単語記事: 七年戦争

編集

七年戦争1756~1763)とは、ヨーロッパにおいてイギリスの財政支援を受けたプロイセンと、オーストリアロシアフランススウェーデンスペイン1762年参戦)・及びドイツ諸侯との間で行われた戦争である。

概要

 オーストリア継承戦争17401748)の結果プロイセンに奪われたシュレージエンの奪回を意図したオーストリアマリア・テレジアは長年の敵であったフランスとの対立関係を解消。フランスロシアと同盟を結び、さらにハンガリーザクセンスウェーデンを味方につけた。

 この時点での人口格差はオーストリア8000万に対しプロイセン400万と圧倒的なものであり、滅亡間近と思われたプロイセンだが、プロイセンフリードリヒ2世の適切な戦争導とロシアエリザヴェータ女の死(1762)によるロシアの離反によって戦局は打開され始め、最終的にイギリスプロイセン側の勝利に終わる事となる。

戦争の経過内容

 1755年に北アメリカフレンチ・インディアン戦争が勃発。フランスイギリスの対立はヨーロッパにも及び、この機に乗じてオーストリア側が開戦に踏み切るのを察したフリードリヒ2世先制攻撃を行う。

 1756年10月ロボジッツの戦いでプロイセンオーストリアザクセン連合軍を打ち破り、相手の準備が間に合わぬ内にベーメンへ侵攻、プラハを包囲する。しかしプラハを救援に来たオーストリア軍に対して1757年6月リンの戦いで奇襲をしかけるが撃退されてしまう。

 やがて西からフランス軍が、東からロシア軍が到着し、プロイセンは苦にたたされる。しかし11月にロスバッハの戦いでフランスに、12月ロイテンの戦いでオーストリアに勝利をおさめ、戦況を有利に進める。その後も1758年8月にツォルンドルフの戦いでロシアを打ち破る事に成功するが、10月にホッホヒルヒの戦いで歩兵の3分の1と砲兵の大半を失う。

 この敗北は兵全に劣るプロイセンにとってかなりの痛手になった。そして1759年8月プロイセンはクネルスドルフの戦いでロシアオーストリア連合軍に大敗北し、兵の大半は逃走しわずか三千の兵しか残らなかった。

 壊滅必死と見られていたプロイセンであったが、ロシアオーストリアは互いに対する不信感と今までの敗北
による恐怖感で最後の一手を決めることができずこれが後々の敗北につながることになる。

 体制を立て直したプロイセン17608月にはリーグニッツの戦いで、11月にはトルガウの戦いでオーストリアに勝利を収めるものの、多額の戦費・人的損耗・土の荒限界が近づいてきていた。さらにイギリスの財政支援10月を持って打ち切られ苦はさらに加速した。

 その一方で、同盟側も綻びが大きくなり始めていた。フランスは北アメリカ及びインドイギリス敗しプロイセンどころではなくなり、スペインに参戦をめるも効果は上がらず、長引く戦争オーストリアの隣にあるオスマン帝国の脅威を増し続けた。しかしながら消耗戦は同盟側よりプロイセンにきつく、戦争の終結は遠くないと見られていた。

 しかし、17621月ロシアが女エリザヴェータ死去をきっかけに戦線を離脱。これを受けスウェーデンも講和に踏み切り、長引く戦争に疲弊しきっていた列強は次々と兵をひきあげた。単独ではプロイセンに敵わないことを理解していたオーストリアは和議に踏み切り、悲願であったシェレージエンを取り返すことはわなかった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%83%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89
ページ番号: 1517152 リビジョン番号: 2140305
読み:シチネンセンソウ
初版作成日: 09/02/21 16:50 ◆ 最終更新日: 15/01/05 01:36
編集内容についての説明/コメント: ヘタリア関連動画を消去しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

七年戦争について語るスレ

26 : ななしのよっしん :2012/11/22(木) 18:41:58 ID: I+Gsj4ng82
>>15
マリア・テレジア息子といい、男にはモテますなあ。
女性にはあの有様だったのに。
27 : ななしのよっしん :2013/09/24(火) 21:29:22 ID: f0Ha7APPTY
この戦いの中でもフランスvsプロイセンはそこまで言及されないよね。
ロスバッハは例外だけど。
ブラウンシュヴァイク・ヴォルフェンビュッテルフェルディナントとか
多くの勝利を収めているのに日本語wikiに記事ないし。
英語があまり読めないからどんな人かほとんどわからない。
28 : ななしのよっしん :2013/11/03(日) 19:43:25 ID: PCufgP8+xQ
スウェーデンとかいう空気
29 : ななしのよっしん :2014/02/09(日) 21:18:23 ID: Xuw+mZ9jtv
>>26
何でや!必死大王の気を引こうとしてたやろ!
でも肝心の大王嫌いだったけど・・・
30 : ななしのよっしん :2014/06/03(火) 06:24:06 ID: Zgf01fNlkT
この頃(外交革命以来)のイギリスって何気にピンチだよね
当時プロイセンは大ではないし、大陸から閉め出し寸前にも見える
31 : ななしのよっしん :2014/07/27(日) 09:43:45 ID: /WhRtfXWit
上の方で揉めてるのに悪いけど、ヘタリアって4巻で七年戦争に触れてなかったっけ?
戦争そのものよりオーストリアフランスロシアの同盟の辺りなんだけどね。

いやさ、それでググったらここに辿り着いたからさ。
32 : ななしのよっしん :2014/10/11(土) 22:57:59 ID: vtSCQnBaX5
アサシンクリードローグの舞台
33 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 22:43:52 ID: lQJpe2C4Zt
五行で表す七年戦争

わけもわからず、戦争の渦中にいるオーストリア
わけもわからず、周りじゅう敵だらけのプロイセン
わけもわからず、任せのフランス
わけもわからず、狡賢いロシア
そのすべてに、血のを降らせるイギリス

by,倉山満
34 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 00:12:43 ID: FnnmpkAQG2
ヨーロッパ戦争は資援助だけでプロイセンに任せっきりで北インド戦争ではごっそり植民地を奪いとったイギリスの狡猾っぷり凄いわ
35 : ななしのよっしん :2017/04/19(水) 16:15:08 ID: Zgf01fNlkT
任せっきりってほど任せっきりでもなかったけどね
ロスバッハの戦いの直前を除き、フランスをほぼ封殺していたのはドイツ諸侯軍で、そのドイツ諸侯軍の中心には同君連合のハノーファーがいたわけだし、
イギリスプロイセン以外のドイツ諸侯にも資供与したり、傭兵として雇ったり、少数ながらイギリス陸軍を送ったりしている。

フランス1759年頃まで、イギリス本土への上陸作戦を企図していたから、その点でも、フランス陸軍を誘引し、プロイセン戦争遂行を助けている。失敗に終わったけど、フランス本土にイギリス軍を何度か牽制的に上陸させてるしね
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829