単語記事: 三谷幸喜

編集

三谷幸喜とは、日本脚本家映画監督である。

概要

1961年7月8日生まれ、東京都世田谷区出身。幼少期から劇の台本を書くなどの芝居好きで、大学時代に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成・自らの劇団で俳優業と並行しながら、舞台のシナリオライターテレビ番組の構成作家として注を集めていく。

1994年に放送が開始されたドラマ古畑任三郎」で一躍人気作家仲間入りを果たし、1997年に劇団の舞台をリメイクした「ラヂオの時間」で映画監督デビュー。劇団解散後も、舞台・ドラマ映画など様々なジャンルで活躍し、現在に至る。

女優小林聡美は元妻。1988年放送のドラマやっぱり猫が好き」に彼女が出演したことがきっかけで結婚し、三谷現在も連載中のエッセイ「三谷幸喜のありふれた生活」にもしばしば登場する。2011年離婚

先述の通り、東京サンシャインボーイズの舞台では“一壮太朗”名義で俳優としても活動していた。俳優としての三谷は基本的に自分の作品のみであったが、大河ドラマ功名が辻」では、古くからの知り合いである本作の脚本家大石静からの熱な要望により、足利義昭役で出演した。この時の経緯やエピソードについては、彼のエッセイ「三谷幸喜のありふれた生活」第6巻に詳しい。その後も数は非常に少ないが、時々ゲスト扱いで映画ドラマに出演している。但し、ドラマHR」を除いてクレジットでは三谷幸喜と表記されている。

人物

自他共に認める変人である。弊があるかもしれないので本人の名誉のために記すが、彼の作品に出演した役者インタビューでは、よく「ユーモアセンスに富んでおり」「子供のようにっ気がある」というをよくにする。また、かなりのいたずら好きらしく、舞台の初日演では舞台袖など色んな所に隠れていて、出演者が舞台終了後彼の姿を意外なところで見て驚いたというエピソードもある。

子供の頃から大の歴史マニアで、友達の歴史上の人物のコスプレをさせて写真を撮っていたという程。大河ドラマなど多くの時代劇を毎週欠かさず見ており、彼の作品にはこれらへの敬意が深く込められたものが多い。

著作権とキャスティング

実は著作権に厳しいと言うより人一倍敏感である。その原因となったのは、ドラマ振り返れば奴がいる」の脚本を自身が書いたコミカルなものから、勝手にシリアスな内容に書き換えられたと言う、脚本家にとってこれほど屈辱的なことはい事件がトラウマとなっているからである。

もう一つ、演じる役者あってこそのシナリオというのが彼のポリシーである。三谷自身が作品を構想するに際して、まず自分が思い浮かぶ俳優イメージして作品の登場人物が形成されている。そのため、同じ作品でも演じる役者が別の人に変わると、一からそのキャラクターを新しい俳優に合わせて作り直しているのだ。その着眼もかなり高く、オファーを受けた俳優の多くが、「(三谷氏は)自分の人物像をよく理解してくれている」と高評価を残している。三谷作品にキャストが毎回集結してくれるのは、俳優との強い信頼感から来ているのだ。

世界観と小ネタ

三谷作品の多くは、共通する舞台・キャラクターが数多く登場することである。特に「い洗面器の男」はウィキペディアで個別記事ができているほどなので、一見の価値あり。登場人物については、特に三谷監督を務めた映画で顕著となっており、前作のキャラクターが次回作にもカメオ出演的に登場するのが恒例となっている。

その中の一例を挙げると、映画の妻とその夫と人」で江口洋介坂本龍馬になりすました偽物を演じたが、後に「新選組!」で本物のを演じた。この際、とその妻・おりょうキャラクターは「の妻とその夫と人」にリンクするようになされており、「新選組!」でおりょうを演じた麻生美子は「の妻とその夫と人」で鈴木香が演じたおりょうを参考にしたという(鈴木自身は「新選組!」でお役で出演)。

三谷幸喜と愉快な仲間達

三谷幸喜催した劇団「東京サンシャインボーイズ」のメンバーは、劇団解散後も俳優として活躍する人物が多い。「古畑任三郎」の今泉太郎役でブレイクした西村雅彦はその筆頭だが、今泉イメージと異なり他の三谷作品ではシリアスな役が多い(特に舞台版「笑の大学」は劇場版役所広司に匹敵する名演を見せている)。その他にも、伊藤俊人(故人)・小林相島一之梶原善・甲本裕などに味のある名脇役として活躍する俳優を多く輩出している。

また、彼自身が劇団出身者だけあり、同時期に活躍していた舞台俳優東京サンシャインボーイズ作品の客演などをきっかけに、その後も三谷作品の常連となって脚を浴び、ドラマ映画で活躍する俳優もまた多い。ほんの一例だが、これもまた八嶋智人小日向文世近藤芳正・佐藤B作・白井晃などそうそうたる顔ぶれがっている。

この他にも、「∀ガンダム」のディアナ役などで知られる声優高橋理恵子がかつては三谷幸喜の舞台に数多く出演していた(声優業が中心になってからは参加していない)。反対に、元々声優が本業である山寺宏一は、舞台版「12人の優しい日本人」に出演したり、映画ドラマ動物役で参加している。

関連動画

関連商品

テレビドラマ

映画

その他

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%89%E8%B0%B7%E5%B9%B8%E5%96%9C
ページ番号: 4815826 リビジョン番号: 2321794
読み:ミタニコウキ
初版作成日: 12/02/02 22:22 ◆ 最終更新日: 16/02/06 22:25
編集内容についての説明/コメント: 織田裕二の話が編集者の憶測でしかないので削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三谷幸喜について語るスレ

42 : ななしのよっしん :2016/01/30(土) 14:07:40 ID: QiFFxw8jRj
高木渉が起用されたのはこの人のおかげだから感謝するように
43 : ななしのよっしん :2016/04/24(日) 21:23:08 ID: FM9+p6/qAN
真田丸見る限りだとこの人ひょっとしたら女嫌いなんかね
44 : ななしのよっしん :2016/04/25(月) 22:47:21 ID: hSS2UIPpkv
どこをどう見たらそう見えるん?
45 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 17:43:41 ID: FM9+p6/qAN
>>44
だってきりといいといいといい女性キャラのほとんどがアレキャラじゃん
男性キャラでそういう書き方してるのはいないのに
46 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 22:15:25 ID: hSS2UIPpkv
それは見てる部分が偏ってるだけだろう。うざくてアレキャラといえば室賀の中の人がやってた今泉とか、男女関係なく三谷喜劇の定番。
まあ戦ものでの女性ポジション付けは難しいから話を転がす役割に振ったという辺りかな。寧様とか阿茶局とか立場のある人はとことんマトモだし、田舎者感を出す意図とか色々あると思う。
47 : ななしのよっしん :2016/05/12(木) 16:47:32 ID: u/MzYg6rhB
きりちゃんは大坂編の清剤になったなあ
48 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 12:27:20 ID: 2krvznfVLI
ネタを挟まないと死んじゃう病の代表格にして第一人者
49 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 21:25:42 ID: XkW2QOLfTY
去年はハリウッドだったら5年は干されるレベルの大失敗をやらかしたのに1年で名誉を挽回するとは。
この2年のキャリアの方がよっぽど喜劇的だわ。
50 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 22:08:54 ID: ZUf3Z5x6JC
ギャラクシー街道含め過去の人が何か失敗したんだなぁとニュースだけ見てたけど、ドラマヒットしたのかね
ベタベタなコメディをやる人だからそれに専念してればいいのにね
51 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 05:05:08 ID: hT5UulGvxq
大して知りもしないのだから黙ってろよ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015