単語記事: ロールシャッハ

編集
BeHinD yOU.┓┏.

ロールシャッハとは、アメリカンコミックスの最高傑作の一つとされる「ウォッチメン」に登場するヒーローであり、絶対に妥協しない男。

「笑わせるな」
「たとえ世界が滅んでも・・・絶対に妥協しない」

特別な超能力を持たず、中年で無職で女嫌いで、掃除も洗濯もせず風呂にも入らない上に、尋問する時は容赦を折る為「お前のようなヒーローがいるか」と言いたくなるが、悪を毛嫌いし、犯罪者には一切容赦せず、例え世界を敵にしても屈しない確立された自己の正義感を持つ精的「人」である。

曖昧さ回避
  1. ロールシャッハ(Rorschach)
    スイス北東部ザンクトガレン州北東部にある町。
  2. ヘルマンロールシャッハ1884.11.8~1922.4.2)
    ロールシャッハテストを考案したスイスの精医学者。
  3. ロールシャッハテスト
    ヘルマンロールシャッハが考案した性格診断法の一つ。インクを落したを二つ折りにして出来た左右対称の図形を見ての返答により性格や精分析を行う。
  4. 意識「弾幕ロールシャッハ
    東方Projectの登場キャラ古明地こいし」のスペルカード

概要

「悪は罰さねばならない。」
「アーマゲドンが到来しようと、は絶対に妥協しない・・・絶対に・・・」
「罰されなければならない数にいる。」

原作アランムーア、画:デイブ・ギボンズによるヒューゴー賞にもいたDCコミックスの「ウォッチメン」に登場するヒーローの一人であり、キーン条例と呼ばれるヒーロー活動を禁止する法律が施行された後も、悪を断罪する非合法な自警活動を続ける一のヒーローである。

※2件の殺人容疑と、正当防衛の殺人が5件程あるとされており、キーン条例が施行された時には、連続レイプ魔の死体に「断る」とのメモを添えて警察署の前に放置している。

ウォッチメン」では、ロールシャッハを含めて6人の「反社会性」を表現した人物が役として登場するが、その中でもロールシャッハ狂言回し的立場でストーリーを進行させる役も担っており、法を犯してでも犯罪者や悪党に対して容赦しないと言う狂人の如き姿勢について原作アランムーアは、

彼をモラルの価値が地に落ちた時代を行く戦士と見るか、差別に殺を繰り返すサイコキラーと見るかは、読者自由だ。

として読者に判断を委ねている。

また、ロールシャッハマスクを脱いで一皮向けば凡人以下な人間ながらも、一度マスクを被ると、最後まで自分の正義と言う名の意地を貫き通して悪党に容赦しないが、これはニーチェが「ツァラトゥストラはかくりき」で提唱した「自らの確立した意思でもって行動する者=人」の概念である

”自身の正義をその行動の全てとし、自身の善悪観が世界に屈しない生き方の推奨”

を体現しているキャラである為で、「精人」の異名は「絶対に屈しない男」と共にロールシャッハの代名詞となっており、その妥協しない姿勢を維持して死んだ事から、登場人物中でも一番の人気キャラとなっている。

色恋流・教養とは縁だが、自身の意思を貫き通した姿は傾奇者と言えるかもしれない。

能力

ロールシャッハは、原作アランムーア

ヒーローってのはスーパーパワーがあるとか、コスチュームを着てるって事じゃない。
自らの意思でもって世界を良くしようと戦う人々の事を言うんだ

との考えを反映して超能力は特に何ももってはいない。基本的に「人間」である。

※他の役5人も、1人を除いて超能力はもっていない一般人である。

格闘技術に優れており、自分の倍はあろうかという大男を相手にしてもせずに襲い掛かる。に嵌って追い詰められた中や、自分以外のほぼ全員が敵という刑務所の中においても、その場にあるもので効果的に戦うなど、機転が利く。
軍の秘密基地ですら簡単に侵入するピッキング技術は常人をえた特殊レベルの域にある他、ワイヤーフックを発射する以外の武装を基本的に現地調達している。

下書き用のメモ帳を所持するメモ魔でもあり、作中にもところどころにロールシャッハのメモ書き的なモノローグが登場する。なおメモは他人には読めない程の金釘流の字が書かれており、メモを書き写した日記が自宅に隠されている。

また、

「人の心に潜む悪の可性を知り、腐りきった世界のハラワタを見て・・・それでも進み続けた。」
を背けずにまっすぐ立ち向かった」
図で動くかなんて細なことだ」
たちはただ必要なことをやる。法律なんて関係ない」
「やるしかないんだ」

ロールシャッハ本人がるように、自身が悪と断罪するものを徹底的に憎み、悪党に対して基本的に容赦しない為、(関係の者でもその場に居合わせていたら)を折って尋問したり、情報収集の為に暴力を振るう事に対してする事がく、その正義感はもはや狂人の域にまで達しているように描かれている。

※もちろん一般市民から「そんなヒーローがいるか」的に疎まれている。

しかし、自身の正義に対して忠実な精ロールシャッハも、ひとたびマスクを脱ぐと、

と言う所謂「駄目人間」に分類されるオリジンが設定されており、その駄さ加減と、クライムファイターとしての徹底さ・格好良さ加減のアンバランスさが面キャラとなっている。

友人のナイトオウル2世にちょくちょく侵入するが、入り口を壊して侵入する上に必要と思ったものを勝手に持ちさっていく(二人の友人同士の信頼関係のなせる技といっていいのだろうか・・・)。

娯楽など触れる描写が一切く、食事にすらもこだわりがい。非常に不味い冷めた豆の缶詰を、調味料もつけずにそのまま食べて済ませる。

性格そのものや気概は、ロールシャッハでいる時もそうでない時もほぼ変わらず、妥協しない精は常時発動しているので、ロールシャッハの姿でなくても強い。

外見

ロールシャッハでいる時は、スーツにトレンチコートにソフト帽と手袋を着用し、足にはシークレットブーツを履き、顔は名前の元にもなっているロールシャッハテストの如き模様を描くが交わらないマスクを被っている。 

マスク素材を開発したのは作中一の超能力保有者であるDr.マンハッタン。

作中で警察逮捕された際のロールシャッハのポケットの中身

自警活動の為に地下下水道を通ったりするのに洗濯しない為コートは染みだらけで汚れている他、風呂に入らないので体臭はきつく、臭いについては本人も自覚しており、そのことを謝ったりするのだが、根本善しようとはしない。

駄目人間も徹底すれば一周して人になるということなのか・・・)

ちなみに、の床下には、予備のマスクと衣装と本物の日記が隠されている。 

モチーフ

ウォッチメン」に登場するヒーローは、DCコミックスが取得したチャールトンコミックキャラクターを原としているが、ロールシャッハは、スパイダーマンの生みの親の一人であるスティーブ・ディッコが創造した

といったキャラクターモチーフにしており、「Question」のスーツにトレンチコートにソフト帽な外観を引継ぎ、「Mr.A」が残していく「善と悪を模した絶対に色に交わらないに二分されたカード」は、ロールシャッハの名前の由来でもあるが交わらないマスク元ネタと言える。

原作アランムーアは「Question」の大ファン

また「Mr.A」と「Question」」は、共に特殊な超能力は持っておらず、妥協を許さない点で似ている。

なお「ウォッチメン」刊行後に、DCコミックスヒーローとなった「Question」が「ウォッチメン」のコミックスを読んでロールシャッハ真似をすると言うエピソードがある。

基本的に一般人な「Question」は、ロールシャッハになれずに敵にフルボッコされてしまうのだが、その際に、

ロールシャッハクソだ」

と言い放っている。

来歴

過去

「このの通りはドブも同然だ。」
「しかも流れているのは人の血。」
下水道があふれて、クズどもが全員溺れ死んでしまえば、いっそすっきりするだろうに」
セックスと人殺ししか頭にないクズどもが・・・」
「自分の罪でがんじがらめになった売婦と政治屋どもは、終いにはに向って叫ぶだろう。」
「”助けてくれ!”とな・・・」
「そしたらはこう答えてやる。」
「”いやだね”」

本名は「ウォルタージョセフコバックス」。

1940年3月21日に、シルヴィア・ジョアンナ・コバックスの子として生まれる。父親は不明。

生まれる数ヶ前に父親と思しき男がの元を去った事から、計と児の育児の為に母親は売を行い、結果、我が子への怒りにつながって虐待へとつながった。

ロールシャッハ女性嫌いの始まりとの説もある。

1951年7月、10歳の時に、自身をゆすろうとする年上の少年慢ならなくなって暴行を加え、相手が銜えていたタバコをおしつけて失明させると言う事件をおこしたウォルタージョセフコバックスは、母親が養育いと判断された事もあって専用施設であるチャールトン問題児収容所に入った。

1956年16歳になったウォルタージョセフコバックスは、収容所での教育により、内向的ではあったものの、文学宗教体操アマチュアボクシングに才を発揮して社会生活を送るのに問題なしと判断されるが、出所直前に売を続けていた母親が、サウス・ブロンクスの路地裏で洗剤を飲まされて惨殺される事件が発生し、母親を殺した犯人逮捕された事を聞いたウォルタージョセフコバックスは、ただ一言、

良かった

とだけき、その後予定通り出所して縫製工場の見習いとして働く事になった。

”辛くはないが、女のをいじり回す嫌な仕事だ”

1962年、ドレスの特注の仕事をうけたウォルタージョセフコバックスは、Dr.マンハッタンが開発した

2枚のゴムに挟まれた液が圧や熱に反応して流動する生地

を使用してドレスを作成したが、発注者であるキティ・ジェノビーズは、の模様がうごめすドレス不気味だとして受け取らなかった為、自宅に持ち帰ったウォルタージョセフコバックスは、熱した器具で裁断すると、ゴムが最接着されて液が漏れない事を発見した。

不気味だなんて大嘘だ”
が動いて形を変えていく。だが決して色には混ざらない”
”とてつもなく美しかった”

そして1964年3月ウォルタージョセフコバックスがロールシャッハの姿で活動するようになる発端の事件が発生する。

新聞で偶然にドレス発注したキティ・ジェノビーズが、衆人環視の中で陵辱されて殺された事を知ったウォルタージョセフコバックスは、キティが受け取らなかったドレスからつくったマスクをかぶり、犯罪社会に挑戦する事を決めた。

ナイトオウル2世コメディアンらと共にギャングと戦っていたこの頃のロールシャッハは、悪党を生かして捕まえる手段をとっており、1975年以前は、犯罪者に重傷を負わせた記録もない模範的なヒーローだったが、後にロールシャッハ本人は、

ロールシャッハになったフリをしているコバックスだ”
”自分がロールシャッハだと思い込んでただけだ。若くて、くて、経験が浅く・・・”
”甘かった”

としている。

ウォルタージョセフコバックスがロールシャッハとなったと自認した事件が発生したのは、1975年であった。

6歳の少女レア・ロッシュが、持ちのだと誤解されて誘拐された事件を知ったウォルタージョセフコバックスは、

「必ず事に連れ戻す」

と、ブレア・ロッシュの両親に約束して行方を追い、裏場で15人の悪党を病院送りにして誘拐犯の潜伏場所をつきとめたが、誘拐犯のアジトには、出払ってた誘拐犯以外に二匹のを奪い合っていただけだった。

そしてウォルタージョセフコバックスは気づいた。彼らが喰らっているがまさしくブレア・ロッシュの死体である事に。

包丁の頭をかちわり(後にうけたロールシャッハテストでこの時の開いたの頭を「きれいなちょうちょ」と評している)、誘拐犯がもどってくるとの死体をなげつけた後に、手錠で動けなくした犯人の周囲に灯油を撒いて火をつけて殺した。

世界は偶然の塊だ。パターンなんて、見る者が自分の想を押し付けただけだ」
「本当の意味なんかありはしない」

そして、誘拐犯が燃える様を見ていたウォルタージョセフコバックスは、

「きな臭い煙の中で、の胸に残っていた最後の希望が凍りついて、粉々に砕けた」
は生まれ変わり、意味な白紙世界に自分の考えを記そうと決意した」
「それがロールシャッハだ」

と後述した。この時、精人「ロールシャッハ」が誕生したのだった。

キーン条例が施行されて所謂ヒーロー行為が禁止されても、自らの信念に妥協せずに、違法行為の塊となりながらも悪党との戦いを続けた。

本編

1985年ロールシャッハは、キーン条例施行後も特例でヒーローをつづけていた昔の仲間コメディアンが殺された事を知る。

コメディアンを殺した黒幕を探るロールシャッハは、謀略により捕らえられて刑務所送りになるも、友人のナイトオウル2世シルクスペクターにより脱獄し、黒幕キーン条例施行以前に共に悪と戦った仲間天才の「オジマンディアス」である事をつきとめた。

自身には、悔いはない。妥協を許さず、いい人生を送った・・・」
「喜んで暗に足を踏み入れるとしよう」

ナイトオウル2世と共に南極の隠れについたロールシャッハは、オジマンディアスから、ソの冷戦から核戦争が発生して人類が滅亡することを回避する為に、ソそして世界が共通の敵と認識する強大な存在をつくりだそうとしている事、その途中邪魔になったコメディアンを殺した事を自される。

オジマンディアスをとめようとしたロールシャッハとナイトオウル2世だったが、既にオジマンディアスの計画は発動済で、ニューヨーク転送されたミュータントイカの精爆発により、数万人が犠牲となった。
このおぞましい惨事によりソの協が確認され、世界崩壊の危機は去った事をオジマンディアスは確信する。

しかし、数万人もの犠牲者を出したオジマンディアスのやり方は、ロールシャッハ正義に反するものであった。

真実表する為に南極を離れようとしたロールシャッハだったが、このままロールシャッハ真実表すれば、数万の犠牲が駄になるばかりか、これまで以上に世界の緊は高まり、冷戦再開そして世紀末が訪れるかもしれない。
オジマンディアスと共にこの事を理解していたDr.マンハッタンが彼の前に立ちはだかる。自分の行動の意味を理解していたロールシャッハは、 

「新しい理想郷を守るんだろう。」
「今さら一つぐらい死体が増えても同じことだ」
「どうした?何を待ってる?」
「やれ」
「殺せ!」

と叫ぶ。

コバックスにも、オジマンディアスの理想郷は理解できた。しかし、それでも彼のロールシャッハとしての生き方が、その平和への妥協をなおも拒んでいたのだ。

Dr.マンハッタンの手により、ロールシャッハは、最期まで自分に妥協しない精人のまま逝った。
ロールシャッハにとっては全く許すことの出来ない形ではあったが、オジマンディアスの理想であった世界平和はそうして訪れた。 

しかし、ロールシャッハはこの一連の出来事を記録した手記を、南極突入の直前、読する右翼系雑誌の編集部に送っていた。
一度は読まれもせず捨てられたこの手記だったが、今、皮にもオジマンディアスによる平和が訪れたことで記事に困った編集部が、再び手に取ろうとしていた。 

映画版

ザックスナイダー監督映画版「ウォッチメン」では、ジャッキーアール・ヘイリーがロールシャッハを演じている。年齢の設定が変更されており、35歳と原作より若い。シークレットブーツを履かないため原作よりさらに背が低いなど、原作と設定が細かく異なる。

ジャッキーアール・ヘイリーにとっては思い入れのあキャラで、ネットの書き込みで自身に合う役だと知り原作を読んで以降ほれ込み、映画化が決定されると、ロールシャッハの登場シーンを自的に撮影した内容のデモ映像ザックスナイダーに送って、見事ロールシャッハ役を射止めている。

※「絶対に妥協しない」男ロールシャッハ吹き替えを担当したのは、仮面ライダー剣の「絶対に謝らない」男烏丸所長を演じた「山路和弘」である。

関連動画

ゲーム版「ウォッチメン

映画化における著作権争いをパロった海外制作同人アニメ

MUGENでは、「お前のようなヒーローがいるか」なバイオレンスぶりが人気に


MUGENのタッグトーナメントで監視者タッグを組んだ朝倉涼子とのタッグAIまで登場

日本ではマイナーアメコミキャラロールシャッハMUGENストーリー動画メインをはるとは

関連商品


関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%8F
ページ番号: 4221887 リビジョン番号: 1945128
読み:ロールシャッハ
初版作成日: 09/12/03 05:44 ◆ 最終更新日: 13/12/23 01:42
編集内容についての説明/コメント: 影響を与えたキャラの部分を試しに消してみる
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロールシャッハについて語るスレ

201 : ななしのよっしん :2016/01/05(火) 07:56:28 ID: PIyq6dRz5g
>>199
ルーマンだろ
トールマンは東京ICBM落としたやつだ

映画版しか見てないけど
いちばんの被Dr.マンハッタンが加者を支持してるのはキツイな。
コバックスは正義の不要を悟って自退場したように見えた。
202 : ななしのよっしん :2016/01/26(火) 21:46:39 ID: HmMHK3Nf7d
説明を読んだだけで恐ろしい男だということが伝わるな
彼が正義なのか悪なのかは断言できないが、ロールシャッハ100人いたら間違いなく世界は壊れる
203 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 03:59:39 ID: DDQZixRc5s
>>199

因みに、アメリカ民はトルーマンを大統領に選んでない。ルーズベルトが再選された直後に死んだから、副大統領だったトルーマンが大統領に格上げされた。そして、なった途端「原爆ってもん作ってるんだけど、どうします?」と言われたわけで(苦笑)。
まあ、だから許されるかっつーとそれはまた別の話なんだが。
204 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 04:41:00 ID: TDCQT564hN
大統領選の時点でを副大統領にするかの補も決まってるから、
ルーズベルトを選んだ民は形式上「もしものときにはトルーマンが後を継ぐ」ことまで含めて選んでいるはずではあるけどねw
205 : ななしのよっしん :2016/01/28(木) 23:25:44 ID: gByJAJJ+gH
>>201
そうだったwトールマンは電撃に弱い雷様の方だ。
ちなみに原作Dr.マンハッタンは被者でもないし、どっちも支持してない
映画ははっきり言って別物だから原作読んでくれ。じゃないと話にならない。
206 : ななしのよっしん :2016/04/04(月) 11:32:45 ID: DxBMqVTajV
ロールシャッハ主人公格である必要性は、その他キャラとの思想の較にあるんだけど
中でもコメディアンとオジマンディアス本質的に同類で、の有るもの自身が世の中を動かすという共通点がある。(かたや自身の欲のため、かたや自身の正義のため)
両者ともエゴイズムである

対してのないもの達のエゴイズムを表しているのがロールシャッハであり、によるエゴイズムに片っ端から反抗していく

物語の一番のメインテーマは、オジマンディアスに対する皮だと思う
傍観者のエゴイストであるナイトオウルや、感情の兵器のマンハッタンなどが絡み
ロールシャッハの立場を孤立させていく、そこがこの物語の悲哀的な面味だと思う
207 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 15:07:57 ID: KCy6dg4VDb
友人に薦められて今映画ウォッチメン見たところなんだけど、ロールシャッハかっこよすぎた。素晴らしいヒーローにであえたわー。

ストーリーが散逸してて、個人エピソードばかりながしてどうなるかとおもったが、こうくるとはなぁ。
物語エンタメが弱いんだけど、凄く好きだ

そして、今続けてみてるダークナイトライジングで山路さんいて
山路さんの演技もいいよなぁ
208 : ななしのよっしん :2016/06/07(火) 09:49:26 ID: 7oMv/HZtGH
もしロールシャッハが活躍するのが現在アメリカなら、彼はどういうスタンスや思想を抱くんだろう?
国家を忌み嫌うが、んだ義者の持ちであり、人類皆兄弟だの等だの唱えそうな人物では全くないしなあ・・・

209 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 23:56:38 ID: rEmbfYooFc
偽マンを見るたび、彼もロールシャッハなんだと思うことにした
210 : ななしのよっしん :2016/08/08(月) 22:08:11 ID: SuL46tFT/m
ダニエルと友情(?)が深まったのに死んでしまうのが最高に切ない
の前でシャッハ死んだらオジマンディアス殴りに行くわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015