編集  

三国志単語

サンゴクシ

三国志とは

1.およそ2世紀末から3世紀末の古代中国における「三時代」の歴史書。著者は陳寿。後述する『三国志演義』と区別する際には「正史」と呼ばれている。本稿で解説する。

2.↑などを元に書かれた歴史小説三国志演義』の通称。著者は羅貫中。こちらは『三国志演義』の記事で述べる。

日本で作られた小説漫画アニメゲーム各種作品の総称にも用いられるが、その場合演義と正史がごっちゃになっている。というか、演義の影のほうが強い。これについては後述。

概要

詳しい説明はwikipediaや解説に詳しいネット媒体に譲るとして、ここでは簡単な歴史の流れを述べる。

当時の中国劉邦が立ち上げたというがあったが、皇族や官吏が政治を顧みなかったために統治が低下。への不満を爆発させた民は当時流行っていた宗教「太」の導のもと、「黄巾の乱」と呼ばれる反乱を起こす。

黄巾の乱なんとか鎮圧されるものの、これをきっかけとして漢王朝の権威は失墜、地方族による群雄割拠が始まる。そしてその後紆余曲折あってという三つのが建され、覇権を賭けて三つの戦いを繰り広げる…というのが大体の内容。

ちなみに、実は曹操が死んで曹丕譲を受けてからが正式な三時代の始まりであり、それまでは後漢時代だったりする(は存在していたが、帝国内の一/王の扱い)。さらに中国を統一したのはのいずれでもなく、「」というだった…諸行無常

三国志と三国志演義の違い

簡単に言ってしまえば、三国志は「歴史書」、三国志演義は「歴史小説」である。

陳寿はもともと歴史をまとめていた文官であり、滅亡後はその腕を買われてに仕え、以外の史実もまとめた。これが「三国志」である。三国志を「漢王朝の正統な後継」とみなしており、の皇族にマイナスイメージを植え付けるようなエピソードは記述しなかった(そりゃそうだ。リアルで首が飛ぶわ)。また、編纂するにあたり「史実を忠実かつ簡潔にまとめる」ことを重視したため、「これホントかどうか怪しいわー」というエピソードについても記述しなかった。
そのため陳寿三国志は記述が必要最低限に抑えられていて読みやすい一方で、淡泊で面みに欠けているのである。なので、の後のの時代に裴松之陳寿が書けなかった舞台背景や、信憑性が薄すぎるとして排除したエピソードを注釈として付け加えたのが現行の三国志である。

ちなみに三国志の部分に関しては、の史官、昭が編纂した「書」を流用した疑いが濃厚である。

それに対し演義の方はエンターテイメント性を重視しており、「面ければいいじゃん!」ということで架の人物やエピソードが挿入されたり、一部の人物にチート補正がかかっていたり、陳寿が採用しなかった信憑性に欠けるエピソードを上手く盛り込んだりしてある。とある漫画家いわく、「演義は7割史実、3割虚構(ウソ)」とのこと。
また、群像劇の様相をとりつつもメイン(判官びいきの大衆ウケがいいのは万共通)であり、前半は劉備、後半は諸葛亮がなかば役めいて話が進んでいく。一応諸葛亮没後も話は続き、最後は三最後のである滅亡まできっちり描かれている。

なんで日本でこんなに三国志が有名なの?

答えはカンタン。昔から三国志を題材とした作品が多かったから。以降年代順にまとめてみる。

17世紀末

『通俗三国志
初年に刊行された三国志演義の訳本。つまり江戸時代にはすでに三国志が人々に親しまれていたのである。
また、(はくはこく)に巾賊が立てこもった故事から、山賊す「波(しらなみ)」という言葉が生まれ、歌舞伎として用いられたりもしている。

1940年代

吉川英治三国志
かの有名な『吉川英治三国志』が執筆されたのがこの頃。
第二次世界大戦戦中下の日本における重な娯楽小説であり、新聞は統合され連載小説が減り、外小説(特に英語を用いたもの)は検閲のせいで読めない!読みにくい!となっていた。そんな中でも吉川三国志だけは検閲の影も受けず安定して掲載が続き、単行本も没収の心配なく安心して読んでいられたという。…日中戦争っ最中に中国史を題材とした作品がなんでOKだったのかというと、当時の日本政府は自らが関与していた南の汪兆銘政府こそが中国一の正当な政権と見なし、そっちとは同盟関係だったので問題ないという建前になっていたためである。

日本における三国志の伝播をる際に絶対に外せない小説であり、後続する多くの三国志作品が吉川三国志の影下にある、と言っても過言ではない。例えば日本三国志作品の多くは諸葛亮が死去した時点で話が終わることが多いのだが、その潮を作ったのが吉川三国志なのである(ただし、中国の講談用のタネ本には諸葛亮死去で話が終わるものがすでに存在していた)。もっとも、そのせいで諸葛亮死去以降に活躍する英雄の知名度が日本では極端に低くなってしまった、という弊もあるにはある。

1970年代

横山光輝三国志
漫画家大家横山光輝が『三国志』の執筆を開始したのが1971年のこと。
途中何回か掲載を変えたものの、のべ15年、全60巻という氏のライフワークと呼ぶにふさわしい大作となった。
学校の図書室にある漫画といえば横山三国志はだしのゲン」という小中学校も多く、本作が三国志初体験という人も多い。
19911992年にかけてアニメ版も放送された。

1980年代

人形劇三国志
1982年NHKと手間暇かけて製作したのが名作との誉れ高い『人形劇三国志』。
演義をベースとしつつも勧善懲悪の要素を強めたり、狂言回し兼解説役としてお笑いコンビの紳助・介を作中に登場させるなど、幼年層にもわかりやすくするための工夫がなされている。
とはいえ川本八郎による美しい人形の数々とそれを活かした映像美、俳優メインに据えたキャストとその演技の高さといった大人の見どころも満載。老若男女問わずが見ても十分に楽しめる。

天地を喰らう
本宮ひろ志の三国志漫画。荒唐稽な展開と「俺たちの戦いはこれからだ!」と言わんばかりの快な打ち切りエンドなのだが、実際には人気アンケートは上位をキープしており、本宮氏が連載を終わらせたかったためあのような終わり方になったのだとか。

だが、原作よりはむしろカプコンゲーム版の方が有名かもしれない。
FCではRPGACではベルトスクロールアクションシリーズが展開され、どちらも2作名作と名高い。

 三國志
光栄(現コーエーテクモゲームス)が『信長の野望』の次に放った歴史シミュレーションゲーム、それが『三國志』である。第一作発売は1985年
元々「中島の合戦」でゲーム事業に参入した同社が「信長の野望」の大ヒットの後、次に題材として選んだのが三国志だった。そしてこちらも大ヒット現在でもシリーズが続いている看タイトルとなっている。

三国志日本テレビ版)』
1985年水曜ロードショーで放送。原作は一応横山光輝三国志ということになっているが、ストーリーキャラデザもほぼ別物となっている。ストーリー長坂の戦いから赤壁の戦いまでを描いている。
登場人物の多くが史実より若い20代の設定だったり、曹操金髪碧眼だったり、于禁女の子だったり、趙雲が盗賊だったりと独特の設定が多い。
1986年には金曜ロードショーで続編の「三国志II ける英雄たち」が放送された。こっちは劉備と孫夫人の結婚から三立までを描く。

1990年代

龍狼伝
三国志演義ベースにした漫画1993年から連載中。作者は山原義人。
主人公ヒロインは現代からの時代逆行で三国志の時代に飛ばされてきたという展開で幕を開ける。主人公達をはじめとしたオリジナルの登場人物や設定も多く、また赤壁の戦い以後は全に演義からも離れた展開となっている。また全体を通していわゆる「人」や「超常現象」が多く、このあたりは賛否が分かれる作と言える。また司馬懿が作中に登場しておらず、代わりに司馬“仲達”という実質的なオリジナルキャラが登場し、このキャラは後にゲームである三国志大戦カードとして登場した。

蒼天航路
三国志を題材とした漫画におけるターニングポイントといえる『蒼天航路』が始まったのが1995年
これまでは悪役として描かれることの多かった曹操主人公に据え、新な新解釈とどいつもこいつもカッコよく描かれた英雄達が織りなすストーリー読者を魅了。週刊モーニングの看作品となるのにそう時間はかからなかった。

北方謙三三国志
小説家北方謙三三国志を題材に執筆した歴史小説。通称「北方三国志」。
全13巻を2かに1本のペースで書き上げたことで有名となった(しかも原稿を落とさずに!)。
正史ベースにしているため、「桃園の誓い」など多くの演義オリジナルの要素はかれ、また北方氏独自の要素が追加された結果、これまでの三国志小説とは一味違った趣がある作品となった。
関連書籍として「三国志読本-北方三国志」、「三国志の英傑たち」があり、北方氏へのインタビューや演義要素を削るに至った経緯、北方氏の武将に対する評価などが書かれている。本編ネタバレを多分に含むため、本編読了後に読むのが望ましい。

2000年代

真・三國無双
光栄(現コーエーテクモゲームス)が放ったもう一つの三国志を題材としたゲーム
無印三國無双』はぶっちゃけ「取り立てて見るべき所がない3D格ゲー」でしかなかったが、~でACGジャンルを変え、「無双系」と呼ばれるジャンルの礎を築き上げた。こちらも『三國志シリーズ同様、コーエーテクモゲームスの看タイトルにまで成長している。

三国志大戦
2005年に稼働開始したTCAG
デッキ構築とカードさばきによる戦略・戦術性の高さから来る対人戦の面さに加え、武将をカードに見立てることで生まれた(TCGにおける)コレクション性の高さがゲーマーに受けて大ヒット

恋姫†夢想』(恋姫†無双
「どっかのメーカーがやるんじゃねーかなー」とうすうす思っていた三国志萌え化。その先がコレ。
主人公以外ほぼ全員女性エロゲー」というかなりなことをやらかしており、を知らないプレイヤーロリ孔明の「は、はわわ、ご人様、敵が来ちゃいました!」というセリフを見てたいてい絶句する。 そうでない人もCV:若本貂蝉を見て限界を迎える。
とはいえゲームシリーズ化し、2度のTVアニメ化やパチスロ化といったメディアミックス展開も行われているなど、一定の人気は獲得できた模様。 

2010年代

孔明のヨメ。
芳文社のまんがホームに連載されている4コママンガ
黄月英主人公のほのぼのラブコメなのだが、作者三国志のためだけに中国大学に留学したほどのガチオタであるだけに(さらに「取材旅行」と称した遺跡巡りの回数は十数回にもおよぶ)、時代考豆知識などもしっかりしており、変わった切り口の三国志が楽しめる。

なお、作者康潤は他にも取材旅行のレポをまとめたコミックや、友人であり漫画師匠でもある荒川弘との共著で演義の解説本を出したりしている。こちらもおすすめ。

三国志を楽しむにあたっての諸注意

三国志」だけで検索するとたいていの場合演義の方をすことが多いことからわかるように、三国志物語として知られる事柄は少なからず演義の影を受けている。特にコーエー三國志などのサブカル方面で顕著であり、不当な扱いを受けた人物が多数存在している。もっともこれは日本固有の現ではなく本場中国においても同様であり、演義でどうしようもない無能扱いされている劉禅の幼名「阿斗」が愚か者の代名詞となっていたりする(正史劉禅は「何もしていないがゆえに評価不」)。とはいえ最近では正史の再評価が進み、蒼天航路のような正史と演義を混ぜた漫画が登場したり、KOEI三國志などでも正史を一部取り入れて過去作よりも評価が上がったりもしている。

そういう事情があるので、三国志ファンを自称するなら、ぜひ一度は正史と演義を読みべてみてほしい。また、正史にも演義にもそれぞれの良さ・悪さはあるので、動画視聴などの際にはお互い一方的するのではなく仲良く議論しましょう。

ニコニコ動画では

三国志」で検索した時ににごっちゃになるのを防ぐため、複数のタグが使い分けられている。
なお、動画投稿数では三国志大戦関連が最も多い。

三国志の登場人物の記事

※「三国志の登場人物の一覧」に移動しました

関連コミュニティ

 

関連項目(上にリンクが張られていないもののみ)


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97
ページ番号: 84734 リビジョン番号: 2554627
読み:サンゴクシ
初版作成日: 08/05/18 15:55 ◆ 最終更新日: 18/01/16 16:07
編集内容についての説明/コメント: 吉川三国志が戦時下でOKだった理由と孔明のヨメを太字化。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


三国志

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三国志について語るスレ

367 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 22:21:58 ID: xsEgb4gdcy
当時から移民問題が起きていたことが分かるのが凄い
というか古代の方がしいか大陸では
368 : ななしのよっしん :2018/03/30(金) 03:05:34 ID: KGdWNQvyJg
ぶっちゃけ八王の乱」や「異民族流入」は司馬炎仕事しなかったのも原因だよね。
知恵袋で朱元璋が三時代に居れば統一は可だが人材粛清のため直ぐ分裂したって意見してた人が居るけど
朱元璋の在位年数と仕事量を視した発言としか思えないんだが

朱元璋レベルとも言わなくても司馬炎がまともに仕事していたら
史実よりはマシになっていた可性もあるんじゃないかな
369 : ななしのよっしん :2018/04/03(火) 18:23:23 ID: B5ItOfV+5a
実際、氏たちを除く群雄たちの中で
どれだけの人が本気で室を続けようと思ってたのかね?
一応、曹操献帝を守護していたけど…一体、どうしたかったのか?
370 : ななしのよっしん :2018/04/14(土) 00:57:55 ID: u4tzc3Q1mi
弁は外戚として何進一族や、その何進何太后と仲のいい十常侍からは護されてたが、
袁紹の離間策?にハマって両方壊滅して董卓が入ってきた後の劉協献帝)に関しては
本当にから献帝を守護しようと考えていた人間はほぼいないと言っていい。
創作物では董承あたりがの忠臣扱いされやすいけど、実態はただの権争いだし
同族ですら劉焉のように群雄割拠しようと考えていたがいたことを考えれば
それこそ皇后の曹節が希少なくらいの忠臣はいなかったんだろう。献帝が殺されることなく
譲という手続きをとったのは、正直劉備らに大義名分を与えすぎないためだと思う。
371 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 12:06:47 ID: u4tzc3Q1mi
>>368
民族に関しては司馬炎1人責めるのも酷でしょ。
袁紹曹操孫権諸葛亮と異民族兵士にしていた例は枚挙に暇がないし、
一応司馬炎は、異民族を遠ざけはしなかったものの近づけもしなかった。
各地に異民族対策の役職を置いたりもしている。
八王の乱における一門向上も曹の滅亡を考えれば対策として止むなき部分もある。

司馬炎の失態はたった1つ。「馬鹿皇帝後継にした」。これだけ。
次代の司馬衷が劉禅孫皓になるレベル超絶暗愚だったのが全て悪い
372 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 20:46:55 ID: KGdWNQvyJg
三国志信長の野望とかの歴史シュミレーションゲームやりこんでると
人材>>>>>土地
って印受け易いけど現実には
土地>>>>>人材
って気がするんだよね。
の人材は初期こそ悪くはいが後期になるにつれて劣化しくなってくるし
こうなったのはの土地が北の華北平原べて開発が遅れた後進地帯だったからってのもあるはず
土地さえまともなら戦争で破壊されようがある程度リカバリーは出来るし
戦後ドイツとか)
日本世界中の歴史を見ても土地が最悪レベル下を取った例はほぼ存在しない
(強いて言うならアフガンが発祥地のムガル帝国くらいか?)
参考程度だけど中世までのフランスヨーロッパの半分近くのがある戦争でどんなに負けようと
対したダメージにならなかったとか
373 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 23:33:59 ID: qqnT+eejXw
>>372
土地と人材のバランスは確かに難しい
むしろ土地の難易度考えたらあのゲーム定でかれる武田
や越後に勝たず負けずのライバル関係であり続けることがどんなに難しいか。。。
司馬懿率いるジリ貧ながらも一定レベルで渡り合った諸葛亮なんて
ブラジル相手に西野ジャパンがPKまで持ち込んで負けちゃったレベル
374 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 21:41:23 ID: n0cAPnhfai
立し着状態な時期ならそれはもう生産と人口が段違いな華北を支配し、且つ荊州や北方に逃れてた知識人を吸収したが有利なのは当たり前だが、群雄割拠時代だと話は変わる
本拠地の地理的条件は確かに重要なファクターではあるけどあの時代にもっと重要なのは一に人材、二に動員だろう
広大な領域に兵するを持っていた公孫瓚は協者以外何も持っていない状態で華北に来ていた袁紹に敗れたし、袁術陶謙呂布に囲まれた状態の曹操族や名士の支持と兵(州の流民)ので不利を覆した
生産の高い地域を支配することの有利は逆に周囲から狙われる不利にもなる
不利を有利に変えるほどのを持ってた族や知識人たちの支持と彼らを使いこなすければどんなに肥沃な土地や要を持っていようと意味がい。それこそ公孫瓚韓馥の様なことになる
375 : ななしのよっしん :2018/07/18(水) 01:06:18 ID: C06ldtamZ/
>>sm33544260

動画もいいし吹き替えすごい
376 : ななしのよっしん :2018/07/19(木) 15:17:12 ID: MV8w04PnOU
>>367
中国の場合戦国でかなり大掛かりな民族移動があったのでは
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829