単語記事: 不殺主人公

編集  

不殺主人公とは、不殺義の主人公のことである。

概要

理由は「悪人でも殺せばそいつと同じになるから」「法で裁くべきで殺すのは管轄外」「単に殺したくない」「生き地獄を味あわせる」「子供向けだから殺しはNG」「ギャグ漫画だから。もし仮に死んでも生き返る」など様々だが、要するに敵を殺さない(殺すかもしれないけどできれば殺さないほうがいい、なるべく殺さない、を含むことも)主人公のこと。

不殺主人公は嫌われるか

不殺主人公は嫌われる傾向があると言われているが、嫌われない不殺主人公もいる。一概には言えず、悪人を生かしてしまうことで被害者を増やしてしまう、信念が時々ブレると言ったパターンは確かに嫌われることがあるようだ。逆に、不殺にきちんとした理由がある、殺さないが敵が悪さを出来ないように処置する、過去に殺しすぎて悪人でも殺すことに抵抗がある、子供向けのものなので殺しはまずいなどそれなりの理由があれば嫌われないようだ。

ただし、命を懸けた戦いにもかかわらず死人が出ないのは不自然なため、多くの作品で敵を不慮の事故で死亡させたり、ボスによって粛清されたり、殺人のできる仲間に葬ってもらったり、差で自害させたり、ガトリング砲の巣にしたり、果ては間抜けなミイラ男が勝手に燃え出すなど、主人公が直接手を下さなければ結果的に死に至らしめても構わないという展開になりやすい。

殺人童貞

全く人を殺さない登場人物をしばし「殺人童貞」と表現することがある。初出は「グラップラー刃牙」。ただし、軍隊や治安が大変悪い警察を描いた作品では昔からよく使われる表現である(戦争処女殺人処女など)。不殺主人公と似ているが、過去を含めて一切の殺人を行っていない点に違いがある。もっとも、信念として不殺を貫いているとは限らないため、殺人童貞であるからと言って不殺主人公と呼べるかは議論を呼ぶことがある(刃牙も格闘の結果としての殺人は否定していない)。

不殺主人公達

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%8D%E6%AE%BA%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC
ページ番号: 5170793 リビジョン番号: 2441685
読み:フサツシュジンコウ
初版作成日: 13/11/12 23:43 ◆ 最終更新日: 16/12/25 14:18
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「俺は誓って殺しはやってません」を追加しました。記事冒頭の「不殺主人公」を太字化しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

不殺主人公について語るスレ

1141 : ななしのよっしん :2018/07/05(木) 18:45:22 ID: 0IolqjYAYJ
戦記物は作品にもよるがしっかり殺すより情とかの描写という意味で殺すと殺さないを分けた方が好感はもてるな
戦争だからという理由で殺しに肯定的又は積極的な主人公だとちょっと嫌に感じるな
逆に全快楽の為に殺しまくりなのは割とアリには思うかな、どちらにしても作品やその主人公次第だけど

>>1134
戦場における殺して褒められるのは戦場という人の倫理観を壊すある種異常状態だからこそ肯定される狂気という見方も出来るからな
人を人でくさせるような後基本的に戦争戦場なんかはあまり肯定されない時代でもあるし
不殺主人公が嫌いな人が戦場なんだから不殺はおかしい異常だと思うのと同じように戦場自体が異常状態なんだから殺す方が異常だという考えもある
1142 : ななしのよっしん :2018/07/08(日) 21:49:48 ID: eLC9em7Os4
そりゃあ、自分や仲間に危険の及ぶ心配の平和的な状況なら「人殺しは良くない」にほとんどの人が同意してくれるだろうけど、命のやり取りをしている状況や非常手段もやむを得ない状況だと逆にほとんどの人が同意しないだろう。
そういった状況できれいごとを振りかざす方が理不尽ではないのか?

敵に対して容赦がいからと言って情がキャラなんてまずいないし、むしろ敵に対して容赦がいだけで仲間家族に対しては優しく情に溢れたキャラなんて腐るほどいる。
1143 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 04:38:31 ID: qkOzRXKo5K
ていうか言うほど容赦なく殺す系キャラって批判されてるか?
余程性格が鼻に突くキャラでもないとそうそうかれんだろ
1144 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 04:45:11 ID: pPaZwQ5l0A
侵入した細菌を容赦なく殺す主人公
1145 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 04:47:46 ID: gVurSvcjVQ
>>1143
それは不殺主人公でもそのまま同じことが言える
殺すか殺さないかは建前で、結局は本人のキャラ批判は左右されてる
批判される不殺主人公にしても、突き詰めるとキャラの性格や行動なりが鼻につくとかそういう所に要因がある
1146 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 17:43:48 ID: v0M4m/+ycI
もし○○の状況だったら~って話はぶっちゃけきりない感じはある。

殺すなってのは安全圏からの戯言っていう、殺すのが当たり前の戦場とかにいる人間でも、自分を殺す側という有利なとこに置いてる、その容赦なさが自分に降りかかることは念頭に置いてないとこがあるし(「命がかかってるし危険なを殺すのは当たり前」の理屈からの敵の非情な攻撃は嫌がるとか)。

的の為に手段を選ばず、合理的で容赦なく殺すキャラが好まれるのも「自分はそのキャラに守られる市民側」と読者が考えてるからで、そのあり方が自分に牙を剥いたり、自分達に危を加える敵軍、テロリスト側だったら途端に非難の対になるだろうし。

「自分を常に安全圏に置いている」「自分がするのはいいが、されるのは嫌」「綺麗事を言ってたのに、自分が同じ状況になったらに手のを返す」またはその逆で「綺麗事を嫌いながら、いざとなったらその綺麗事に守ってもらおうする」なんて身勝手さは、人間にはどうしてもついて回る。
1147 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 17:57:31 ID: 2VFLCJujEY
>>1142
そもそもキラ不殺よりになったのだってそうやって殺人事実上強要したからだしな
1148 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 09:45:05 ID: L/F3u2/dTi
>命のやり取りをしている状況や非常手段もやむを得ない状況

批判される場合、その辺りがしっかり描けていないことも多いと思う。
単に戦時中とか、相手が武器持ってる!とかの設定だけでは「よし殺していい」にはならない。その辺りは、主人公がどうかだけではなく、作品の雰囲気やテーマ、どれだけ命が軽いかなども総合して判断される。
1149 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 10:24:41 ID: OMN27R72iS
>>1142
>そういった状況できれいごとを振りかざす方が理不尽ではないのか?
は理不尽だとは思わないかな、「命のやり取りをしている状況や非常手段もやむを得ない状況」というもの自体が理不尽だとは思うから
まあ創作なんだからそういう中でぐらいは理不尽にたいしてきれいごと?と言うのが通って欲しいという気持ちが個人的にあるからだろうけど
そういう状況だからで納得して理不尽を許容するのは仕方ない部分もあるがやっぱ否定されて欲しい部分もあるな
これはあくまで自分が視聴者読者視点だから言えるというのは前提だが
物語を読んでる以上それは変えられないし現実と創作は全に分けては考えるな
1150 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 23:52:52 ID: eLC9em7Os4
>>1146
>その容赦なさが自分に降りかかることは念頭に置いてないとこがあるし
相手も容赦しないと考えているからこそ「殺られる前に殺る」って発想になるんだろう。

>そのあり方が自分に牙を剥いたり、自分達に危を加える敵軍、テロリスト側だったら途端に非難の対になるだろうし。
そういったキャラは大抵は悪として描かれる、敵に容赦のキャラが持て囃されるのもそういった危険人物を積極的に排除しようとするからだろうし。 

殺す覚悟はある癖に殺される覚悟はい、または自身が殺される可性を考慮していないキャラはもちろんいるが、そういったキャラは大抵は小物として描かれる。

>>1148
そこは作者の腕前の問題なんだろうな…。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829