単語記事: ン・ダグバ・ゼバ

編集

ン・ダグバ・ゼバとは、特撮テレビドラマ仮面ライダークウガ』のラスボスである。

演:井健治 / 浩(第1話のみ)

作中の一般市民警察関係者からは「未確認生命体第0号(もしくは省略して第0号)」と呼ばれる。

どうしたの?概要を書いて、もっと僕を笑顔にしてよ。

隕石から作り出した武器によって怪人変身するを得たグロンギ族の長にして最強戦士。また、グロンギの行うゲゲルは最終的にダグバへの挑戦権を賭けて行われるため、多くのグロンギ族にとっての標でもある。

「ン」はグロンギの頂点に立つ最強の存在を意味し、「ゼ」は全や特別という意味を持つ。

クウガと同じくクワガタモチーフにした姿をしており、クウガアルティメットフォームとは対照的に、を基調とした姿をしている。ンの持つベルトのバックルは色で、他のグロンギとは違う色である。

ラスボスの名にふさわしく最強を秘めており、身体スペッククウガアルティメットフォームと互(パンチ80t,キック100t)。また、原子操作によるプラズマ発火(自然発火とも)をはじめとして、瞬間移動操作をしているとも取れる描写がある。やはりアルティメットフォームと同じく数々の強な特殊を持つ。

全態でありながらも弱小グロンギ200人を整理と称して粛清する、彼のベルトの破片を取り込んだ下級怪人が通常フォームのクウガを圧倒するまでにパワーアップするなど、その実グロンギの中でも圧倒的で、ン族以外では最強グロンギであると思われたゴ・ガドル・バを圧倒したアメイジングマイティフォームのをも全く寄せ付けなかった。極めつけに、ペガサスフォームでダグバの存在を感じ取ったクウガを、プレッシャーだけで強制的に変身解除・衰弱させるという凄まじい威圧感を持つ。

グロンギ全体に言えることだが、彼はその中でも極めて残かつ冷酷な性格をしており、戦う事を心の底から楽しんでいる。

略歴

作中では古代においてクウガとの戦いに敗北し、配下のグロンギ族とともに封印されていた。しかし封印していた遺跡を現代の調隊が暴いてしまったことにより復活、変身アイテムであるベルトが損傷していたため不全な状態ながらも、調隊を皆殺しにしグロンギ族をらせて現代での殺戮ゲームを開始した。

第一話から既に登場し途中で名前も出ていたものの、本格的に姿を表したのは40話以降で、人間体はをまとった物静かな青年であった。しかし終盤に近づくにつれ次第にその姿を現していった。

ダグバのであるベルトは当初バラバラに砕けていた。そこでズ・ゴオマ・グを使い走りにして長野・九郎ヶ岳から破片を回収させ、東京にいるヌ・ザジオ・レが修復。ベルトの修理が終わるとザジオを殺し、ベルトを手にするが破片の一つをゴオマがくすねていたため不全だった。ゴオマはベルトの破片を取り込んで究極体となり、ダグバの整理から逃れるためダグバを殺そうとするが、不全体の実でもゴオマ究極体をあっさり殺。破片を取り戻し、ついに最強を持った全体へと覚醒した。

しかし、一見そうに見えるその外見とは裏に、ファイナルゲーム「究極の闇」にて、ついに人々を虐殺し始める。その方法は原子操作による発火で、次々と人間を火達磨にしていった。これを阻止するべく五代雄介はアメイジングマイティフォームに変身してダグバに挑んだが、発火で苦しめられアークルに裂を入れられるなどきにまで叩きめされる。そして敗北した雄介の前でダグバは3万人以上を殺する。しかし強敵との戦いを望んでいたダグバは満身創痍雄介トドメを刺さず、彼が「究極の」を持つまで待った。の前で3万人以上を殺された雄介は絶対に変身するまいと誓っていたアルティメットフォームへの変身を決意した。

ちなみにダグバが3万人を虐殺するシーンは曖昧ながらも描写されており、発火して炎上するや苦しみにもがく人の姿が見られる。の8時とは思えないほどの恐怖である。この後普通おジャ魔女どれみをやっていた。

自らと同じ究極の闇に染まり、強大なを手にしたクウガとの戦いを望んでおり、最終決戦となる48話では吹雪の中、アルティメットフォームに変身したクウガと、悦びを持って戦う。しかし、五代は優しい心をついに失わないままアルティメットフォームへの変身を遂げていた。当初は発火を用いて戦うが、互いの超能力が全く拮抗していると判明してからは、ひたすら肉弾戦を繰り広げ、やがて互いのバックルが破損して、人間体同士での戦いになる。

を奮うことに悲しみを感じ涙を流し続ける五代に対して、喜びを感じ笑みを浮かべるダグバの姿は全く対照的なものだった。しかし、最後には五代に一歩及ばず、殴り合いの末に神経断裂によって倒、死亡した。 

買ったんだね。究極の力を持つものを。

今度は僕と同じ項目になれるのかな?


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%90
ページ番号: 4170038 リビジョン番号: 2414091
読み:ンダグバゼバ
初版作成日: 09/09/28 18:59 ◆ 最終更新日: 16/10/07 19:13
編集内容についての説明/コメント: 関連商品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ン・ダグバ・ゼバ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ン・ダグバ・ゼバについて語るスレ

371 : ななしのよっしん :2017/04/27(木) 12:16:35 ID: MD3z6k8ffh
アルティメットクウガみたくこちら側も原子分解を持ち出すか、原子分解耐性持ってるか。最低でも原子分解打ち消す持ってないと土俵にすら入れない
だってこいつ「つまらないからやらない」だけでやろうと思えばDr.マンハッタンと同じこと出来るんだぞ
372 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 11:01:12 ID: /NyYGNG1o5
仮面ライダークロノス……とうとうダグバでもどうしようもないライダーが出てきたか
373 : 名無し :2017/06/02(金) 03:59:56 ID: tJBel6UoXO
>>372
クロノスが止めれるのは仮面ライダークロニクルゲームエリアだけなんだ…
374 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 12:28:37 ID: Ecoc/eOGKU
子供の時見てて最終決戦でお互いのが全く通用しない事を察した上で格闘戦を始め互いのから血が噴き出た演出に本当に震えたわ、次元が違う戦いってのが感じ取れた
375 : ななしのよっしん :2017/06/13(火) 08:17:17 ID: mJCB7kLtRJ
>>373
クロノスがいる場所は常に仮面ライダークロニクルゲームエリアなんだ…
376 : ななしのよっしん :2017/06/28(水) 23:34:18 ID: /NyYGNG1o5
クロノスがどうこう言ってたらハイパームテキが出てきたな……
一応キロ単位で離れたところから変身前を狙って燃やせばダグバの勝ちだろうけどよーいどんの勝負では無理ゲーにも程がある
377 : ななしのよっしん :2017/06/30(金) 23:20:08 ID: 14vC+KRSPT
>>im6818510

なれたんだね、究極の(頂点数的な意味で)MMDモデル
378 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 10:47:42 ID: sI5Hx7GLF3
クウガエグゼイドは面さのベクトル違うから、強さ較はどうでもいいけど、
ダグバと永夢って物語上での相性は最悪だと思うな。

バグスターは猶予期間がある。正宗だって闇やたらと殺人犯すわけじゃない。
対してダグバは動き始めたら同族さえなく虐殺するし、敵の強さを引き出すために煽りにも利用する。
五代にしたことを永夢にもやりかねん。それに、普段は人間と見分けがつかず没。
今週のパラドのように死を恐れて、話し合いの余地がある敵と違って、
自分の死を厭わず笑って殴り合える常軌を逸した戦闘狂だから、まともな感性では理解が及ばない。
ダグバの恐ろしさってスペック以上に、この狂気性にあると思う。

的に勝てても、犠牲者を出さずに勝つのが難しすぎるから、
患者を救う、抑えるのに重きをおく医者ライダーとは相性悪すぎると思う。
五代も、小説版でもグロンギとの戦いの心の傷消えきってないみたいだったし。
379 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 11:28:44 ID: JjkK27I9LD
強さ議論は不毛だからやめなさい
>>378
戦ったら心に重大な傷を残しかねないのが怖いよね…
ダグバの心を折ることは出来ないし、なによりも殺すこと大好きな怪物だから…
380 : ななしのよっしん :2017/08/19(土) 21:44:08 ID: B1X2zw8h6v
強さ議論に関しては各ライダーの設定やもあるしおれも不毛だと思う。
ダグバの怖さは弱者を殺すことも大好きなことは論、自身が死ぬ事も含めた強者と戦う事を喜ぶ性質が一番だと思う。
変身解除か仮面の下かは各自の判断だと思うけど、あの殴り合いでの表情が全てを現わしている…
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829