単語記事: 三波春夫

編集

三波春夫みなみ はるお、1923年7月19日 - 2001年4月14日)は、新潟県三島越路町(現・長岡市)出身の民的演歌歌手綬褒章受章、勲四等日小綬章受章、新潟県民栄誉賞受賞。

波瀾万丈の歌手デビュー

東京オリンピックテーマ曲「東京五輪音頭」や、日本万国博覧会テーマ曲「世界の国からこんにちは」など、日本の戦後の平和徴とも言える曲を歌ったことで一躍有名になった氏だが、その歌がされるのには深い理由がある。

幼い頃に母親を亡くし、心にいたを埋めるために父親から習って始めた民謡。その父親業が傾いたために13歳からとともに上して築地の丁稚奉公をする。1939年16歳の時に南篠 文若(なんじょう ふみわか)として浪曲師デビューするも、1944年21歳で陸軍に召集され満州に渡り壮絶な戦争体験をする。敗戦を満州で迎えた後、ハバロフスクの捕虜収容所に送られ、その後シベリア共産主義への洗脳を受けながらの4年にも渡る永い抑留生活。1949年9月、やっと帰できたが、そこでにした戦後の日本では浪曲は流行歌に押されて衰退しかかっていたのであった。

自らの壮絶な体験から歌が持つ日本を明るくしたいと、三波は演歌歌手への転身を決意する。 1957年6月、芸名を「三波春夫」とめ、自らが13歳で上したのを重ねあわせ、集団就職でやってきた若者が故郷を懐かしむという内容を歌ったデビュー曲「チャンチキおけさ」が大ヒット。一気に大人歌手仲間入りを果たす。

その後、東京オリンピックの前年の1963年テーマソングとして歌った「東京五輪音頭」が250万枚1970年日本万国博覧会テーマ曲「世界の国からこんにちは」が130万枚のセールスを記録。しかもこれらはコラボレーション企画として、北島三郎三橋美智也幸夫(東京五輪音頭)、坂本九吉永百合山本リンダ西郷世界の国からこんにちは)などの名だたる歌手によって各社から同時期に出された同じ曲を押しのけての三波版のセールス枚数の記録である。この2曲は三波の代表曲となり、彼は晩年「生涯の宝物でございます」とっている。

意欲的な音楽活動

その後もおまんた囃子、ニッコリ音頭(『ちゃんのドンとやってみよう!』題歌)、桃太郎侍の歌(『桃太郎侍題歌)、ルパン音頭銭形マーチルパン三世 ルパンVS複製人間題歌)など数々のテーマ曲を担当するなど三波は民にされつづけ、1986年の第37NHK紅白歌合戦まで白組歌手として当時最多記録の29年連続29回の出場を果たした。翌1987年の第38回NHK紅白歌合戦へは、歌手の最多出場者だった千代子と共に、出場辞退を宣言したが、1989年の第40NHK紅白歌合戦に、3年ぶり30昭和紅白コーナーに「東京五輪音頭」で復帰出場を果たした。

時代が昭和から平成に移ると三波は新しい世界に意欲的に取り組み、1992年シングルハウスおまんた囃子」でハウスサウンドに挑戦し、ライブイベント"HARUO IN DANCE BEAT"では電気グルーヴと共演。 同年のシングルジャン・ナイト・じゃん」(フジテレビ系深夜アニメスーパーヅガン』エンディング曲)ではラップにも挑戦して話題となるなど、ジャンルに囚われない精的な音楽活動を展開した。この「ジャン・ナイト・じゃん」では若年層にもファンが拡大し、当時69歳、かつ演歌歌手ながらジュリア東京で開かれたライブでは最高のライブパフォーマンスを魅せつけた。

前立腺がんの発覚と晩年

意欲的な活動を続けてきた三波であったが1994年1月に体調を崩し、訪れた東京都内の病院で前立腺と診断された。かなり進行が進んでいるものであった。しかし三波はそれを家族以外には隠してステージに立ち続けた。1999年12月31日、第50NHK紅白歌合戦へ当時76歳で10年ぶり31の出場を果たすが、この回が生涯最後の紅白出演となった。その後も気を振り絞って活動を続けたが、2001年4月14日、前立腺のため東京都内の病院77歳で死去した。歌い上げた楽曲数は1,058曲、シングル盤の総売上は2,510万枚であった。

「お客様は神様です」

彼が楽曲とともに残した有名な言葉に「お客様は神様です」(おきゃくさまはかみさまです)がある。これは1961年頃に三波春夫が対談で残した言葉だが、手な和姿で「お客様は神様でございます」と舞台上でる三波を「商売気たっぷりの成金趣味」と嫌味を言う者も少なくはなかった。しかし、三波は「お客様に自分が引き出され舞台に生かされる。お客様の自然の姿を見るのです。お客様は神様のつもりでやらなければ芸ではない」という趣旨の発言をしている。

この言葉が、客は商店や飲食店などで代さえ払えばお客様は神様なのだから何をしても許されると曲解されて使われ始めると、三波は自分が言ったのはお金を出してステージを見に足を運んでくださるオーディエンスをしたのであって、商店や飲食店などのお客様のことではなく、それらで悪態をつくクレーマーは「様」をつけて呼んでもらえる存在ではないと思いますと苦言を呈している。

バーチャルシンガー化

没後15年の2016年10月三波春夫の歌唱データを元にしたバーチャルシンガーハルオロイド・ミナミHAL-O-ROID)」が発表・配布開始された。ハルオロイド・ミナミは、三波春夫の歌唱データを、名古屋工業大学による最新の「統計的パラメトリック音声合成技術」でモデル化し、Windows用の音・歌唱合成ソフトCeVIO(チェビオ)上で、無料で利用できるようにしたものである。詳細はこちらをご参照のこと。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%89%E6%B3%A2%E6%98%A5%E5%A4%AB
ページ番号: 5017614 リビジョン番号: 2425346
読み:ミナミハルオ
初版作成日: 12/12/27 07:06 ◆ 最終更新日: 16/11/06 13:14
編集内容についての説明/コメント: ハルオロイド・ミナミの記事を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三波春夫について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/05/01(金) 22:26:49 ID: rEQDaaK7/J
sm10894597
三波春夫氏が、植木等氏とデュエットした「新二十一世紀音頭」という重な音がある。(この動画映像しょしだがwww)
2 : ななしのよっしん :2015/05/01(金) 22:30:11 ID: rEQDaaK7/J
>sm10894597
ごめん、>←これ付けるの忘れてた
3 : ななしのよっしん :2015/05/01(金) 22:34:17 ID: rEQDaaK7/J
>>sm10894597

申し訳ございません。>>←こうでした。次からはよく確認してから書き込みます。
4 : ななしのよっしん :2015/05/01(金) 22:36:02 ID: 1lPysKUN2r
クレヨンしんちゃん映画で「三波春夫が泣くゾ」ってセリフあったから名前は知ってた
5 : ななしのよっしん :2015/12/23(水) 05:54:59 ID: JYsGxvGe3P
>>sm8709886

なぜこの名演が貼られていない!
6 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 03:23:04 ID: rEQDaaK7/J
>>sm8709661

このとき、まさに命を燃やされていたのでしょうな・・・。
7 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 22:22:34 ID: q8WTrBKReN
ハルオロイド・ミナミ聴いてきた。
故人のバーチャルで甦ってまた新しい歌を聞かせてくれるのって、すごく不思議な感じだなあ。
もちろん合成音声だから生とは違ったではあるんだが、の節々に御本人の特徴が現れており感慨深いものだったので是非いろんな人に聴いて貰いたい。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015