって流石に居なくなったと思ったけどまだいたの?というか御宅みたいな「クラスのまとめ役」的テンプレ発言の典久振りに見たな。リアルでもそういう老婆心装って人間関係立ち回ってんの?形質的に碌な事にならないよ

>>249
それをいうなら奴隷といって性を思いつく御宅が大概なんじゃないですか。まあ御宅のような発想の持こそそういう用途込みで雇うし実際御宅みたいな有触れた「庶民オタク」が権勢得た時にやることといえば知れてるねっていう話なんですけどね。
253 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 04:20:40 ID: RWWPmX7J90
生物は呼吸鎖におけるトンネル効果による電子の移動から水素イオン勾配を生成し、
それを使って触媒のくっついたF1モータを毎秒100回転させてATPを合成し、
それをエネルギーの通貨として利用する。
トンネル効果を利用しているため、その構造の誤差は数Åも許されない。

微視的領域において、生物に勝るロボットは当分現れないだろう。
ロボット進化しても、この領域は生物に任せるはずだ。

こんな優れた機械が近くにあっても、々に出来るのは美味しく料理して食べることだけ。
254 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 05:16:33 ID: RWWPmX7J90
ほんと、電・兵器・電子コンテンツ生物に食われない立ち位置のロボットって難しいよ。
わざわざ人にしなくても具を扱うことは出来るし、荒れ地を進むことも出来る。
メイドロボを用意するより、人間にメイドロボ情報を流し込むほうが安くてくて簡単さ。
ロボットでやれば最初は奇抜でを引くけど、時間が経つほどキツくなる。次の手を打つ余と時間がないから。

だからこそロボットそのものが的を帯びる以外にロボットは存続し得ない。
いわば「エゴを押し付けていい子供」としての役割だと思う。
問題は、直接的な生存を付与するのか、歴史に刻んで情報として残すのか、あるいは残さないのか…だ。
255 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 06:31:25 ID: RWWPmX7J90
人間は生物であるがゆえにタナトスデスドルドー、つまり死への衝動と呼ばれる心理を包有する。
よく絵に描かれる、遺体から昇天する霊の顔は得てして安らかだ。
頼れるものや絶対的なものがあれば、それに任せて開放されたがる。
だから性的なイニシエーションとの錯覚さえ生じる。

しかしロボット生存を命令されれば、100%生存に役立つ行動以外取りえない。
100%生存に突き進むロボットの子孫で構成された世界はどのようになるだろうか?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015