単語記事: 上級国民

編集

上級国民(じょうきゅうこくみん)とは、一般国民と対をなす、日本国民の身分を表す概念のひとつである。

概要

 上級国民という言葉は、一般国民に対してそれ以外の(特別な)民がいるかのような発言を受けて、それを皮るために生まれた単ネットスラング)である。東京オリンピックエンブレム騒動を発端とし、2ちゃんねる嫌儲板を中心として発祥した。

当初は(デザインに精通している)専門側の上から目線の言葉を皮るために用いられたが、その後は上級国民という言葉の連想から、政治家や役人、資産などを批判的な意味合いにてし示すようにも用いられるようになった。

実際に単が生まれ、広まった詳しい経緯については以下の項を参照。

2015年に広まった経緯

この言葉は2015年9月1日以後にネット上で急速に広まった言葉であり、それ以前の使用例は非常に少ない。この項では、広まった経緯について解説する。

まず、背景としては2020年東京オリンピックエンブレムに関する騒動がある。2015年7月、多数の応募作品の中からデザイナー佐野研二郎氏によるエンブレム案が採用されることが発表された。しかしその後このエンブレム案について、海外の劇場ロゴで先行する類似したデザインが使用されていたことが判明し、盗用ではないのかという疑惑が持ち上がった。

その騒動の中で、佐野氏(あるいは氏の事務所の他のデザイナー)による過去デザイン等について、他者の写真や作品からの断流用・トレースがあったことが判明し、佐野氏もそれを認めた。その影から、佐野氏がこのエンブレム案でも断流用をしたのではないかと疑う人々が増え、佐野氏やこのエンブレム案を採用した五輪組織委員会への批判・バッシングしくなっていた。

ただし五輪エンブレム案自体については、佐野氏は盗用を否定していた。そのため佐野氏のエンブレム案がそのまま使用されていく可性も残されており、使用を継続するのか、あるいは中止するのか、五輪組織委員会の判断に注が集まっていた。

そんな中、2015年9月1日五輪組織委員会はこのエンブレム案の採用を中止することを決定し、その件について記者会見を開いた。その会見では五輪組織委員会の武藤敏郎事務総長がこの判断に至るまでの経緯の説明を行ったが、その中で、(エンブレム応募作品の審にあたった永井一正審委員長の意見を紹介する、という形で)「一般の民の方々」「一般国民」という言葉が使用されていた。この言葉が使用されるまでの文脈を示す意味で、やや長くなるがその言葉を含む発言内容を引用する。

(「佐野氏は模倣を否定しており、エンブレムは自分のオリジナルであるとしている」という内容を伝えた後に)

永井委員長はですね、私はこれについて、「どういうにお考えになりますか?」と伺ったところ、
デザイン界の理解としてはですね、そのように佐野さんの9分割されたデザインの基本、それはピリオドとは全く違うものであるので、違うものと十分認識できるものであって、佐野さんの言う通り、これは佐野さんのオリジナルなものとして認識されると、自分は思います』
と。
デザイン界としては、そういう理解であります』
と、ということでありましたが、同時にですね、
『ここまで色々な形で問題となった時に、一般の民の方々が、今のような説明で本当に納得されるかどうかということについては、現状、問題があるかもしれません』
と。これは永井さん自身のお話でありました。
『残念ながら、自分のこのような説明、それから佐野さんの説明は、専門の間では十分分かり合えるんだけれども、一般国民にはわかりにくい、残念ながらわかりにくいですね』
という話が、ありました。

ニュースサイトTHE PAGE」によってYoutube投稿された動画東京五輪エンブレム問題で組織委員会が会見」より、武藤敏郎事務総長の発言内容を一部抜して書き下し。言いよどみ、繰り返しは省いた。)

以上のようにこの発言の文脈では、「一般の民」「一般国民」と対されていたのは、「デザイン界」「(永井一正審委員長のような、デザインの)専門」であったことがわかる。即ちこの会見において、「一般国民」とは「デザイナーではない人たち」「デザインの専門ではない人たち」、つまり「非専門」という意味合いであった。

この会見の後、インターネット掲示板2ちゃんねる」のニューススレッドインターネット上のまとめサイトの中には、この「一般国民」と言う表現を「上から目線」であるといった論調で批判的に要約して伝えたものが多数あった。その中では「一般国民」の対として「上級国民」という表現が使用されていた。その結果、本記事のタイトル上級国民」という言葉がネット上で急速に広まったのである。

おこの言葉が広まるにつれて、「一般国民」が「デザインの専門」と対させた「非専門」をす表現であったという元々の意味合いについては割と薄まってしまったようで、「上級国民」という言葉は「デザイナー」「専門」ではなく、「特権階級」「上流階級」をして使われることも多いようだ。

上級国民と見なされる人々

メディアへの露出が多い人を中心に、以下の人物・団体が上級国民と見なされる場合が多い。

関連動画

  

関連商品

上級国民に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

上級国民に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%8A%E7%B4%9A%E5%9B%BD%E6%B0%91
ページ番号: 5364615 リビジョン番号: 2366671
読み:ジョウキュウコクミン
初版作成日: 15/09/06 11:41 ◆ 最終更新日: 16/05/28 14:21
編集内容についての説明/コメント: 上級国民と見なされる人々
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

上級国民について語るスレ

304 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 15:10:57 ID: //8+ZJStyt
>>298
土方より飲食と介護系のほうが地の底だってわかってないあたり社会に出てないヒキニートなんだなぁ・・・
305 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 15:26:56 ID: LJ1pCNkElg
例の弁明、ホントズレてるなーと思う。
に向けてエンブレムデザインしたのか。もちろん非専門の大衆向けでしょ。
ターゲット一般国民とやらに受け入れられなかった時点で、もうデザイナー仕事としては全に失敗。
専門にはわかるんですが、なんてのはクリエイターとしては一番みっともない言い訳だよ。

>>304
横からで悪いが、カイジの作中で負債者たちが高層ビルの間に渡された1本のを渡るシーンがあるのよ。
(落ちたら即死、渡りきれば大
単に「作中の負債者のような負け犬」と言いたかっただけであって、土方やとび職をどうこう言いたかったわけではおそらくないだろう。
306 : ななしのよっしん :2016/07/19(火) 03:09:11 ID: GxT3m/N//6
こんな言葉の何がめでたいのか理解に苦しむな
307 : ななしのよっしん :2016/07/19(火) 03:20:02 ID: RWmPA4yKGD
もめでたいとか書いてないのにいきなりどうしたんだ
嫌なことでもあったなら話してごらんよ
308 : ななしのよっしん :2016/07/19(火) 03:36:31 ID: tmg7rCaAZ9
どちらさんもギスギスしたこと書いてるな
309 : ななしのよっしん :2016/07/19(火) 03:37:58 ID: A4BbTPU83U
高等遊民

310 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 15:09:36 ID: //8+ZJStyt
>>305
カイジ読んだことなかったから知らんかっわ
今度読んでみるかな
311 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 01:42:17 ID: OVzs35XEdy
それでもトヨタは、日本をどん底に叩き落とした「本人」だ
http://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_212995/

> 実は近年、賃が上がっていないのは先進国の中では日本だけなのです。
> OECDEconomic Outlook 2013年より、先進国の名の推移
> (1995年100とした場合の2012年の賃)を見てみると、次のようになります。

> アメリカ 180.8
> ユーロ 149.3
> 日本    87.0

> これをみればわかるように、1995年以来、アメリカの賃は約2倍、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
312 : ななしのよっしん :2016/07/24(日) 22:48:04 ID: aqrZda8yE6
なんで上級国民と見なされる人々のところに在日韓国人が入ってんの?
313 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 00:01:20 ID: I2Ej80UuF/
>>311
なんかすげー的外れな記事だな。

日本は低賃によりデフレになった

因果関係が逆。デフレになったから賃が下がり続けた。

直接的な原因は1997年橋本政権の特大緊縮政策。あれでバブル崩壊から立ち直りつつあった日本経済は大ダメージを受けて、需要と供給のバランスが崩れデフレに突入した。アメリカの財務長官が「こんな緊縮をしたら大変なことになるから止めたほうが良い」という忠告を視して強行した末のセルフ制裁。
統計を見ればわかるが、バブル崩壊後でも計の所得と個人消費はちょろちょろと伸び続けていた。1997年からグラフの線が屈折している。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015