単語記事: 上位互換

編集

上位互換とは、

  1. ある製品シリーズにおいて、上位と位置付けられた製品が下位と位置付けられた製品の全ての機を持っていること。ソフトウェアに対して使われることが多い。
  2. 1.から転じてTCGにおいて、カードの強さを較した際に一方があらゆる面においてもう一方より上回っていること。

その他、様々なジャンルで同一系統の性を持つ二つのものについて、一方がもう一方を全に上回っている時に「○○は××の上位互換」という使われ方をされる。

1.の説明

対義として「下位互換」がある。当然、下位の製品が上位の製品の全機を使えるわけがないので「上位版で作成したデータを(機制限されつつ)下位版でも使用できる」「一定の条件下で上位版の製品と同じように使える」と言う程度の意味である。

上位互換(下位互換)に近い言葉として後方互換(前方互換)がある。これは、2番の例のように「新しいバージョンが古いバージョンの全機を持っている。」ことをす。新しいバージョンは古いバージョンに機を追加している場合が多いので、後方互換の製品は上位互換の製品であることが多い。

2.の説明

同じ使用的のカード較して、一方が明らかに強い場合、強い方を「上位互換」、弱い方を「下位互換」という。

例えば、

  1. コスト1対戦相手かモンスター1体に3点のダメージを与えるカード
  2. コスト1対戦相手かモンスター1体に2点のダメージを与えるカード
  3. コスト2対戦相手かモンスター1体に3点のダメージを与えるカード
  4. コスト1対戦相手に3点のダメージを与えるカード

以上、4種があったとする。この時、1は、「2とべて威が高く、3とべてコストが安く、4とべて狙える相手が多い」という点でそれぞれに対する上位互換である。そして、2,3,4同士はそれぞれに対して一長一短なので上位互換、下位互換の関係にはない。

ただし、「一長一短」というのも曲者で

という2種類のカードがある時、ゾンビが絶対使わないようなザコ1種類だけしかなく、ドラゴンばっかりいるゲームだったとしても、この2枚は上位互換、下位互換の関係にはない。上のカードは(クソザコゾンビダメージを与えられない、という点で下のカードの代用にならないためである。

そのため、「視できる程度とはいえ、一応弱いカード側でできて強いカード側ではできないことがある」場合でもざっくり「上位互換」「下位互換」でくくり、そういった要素すらなく一方的に強い場合に「上位互換」という言葉を使うことがある。[1]

上位互換カードがあっても、下位互換のカードが必ずしもいらない子」「デッキに入らない」というわけではない。ほとんどのTCGでは山札に入れられる同名カードの枚数に制限があるため、「多少弱くても同じような効果のカードがたくさんほしい」ということがある。

この例でいうならば、とりあえず1はフル投入するとして、よく使われるモンスターの体に応じて2か3がいくらか投入されるだろうし、直接ダメージで対戦相手を倒すつもりなら4がフル投入され、さらに3が投入されることになるだろう。

関連項目

脚注

  1. *上位互換」でも種族、属性マナなど「他のカードに参照されることを前提した要素」が違う場合は厳密には互換していない。よほど影が強い場合でもない限り視されるが。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%8A%E4%BD%8D%E4%BA%92%E6%8F%9B
ページ番号: 5452522 リビジョン番号: 2423416
読み:ジョウイゴカン
初版作成日: 16/10/31 15:13 ◆ 最終更新日: 16/10/31 23:15
編集内容についての説明/コメント: 製品やTCGだけでなく、あちこちで使われていることを加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

上位互換について語るスレ

2 : nの3乗 :2016/10/31(月) 22:44:29 ID: zRHzZV6Zc9
荒れるのは正直仕方なくね?
3 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 04:59:02 ID: nV+5UFDgFe
いつからかアホに誤用されまくるようになった言葉
単純に「上位」ならそんなにおかしくはなかったりするのに、余計な「互換」の一言をつけたばっかりにおかしくなるケースをよく見る
なぜアホ理矢理「互換」をつけたがるのか
4 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 23:02:28 ID: UlL9j9Qttr
汎用性と互換性を混同してるのが多い。
記事の2.の例も思いっきりそれ。これは汎用性の話であって互換性の話じゃない。
同じことができなければ互換とは言わない。3点のダメージを与えることは2点のダメージを与えることと同じではない。
3点与える方が大抵の場合便利、という汎用性の話。

互換を持たせるとすれば、このような例になる

A:コスト1で2点のダメージを与える
B:コスト1で2点のダメージか3点のダメージのどちらか好きな方を選んで与える

これならBはAに上位互換性があると言えると思う
しかし記事作った人間すら混同してるあたり、もう全に定着しちゃってるんだろうな。
5 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 23:20:24 ID: umj0+uUBs5
>>3
赤犬「炎を焼き尽くすマグマやぞ」
6 : ななしのよっしん :2017/03/29(水) 19:07:30 ID: rWOLy24e45
バトル系の漫画にはよく主人公上位互換キャラが出て来るよね。大抵は主人公師匠って設定で。そして敵味方問わず、初登場時~退場または本編終了まで主人公との基本的な実差が逆転する場合は少ない気がする。主人公の成長を認める場面はあっても。
7 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 11:47:57 ID: jnraHcew95
>>4
互換の意味はその通りだが、上位互換という熟は記事の意味で合ってる。
稀有な例としてトドメをしたくない(瀕死で生かしておいたほうが得)というときに3点ではなく2点のダメージを与えた上でカードを消費したい事があるのは事実だが、そのような欠点を持ってしても上位互換で通っている。
将棋で飛香車上位互換だし香車は歩の上位互換打ち歩詰めの関係で飛より香車が欲しい事があってもそう呼ぶ。
8 : ななしのよっしん :2017/07/27(木) 09:15:53 ID: ItMCw5ICDc
分かりやすい良い記事だと思うけどなぁ
9 : ななしのよっしん :2017/09/03(日) 13:49:43 ID: FQpYTE4jaO
2の例はMTGの稲妻、ショック、灼熱の
10 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 21:02:11 ID: YC20AMvGL1
当たり前のように使ってたけど確かに「互換」ではないよな…
ヴァンガードではMtGで言う部族カードの部族違い版も「互換」と言うけどアレも互換ではいな…
11 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 21:13:09 ID: y+24u8eqCo
全機どころかバグすらそのまま引き継ぐのが互換や
強弱ではなく代替可かどうかが肝や

歩は取られても痛くないというかけがえのない価値を持ってるんやで
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829