単語記事: 万丈龍我

編集  

万丈龍我とは、特撮ドラマ仮面ライダービルド』の登場人物である。

演:楚衛二

俺が生まれたのは横浜の産婦人科だった。3203gの元気な赤ん坊で…

が生い立ちから話せっつったよ!」

東都の刑務所から脱獄し、の追手から逃亡を続けてきた青年。かつては格闘として活躍していたが八百長試合に手を染めてしまい、更にそれが発覚し格闘技界を追放されてしまう。さらに殺人の罪で逮捕・投されてしまった経歴を持つ。そのことで一時期「バカクズ」と自嘲していた。
身体は衰えておらず、生身の状態でガーディアン(ロボット兵士)の集団であれば一掃できるほど。

脱獄した彼の身体からはスマッシュの反応があり、駆けつけた仮面ライダービルド/桐生戦兎と一戦を交えるが、事情を聴かされた戦の手によって追手から逃げ出し、戦たちの秘密基地に匿われることになる。

中に看守によって一盛られ、ガスマスク科学者たちに囲まれて何かしらの人体実験に巻き込まれたとっており、これは記憶喪失の状態にある戦一覚えている記憶とベストマッチしている。このため戦が自分の記憶の鍵を握っていると考えているようだ。理論的に物事を考える戦とは時に衝突することもあるが、基本的にはお互いボケたり突っ込んだりのよき凸凹コンビである。

注意 この項は、作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。そうでないなら逃げルルォ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冤罪のトゥルース

冤罪には人の小倉香澄が関わっていた。香澄は病気のために身体が弱っており、彼女の治療費を稼ぐために八百長に加担したのだという。仕事を探していた彼女から「葛城」という科学者の助手の仕事を紹介されたが、香澄に教えられて向かった葛城で本人が殺されている現場に遭遇し、駆けつけた警察によって逮捕されてしまった。

その香澄もナイトローグが率いるファウスト科学者によってバーンスマッシュに変貌し、さらに病弱だったためにスマッシュの成分を抜き取っても元の体に戻らず死亡してしまう状態にあった。スマッシュに変貌した人間は自を失うのだが、バーンスマッシュは香澄としての自全に失わずを攻撃しまいと必死に抵抗していた。
はビルドに「せめて彼女を元に戻してほしい」と頼み込み、スマッシュはビルドの手によって一時的に香澄の魂を分離させられ「鍋島という男に仕事を紹介された」という相をり消滅した。

香澄が変貌したスマッシュから抽出したドラゴンフルボトルの手に渡った。さらに鍋島という男が役中にに一盛った男であることも判明し、は自らの冤罪らすために引き続き戦たちと行動を共にする。

西都に渡り、鍋島と接触することに成功するが、その鍋島が秘密結社「ファウスト」の二度の人体改造と、スマッシュ化中の更なるガスの追加を受けた結果、スマッシュ化の後記憶喪失に陥り、冤罪らす手がかりがなくなってしまう。

冤罪らす機会がなくなった後、まともに外出もできない状況。
加えてその後、戦が自身の記憶の手がかりを見つけたことをきっかけに余裕がなくなり、にそっけない態度を取り続けてしまう。
冤罪人の死、潔明の筋の途絶、外出不可のストレス、周囲全員からの軽視…と追い詰められた結果、はその戦の記憶の手がかりである岸田立弥がスマッシュから元に戻ったところに乱入抜き取った成分を立弥に戻し、アジトを探す為に立弥を利用するという、人命を度外視した暴挙に出てしまった。の思惑通りにスマッシュファウスト人体実験を行うアジトに戻り、場所をつきとめることができたが自身も敵に見つかりピンチに陥る。駆けつけたビルドによりその場は助けられたものの、秘密基地に戻ってから戦とお互い殴り合いのケンカに発展し、ついには戦のビルドドライバー変身を試みるほどの追い詰められ様であった。(結果は失敗)

一晩経過し、マスターの石動総一から戦の心についての話を聞いたは心をめたのか、戦に立弥の件について謝罪しお互いでアジトに侵入する計画を実行する。そしてアジトにいたブラッドスタークによってスマッシュに変貌するネビュラガスを体内に注入する実験を受けながらスマッシュに変貌しなかったレアケースであることが明かされる。衝撃の真実を知らされ、を忘れて実験体にされている人質も視してブラッドスタークに食いかかる戦が食い止める。

前に聞いたよな。自分の記憶と人助けのビルドどっちが大事か。迷わずビルドって答えたお前に、生まれて初めて嫉妬したよ。こいつには勝てねぇって。今はどうなんだよ?

このの一言でに返った戦めてビルドとして人質を救出した。

スマッシュに変貌した立弥を事に救出することに成功したが、その立弥から「葛城が死に、逮捕された直前に戦が記憶を失う前の素性(とされている)佐藤太郎葛城の部屋に行っていた」ことが明かされる…。

俺も仮面ライダーになっちまったよ……

以降、幾つかの断片的な情報が明かされるものの、決定的な何かを掴めずにいたは、ハザードレベルの上昇により、仮面ライダーへの変身に必要な要件を満たした。
当初は戦に難色を示されていたものの、原点である香澄との過去振り返り、「己を守る己の」から「かを守る仮面ライダー」へと初めて変身する。

こうして新たに「仮面ライダークローズ」となっただが、事態は思わぬ方向から進展する。
彼がその進展を知った時は、既に戦によって進展の明が取れた後だった。

その進展の詳細は、記憶が回復した鍋島から鍋島示を飛ばしていたのは石動惣一であり、彼がブラッドスタークだった」というものだった。
もずっとブラッドスタークに匿われ、ブラッドスタークの元でハザードレベルを伸ばしていたのである。
さらに石動から、「氷室幻徳ナイトローグ」であることが判明し、幻徳の罪を暴く。が、幻徳の捨て台詞で今度は「桐生戦兎ファウストを作った葛城巧と同一人物=香澄の死因を作った元の一人」であることが明かされ、は戦に詰め寄り、ライダー同士の決闘が始まる。

しかしは、戦を責めることができないことも理解しており、彼が許せないのは自分自身だったとも吐露している。
そして、葛木巧の真実が明かされた後、スマッシュとの戦いでを揮えないでいた戦に対して、精一杯の言葉を投げる。

お前が作ったのはスマッシュだけじゃねェだろ!?
「そのベルトを巻いて、大勢の明日を、未来を、希望を作ってきたんじゃねェのかよ!?
かのになりたくて戦ってきたんだろ! かを守るために立ち上がって来たんだろ!」
「それが出来るのは『葛城巧』でも『佐藤太郎』でもねェ、『桐生戦兎』だけだろうが!」

その言葉を受け、再び立ち上がる戦
しかし、倒したスマッシュは北都から現れたものだと判明する。何度もぶつかって傷つきながらも生まれてきたは、三都間の「ライダーウォーズ」で引き裂かれてしまうのか……?

もっと強くなるんだ! もっと! もっと! もっと!!

新たな危機に対して、は戦完成させたベルト・スクラッシュドライバーを使用し、「仮面ライダークローズチャージ」になる。
しかしそれは禁断の、使えば使うほど精がネビュラガスの成分によりめられていく禁断のアイテム
のため、美のため、そう決意してスクラッシュを使用するだが、その精は徐々に蝕まれていくこととなる。

それでも、の根の意志は変わらない。仲間の為に禁断のを使ってでも、戦いを終わらせようと、スクラッシュを使い続ける。
だが結果的に、戦の方が先に一線を越えてしまうこととなり、やることなすことが全て駄にさせられてしまう。

はその後、仮面ライダー同士の決戦戦争を決着させるという名の「ライダー代表戦」に出場することとなる。
当初はが出る意志を固めていたが、戦が何とか元気を振り絞れるようになったところで意志を固めたため、はそれ以上引きとめることができなかった。
しかし、ハザードトリガーを使用する際の保険として、戦はハザードトリガーごと自身を破壊するスイッチを美に託していた。戦が死ぬ、そう聞かされたは急ぎ代表戦の舞台に駆けつけ、決着がついた後、暴走した戦が再びその手を血に染めてしまう直前、何とか間に合う。
クラッシュ副作用反動に苛まれながら、ハザードフォームの相手をしなければならなくなっただが……。

しかいねえ、戦を助けられるのは、しかいねえだろォォ!」

その想いがハザードレベルとして現れたのか、ボコボコにされる土壇場という状況で漸くクローズチャージを自身の意志で制御できるようになる。
そのままは、渾身の一撃でハザードフォームを止めにかかり、相討ちながら見事戦変身解除させることに成功したのだった。

紗羽「万丈は…人間じゃないかもしれない。」

代表戦により北都との戦争は終結したが、すぐさま西都からの侵略を受ける事になり、万丈は戦や新たに仲間となった一らと共に戦争を終わらせるために戦いを続ける。

西都との代表戦ではヘルブロスとの戦いの最中にハザードレベルを上げて追い詰めるなど、戦いの中で万丈は「ハザードレベルの上昇がとてつもなく速い」という特異体質であることが明らかになる。西都との代表戦が終わり、戦いの相手は難波重工に変わるが、その戦いで万丈はブラッドスタークの攻撃を受けてドラゴンクラッシュゼリーを破壊されてしまい、クローズチャージ変身できなくなってしまう。その窮地を脱した石動美空のバングルに潜む火星の王妃「ベルナージュ」によれば「万丈が最後の希望」だという。

パンドラボックスの一部を開放して作られたパンドラタワーに乗り込んだ万丈は「香澄を人体実験にかけたのはブラッドスタークが万丈を強くするために感情を高ぶらせることが的」であると明かされる。タワーの中でスタークと相対し、ボロボロになりながらも極限まで感情を高ぶらせた万丈は新たなボトルを生み出し、仮面ライダークローズマグマへと変身する。

一方万丈の身辺調を行っていた紗羽は、万丈の母親人探機で火星を調していた難波重工総合科学研究所の警備員を務めていたこと、母親妊娠からわずか2カを生んだこと、万丈の身体を難波重工総合科学研究所が検していたこと、検の結果人間とは違う地球外生命体の遺伝子構造が発見されたことが明らかになる。
このことから「人探機にひそかに乗り込んでいた火星の生命体が万丈の母親に取りつき、その状態で出産した」と推測されている。つまり3203gの元気な赤ん坊で生まれたこと自体が異常だったということになる。(この研究していたのが葛城、すなわち葛城巧桐生戦兎父親である)

そして石動惣一の身体を乗っ取ったスターク=エボルトから、「万丈の身体の地球外生命体の遺伝子構造はエボルトの一部」であること、葛城巧事件もスタークと万丈がエボルトであると見抜いた葛城を始末するためにスタークが仕組んだ冤罪と知らされる。誕生した仮面ライダーエボル一対抗できるを持った万丈はクローズマグマ変身、壮絶な戦いの結果、エボルトが万丈の身体を乗っ取り仮面ライダーエボルのさらなる強化をもたらしてしまった…。

エボルトから解放された際、自分の中のエボルトの細胞が抜け落ち、変身できなくなってしまったが、自分を救うために憑依されてしまった戦を救うため、万丈は生身でエボルトに立ち向かい、ドラゴンエボルボトルを奪う。その結果、奇跡が起きたのか、万丈に変身が戻り、なおかつ自分の中の異人の細胞により、ノーマルクローズグレートクローズ覚醒!そのパワーアップの影か、クローズマグマも強化され、エボルトを追い詰める…しかし皮にもそれによりエボルトが強化されてしまう事態が起きてしまい、解放された戦葛城巧の記憶が…

平成ジェネレーションズFINAL

注意 この項は、映画ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。そうでないなら逃げルルォ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画石動惣一ブラッドスタークと判明した後の話。
己が仮面ライダーになって戦っている理由に、未だ明確な答えを見いだせていない
しかしそんな彼らの前に現れるバグスターウイルス、「カイザー」と名乗る怪人

カイザーの手により、世界に放逐されてしまう。
その放逐された世界は、かつて葛城巧が「仮面ライダーエグゼイド」の成分を奪っていった世界
最初はスカイウォールのない世界に戸惑い医療行為の邪魔になってしまったり、ビルドドライバーを着用していたことから宝生永夢にビルドではないかと疑われたりと散々であった。
しかし、真実が永夢を通して伝わったことで永夢と共に行動をすることになる。永夢や、途中で出会った火野映司の戦う信念に触れたは―――。

その迷いのためか、活躍自体はライダーより控えめだが、ストーリーだけで見れば仮面ライダークローズの原点」ともいうべき重要な話であり、映画といっても過言ではない。
特にこれがあったからこそ、16話での台詞に説得が生まれるようなものでもあり、本編を楽しむならば是非見ておきたい作品である。

余談

万丈龍我を演じる楚衛二氏は以前に『仮面ライダーアマゾンズ Season2』に長瀬役で出演しており、キャストではしく仮面ライダーシリーズ過去作に出演経験がある。
一部視聴者からは劇中の遇にあわせてアマゾンズ世界から脱獄してきた」脱獄先もまた地獄であるわけだが)長瀬台詞「千ォ! 逃げろォ!」のパロディである「戦ォ! 逃げろォ!表記揺れ:逃げルォ!、逃げルルォ!)仮面ライダーになったことに対して「これで千を守れる」などとネタにされているが、作中は「エリアC4にある刑務所」から脱獄したことになっており、C4をもじった「4C」という単アマゾンズに登場しているため制作側も若干意識していると思われる節がある。

ちなみに、平成ライダーにてヒロインテレビ字幕青色で統一されているのだが、偶然にも万丈の字幕青色
これに加えて本編序盤の彼の扱いから「ヒロインは万丈」と称されることも。
このことは演者もネタにしており、『平成ジェネレーションズFINAL』のキャストコメントにて「ヒロイン万丈龍我役の~」と自己紹介している。

また、本人が直接出ているシーンではないが、石動惣一の発言が元となり、何でもかんでも事態を押し付けられたり、何でも背負い込む義理堅い男という印が未視聴の人間にも広がっている。詳細は万丈構文を参照。
この万丈構文、よりによって演者の楚衛二氏までネタにしている

クローズドラゴン

用に戦の開発した、ドラゴンサポートメカ
背部にフルボトルスロットがあり、ドラゴンフルボトルを刺してそのを発揮させる。

成長人工知能が搭載されており、単独飛行が可。独特な鳴きのようなものを発する。
鋭い牙や炎での攻撃、吸い出す形でのの対処など戦闘も備えている。が、火炎弾を味方に撃つなどおちゃめな所も。

しかしその最大のは、クローズドラゴンがビルドドライバーの仲介になることで「フルボトル一つでの変身」を可にする
ビルドドライバー仮面ライダー変身するには、フルボトルへの適合に使われる基準「ハザードレベル」が3.0にならなければならず、強い想いで引きあげられるハザードレベルに反応して、クローズドラゴン変身形態となる。

万一の為に変身の媒介機構を作っていた戦
そして、ドラゴンフルボトルさえ使えば生身のままスマッシュを倒せる程にまでパワーアップしていたのハザードレベルは、敵幹部ブラッドスターク視で遂に3.0を突破する―――!!

えっとぉ、『仮面ライダークローズ』はすっげェ恰好いい仮面ライダーなんだよ!

クローズドラゴン!』
Are you ready?』
変身ッ!!」
Wake up burning! Get CROSS-Z DRAGON! Yeah!』

の想いにクローズドラゴンが応えた=ハザードレベル基準を突破した時、変身になる新たな仮面ライダー
先述の通り、変身にはクローズドラゴンとビルドドライバーを使うため、ビルドドライバーをビルドと共有する。

ビルドのドラゴンハーフボディをベースに、オレンジポイントが入った追加装甲をった姿をしている。
頭部含めた上半身や腕部に追加装備が重ねられているため、基礎自体はビルド同様ながら、ビルドとは大きく外見が差別化されている。
が言ったか、変身シーンが「人(ドラゴンフルボトル)に後ろから優しく抱かれる」と称されている。
またビルドの時に横顔だったものが、クローズの際はの両ヒゲのような意になっている。

単独でパワーの膨れ上がるドラゴンフルボトル炎」を最大限に発揮しつつ、全身に配備されたオレンジの爆破装置「バーンアップクレスト」でさらに破壊を増大させる。
元々格闘変身しているだけあり、格闘を補佐するドラゴンのボディとの相性は抜群。
また、ビルドと大きく外見を変える要因となる上半身の追加装甲「ドラライブレイザー」は、短時間ではあるが単独行動が可

スクラッシュドライバーを使うようになってから暫く登場しなかったが、スクラッシュが使用不になってからは一時的にこの形態が復活。新たな武器「クローズマグマナックル」を使用しているが……これについては後述。

炎に押されて放つ必殺キックは、ビルドと違いドラゴニックフィニッシュ!」と新たな名前になっており、一撃でスマッシュを打倒した。
また、クローズ変身直前、戦が専用武器であるビートクローザー」を作成している。
の柄頭部分(グリップエンド)を引っることで必殺技が発動可である。
名称や「奏」は関係に思えるが、BEATには殴りつけるという意味もあり格闘→殴る→ビート音楽という流れだと思われる。駄にリズミカルなのも音楽性を高めた結果か。
またロックフルボトルLock(錠前)ではなくRock音楽)と掛けられている。

クローズりは「CROSS-Z」であり、初登場時は名前がなかったが、後に戦に名づけられる。
これには「戦いを終わらせる者」という意味があるようである。

グレートクローズ

覚醒

GREAT CROSS-Z DRAGON!
Are you ready?

変身!」
Wake up CROSS-Z! Get GREAT DRAGON! Yeahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh!

エボルトから奪ったドラゴンエボルボトルがグレートドラゴンエボルボトルに変化、それにより変化したグレートクローズドラゴンとビルドドライバーにより変身した新たなクローズ

ノーマルクローズカラーリング仮面ライダーエボル寄りになっただけだが、スペッククローズチャージとクローズマグマの間であり、まさに覚醒したに合っている形態である。

がこの形態になった影か、クローズマグマパワーも上がった。

グレートクローズドラゴンの音若本規夫氏に変化し、ビルドドライバー小林克也氏とのコラボレーションのみならず、ますます若本氏の過去作がらみでニヤリとしてしまう人も増えたとか。

ちなみにグレートクローズドラゴングレートドラゴンエボルボトルはプレバンでの受注限定商品として販売される。詳細はこちら。

仮面ライダークローズチャージ

「悪いな。ヒーローだ」

《スクラッシュドライブァア……!》
《どらごんじぇりぃい……》

変身!」

《潰れる! 流れる! 溢れ出ぇる!!》
DRAGON in CROSS-Z CHARGE!!》
《ぶるぁぁぁぁぁぁ!!!!!》

葛城巧の遺したデータにあった「スクラッシュ」から戦が開発した「スクラッシュドライバー」と「スクラッシュゼリー」で変身する新たなクローズの姿。
しかし、データ完成直後に侵入者にデータを盗まれてしまったため、そのデータから難波重工によりドライバーが作成され、北都のライダー仮面ライダーグリス」も同じドライバーを使用する(スクラッシュゼリーは違う)。
北都の戦ハードスマッシュ」に対しても互以上の戦いができるが、々にクローズチャージを上回るグリスと相対するなど、なかなかに苦難が続く状況である。

最大の問題点は、スクラッシュドライバーを使用すると、そのたびに変身者はパンドラボックスを浴びるのと同じような状態となり、が好戦的な方向にんでいってしまうところである。
にも関わらず、クローズチャージの性質は変身して経験を積むたびに強くなっていくシステムである。
クローズチャージ初変身以降、それをに隠したまま万丈のスクラッシュ使用を禁ずるが、意を知った仲間たちを守るために変身する。

副作用は「変身時に戦いのこと以外を判断できなくなる」程度に収まっている。
それはの成長のだが、それでも残った副作用デメリットとして強に機する場合も多い。
また、身体にかかる負荷も尋常ではなく、変身のたびにボロボロになっていく傾向が強い。
総じて「使わなければ戦えない禁断の」として、悩めるに追い打ちをかけてしまう存在となっていた。
……が、ある局面では遂にそれらの副作用や負荷を乗り越え、漸く本来のを引き出せるようになった。

が、立った戦績はあるものの、明確な勝ちを上げることなく、最終的にブラッドスタークによりスクラッシュゼリーを焼かれ使用不になる。
戦績という意味では悲惨な形態であり、使用不になってから勝ちが上がるという皮まであった。
ちなみに、使用不ではあるものの、開発者が相方の戦であり、代替を用意するのは難しくないと思われる。

ベルトも使用アイテムも違うため、ビルドが素体だったクローズとは大きく外見が変わり、頭部や胸部に水色クリアパーツが装備されているのが、外見上の最大の特徴。

必殺技は「スクラップブレイク!」。
また、パイルバンカービーム合体させた武器「ツインレイカー」を装備しており、武器の必殺技も多数存在。
インレイカークローズドラゴンを装填した際は通常と異なる必殺技が発動可

なお、ベルトの音若本規夫が担当
そのため各種システムボイス若本感満載のものとなっている。

仮面ライダークローズマグマ

《ボトルバーン!》
クローズマグマ!》

Are You Ready?》

変身ッ!

《極熱筋肉クローズマグマ!》

アーチチャチャチャチャチャチャチャチャアチャー!》

がみなぎる…!魂が燃える…!」

マグマがほとばしる!!」

ブラッドスタークによりドラゴンクラッシュゼリーが破壊されクローズチャージに変身できなくなったため、戦が新たに武器として「クローズマグマナックル」を開発。
そして、焼かれたゼリーが触れた生成されたドラゴンマグマフルボトルマグマナックルにセット、ビルドドライバーに装填して変身したクローズの強化形態。
変身シーケンスは溶鉱炉から流れるマグマ快に浴び、固まったマグマを撃ち破るというものである。

オレンジががった赤色のボディと今までのクローズとは一線を画したボディが特徴。背中ソレスタルパロウィングでを形成してを飛ぶ事が出来るほか、い炎をまとった部分は「ボルケニックモード」に移行してが飛躍的に向上する。
またクローズマグマナックルはベルトから取り外して殴打用の武器としても使うことができ、最初は戦が「武器」として渡したため、通常のクローズの状態で武器として使ったこともある。
元格闘の万丈にピッタリな武器といえる。

必殺技の「ボルケニックフィニッシュ!」は複数のドラゴンエネルギーを脚に溜めてとび蹴りを放つ。
この描写もあって、日本神話八岐大蛇元ネタに入っているのではないかと推測されている。
クローズマグマナックルを使ったパンチ必殺技は「ボルケニックナックル!」。

クローズマグマナックルの音スクラッシュドライバーと同じく若本規夫氏。これによりビルドドライバー小林克也氏とのコラボレーションが実現した。

お前が生んだのはクソMADだけじゃねぇだろ!?
その動画で大勢のファンの暇つぶしを…楽しみを守ってきたんじゃねぇのかよ!?
見てくれる視聴者の為に動画を作って来たんだろ!?ファンの期待に応える為にうpしてきたんだろ!?
それが出来るのはアンチでも…自称ファンの信者でもねぇ!うp主だけだろうが!!!

香澄ぃ…俺の関連商品、ぜーんぶ海賊版なんだってよ。
もう転売とかそういう次元の話じゃなくなっちまった。

俺しかいねぇ…俺の関連項目を追記できるのは…俺しかいねぇだろぉ!!!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%87%E4%B8%88%E9%BE%8D%E6%88%91
ページ番号: 5500454 リビジョン番号: 2593198
読み:バンジョウリュウガ
初版作成日: 17/09/10 19:41 ◆ 最終更新日: 18/05/27 19:57
編集内容についての説明/コメント: グレートクローズ追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

万丈龍我について語るスレ

612 : ななしのよっしん :2018/06/10(日) 23:20:20 ID: +jagx/UKYk
>>609
>ドラゴンエボルボトル使い始めて言ってたから、むしろグレートになるほうを恐れそう
理屈から言えばそうなんだけど、それでも今回何か戦い方にキレがなかった気がしたし
「本人は本気で戦ってるつもりなんだけど、自分がエボルトになってしまうんじゃないかという恐れがじわじわ湧いてきて戦闘に集中しきれなかった」
ぐらいのことはありえるんじゃないかと
613 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 02:54:53 ID: sVfqC9AowP
グレートクローズが低負担と使い勝手の良さが良かったのがあるかと思う
まあモヤモヤしてたのも当然あるとは思うが


素でマグマ変身できるけどエボル絡まない普段使いの出だしはグレート使って欲しいね
その分、マグマも映える
614 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 14:01:12 ID: 7FuEbd3/Zd
劇場版の新しい予告で敵対するっぽいのと、グレートクローズドラゴン(+ハザードトリガー)が劇場版ライダー用の変身アイテムとして使われるみたいで戦々恐々してる・・・
615 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 19:31:23 ID: ug4qxsle+H
あくまで予想、推測の域だけど万丈は異人にエボルボトルを介して、遺伝子や種族としての記憶や本
覚醒させられてしまうと予想する。アマゾンみたいに。酷いなぁでも、せっかく人間として生まれたのに、エボルトに「お前は何千何万の命を奪ってきたの一部だァ!」と全く本人には身に覚えもいし、人殺しもしてないのに異人の血が入ってるせいで犯罪に誘導しようとする。万丈が何したって言うんだ!別世界では親に殺されかけた息子を逃がそうとしたんだぞ!wニゲロォ!
616 : ななしのよっしん :2018/06/11(月) 23:06:32 ID: Ap13Vwx2jl
今回の懸念は映画伏線ってことでいいのかな
タイトル“Be The One”が示すように本編では戦が、劇場では万丈が自身の在り方と向き合うわけだ
果たして戦は万丈を救い出すことができるのか!?

…これなんて悪堕ちヒロイン
617 : ななしのよっしん :2018/06/12(火) 22:28:20 ID: heHu6vH4pH
ハッピーセットラインナップにクローズがいないだと。
618 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 20:46:42 ID: 7M9CdaaivK
今思えば、万丈がやたらベストマッチを見つけるのが上手かったのは、エボルトの遺伝子のおかげだったんだろうか。エボルトだった頃には原の方を自分が使っていたわけだし。
619 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 10:25:31 ID: JXkJdw9MMg
>>618
だろうね。そしてなんでスパークリングマッチするボトルを見つけるのがやたらと時間がかかったのも納得がいく。エボルトにとってはあれはイレギュラーだったからだろう。
620 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 13:48:25 ID: Ur5VKGJhMD
ドラゴンゼリーは一に渡すためにわざわざ用意したのかな?
621 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 18:12:01 ID: mH1Ictjwh+
万が一ビルドラあるいはエボドラボトルやマグマが使えなくなった場合を想定して、スクドラ専用のドラゴンゼリーを用意してたって可性がある
になるかはともかく、生身で戦うよりはマシだからね

んまぁちょいと唐突感あったしチラっとでも戦が生成してるシーンでも挟んでればよかったかなって気はする
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829