単語記事: ロールプレイングゲーム

編集

ロールプレイングゲーム英:Role-playing game)とは、プレイヤー自身がゲーム内の登場人物となって進行するアナログゲームビデオゲームの総称。略称は「RPG」。

ロールプレイング(役割を演じる)という言葉から「キャラクターになりきる」といったような解釈がされることもあるが、実際には「プレイヤー自身の判断で行動する」といった程度が適切だろう。(論、TRPGでのプレイヤー同士の会話や、キャラクターへの感情移入的な楽しみ方もある)

元は「テーブルトークRPG」と呼ばれる卓上ゲームす言葉であったが、ビデオゲームによる「コンピュータRPG」が登場してからは後者してRPGと呼ばれることも多くなった。内では単にRPGと言った場合は後者コンピュータRPGして呼ばれていることがほぼ一般的と言えるだろう。

テーブルトークRPG

http://tn-skr.smilevideo.jp/smile?i=8751414世界で最初のロールプレイングゲームは、1974年に発売された「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」である。このゲームペンと机を使い数人で集まって遊ぶもので、D&Dプレイヤー1人ずつが「戦士」や「魔法使い」などのファンタジー世界の登場人物の役割を担当し、ダンジョン迷宮)を探検するという卓上ゲームである。ゲームの管理・裁定は、ダンジョンマスター(DM)を担当する参加者が行う。

D&Dの発売後、同様のシステムゲームが数多く登場し、ロールプレイングゲームというゲームジャンルとして定着した。

複数人数が必要なRPGを1人で遊ぶことができるコンピューターRPGが登場して以降は、ビデオゲームの流行と共に、次第にRPGといえばコンピューターRPGすようになり、本来のRPGは「テーブルトップRPG」や「ペンシルアンド・ペーパーRPG」、特に日本では「テーブルトークRPG(TRPG)」と呼ばれるようになる。

詳しくは「テーブルトークRPG」の記事を参照

コンピューターRPG

http://tn-skr1.smilevideo.jp/smile?i=5062560コンピューターRPGとは、パソコンゲーム機を利用したビデオゲームによるロールプレイングゲームである。1980年代初頭に登場した「ウィザードリィ」「ウルティマ」「ローグ」というゲームが代表作として挙げられる。

日本では1986年に「ドラゴンクエスト」が発売され社会なるほどヒットをした。ドラゴンクエストはそれまで複雑であったRPGでも遊びやすいように独自にアレンジしたもので、システムの簡易化だけではなくストーリー演出もより豊かで、の人との会話」「解き」に重点を置いた点も評価された。それまでの内における従来のRPGに対するイメージを塗り替えた。タイトルにおける「コマンド方式RPG」の元祖でもあり、後のタイトルRPGドラゴンクエストの影を受けたとも言えるだろう。

近年、特にタイトルではキャラクター描写やストーリー演出を重視した独自の設計を持つRPGも多く登場している。一方で本来のロールプレイという設計から逸脱しているという意見もあり、従来のRPGと区別され「JRPG」とも呼ばれている。

詳しくは「コンピュータRPG」の記事を参照

原点回帰

インターネットの普及や、ゲームハード進化によって、コンピュータを用いてTRPGに順ずるような自由度(あるいは世界樹の迷宮のような、往年のダンジョンゲームっぽい先祖がえり)を含むゲームソフトが近年ゲームユーザーの支持を集めている。キャラメイクや友人とのチャットなど、自分の好みやコミュニケーションを楽しむなどの方向性が広がりが感じられる。また、TRPGインターネット回線やボイスチャットを利用したオンラインセッションなどで敷居を下げており、今後の発展が期待できそうである。

オンラインRPG

オンラインRPGとはコンピューターネットワークを利用したコンピュータRPGのことである。インターネットを利用し、他のプレイヤーと共に世界を共有してプレイができるゲームである。日本中または世界中の人間と一緒に遊ぶことができるのが最大の特徴だろう。従来のゲームにおけるクエストクリアという的だけではなく、コミュニティや仮想社会として利用されている一面もある。

1997年に登場した『ディアブロ』『ウルティマオンライン』が代表的な例として挙げられる。

詳しくは「ネトゲ」「MMO」の記事を参照

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ページ番号: 272887 リビジョン番号: 2172510
読み:ロールプレイングゲーム
初版作成日: 08/06/23 10:55 ◆ 最終更新日: 15/03/08 11:46
編集内容についての説明/コメント: 全体的な加筆修正、一部表現の変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロールプレイングゲームについて語るスレ

782 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 18:23:50 ID: 7pEXWo4FUP
それは芝居パートの分量が半端なく多いからじゃないですかね
コントローラの電操作オフするまでプレイヤーに三文芝居見せ続ける作品もあった位なんで
ゲームを進めるにも会話、会話でボイス付きと来てる
厭でも脚本やシナリオの出来が評価を左右することになるような作りになってるという次第
783 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 20:20:04 ID: JKptBoyUi3
RPGシナリオは切っても切り離せない関係だからね
そこに固執する人間がいてもおかしい話ではない
特にコンピュータゲームの場合は、時間に加えてを払ってるからストーリーがダメだった時の反発は大きい
784 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 09:52:46 ID: 7pEXWo4FUP
ジャンルだと芝居全部スキップしてもゲーム進行にまず影ない
RPGではお芝居や会話で次の行き先や進行の鍵が提示される事が大半
加えて読まされるテキスト量が段違い

この違いが大きいということなのでは
RPGの中でもローグライクなんかはシナリオ周りがオザナリというかあってないような物でも気にするプレイヤーは少ない(進行とど関係ないから)
785 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 20:07:27 ID: inSF0SD9t5
それにしても多すぎるんだよ >脚本厨
アニメ特撮なんかじゃべ物にならないくらい
786 : ななしのよっしん :2017/09/21(木) 20:17:53 ID: eQch2pDlXj
>>785
アニメ特撮だと作画とか他の方向にもが分散するから相対的に脚本厨率が減るってだけだと思う
787 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 17:41:15 ID: EwTZFkfjDf
サンドバックらしきものが明確ってのもあるんじゃない
シナリオライターディレクターみたいな

シナリオライターは場合によっちゃ脚本家より地位が低いけど
788 : ななしのよっしん :2017/10/03(火) 16:08:13 ID: tufWXCYE5Y
脚本厨ってよりシナリオ史上義がまかり通ってるってカンジだが
これよりシナリオ重視のが多そうってなると映画とか小説とか規模は劣るがノベルゲーとかくらいしか思いつかない
いうまでもなく映画ゲーム以上に共同作業だし小説漫画程じゃないかも知れんが編集も介在するけど
789 : ななしのよっしん :2017/10/04(水) 21:50:21 ID: 00lYiUjaMI
ロールプレイで、いい気になれるか否かはシナリオ次第だからな
そんな難しい話じゃない
790 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 11:11:24 ID: D0nHNF2A3D
自由度=NPCを倒せる

だけなのは流石に
791 : ななしのよっしん :2017/10/14(土) 00:03:34 ID: 2AewC10s+d
どう見てもアクションゲーなのにRPGとばかり紹介されるのは何故なのか
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829