単語記事: 不遇ポケモン

編集  
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
今週のおすすめ この記事は第135今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。

概要

不遇ポケモンとは、ゲームポケットモンスターシリーズ第7世代(ポケットモンスターサン・ムーン)の対戦において、不遇な扱いを受けているポケモンの事をす。
当記事内のこの「不遇」という言葉の定義であるが、対戦において単純に弱いというわけではなく、また全く個性がないわけでもなく、ただちゃんとそのポケモンとして使いこなすにはそれなりの知識と判断が必要になると思われる、という総合的な判断によるものとしている。

ちなみに、このページでは不遇と言われる中でも、対人戦などで活躍させるのが特に難しいポケモン(「埋葬級」「埋葬ポケモン」と呼ばれることもある)を中心に扱っています。
そのため、他所の基準で不遇とされるポケモンが掲載されていないことがあります。それを考慮したうえで記事の閲覧、掲示板議論への参加を行ってください。


※注意していただきたいこと

気を付けてもらいたいのが、この記事では、紹介されているポケモンの弱い部分を強調しし上げ罵っているのではないという所である。その不遇な部分を知った上でどういう活躍のさせ方があるかという所を考えて行けるよう出来るだけ詳しくしており、ポケモンとの差別化等のに出来るような記事をしている。

また、あくまで対戦において不遇だというだけで、ポケモンとしての扱いが不遇なわけではない事にも注意。
ポケモンの強弱を言い出すのは結局ユーザーのエゴであるということを忘れてはいけない。

カリン 
カリン

つよい ポケモン よわい ポケモン
そんなの ひとの かって
ほんとうに つよい トレーナーなら
すきな ポケモンで
かてるように がんばるべ(平片兼ねる)き

不遇ポケモンの選定について

この記事では、基本的に進化前のポケモンは含まない事を大前提に、掲示板で「不遇ポケモン」と該当しそうなポケモンを提案、考察議論し、随時追加したり逆に削除したりしている。

流動的な話題であるため、新たな議論というものは必ず発生してきます。
この記事を読んで、自分も掲示板にて不遇ポケモンではないかとポケモンを提示したくなった場合、先に当記事の最下段にある「不遇ポケモンの論議について」を読んでもらいたい。そこには過去にここに在籍していたポケモンや、掲示板で検討されたポケモンの紹介と軽い理由や経緯が書いてあるので、ある程度ふるいに掛ける事ができるだろう。
一応結論づけられた当記事の総意という事になるが、そこに反対意見があればそれを発言して練り直しを喚起してもいい。成長し続けている記事です、あなたも一石を投じてみてはいかがでしょうか。

なお、ネタとして不遇だったりイジられているポケモンについては「不憫ポケモン」の項を参照のこと。

不遇要素について

この記事では不遇ポケモンとされてしまった理由を「不遇要素」とし、大まかに6つ列挙している。
現状、見劣り要素を持つポケモンが大半を占めるが「環境上位と較しての見劣り要素があれど中堅クラスに留まっている」というケースも考慮しなければならないため、これだけで不遇判定が下せるとは限らない。あくまでも各要素を照らし合わせて慎重に考察することが推奨される。

これらの要素はかなり前に制定されたものであり、今後何らかの変更が加えられる可性がある点に留意されたし。

  見劣り  

タイプに、覚える技が被りがちで似たような種族値傾配分かつ高種族値ポケモンがいると該当。技や役割が被ると、下位互換(所謂「劣化」と言われる)の烙印を押され、「○○でやれ」と言われる。
また差別化の必要性に迫られるがあまり、用意する技が絞られ見破られ易かったり、かえって実用性・汎用性が犠牲になりうるのも難点。


  弱点多数  

タイプの相性が重要視される本ゲームにおいて、弱点となる技タイプが多いと該当。(ここではインターネット大会「ポケモン危機!」の出場条件である弱点タイプ5以上と定義)
耐久ポケモンでは、この要素だけでど機しないポケモンも存在するが、アタッカー寄りの種族値配分であるバンギラスキノガッサカプ・ブルルなどは弱点が多くても十分強く、当要素単体では不遇ポケモンとして成立させるには弱いため、不遇認定されるには原則として他の要素を兼ねるものとしている。
基本的に、岩、氷タイプポケモンは弱点が多いため、単複問わず該当しやすい。


  特性不利  

どのケースにおいて有利な状況をもたらす第3世代から加えられたシステム「特性」だが、以下のうちいずれかの特性しか持たないポケモン、もしくは所有特性自体は悪くないがそれを十分に活かすスペックがなく、宝の持ち腐れとなっているポケモンなどが該当。
・抑制的で付与される「スロースタート」等のマイナス特性
・「あとだし」等の活用法がなくもないがマイナス面の強い特性
・「はとむね」「ちどりあし」等の活かす機会がきに等しい死に特性
・「はっこう」等の非戦闘特性
以上であるが、昨今のポケモンでは、特性「するどいめ」など過去に死に特性だったものが実用的な仕様に変更されたり、第5世代からの隠れ特性の追加、また過去作から所有していた特性そのものが変更されたりと、善される機会が多くなってきている。


  鈍足低耐久  

対戦の中で勝負を決定付ける要素として大きい割合を占める素さが低く(ボーダーラインキノガッサを下回りこだわりスカーフ込みでもメガゲンガーカプ・コケコ等の素130族を抜けない種族値69以下)、更に(一概に耐久値が低いというだけでなく)耐久面に難があると該当。

それを補うような高い攻撃・特攻種族値があったり、優秀な高火力技や補助技、タイプ一致技がっているなら活かしようは大いにあるが、それさえも満足に与えられていないポケモンは、
①低耐久な為場に居座り辛い。②遅い為攻撃が出来ない。③攻撃が低い為自分のターンが回ってきても貧弱な攻撃しか出来ない。
という理由により、ほぼなにも出来ずにそのまま沈んでしまうことになる。
この要素も弱点多数の不遇要素と同様、当要素単体では不遇ポケモンとして成立させるには弱いため、不遇認定されるには原則として他の要素を兼ねるものとしている。


  種族値  

下手な進化ポケモンよりも低い合計種族値(大体450前後以下)のポケモンが該当。どの数値にも余裕がいため「鈍足低耐久」も該当しやすい。
全体的に種族値が低いため、何かる個性(クチートの強特性持ちメガシンカ、ほぼ全ての技を使えるドーブルオオスバメのこんじょう+からげんきペリッパーあめふらしテッカニンのかそくバトンチャーレムヨガパワーなど)がいと活躍させるのは難しい。
ちなみにこの不遇要素を持つ者でも、進化・一進化ポケモンは後作で進化の可性、また第6世代以降は全ポケモンに対しメガシンカ付与の可性があり、進化と同時に種族値の底上げがなされるため、根本的に救済される場合がある。
特にこの不遇要素はポケモンが多いストーリー序盤で出てくる虫ポケモンが多く該当しており、現時点で第4世代以前の序盤において不遇判定を受けていないのはメガシンカを獲得して卒業したスピアーしかいない。


  力技不足  

習得できるタイプ一致技やサブ不一致技が軒並み低威だったり、使い勝手の悪いものばかりだと該当。
仮に種族値や積み技などの土台が備わっていても、それに見合う力技がなければ決定不足となる。相手することが出来る相性の良いポケモンの範囲が狭まってしまい、結果的に動きづらくなっている。
もともと、「ライバルと思われるポケモンとの差別化になるような技を覚えない」という観点から「見劣り」の不遇要素より生した二次的な不遇要素であり、「見劣り」と併せて追加されることが多い。
なお、現時点ではこの項に該当するポケモンは存在しない。

不遇ポケモン一覧

クリックするとそのポケモンの記事には移動せず、当記事内で紹介している場所に飛びます
第5世代以前(VC版第1・第2世代含む)でのみ習得可な技(基本的にレーティングで使用不)はで表記。

ペルシアン ノコッチ エネコロロ パッチール ポワルン ミルホッグ ブースター
サニーゴ ラブカス マイナン トロピウス マスキッパ リーフィア マラカッチ
ラランテス デリバード オニドリル カモネギ ヨルノズク チリーン バタフリー
アゲハント レディアン アリアドス ドクケイル コロトック ミノマダム ガーメイル

ペルシアン(原種)
 見劣り  低種族値 
ペルシアン
ペルシアン
HP65
攻撃:70
防御:60
特攻:65
特防:65
さ:115
合計:440
差別化要素を失い続けた末に
さは高いが他の種族値が総じて低準のポケモン。第4世代の頃から同タイプ・同速・テクニシャン持ちで攻撃が大きく上回るエテボースべられがちだった。同世代前期では命中率70%に強化された催眠術をはじめとする補助技を中心に差別化をはかっていた。しかし中期には催眠術が以前の命中率に修正され、第5世代では新たな競合相手としてチラチーノが登場。さらに重要な差別点の一つだったすりかえをエテボースが獲得という大きな災難に見舞われた。
それでもダブル・トリプルでは夢特性ねこだましの両立によりドーブルダークホールサポートするという使いあるにはあった(第5世代終盤除く)のだが、第7世代でダークホールが「ダークライ以外が使用すると失敗する」という仕様変更が行われたことで事実ドーブルから没収。数少ない差別要素を狙い澄ましたかの如く世代ごとに潰され、実用性への疑念が日に日に強まっていった結果このページへの記載を余儀なくされた。
そんなペルシアンだが、1999年公式大会ではほぼ確定急所のタイプ一致きりさくでトップメタとなっていた。WCS2013や2017の様に出場ポケモンが制限されていた大会だったとはいえ、環境の中核に位置していた事のあるポケモンが不遇入りしたケースはおそらくこいつ位であろう。
タイプノーマル
特性1:じゅうなん
特性2:テクニシャン
隠れ特性:きんちょうかん
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
ライバル
エテボース
HP75
攻撃:100
防御:66
特攻:60
特防:
66
さ:115
合計: 482
チラチーノ
HP75
攻撃95
防御:
60
特攻:
65
特防:
60
さ:
115
合計:470
ペルシアン
(アローラ)
HP65
攻撃
60
防御:
60
特攻:
75
特防:
65
さ:
115
合計:440
タイプノーマル
特性1:テクニシャン
特性2:ものひろい
隠れ特性スキルリンク
タイプノーマル
特性1:メロメロボディ
特性2:テクニシャン
隠れ特性スキルリンク
タイプ:あく
特性1:ファーコート
特性2:テクニシャン
隠れ特性:びびり
ペルシアンテクニシャン獲得と時を同じくして登場したポケモンテクニシャン補正をえたねこだましシングルでもダメージソースとして有用性が高くサブウェポンも豊富であり、ペルシアンのアタッカー路線を否定してきた。 第5世代で登場したペルシアンと同速のノーマルタイプスキルリンクと豊富な連続攻撃技を生かした戦いが持ち味。ただしスイープビンタがゴツゴツメット等の接触技で発動する要素に極端に弱いのが玉に瑕ではある。 第7世代で登場した亜種リージョンフォーム」。ファーコートによる高い物理耐久と高速のタイプ一致イカサマにより、原種と違い不遇とは程遠い位置にある。Zすてゼリフによる器用な立ち回りも期待できる。
::習得技較::
物理攻撃技 特殊攻撃技 変化技 分類
























































































































タイプ
ペルシアン
エテボース
チラチーノ
Aペルシアン
総評・長所・運用策 
ライバルの3体が覚えずペルシアンならではの技となるとこごえるかぜ等片手で数えるほどしかない。特性が似通っている上に種族値で劣るとなると前述の技を組み込んでの登用にどれだけの有用性があるか否かが評価の分かれといえるだろう。ただしこごえるかぜとねこだましの両立はマニューラでも出来てしまうのと、USM発売後は教え技再解禁でAペルシアンがこごえるかぜを覚えかねないのが気がかり。

page topぷわわ

ノコッチ
 見劣り  低種族値   

ノコッチ
ノコッチ(大アイコン)

HP100
攻撃:70
防御:70
特攻:65
特防:65
さ:45


合計:415


・「てんのめぐみ」による独自性
技の追加効果の発動確率が2倍になる特性「てんのめぐみ」を持ち、この特性を活かすことのできる技を充分に持っている。タイプ相性で効化されない「へびにらみ」による麻痺で相手の素さを低下させ、先手で怯みの追加効果のある技を使うことにより麻痺と怯みによって相手の行動不を狙う戦法、所謂”まひるみ”をに使う。「てんのめぐみ」の効果により「ずつき」「かみつく」「いわなだれ」は60%で怯ませる技になる。麻痺と伴わせれば70%確率で相手を行動不にできる。同じ戦法をトゲキッスも使用可だがノコッチ物理攻撃体かつダブルバトルでは「いわなだれ」により2体同時に役割を遂行できるというトゲキッスにない独自性を保っている。他にも「とぐろをまく」により火力耐久を補いつつ命中率を上げることもできる。また「いわくだき」の防御低下効果が確実に発動するため攻撃をしながら疑似的に火力を上げるという戦法も可である。

・第七世代での麻痺弱体による戦法への煽り
種族値ながら独自路線により活路を見出せていたが、第七世代の麻痺の素さ低下が1/4から1/2に変更されたことを受け大打撃を受けた。素種族値45と低いノコッチまひるみ戦法において麻痺の行動不の効果だけでなく素さ低下にも大きく頼っていた。これまでは麻痺によって全てのポケモンの最速に先手を取れていたが、本変更によって素振りで最速66族、準速でも最速124族までしか抜けなくなった。HP種族値100とは言え、防御と特防が低く並の耐久しかないノコッチにとって素さに努力値を割かなければ独自の戦法を活かすことができない現状はかなり厳しいと言える。
タイプノーマル
特性1:にげあし
特性2:てんのめぐみ
隠れ特性:びびり
::第5世代における環境の変化::
  • 新技「とぐろをまく」習得・・・攻撃・防御・命中率を一段階上げる優秀な積み技を習得。
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
ライバル
トゲキッス
HP85
攻撃:50
防御:95
特攻:120
特防:
115
さ:80
合計: 545
ハピナス
HP255
攻撃10
防御:
10
特攻:
75
特防:
135
さ:
55

合計:540
タイプフェアリー/ひこう
特性1:はりきり
特性2:てんのめぐみ
隠れ特性:きょううん
タイプノーマル
 特性1:しぜんかいふく
特性2:てんのめぐみ
隠れ特性:いやしのこころ
まひるみと言えばトゲキッスノコッチと違い素の素さが速いため、麻痺弱体の影がそれほどない。更に、素さに多くの努力値を割いても戦える耐久がある。トゲキッスまひるみの猛威は未だ健在である。

まひるみに頼らないてんのめぐみを活かして特殊体で使うならハピナスが立ちはだかる。ノコッチはチャージビームと合わせての運用が必須だが、ハピナスの高耐久をもってすればてんのめぐみ補正込みで100%にならない技も試行回数を稼げるので十分に追加効果を狙える。

な習得技 
攻撃側\受け側 分類 タイプ
すてみタックル
×
ずつき
のしかかり
おんがえし
だいもんじ
ワイルドボルト ×
10まんボルト
チャージビーム
れいとうビーム
いわくだき
じしん ×
エアスラッシュ
しねんのずつき ×
いわなだれ
シャドーボール ×
ドラゴンダイ ×
かみつく
アイアンテール
変化技 へびにらみ、とぐろをまく、はねやすめ、ステルスロック、めいそう、いたみわけ、みがわり、  あくび、どくどく
総評・長所・運用策 
麻痺が弱体化したとは言えノコッチ物理まひるみ戦法自体の一性は失われてはいない。努力値を素さに振るのを嫌うなら「トリックルーム」や「おいかぜ」などの味方のサポートを使えば限定的ではあるが活用することはできる。しかし、カプ・レヒレの登場により麻痺させる事自体も難しくなった。

page topぷわわ

エネコロロ
 特性不利  低種族値   
エネコロロ
エネコロロ
HP70
攻撃:65
防御:65
特攻:55
特防:55
さ:90
合計:400↑
・不利点を併せ持つ希少特性
種族値は第7世代で90に上昇した素さ以外が70以下と全体的に低く、アタッカーにも受けにも向いていないが、しい特性を2つ持つ。ただこれらの特性は低種族値エネコロロを劇的に持ち上げてくれる要素ではない。
うちひとつであるエネコ系専用特性「ノーマルキン」は、ごく一部を除いて全ての技がノーマル技扱いされるため、「他タイプの攻撃技でもタイプ一致ボーナスがかかる」「でんじはが地面ポケモンに通る」という2つの利点をもたらすが、同時に「岩・鋼・ゴーストポケモンに攻撃が半減・効化される」「でんじはがゴーストポケモンに通用しない」などの不利点も併せ持つ。個性がはっきりしているのに役に立つ場面が少し限られているため、希少特性を持ちながら「特性不利」の不遇要素を持つという変わった存在である。
(一応めざめるパワー、しぜんのめぐみノーマル技にならない)

・強過ぎた麻痺の功罪
ノーマルキンでんじは」は不利点を併せ持つものの、エネコロロにとって大切な個性である。それ故にエネコロロはこの麻痺周りの環境変化の煽りをもろに食らってしまっている。
6世代では、でんじはと同様の効果を持つノーマル技「へびにらみ」の命中率が90%からでんじはと同じ100%へと変更され、特性ノーマルキンエネコロロが持っていた「地面ポケモン麻痺状態にする」という特異性が薄れてしまう。
これ位ならまだ相対的なものでエネコロロとしてのダメージは少ないが、更に第7世代では逆にでんじはの命中率が90%になってしまい、2世代越しにへびにらみと立場が逆転してしまっている。
恐らくこの対応は麻痺状態異常が強すぎたことと、でも覚える汎用的なでんじはという技に対しての対策と見られるが、エネコロロは個性の一つとしてしがみ付いていた分、痛い仕様の変更となった。
タイプノーマル
特性1:メロメロボディ
特性2:ノーマルキン
隠れ特性ミラクルスキン
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
な習得技 
攻撃側\受け側 分類 タイプ 命中 PP
ねこだまし
40 100 10 ×
ほしがる 60 100 25
とっておき 140 100 5
おんがえし --- 100 20
ハイパーボイス 90 100 10
特性ノーマルキンの場合の攻撃技ほぼ全て
ワイルドボルト 90 100 15 ×
10まんボルト 90 100 15
ソーラービーム
120 100 10
くさむすび --- 100 20
こごえるかぜ
55 95 15
れいとうビーム 90 100 10
しねんのずつき 80 90 15 ×
シャドーボール 80 100 15 ×
ふいうち 70 100 5
アイアンテール 100 75 15
じゃれつく 90 90 10
変化技 うたう、でんじは、めいそう、バトンタッチ、うそなき、あまえる、いやしのすずねこのてシンプルビーム
てんしのキッス、くすぐる、てだすけ、ねがいごとにほんばれあまごいコスモパワー、まねっこ
総評・長所・運用策 
タイプ技は割と幅広く覚えるものの、ノーマルポケモンとして見ると範囲はやや狭め。そもそも攻撃・特攻種族値が低いため、高威な技を覚えさせたとしても物足りないので、後続のことも考えると追加効果のあるものを優先したい。特性ノーマルキンの場合も技の追加効果は引き継がれ、タイプ一致ボーナスの補正と、第7世代でようやく他のスキン系特性と同様の補正(補正率は1.2倍)を得られるようになり、火力面では満足とは言えないがかつてのエネコロロより幾分上昇している。
また「へびにらみの強化」と「でんじはの命中率低下」のダブルパンチにより、「ノーマルキンでんじは」というエネコロロの個性はみかけているが、そのへびにらみを覚えるポケモンはまだ少数と限られており、ねこだましシンプルビーム等のしい技も含めれば「ノーマルキンでんじは」だけではない「エネコロロ」としての個性は少なからずある。第7世代では種族値テコ入れの波に乗り、素さの種族値戦区の70族を飛び越えて90まで跳ね上がるという決定的な強化を勝ち取った。これで何も出来ずに沈むという場面は減るはずである。

page topぷわわ

パッチール
 鈍足低耐久  低種族値  
パッチール
HP60
攻撃:60
防御:60
特攻:60
特防:60
さ:60

合計:360
・「万遍なく低い種族値」という特性活用へのネック
種族値60という火力・素さ・耐久のすべてが低準のポケモン。あばれるの混乱化という副作用マイペースにより抑えられる一のポケモンだが、攻撃種族値60しかないためにほかの一線級物理ATに対抗できるほどの火力はなく、行動固定のせいで鋼やゴーストを繰り出す起点にされるのが関の山。せめてドレディアのはなびらのまいのように元の種族値や積み技が伴っていればまだ選択肢になりえたのだろうが…。
夢特性として希少なあまのじゃくを持つが、相性のいいばかぢからは第5世代のPDW限定でありORAS以降のレーティングでは実質使用不。今後自習得や教え技で習得可になったとしても元々の種族値の低さが足を引っが十分に上がる前に潰されかねず、子の両立に関して言うならタイプの違いを考慮に入れてもすでにレーティングで同じ芸当を実現しているカラマネロ程の働きには期待できない。あまのじゃくとスキルスワップの両立はパッチールオンリーワンだが、ここでも低種族値が足を引っってその前に落とされかねないリスクが付きう。
タイプノーマル
特性1:マイペース
特性2:ちどりあし
隠れ特性:あまのじゃく
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::

coming soon...

な習得技 
攻撃側\受け側 分類 タイプ 命中 PP
あばれる
120 100 20 ×
ねこだまし 40 100 10
ほのおのパンチ 75 100 15
かみなりパンチ
75 100 15 ×
ワイルドボルト 90 100 15
いとうパンチ 75 100 15
こごえるかぜ 55 95 15
ばかぢから 120 100 100 ×
シャドーボール 80 100 15 ×
ふいうち
70 100 5
変化技 さいみんじゅつ、フラフラダンスアンコールスキルスワップ、バトンタッチトリックルームトリックねこのて
総評・長所・運用策 
アタッカーを任せられるような種族値では到底ないので、サポート系の技にを向けるとトリックルーム、フラフラダンス、こごえるかぜ、ねこだましダブル向きの技をいくつか習得することができる。しかし単にそれらの技を使うだけならあらゆる技を覚え、マイペースの被るドーブルに圧倒的な分があるため、あまのじゃくにアイデンティティめていくことになる。スキルスワップを決めればオーバーヒートやばかぢからを使う味方の強化、威嚇対策、敵の積み技やいばる+じこあんじのコンボ防止などにつながりそうだが、読まれやすいので集中攻撃や挑発で先に陥落する危険は常に覚悟せねばならないし、後者は先手が取れねば妨どころではないので実行できる状況は限られてくる。難にタスキを持たせるか、挑発対策でメンタルハーブを持たせるかは慎重に吟味したい。

page topぷわわ

ポワルン
 低種族値  
ポワルン
HP70
攻撃:70
防御:70
特攻:70
特防:70
さ:70

合計:420
アタッカーとしての土台の欠落
に応じて姿とタイプが変わる専用特性を持つポケモンでウェザーボールをはじめの影を受ける特殊攻撃を各タイプ一通り網羅している。
一見様々なパーティに適用しているように見えるが、それを台しにしてしまうのがオール70という何とも言えない低準の種族値である。アタッカーとするには数値不足もいいとこで抜き性ど期待出来ず、相性補に使えそうな技ラインナップも火力不足が祟って十分に活かしきれているとは言えない。
加えててんきやには「ポワルンタイプをその時のに合わせたものにする」だけで、スピード火力に何らかのブーストがかかるわけではない。ブースト特性はエースにおいてデフォルトともいうべきものであり、ただでさえ低種族値というハンデを抱えるこいつにとってこれがない事が如何に大きなディスアドバンテージであるかは言うまでもないだろう。基盤からして安定しないので他のエース補を差し置いてまで使うほどの余地は見出しがたい。敵にを上書きされた場合なら砂嵐以外なら各メインウェポンを半減できるというメリットにならなくもないが、逆利用されて弱点攻撃の標的になるリスクも考えると旨味は薄い。
6世代以前はホワイトキュレム以外の氷タイプ一炎技を使えるという観点からある程度パで活路を見いだせていたが、第7世代で時に素さが2倍になる新特性のゆきかきが登場した為争いが化。技範囲の違いを勘定に入れても該当特性持ちを押しのけてまで使うのは厳しくなってしまった。
タイプノーマル
特性:てんきや
::第6世代以前における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
  • 始動特性ポケモンの大幅増加・・・各ごとに1体以上追加され、構築の幅が広がった。
  • 特性「ゆきかき」の登場・・・差別化のだったATを取られやすくなった。
な習得技 
攻撃側\受け側 分類 タイプ 命中 PP
ウェザーボール
50 100 10 ×
だいもんじ
110 85 5
かえんほうしゃ 90 100 15
ウェザーボール(晴れ) 100 100 10
ハイドポン 120 80 5
ねっとう 80 100 15
ウェザーボール() 100 100 10
かみなり 110 70 10 ×
10まんボルト 90 100 15
エナジーボール 90 100 10
ソーラービーム 120 100 10
ふぶき 110 70 5
れいとうビーム 90 100 10
こごえるかぜ 55 95 15
ウェザーボール() 100 100 10
ぼうふう 110 70 10
シャドーボール 80 100 15 ×
変化技 でんじは、おいかぜ、にほんばれあられあまごい、すなあらし、かなしばり
総評・長所・運用策 
パーティは原則始動役でを1つ固定する事になるため、アタッカーポケモンはそのお立てに応えるだけの抜き性められる(これは始動要因がバンギラスメガリザードンYといった高スペックポケモンであっても同じ)。ポワルン不遇ポケモンたらしめる最大の理由はこの抜き性という土台の決定的不足にあり、所詮特攻70なので不足を否定することはできず、として起用するには理がある。活路を見出すのであれば複数のパに対抗できるような技構成を構築して、補としての仕事に重点を置いたほうが難である。
晴れで炎・氷技を両立した炎or氷タイプという希少性はあるが特攻の関係で威90技だと高火力アタッカーめざめるパワーと大きな差が出にくいので命中率を犠牲にしてでもだいもんじやふぶきを入れて威を確保したほうがいい。また、で必中になるぼうふうとかみなりを両立できる数少ないポケモンではあるが、強の多いパ向けのポケモン争いが非常にしく、おいかぜも始動役であるペリッパーで賄うことが多いのがネックとなる。
ウェザーボールは3で威100タイプ一致技として使用可で、ノーマルZを装備させればウェザーボールを4タイプの一致Z技を放てる可性があり、ウルトラダッシュアタックワールドエンドフォール以外は仮想敵を落とせるだけの火力にはなりうるが、一致補正を加味してもロズレイドで大差ない火力を出せる上に素さもあちらのほうが上。単独で見ればてんきやと噛み合った二の個性であるだけに、オール70の低種族値・難あり配分という足枷でそれを十分に活かすだけのスペックが足りない現実が重く圧し掛かる。てんきやにタイプ変化以外のブースト効果が追加されるか、進化メガシンカが実現すればこの問題に善の余地はあるだろう。

page topぷわわ

ミルホッグ
 低種族値  
ミルホッグ
ミルホッグ
HP60
攻撃:85
防御:69
特攻:60
特防:69
さ:77

合計:420
・受け入れ難い序盤ポケモンの宿命
第5世代で登場した今ではお染みの序盤ノーマルポケモンであるが、ほかの序盤ノーマルポケモンべるとどこか個性が薄く、これぞミルホッグと呼ばれるものがない。そうなってしまった根がこの種族値の配分である。
攻撃種族値若干高いが他の種族値べたらの話であり、ポケモンとしてみると特段高いというわけではない。鈍足でもないが別に速くもなく、どれも突出したものがないところで見ると悪い意味でバランスが取れている。ストーリー序盤で出てくるポケモンの宿命で、控えめの合計種族値(イッシュ勢の中では最下位)となっていることは仕方ないところもあるが、この配分こそがミルホッグの活躍の場を狭めていると言えるだろう。

・持ち腐れる宝
第5世代のストーリー中にプレイヤーイライラさせたであろう「さいみんじゅつ」や「あやしいひかり」などのいやらしい変化技の数々は、対人戦でもミルホッグの少ない個性として対峙した相手に性急感を与えるが、この軟弱な耐久、またノーマルポケモンという耐性の少なさから対処が非常に容易であり、何かしらの攻撃で上からかれてしまうとその宝から出すことなくそのまま倒されてしまう。サポート役が適任と思われるミルホッグにとって、仕事ができる時間が限られているというのは念至極である。
タイプノーマル
特性1:はっこう
特性2:するどいめ
隠れ特性:アナライズ
::第6世代における環境の変化::
  • 第2特性「するどいめ」仕様変更・・・火力を出すにはアナライズだが、一応するどいめの範囲が自分の命中率低下の視から相手の回避率上昇の視まで拡大。
::第7世代における環境の変化::
  • 悪技「わるだくみ」習得・・・役割破壊用にコツコツ積み上げてきた特殊技の火力を上げられるようになった。
な習得技 
攻撃側\受け側 分類 タイプ 命中 PP
とっておき
140 100 5 ×
おんがえし --- 100 20
たばた --- 100 15
がむしゃら --- 100 5
いかりのまえば --- 90 10
ほのおのパンチ 75 100 15
かえんほうしゃ 90 100 15
アクアテール 90 90 10
かみなりパンチ 75 100 15 ×
かみなり
110 70 10
10まんボルト 90 100 15
タネばくだん 80 100 15
くさむすび --- 100 20
いとうパンチ 75 100 15
きあいパンチ
150 100 20 ×
けたぐり --- 100 20
きあいだま 120 70 5
ダストシュート 120 80 5 ×
しねんのずつき 80 90 15 ×
シャドーボール 80 100 15 ×
かみくだく
80 100 15
はたきおとす 65 100 20
なげつける --- 100 10
アイアンテール 100 75 15
変化技 じこあんじ、おさきにどうぞ、てだすけ、つるぎのまい、きあいだめ、バトンタッチ、いやなおと、くろいまなざし、
でんじは、みきり、たがやす、さいみんじゅつ、ひかりのかべ、あやしいひかりわるだくみ
総評・長所・運用策 
第5世代初登場時での攻撃技は、「いかりのまえば」のほか、「じたばた」や「けたぐり」など威表記のない何かに依存するような技ばかりであったが、その後BW2や第6世代で3色パンチを筆頭に教え技によるサブウエポンの充実を図られ、今ではノーマルポケモンらしい技のレパートリーを手に入れている。
かくれ特性「アナライズ」の解禁も追いとなり、アナライズ発動時のじたばたは、じたばた持ちの中でもトップクラス火力で、H252ガブリアス乱数1発で持っていくまでである。また第7世代では「わるだくみ」をレベルアップで習得。役割破壊用にばせる特殊技も火力を上げることが可になり、技を選択するのも悩ましいほどの環境になった。
耐久であることから居座る時間が限られているが、嫌らしい技での「サポート役」という顔と、世代を経て得てきた「アタッカー」としての顔が出来、対処が容易という今までのイメージとは別に、後攻アナライズという脅威により今までと違った意味での性急な対応を相手に強いることができる。

page topぷわわ

ブースター
 見劣り   鈍足低耐久   
ブースター
ブースター
HP65
攻撃:130
防御:60
特攻:95
特防:110
さ:65
合計:525
アンバランス種族値配分の典
第5世代までは高い攻撃種族値を活かしきれない技レパートリーが行きがちだったが、の問題は低い物理耐久と半端な鈍足という種族値バランスの悪さにある。素さは最速スカーフでもゲッコウガ抜くのがやっとの低さでトリパで使うには不安定な程度には高いという悪い意味で絶妙な数値。地面・岩タイプ物理偏重なので「高い特防のおかげで耐える」というケースが少なくこの素さが低物理耐久を非常に致命的な要素にまで引き上げている。恐らく種族値500オーバーポケモンの中でも特に配分の駄が多い部類といっても過言ではない。
プラチナ以降「ばかぢから」を使えるようになったがタイプ一致で使えるバシャーモがいる上、同威・同タイプの「インファイト」を第5世代でウインディが覚えてしまい、ライバルを越えていけるようなものにはなり得なかった。
続く第5世代では、元々高い攻撃を底上げする隠れ特性「こんじょう」を獲得。BW2で「ばかぢから」を両立できるようになり、こんじょう発動時の火力だけ見ると中々の破壊を見せるが、こんじょうだとタスキやふうせんを持てないため場に出すタイミングはさらにシビアである。

・問われる「フレアドライブ」の価値
何かと物議を醸してきた「ブースターフレアドライブ」が第6世代でいよいよ実装された。しかし問題となっている種族値バランスの悪さは解決されておらず、寧ろフレアドライブの短所の反動があるせいで、鈍足低耐久ブースターの手に余るものとなっているという見方もある。
間違いなくフレアドライブは高い攻撃種族値を活かせるブースターのリーサルウエポンであるが、ブースターにとってはまさに命懸けの諸刃の刃であり、安直に乱発できるものではない。
タイプ:ほのお
特性:もらいび
隠れ特性:こんじょう
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
ライバル
ウインディ
HP90
攻撃:110
防御:80
特攻:100
特防:
80
さ:95
合計: 555
バシャーモ
HP80(80)
攻撃120(160)
防御:
70(80)
特攻:
110(130)
特防:
70(80)
さ:
80(100)
合計:530(630)
()内はメガシンカ
ヒヒダルマ
ヒヒダルマ
HP105105)
攻撃
140(30)
防御:
55(105)
特攻:
30 (140)
特防:
55(105)
さ:
95(55)
合計:480(540)
()内はダルマモード
タイプ:ほのお
特性1:いかく
特性2:もらいび
隠れ特性:せいぎのこころ
タイプ:ほのお/かくとう
特性:もうか
隠れ特性:かそく
メガ特性:かそく
タイプ:ほのお
特性:ちからずく
タイプ:ほのお/エスパー
隠れ特性
ダルマモード
同期の炎ポケモンブースター差別化に最も苦心する相手。全体的に高い種族値を持ち、特性は何れも使い易く、どういう場面でもそれなりに役割をこなす万人受けポケモン。第5世代ではインファイトワイルドボルトを習得。岩・水タイプへの打点となる技でありサブウェポン不足が善された。 以前はゴウカザルの下位互換扱いを受けていたが第5世代で夢特性のかそくを得て躍進した炎御三家で、ブースターの有サブである格闘技タイプ一致で使える。さらに第6世代ではメガシンカ獲得、第7世代ではファイアロー麻痺の弱体化と追いを受け続けた結果、非哺乳類御三家同士であるリザードンとともにトップメタの座にまで上り詰めている。上昇した素さをバトンタッチ出来る点も見逃せない。 第5世代の炎タイプ物理特化ポケモン140というブースターを上回る攻撃種族値、攻撃を増強する特性、高めの素さ、フレアドライブとそれを生かす高いHP等々、まさにブースターが欲しかった物を全て持ち合わせ、種族値暴力で暴れまわる。
::習得技較::
物理攻撃技 特殊攻撃技 変化技 分類


















































































































タイプ
ブースター
ウインディ
バシャーモ
ヒヒダルマ
総評・長所・運用策 
元々イーブイ系の覚える変化技は独特なものが多く、サポート役の視点から見るとウインディバシャーモ等とは以前から一線を画している。ダブルバトルで活かせる変化技も複数ある為、特性のもらいびも併せたダブルバトルでの運用ができ、ライバル達に出来ない芸当として個性はかねてから持ち合わせている。
確かにこれだけだと高い攻撃種族値が生かせず少し勿体無いような印を与えていたが、第5世代では隠れ特性こんじょうとばかぢからが両立できるようになり、第6世代では遂にライバルたちと同じようにフレアドライブを習得。炎ポケモンにおけるブースターとしての多様性を生むような強化ではなかったが、すでに確立していたサポート役としての面と掛け合わせることによって、序でに攻撃もできるサポート役として活路は見出されてくるはずである。

page topぷわわ

サニーゴ
 低種族値   
サニーゴ
サニーゴ
HP65
攻撃:55
防御:95
特攻:65
特防:95
さ:35
合計:410↑
・「鈍足」と「豊富な変化技」という悲しみのアンチシナジー
タイプの中でも覚える技が個性的で、タマゴ技要員として引っりだこになるほど豊富だが、全ポケモンの中でも相当な鈍足のため、サポート役として立ち回らせた場合ちょうはつ持ちに先手を取られやすく、中々機しないことが多い。
特性「はりきり」もあるので、サポート役と思わせてサニーゴ自ら突撃させたとしても、はりきりの副作用である命中率低下により安定しない。
色んな役を担わせたい多数の魅を持ち合わせるサニーゴにおいて、鈍足という要素により活躍の場が狭められているという点が一番の不遇ポイントである。

・続々増えるライバルの中で守られるサニーゴブランド
サニーゴ初お見えとなった第2世代までは、他の同タイプカブトプスオムスターの2体のみであったが、世代を経るにつれ序盤ポケモンなどと同様の伝統化がなされ、第6世代のガメノデス追加でついには同タイプサニーゴ以外に計5体となった。
ここまで増えると流石に熾戦区になるかと思いきや、攻撃的な他の同タイプポケモンをよそにサニーゴポジションは何者にも侵されず、世代毎に追加される技によってひた向きに個性を育まれ続けている。
タイプ:みず/いわ
特性1:はりきり
特性2:しぜんかいふく
隠れ特性:さいせいりょく
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
な習得技 
攻撃側\受け側 分類 タイプ 命中 PP
アクアブレイク 85 100 10
なみのり
90 100 15
ねっとう 80 100 15
もろはのずつき
150 80 5
ストーンエッジ 100 80 5
いわなだれ 75 90 10
がんせきふうじ 60 95 10
ロックブラスト 25 90 10
パワージェム
80 100 20
げんしのちから 60 100 5
だいばくはつ
250 100 5 ×
たばた --- 100 15
がむしゃら --- 100 5
つららばり 25 100 30
ふぶき
110 70 5
れいとうビーム 90 100 10
こごえるかぜ 55 95 15
じしん 100 100 10 ×
だいちのちから 90 100 10
サイコキネシス
90 100 10 ×
ミラーコート --- 100 20
ふいうち 70 100 5
変化技 じこさいせい、リフレッシュ、てっぺき、アクアリング、めいそう、あられにほんばれひかりのかべ、
あまごい、しんぴのまもり、リフレクター、すなあらしロックカット、しろいきり、いやなおと、あやしいひかり
リアー、ドわすれ、のろい、ねをはる、ほごしょく、ステルスロック、ゆうわく、マジックコート
総評・長所・運用策 
全体的に種族値は低いものの、特性「はりきり」による攻撃種族値の底上げが出来る。命中率が低下するため危険な賭けになるが、第5世代でタマゴ技にて習得した「もろはのずつき」が、はりきり補正込みの威だけで見るとジーランスのそれを僅かに上回る数値を弾き出すことは特筆に値する。
変わって特殊攻撃方面にを移すと、覚えるポケモンが少なく第6世代で威が上がった「パワージェム」を始めとする特殊技もそこそこ覚える。はりきりの範囲外ゆえに採用し辛いが、何れも低威とも言えないため全く選択肢にならないわけではない。
そして何よりサニーゴといえば、この壮観とも言える有用な変化技の幅広い取りえも見逃せない。第7世代であった種族値のテコ入れでHP・防御・特防種族値が10ずつ上昇したことも追いになり、得意なサポート役で満足に動ける環境は整った。攻守に渡りこれだけの長所があるだけに、如何に低種族値であることが重い足枷になっているかが分かる。

page topぷわわ

ラブカス
 見劣り  低種族値   
ラブカス
ラブカス
HP43
攻撃:30
防御:55
特攻:40
特防:65
さ:97
合計:330
進化ポケモンとは思えない低種族値
種族値は素さ以外どれも異常に低く設定され、その素さが活きていた一の取り柄であった特性すいすい最速の座も、第4世代でフローゼルにあっさり奪われている。一応素いため単騎での行動をさせたい所だが、火力いため遅い相手に一回攻撃するだけで散ってしまう事が多い。
ただ、第4世代まではなみのり力技だったところが、第5世代でハイドポンプを習得し、一応ヒヒダルマ程度なら一発で倒せるようになった。それでもまだポケモンとして最低限の武器を貰ったまでで、そのハイドポンプでさえも第6世代で威低下の調整を施されてしまう。

・捉えどころのない個性な習得技
覚える攻撃技のタイプの範囲は、タイプ一致の「ハイドポンプ」を始めとする技、全てのポケモンが覚える一般的な氷技、「おんがえし」や「じたばた」などのノーマル技、飛行技の「とびはねる」のたった4タイプ
ほか低種族値ポケモンを活かす救いであるの変化技のバリエーションは、あのヒンバスにすら劣る始末で、どれも使用機会に貧するなんとも言えないラインナップである。進化前にも見劣りするというのは劣化どうこう以前の問題で、不遇ポケモンの中でもアゲハントと並び特に厳しい立場にいるポケモンであろう。
なお、このポケモンは見劣りに該当しているがすいすいは多くの水タイプに配られているのもあってライバルとなるポケモンがあまりにも多すぎるので現状は項が作られていない。アタッカーとしては単品でも論外甚だしくメガラグラージルンパッパを引き合いに出すのも憚られ、サポートにおいてもネオラントとの習得技被りが痛い。
タイプ:みず
特性:すいすい
隠れ特性うるおいボディ
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
  • ノーマル技「なかまづくり」習得・・・すいすいとの両立により数少ない個性ができた。
  • 技「ハイドポンプ」の威低下・・・第5世代で覚えたてだったハイドポンプが、120から110へと威が落ちる。
  • ロコ剥ぎとして大活躍・・・今作ではボロの釣竿で必ず釣れる為、再び多くのラブカスが犠牲となっている。
::第7世代における環境の変化::
な習得技 
攻撃側\受け側 分類 タイプ 命中 PP
ハイドポン
110 80 5
なみのり 90 100 15
ねっとう 80 100 15
アクアジェット 40 100 20
ふぶき
110 70 5
れいとうビーム 90 100 10
こごえるかぜ 55 95 15
たばた --- 100 15 ×
変化技 あまえる、こうそくいどう、メロメロ、てんしのキッスアクアリング、ゆうわく、しんぴのまもり、あられあまごい、じこあんじ、どろあそび、なかまづくり、いやしのはどう、みずびたし
総評・長所・運用策 
そこそこの素さではあるが、速攻アタッカーとして必要な攻撃や技、機転を全く持ち合わせていない。なので理に動かすのではなく、相手のを下げる「ゆうわく」や「あまえる」、ほか運に頼るが「メロメロ」や「てんしのキッス」、「いばる」を全で駆使し場を荒らして後続に繋げていくのが適任と思われる。
また、第6世代では新たにタマゴ技で「なかまづくり」を習得。ラブカスの中ではしい、覚えるポケモンの少ない技をもらっている。第5世代で覚えた「いやしのはどう」と合わせてダブルでの仕事も一応視野に入ったか。
いずれにしろとりあえず長居はできないため、ラブカスができる最良の選択肢を確実に、どんなポケモンよりも慎重に選んでいく必要がある。ラブカスより速く、「ちょうはつ」を覚えるポケモンや、「みがわり」をってきやすいポケモン最低把握しておくべきだろう。

page topぷわわ

マイナン
 見劣り  低種族値  
マイナン
HP60
攻撃:40
防御:50
特攻:75
特防:85
さ:95

合計:405
微妙な差によって相方と分かれた明暗
毎世代恒例のピカチュウポジションの一体で、対のプラスル共々第3世代で初登場したダブルバトルを想定したポケモンとして世に送られた。通常特性のマイナスを発動させるにはプラスマイナス持ちを隣に置かねばならないが、該当ポケモン全員地面弱点であり、霊獣ランドロストップメタとして君臨するダブルにおいてはかなり致命的な欠陥である。そこで弱点の被らない味方になかまづくりを行いマイナスを活かすという戦術が考えられるが、低耐久が足を引っる上、片方が倒れれば即おじゃんというリスクも抱えておりそれならば戦区のS100を抜けるデデンネでやった方が安定感はある。また第7世代ではカプ・コケコデンヂムシといった場に出た間に火力増強ができる電気タイプが登場したのも懸念材料となる。
夢特性のちくでんを採用する場合も種族値上位互換の霊獣ボルトロスサンダース、優秀なサポート技を持つパチリスといったライバルが立ちはだかるだけでなく、撃たれ弱いマイナンはちくでんによるHP回復が活かされる場面に非常に遭遇し辛い。となれば電気効という共通点を持つひらいしん・でんきエンジン持ちとも競合せねばならず、技の似通ったライチュウとの差別化にも悩まされる事態となる。
なお当記事最初期の頃不遇入りしていた事がある対のプラスルはひらいしんによって上がった特攻をバトンタッチで繋ぐという芸当が一定の成果を上げていることが確認されており、今の所は不遇出戻りの是非を見送られている状態にある。
タイプ:でんき
特性:マイナス
隠れ特性:ちくでん
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
ライバル
カプ・コケコ
HP70
攻撃:115
防御:85
特攻:95
特防:
75
さ:130
合計:570
ライチュウ
(原種)
HP60
攻撃90
防御:
55
特攻:
90
特防:
80
さ:
110

合計:485
<bデデンネ
HP67
攻撃:58
防御:57
特攻:81
特防:
67
さ:101
合計:431
タイプ:でんき/フェアリー
特性:エレキメイカー
タイプ:でんき
特性:せいでんき
隠れ特性:ひらいしん
タイプ:でんき/フェアリー
特性1:ほおぶくろ
特性2:ものひろい
隠れ特性プラス
アローラの護りの一体にして、強な専用特性を引っ提げ登場電気筆頭に上り詰めたトップメタの一。場に出た途端電気技限定とはいえ火力を強化できる即性はいつ落ちるかもわからぬ中1ターンを固定行動に費やしコンボを成立せねばならないマイナンにとっては実に羨ましい限り。加えて両・挑発・とんボルチェンと汎用性も電気タイプトップクラスであり、メガゲンガー共々第5世代では薄れていた130族抜きを強く意識させる存在である。 99年および16年公式大会の優勝者パーティにも名を連ねた古参電気タイプ。敵の電気技を引き寄せるひらいしんと高速ねこだましによるサポートダブルバトルいて特筆に値する。ちくでんの回復効果の恩恵を受けづらいマイナンにとって、火力・素さ共に勝りひらいしん持ちかつ補助技も被りがちなライチュウは正にの上のたん瘤。 6世代の電気ネズミ。オボンリサイクルとの組み合わせで耐性を活かせば種族値以上のりを見せるほおぶくろの採用率が高いが、プラス持ちも一定の割合で使われている。プラマイのなかまづくりをマイナンよりも安定して決めることができ、状況に応じて敵の火力を削ぐという選択肢にも転じられる。コケコという強な同タイプがいながら技と用途の大きな違いから劣化とは違う立ち位置にいるポケモンである。
::習得技較::
技名 タイプ マイナン カプ・コケコ ライチュウ デデンネ




ボルテッカ
ほっぺすりすり
ワイルドボルト
いかりのまえば
ねこだまし
ブレイブバー
はたきおとす
とんぼがえり




10まんボルト
ボルトチェンジ
ほうでん
かみなり
マジカルシャイン
くさむすび
きあいだま


でんじは
かいでんぱ
なかまづくり
アンコール
バトンタッチ
てだすけ
リサイクル
あまえる
ちょうはつ
わるだくみ
すりかえ
うそなき
リフレクター
ひかりのかべ
めいそう
こうそくいどう
総評・長所・運用策 
電気タイプは第4世代の伝説戦など一部の例外を除き安定した地位にいるタイプだが、準伝説だけでも5体いる上に特殊アタッカー偏重であり、サポート寄りのポケモンが毎世代の如く追加されている。それ故に用途が被り易い戦区となっており、最終形態の電気タイプとしては種族値合計が最下位タイマイナンには上に挙げた以外にもライバルが大量に存在する。
なかまづくりを採用しない場合基本的に特性はちくでんになるが、この場合電気効特性持ちかつ種族値が全体的に勝るライチュウサンダース、霊獣ボルトロス等が覚えない技の両立をしないと劣化は免れないので、こいつらにはできないバトンタッチ+アンコールorわるだくみの両立の優先度は高くなる。
ちなみにすりかえを覚える電気タイプとしては他にライボルトが存在するが、メガシンカでの登用率が圧倒的に高くメガシンカの裏をかく形で稀に組み込まれるかどうかという程度なので、「メガライボルトとの差別化」という観点で言えば寧ろ組み込んだ方が劣化を避け易い。しかし同じ効果のトリックアローラライチュウがUSMで教え技として習得する可性があるので笑っていられるのも今の内かもしれない。

page topぷわわ

トロピウス
 見劣り  弱点多数  
トロピウス
トロピウス
HP99
攻撃:68
防御:83
特攻:72
特防:87
さ:51

合計:460
・「耐久向けポケモン」であることのアンチシナジー
HP種族値が高く種族値の配分もどこか耐久向けなのだが、ポケモンの宿命で弱点が多く、飛行タイプが付いても炎・飛行・氷・岩・と5つの弱点数は単のポケモンと同数である。その中でも氷技は4倍弱点になってしまっており、ドラゴンランドロス用にばせている氷のめざめるパワーなどでついでに狩られてしまうことが多い。
これに加えて飛行ポケモン中ワーストクラスの鈍足というのがこの「耐久向けポケモン」のアンチシナジーとしてトロピウスの活躍する場を狭めていて、耐久ポケモンらしく「はねやすめ」等の回復技も持ち合わせているが、鈍足なため先制で使えないのが相当痛い。

・選ばざるを得なかったアタッカー
上記の理由によりては耐久は険しいと思われ、アタッカーとしての役割も視野に入れることになった。攻撃・特攻種族値は低いものの、実は攻撃技自体はそれなりにっていて、特性「ようりょくそ」「サンパワー」を生かした日本晴れパーティに組み込んで使われていた。
特性ようりょくその場合では、自身の劇的な強化を見込める「せいちょう」とのコンボで、特性サンパワーの場合では、鈍足を逆手に取った晴れ下のトリックルームパーティで、それぞれ両の高速アタッカーとしてそれなりに名を馳せていた。
しかし第6世代で変化の特性のターンが有限となり、日本晴れパーティー自体が大きく弱体化。アタッカーとしての運用を考える上での土台が崩れ、夢特性しゅうかくを活かした使いを模索する必要に迫られることとなった。
タイプ:くさ/ひこう
特性1:ようりょくそ
特性2:サンパワー
隠れ特性しゅうかく
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
ライバル
ワタッコ
ワタッコ
HP75
攻撃:55
防御:70
特攻:55
特防:
95
さ:110
合計:460
キマワリ
キマワリ
HP75
攻撃75
防御
55
特攻:
105
特防:
85
さ:
30
合計:425
ナッシー
(アローラ)

HP95
攻撃105
防御:
85
特攻:
125
特防:
75
さ:
45
合計:530
タイプ:くさ/ひこう
特性1:ようりょくそ
特性2:リーフガード
隠れ特性:すりぬけ
タイプ:くさ
特性1:ようりょくそ
特性2:サンパワー
隠れ特性はやお
タイプ:くさ/ドラゴン
特性:おみとおし
隠れ特性しゅうかく
トロピウスの前に登場していた同複合タイプポケモン。低い攻撃・特攻種族値を補うようにう優秀な補助技と、ひこうタイプ譲りの素さをに、サポートに全を注ぐ。第5世代でエルフーンという強ライバルが出現するも、技群の枝葉で差別化が出来、自身のアイデンティティを守りきった。 特性サンパワーを遺憾なく発揮させることが出来るくさポケモン。かなりの鈍足ではあるが、トリックルーム下では、爆発的な火力を生み出すポケモンと化す。そのイメージから、「キマワリ晴れパーティ」の印を植えつけており、割りと優秀な変化技も意外な所で活かされる。 メガシンカ以外では一のドラゴンタイプしゅうかく持ち、氷4倍弱点といった点が共通しているが、トロピウスと違い攻撃面の種族値が高めに割り振られている。草タイプでありながら火炎放射を覚える希少なポケモン
::習得技較::
物理攻撃技 特殊攻撃技 変化技 分類





















































































































タイプ
トロピウス
ワタッコ
キマワリ
Aナッシー
総評・長所・運用策 
第3世代出身のポケモンの傾向である均的な種族値の配分は短所に取られることが多いが、トロピウスの場合、攻守バランスよく覚える豊富な習得群という背景から多的な運用を視野に入れることができ、出てきた段階で何をしてくるか分からないといった読み辛さがある。
アタッカーにする場合は、攻撃・特攻の種族値が低いため、運用には特性「ひでり」や「にほんばれ」などの先発支援が欲しいところである。ただ先発支援がない単騎の場合も、鈍足ということであまりフィーチャーされない積み技が「せいちょう」や「りゅうのまい」など多数あり、積む隙さえ作ることができれば大暴れしてくれる可性は大いにある。
一度諦めかけた耐久も、ライバルたちにはい個性である「はねやすめ」や、第5世代で得た隠れ特性しゅうかく」、第6世代で登場した新きのみ「アッキのみ」「タラプのみ」、第7世代で仕様が変更になった「イアのみ」などを上手く活用すれば、一発で沈まなければ何度でも復活するゾンビのようなトロピウスを形成することができる。添えておきたいサポート技は、攻撃技にもなる「やどりぎのタネ」、起点回避用の「ふきとばし」等々、鈍足という面を解消さえすればどんな場面でも活躍してくれそうなポテンシャルを秘めている。何れにせよ、習得技の面では充分に個性があり、同じしゅうかく持ちのナッシーオーロットとの差別化に役立ってくれるである。

page topぷわわ

マスキッパ
 見劣り  弱点多数  鈍足低耐久  
マスキッパ
マスキッパ
HP74
攻撃:100
防御:72
特攻:90
特防:72
さ:46
合計:454
・「実用性」と「差別化」の
種族値自体は見る限りそこまで酷いわけではないが、同じ単草タイプに、似たような種族値配分の率を持ち、覚える技も似ているポケモンがいることがマスキッパにとって大きな課題となっている。ご存知モジャンボである。
そのモジャンボとは種族値は特防以外全て劣っている。一勝っているその特防種族値も、HP種族値の関係でそう高いとも言えない。またマスキッパが覚えてモジャンボが覚えない技が少ない上、その中でもマスキッパにとって有用な技がどない。つまり実用性重視の技構成だとモジャンボでやった方がいいということになってしまい、かと言って差別化を図ろうとすると実用性が犠牲になってしまうのである。

・特性「ふゆう」から見るマスキッパの在り方
マスキッパの存在そのものの包括的なポジションにいるモジャンボであるが、一全く違うところがある。特性である。マスキッパの特性「ふゆう」というと、地面技を効にする特性。地面技は元々半減できるので、折の特性なのに勿体無いような気もする。しかし地面技は割と読み易く、鈍足で耐久も低いマスキッパにとって半減ではなく償で出てこられるチャンスがあるという観点から、第6世代まではマスキッパを使う上での利点と辛うじて言えなくもなかったが、第七世代ではフィールド始動特性を持つカプシリーズの流行により、フィールド効果の恩恵を受けられないという点で寧ろデメリットと化すケースが増えてしまっている。
タイプ:くさ
特性:ふゆう
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
ライバル 習得技較 
モジャンボ
モジャンボ
HP100
攻撃100
防御:
125
特攻:
110
特防:
50
さ:
50
合計:535
技名 タイプ マスキッパ モジャンボ




パワーウィップ
タネばくだん
どくづき ×
じしん ×
むしくい ×
いわなだれ ×
かみくだく ×
はたきおとす




ソーラービーム
エナジーボール
ギガレイン
きあいだま ×
ヘドロばくだん
まとわりつく
げんしのちから ×


やどりぎのタネ
しびれごな
ねむりごな
なやみのタネ ×
こうごうせい
せいちょう
つるぎのまい
たくわえる ×
いたみわ ×
いえき ×
ドわすれ ×
リフレクター ×
いかりのこな
タイプ:くさ
特性1:ようりょくそ
特性2:リーフガード
隠れ特性:さいせいりょく
さと特防を犠牲にして得た、HPと防御の両種族値の高さが特徴で、弱点の物理攻撃がきても割りと耐えてしまう。覚える攻撃技も岩技・格闘技をはじめ幅広く覚え、特定ポケモンに強い。
総評・長所・運用策 
モジャンボとの差別化が重要な課題となるが、第7世代でも相変わらず一定のところまで来るとそれ以降実用性の薄い構成にしかならない。ちなみにモジャンボが覚えないマスキッパの攻撃技は「グラスミキサー」「むしくい」「かみくだく」のみである。しかしかみくだくはモジャンボもはたきおとすで一応の代替えが効き、むしくいはタイプ的な通りの悪さが足を引っる為、安定した優位性を得ることはできない。
また昨今の優秀な特性を消せる「いえき」を活かしたリリーバーの役モジャンボのなやみのタネで同じような芸当ができてしまうのが悩みの種。
ほか一応「鈍足低耐久」には分類してはいるものの、極端に低いわけではないので、モジャンボの覚えない「たくわえる」を活かした耐久を「やどりぎのタネ」などの嫌らしい草タイプの技と組み合わせて使うという選択肢もあるように見えるが、ドわすれを積んだモジャンボ以上の耐久を得るためには2回以上蓄えねばならず、鈍足と弱点の多さから実現は難しい。
以上の事からシングルでは差別化不に等しい段階に踏み込んでいるのが現状で、ダブル専用技のいかりのこなもモジャンボに加えご存知CHALKの一であるモロバレルというがある。上手くライジングランドオーバーを読んで使うことができればふゆうが生きるかもしれないが、元々の物理耐久差が大きい為これ一発分のダメージを受けた後のモジャンボ較しても耐えられる回数にそうそう差はつかないのが厳しい。

page topぷわわ

リーフィア
 見劣り  弱点多数  
リーフィア
リーフィア
HP65
攻撃:110
防御:130
特攻:60
特防:65
さ:95

合計:525
・貧相なサブウエポンサポート
種族値的にはアタッカー向きだが技のレパートリー上、炎や鋼ポケモンで容易に止まってしまう。バトンタッチあくびは有用だが、バトン役にしても弱点が多く、ステータスも中途半端なリーフィアでやる必要性が薄い。
弱くはないが、それでも敢えてリーフィアを使うという理由を以外に見出しにくく、微妙な位置で迷走している。
種族値自体は全ポケモン内でも高い方で、かつ配分もそれなりに優秀なのでサブウエポンさえ充実すれば十分活躍のはあるのだが、BWいても強化点が隠れ特性の追加だけに終わってしまった。化けそうで化けない悔しいポジションで辛め続けている。
タイプ:くさ
特性:リーフガード
隠れ特性:ようりょくそ
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
  • はたきおとすの仕様変更・・・威が強化され、鋼にも等倍で通る重な技となった。
::第7世代における環境の変化::
  • Z技によるサブウェポン・・・あなをほるを一発限りの大技として放てるようになり、炎や鋼への奇襲手段を得た。
  • 補助技「おいわい」獲得・・・Z技として使うことで全上昇効果を得ることができる。しかしポケモンセンター配信個体限定の為遺伝技との両立ができず、使った時点でばれるというリスクがある。
ライバル
カミツルギ
カミツルギ
HP59
攻撃:181
防御:131
特攻:59
特防:
31
さ:109
合計:570
モジャンボ
モジャンボ
HP100
攻撃100
防御:
125
特攻:
110
特防:
50
さ:
50
合計:535
メブキジカ
メブキジカ
HP80
攻撃:100
防御:70
特攻:60
特防:70
さ:95
合計:475
タイプ:くさ/はがね
特性:ビーストブースト
タイプ:くさ
特性1:ようりょくそ
特性2:リーフガード
隠れ特性:さいせいりょく
タイプノーマル/くさ
特性1:ようりょくそ
特性2:そうしょく
 隠れ特性:てんのめぐみ
圧倒的な攻撃が持ち味のウルトラビーストZワザ火力により弱点の特殊耐久を突かれる前に強引に捻じ伏せる事も可戦区のS100族より速く、ミミッキュリザードンなどリーフィアには抜けないがカミツルギなら抜けるメジャー所も少なくない。 さと特防を犠牲にして得た、HPと防御の両種族値の高さが特徴で、弱点の物理攻撃がきても割りと耐えてしまう。覚える攻撃技も岩技・格闘技をはじめ幅広く覚え、特定ポケモンに強い。 第5世代で発見されたノーマルポケモン。突出した種族値がなくどれも均的だが、ポケモンにはしくワイルドボルトメガホーン・とびげりなどのサブウエポンが充実、変化技も多岐に渡る。
::習得技較::
物理攻撃技 変化技 分類









































































































タイプ
リーフィア
カミツルギ
モジャンボ
メブキジカ
総評・長所・運用策 
一致リーフブレードこそ強ではあるが、草タイプ自体が半減されやすい上に、サブウエポンが貧弱なため鋼タイプ等に止められやすい。受けに回られやすい事を考えるとサポート役が適任かもしれないが、ここはアタッカーという立場のまま出てきた相手に何かしらのあとを残す立ち回りを演じさせたい。

page topぷわわ

マラカッチ
 見劣り  弱点多数  鈍足低耐久  
マラカッチ
マラカッチ
HP75
攻撃:86
防御:67
特攻:106
特防:67
さ:60

合計:461
・塞がれてしまった
種族値配分を見ると均的で、中でも特攻種族値が高いという特徴が見て取れる。
一見中堅レベルはあるものと思われそうだが、その中身は力技の少なさにより、伸ばす先にいる各方面のライバル達とのポジション争いを勝ち取れなかった補欠ポケモンという現実だった。

りきったライバル
特攻種族値はそれなりに高いが、実用的な技がタイプ一致の技ぐらいで、サブウエポン補の筆頭が既に「めざめるパワー」という貧窮ぶりである。たとえそこを伸ばそうとしても、「ちょうのまい」を持つドレディアが高いとして聳え立っている。
低くはない攻撃種族値を見て物理特化にしようにもノクタスウツボットが、「コットンガード」を覚えるからとサポート役にしようにもエルフーンが、という具合に各方面にりきったライバルたちが既にそのポジションに座っている状況なのである。
タイプ:くさ
特性1:ちょすい
特性2:ようりょくそ
隠れ特性:よびみず
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
coming soon...
ライバル
ノクタス
ノクタス
HP70
攻撃:115
防御:60
特攻:115
特防:
60
さ:55
合計:475
エルフーン
エルフーン
HP60
攻撃67
防御
85
特攻:
77
特防:
75
さ:
116
合計:480
ドレディア
ドレディア
HP70
攻撃60
防御:
75
特攻:
110
特防:
75
さ:
90
合計:480
タイプ:くさ/あく
特性:すながくれ
隠れ特性:ちょすい
タイプ:くさ/フェアリー
特性1:いたずらごころ
特性2:すりぬけ
隠れ特性:ようりょくそ
タイプ:くさ
特性1:ようりょくそ
特性2:マイペース
隠れ特性リーフガード
極端な種族値配分の鈍足低耐久ポケモン。万人受けしない扱い辛さと、悪ポケモンらしいギャンブル性の高い立ち回りがウリであり、と同時に弱みである。覚える技も、技や悪技のほかに格闘技を、それぞれ物理技・特殊技選ばずよく覚えるが、苦手な相手も多くに欠ける。ORASにてマラカッチと共に「ニードルガード」を習得。第7世代になって鈍足なノクタス重な先制技だった「ふいうち」の威70になってしまうがいたずらごころ効化できるようになった。 特性「いたずらごころ」と、「コットンガード」などの優秀な変化技という2つの要素が爆発的なシナジー効果を生み出し、ワタッコなどのサポートポケモンの牙を崩したポケモンパーティにいるだけで試合前から対策を施す必要があり、意識づけによる有利な読み合いを発生させる。ただその特性が強すぎたのか、第7世代になって悪ポケモンに対する「いたずらごころ」が効となる仕様を受ける。 ポケモンにしてはしく、虫タイプの壊れ変化技「ちょうのまい」を覚え、プラスが強化された「はなびらのまい」を反動なしで撃てるキャラデザインしの暴走コンボが有名。さらに第7世代では第2特性として「ひでり」を獲得して大幅強化されたコータスと組むことで需要を大幅に伸ばしており、覚える攻撃技の範囲がマラカッチと同様狭いにも関わらず、自らの地位を確立するまでに至っている。
::習得技較::
物理攻撃技 特殊攻撃技 変化技 分類


















































































































タイプ
マラカッチ
ノクタス
エルフーン
ドレディア
総評・長所・運用策 
こうして見ると、ふいうちと他の変化技との両立ができる所に特徴があると言える。特に「ふいうち」と「コットンガード」の両立はほかにない良い点と見るべきだろう。またマラカッチの持つ特性は、「ちょすい」と「ようりょくそ」、さらに隠れ特性で「よびみず」と有用な特性ばかりであり、マイナーさも相まって出てきたところでどの特性なのか分からないという読み辛さがある。第6世代で特性が弱体化したものの、今でも顕在のパーティに組み込むことも充分視野に入る。

page topぷわわ

ラランテス
 見劣り  弱点多数  
ラランテス

HP70
攻撃:105
防御:90
特攻:80
特防:90
さ:45

合計:480
・アタッカーとしての利点の薄さ
種族値は鈍足物理ATといった感じだが配分が中途半端であり、肝心の攻撃が第7世代初出のとしては2番に低く、サブウェポンの威も全体的にあまり高くない。メイン火力及びサブウェポンの質にいてより使い易い物理ATが多数存在する為にデビューからいきなり辛める立場に甘んじており、同期だけでもカプ・ブルルダダリンアマージョカミツルギ等、より優秀な物理ATがかなり多く存在する。
専用技のソーラーブレードはソーラービーム同様晴れの場合を除き1ターンの溜めが必要な技であり、晴れに加えて鈍足を補うトリックルームという二重のお立てが必要になるが、物理技は特殊と違い1ターンで放てる威120技が2つもある上、ただでさえ半減が多く一貫性に欠ける技でそれ程の手間をかけていては割に合わず、トリパ理に組み込むほどのメリットど実感出来ないのである。ちなみにこれだけやってもソラブレの火力は性格補正込みで陽気カミツルギリーフブレード2%弱しか違わないという嬉しくないお釣りまでついてくる始末。
夢特性のあまのじゃくを活かそうにも、ボーマンダウインディ等威嚇持ちの多くと相性が悪く、リーフストームとのコンボも素さと補助技で差をつけているジャローダという大きながあるのが現状。一応特攻種族値は上回っているがその差は僅か5なので優位性とは言い難い。
現状物理特殊を問わずライバルがちらつき、カロスアローラ勢の中で一不遇入りしてしまった。シナリオにおいてぬしポケモンとして多くのプレイヤーを苦戦させた実績とのギャップが非常にしいといえる。
タイプ:くさ
特性:リーフガード
隠れ特性:あまのじゃく
::第7世代後期における環境の変化::
coming soon...
ライバル
ジャローダ
ジャローダ
HP75
攻撃:75
防御:95
特攻:75
特防:
95
さ:113
合計:528
モジャンボ
モジャンボ
HP100
攻撃100
防御
125
特攻:
110
特防:
50
さ:
50
合計:535
ダダリン
ダダリン
HP70
攻撃131
防御:
100
特攻:
86
特防:
90
さ:
40
合計:517
タイプ:くさ
特性:しんりょく
隠れ特性:あまのじゃく
タイプ:くさ
特性1:ようりょくそ
特性2:リーフガード
隠れ特性:さいせいりょく
タイプゴースト/くさ
特性:はがねつかい
ラランテスと同じく天邪鬼+リーフストームの使い手。素さと補助技のラインナップで圧倒的な差をつけており、サポート軸という性質上ラランテスと違いサブウェポンの不足があまり苦にならない。 さと特防を犠牲にして得た、HPと防御の両種族値の高さが特徴で、弱点の物理攻撃がきても割りと耐えてしまう。覚える攻撃技も地面・岩技・格闘技をはじめ幅広く覚え、特定ポケモンに強い。 ラランテス同期の鈍足アタッカーにしては補助技に乏しいが特性により実質3つのタイプを一致で扱える。技との補に優れる地面・岩技の存在やトリックルーム下ではこちらの方がく動ける点などがラランテスにとってとなる。
::習得技較::
物理攻撃技 特殊攻撃技 変化技 分類



























































































































タイプ
ラランテス
ジャローダ
モジャンボ
ダダリン
総評・長所・運用策 
攻撃技で差別化になりうるのは他の習得者が軒並み特攻寄りのはなふぶきジャローダにはないウェザーボールあたり。前者をダブルでの差別点として活かす場合、半減され易いうえに味方を巻き込むリスクがあり追加効果も一切なく、技が敵全体に通る状況を見極めるのが難しいのが問題となる。後者セットでなければ意味がない技なのでソーラーブレードの時と同様+トリルサポートがないと厳しい。せめて物理と特殊のどちらかを相手にわからせ辛くするような構成をして相手にかかる負担を少しでも大きくしたいところ。ただこの手のポケモンではよくあることだが、思い切って下位互換上等で使った方が結果的に戦果を挙げる可性も高く、実戦で使うにはある程度のめられる。

page topぷわわ

デリバード
 見劣り  低種族値  
デリバード
デリバード
HP45
攻撃:55
防御:45
特攻:65
特防:45
さ:75

合計:330
ゲームを作る上でのお約束とも呼べるポケモン
後述のカモネギと同列でられる事が多いポケモン。非戦闘用ポケモンではないのかと思われるぐらいの悲惨なまでの低種族値を持つことで知られ、これを上回る種族値を持つ進化ポケモンは多数存在する。
正直マンムーマニューラを引き合いに出すのも申し訳ない低数値である。

・進みそうで進まない強化
第4世代までは、こういうポケモンならではの救済措置として、それなりに優秀な特性を与えられるという対応があり、デリバードの場合第4世代ではそれなりに優秀な特性「やるき」をもらうことができていた。
これに続く何かを期待されていた第5世代であったが、進化どころか差別化になるような技は一切貰えなかった上に、追加されたかくれ特性は元から持っていたやるきと同じ効果である「ふみん」であった。
将来進化して、猛威を振るう日が来るかもしれない。そんな日を夢見る毎日
タイプ:こおり/ひこう
特性1:やるき
特性2:はりきり
隠れ特性:ふみん
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
  • 飛行技「ドリルくちばし」習得・・・飛行技の威更新つばめがえしとは威と命中のどちらを取るかで選択となる。
  • Z技の登場・・・ゴッドバード一発限りの大技として放てるようになった。必中なのではりきりの命中低下を視できるのが大きい。問題は低耐久ゆえ先手を取れねば撃つ前に沈みかねない点か。
  • みちづれの弱体化・・・連続使用が不可能になった。
ライバル
マンムー
マンムー
HP110
攻撃:130
防御:80
特攻:70
特防:
60
さ:80
合計:530
マニューラ
マニューラ
HP70
攻撃120
防御
65
特攻:
45
特防:
85
さ:
125
合計:510
ツンベアー
ツンベアー
HP95
攻撃130
防御:
80
特攻:
70
特防:
80
さ:
50
合計:505↑
タイプ:こおり/じめん
特性1:どんかん
特性2:ゆきがくれ
隠れ特性:あついしぼう
タイプ:あく/こおり
特性:プレッシャー
隠れ特性:わるいてぐせ
タイプ:こおり
特性1:ゆきがくれ
特性2:ゆきかき
隠れ特性:すいすい
地面・氷という幅広く一致弱点を突ける複合タイプにより多くの環境に刺さる。威40しかない「こおりのつぶて」も、タイプ一致とこの攻撃種族値からだと馬鹿にならない数値を弾く。また、特性に依存せずに、時・砂嵐時のダメージを受けない数少ないポケモンでもある。あと見かけ以上に速く、デリバードを上回っている。 種族値125を誇る氷ポケモンの特攻隊長。攻撃技のレパートリーは豊富ではないものの、タイプ一致の氷技で第4世代初登場時から現在に至るまでドラゴンキラーの一を担う。物理耐久は低いがカウンターも覚え、4倍弱点の格闘技等の牽制にも役立っている。 あくびアンコールといった氷ポケモン物理アタッカーにしてはしい変化技を覚えるが、自身の鈍足を前にんでしまっていた。ただBW2にて追加されたかくれ特性「すいすい」やSMで追加された「ゆきかき」により、ほかの氷ポケモンとの別ベクトルの有用性が見出されてきている。
::習得技較::
攻撃技 変化技 分類
























































































































タイプ
デリバード
マンムー
マニューラ
ツンベアー
総評・長所・運用策 
ポケモンというお柄、ドラゴンポケモンを相手として意識させられる重役を任される立場にある。低種族値でありながらも、用途の違った各種氷タイプの攻撃技を覚えるため、その任務を全う出来る武器は最低限取りえている。確かに世代ごとに数値の上昇や特異な特性の獲得などの玉になるようなはっきりとした強化点はなかったものの、「みちづれ」や「まきびし」「オーロラベール」といったしい変化技をもらうことができ、ライバルたちとは全然違うデリバードとしての個性は以前にも増してよりるものがある。
種族値でありそんなに速くもないため毎ターンが命懸けであるが、お染みの「きあいのタスキ」と、「カウンター」や「みちづれ」「こおりのつぶて」などを覚える事により、楽に対処できるだろうという気持ちとは裏に相手に拙速な対処をわせる事が出来ている。このようにデリバードとの対峙には常に妙な読み合いが発生するような環境が着々と整ってきており、大きなワンチャンスを与えている。

page topぷわわ

オニドリル
  見劣り  低種族値 
オニドリル

1.2m / 38.0kg
HP65
攻撃:90
防御:65
特攻:61
特防:61
さ:100

合計:442
・没個性ポケモンの代表格
初代からいるポケモンで、以前から不遇なポケモンとして知られる。というのも、毎作パッとした特徴を持たせてもらえず、続々と追加される大量の同タイプポケモンの中に埋もれてしまった為である。
ライバルとなる物理アタッカーの飛行ポケモンは、第3世代のオオスバメが特性「こんじょう」+「かえんだま」のコンボ、第4世代のムクホークは特性「いかく」と飛行ポケモンにとって相性補に優れる格闘技インファイト」というそれぞれ抜きん出た特徴を持っており、オニドリルのことは特に牙にも掛けていない。

・渇望していた個性得るも及ばず
第5世代ではかくれ特性スナイパー」と地面技の「ドリルライナー」習得という大幅強化を受ける。特にこのドリルライナーは、飛行ポケモンの相性補になる地面技であり、なおかつ自身が待ち望んだ同タイプオニドリルしか覚えないという代物である。
しかしその喜びも束の間、2発撃つ機会があるかどうかという低い耐久と、急所を引かなければ決定さ過ぎるという自身のスペック不足が足を引っり、再び議論の対として上に乗せられてしまう。
結果不遇を覆すほどのものではないと結論付けられ、一旦はこの記事を卒業したものの舞い戻ってきてしまっている。
タイプノーマル/ひこう
特性:するどいめ
隠れ特性スナイパー
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
  • 急所の仕様変更・・・スナイパー急所の威が2.25倍にダウンし、かわりに急所率がアップした。
  • 特性「するどいめ」仕様変更・・・するどいめの範囲が自分の命中率低下の視から相手の回避率上昇の視まで拡大。
::第7世代における環境の変化::
カモネギ
 見劣り  鈍足低耐久  低種族値  
カモネギ
HP52
攻撃:90
防御:55
特攻:58
特防:62
さ:60

合計:377↑
・決定なし・鈍足・耐久三重
カモネギの専用アイテムである「ながねぎ」は、急所ランクを上昇させられるものの、元々の種族値の低さから急所でも相手に致命傷を与えにくい。また「急所を狙いに行く」という面から見ても、特性「きょううん」+「ピントレンズ」のコンボによりカモネギかに上回る攻撃で同じ急所率を叩き出すドンカラスの存在も視できない。
そもそも鈍足低耐久カモネギを殴りに来ない相手が稀なため、まず急所々の前に動けるかどうかという大きな問題があるという、決定なし・鈍足・耐久三重苦に悩まされていた。

・第5世代からの大きな強化続々
こんなカモネギも第5世代ではついに汎用性のある飛行タイプの高火力技「ブレイブバード」を習得。さらに隠れ特性「まけんき」が追加され、きあいのタスキで一回耐えていかく持ちのポケモンボーマンダなど)を落とせるようになるくらいの火力を得た。
また第7世代では種族値のテコ入れにより、攻撃種族値65から90に大幅上昇。第5世代での強化と合わせ、決定不足だった環境は概ね解消できている。ピンポイントな強化で相変わらず出しどころに苦労するがそれなりの脅威であり、カモネギもここにきて出世したといえる。
タイプノーマル/ひこう
特性1:するどいめ
特性2:せいしんりょく
隠れ特性:まけんき
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
  • 第1特性「するどいめ」仕様変更・・・まけんきのイメージが強いが、一応するどいめの範囲が相手の回避上昇視まで拡大。
  • 急所の仕様変更・・・急所率がアップした。ランク+3で急所率100%に。ながねぎと組み合わせれば高確率で急所を狙える。しかし鈍足低耐久ゆえ襷を捨てれば行動回数を放棄することになりかねないのが厳しい。
  • 急所時のダメージ低下・・・一方で急所時のダメージが2倍から1.5倍へ低下。ワンチャンスでの突破は落ちたか。
  • ストーリーでは割と活躍・・・かなり序盤に交換で手に入る。使ってくれと言わんばかりの仕様であり、ギラギラしたで見てくる。
::第7世代における環境の変化::
  • 攻撃種族値25増加・・・第6世代に続き第7世代でも行われた種族値のテコ入れで、攻撃種族値65から90へ大幅上昇。
  • むし技「であいがしら」習得(USM)・・・まさかの習得。先制技火力に磨きがかかった。
ライバル
オオスバメ
オオスバメ
HP60
攻撃85
防御:
60
特攻:
75
特防:
50
さ:
125
合計:455↑
ムクホーク
HP85
攻撃:120
防御:70
特攻:50
特防:60
さ:100
合計:485
ドンカラス
ドンカラス
HP100
攻撃:125
防御:52
特攻:105
特防:
52
さ:71
合計:505
タイプノーマル/ひこう
特性:こんじょう
隠れ特性:きもったま
タイプノーマル/ひこう
特性:いかく
隠れ特性:すてみ
タイプ:あく/ひこう
特性1:ふみん
特性2:きょううん
隠れ特性:じしんかじょう
さ以外の種族値は全体的にオニドリルに劣るが、異常状態を動的に引き起こせる持ち物が登場したため躍進した、特性「こんじょう」持ちのうちの一体。物理アタッカーとしては火傷や麻痺といった致命的な状態異常を受け付けない副次効果も美味しい。第7世代では種族値のテコ入れによって特攻種族値25も上昇。安定性重視で特殊アタッカーとしての選択肢も視野に入っている。 メインの高威飛行技「ブレイブバード」とその範囲を補する格闘技インファイト」で広い範囲に打点を持つ第4世代の序盤ポケモン。特性も種族値以上の物理耐久も持てる「いかく」と、爆発的な攻撃叩き出す「すてみ」と優秀なものがっている。第6世代では短所だった特防種族値が上昇し、耐久面でのスキが善されている。 カモネギの活路である急所狙いを、より上手く使いこなすことができるポケモンムクホークより高い攻撃から放たれる「ブレイブバード」は強の一言。鈍足であるがタイプ一致の「ふいうち」があるため、そこまで気になることはない。特性はどれも優秀で「きょううん」の場合ピントレンズを持たせたり、「じしんかじょう」の場合こだわりハチマキを巻かせたりで、それぞれ抜き性を高めることができる。
::習得技較::
物理攻撃技 特殊攻撃技 変化技 分類






































































































---























タイプ
オニドリル
カモネギ
オオスバメ
ムクホーク
ドンカラス
総評・長所・運用策 
::オニドリル::
なんといっても第5世代での「ドリルライナーを覚えた」「隠れ特性スナイパーが追加された」事が大変重要。第4世代までは素さが相手より勝っていたり、タイプ相性が良くても、火力不足と補技のないせいで相手の居座りを許していたが、第5世代から多少なりオニドリルを受けられるポケモンを出さないといけないという場面を増やし、相手への思考を強要させることに成功している。すでに前から覚えていた「オウムがえし」はもとより、「おいうち」や「みがわり」もオニドリルにとってはどちらかというと様子見として受動的に働くものなので、相手への思考を強要させることによってオニドリルの居座りターン数を稼げており、それらの技も存分に活かすことができる。第6世代での急所の仕様変更によって特性スナイパー火力こそ落ちてしまったものの、確定急所を狙うことも較的容易となり、オニドリルの長所を発揮できる機会は増えている。
::カモネギ::
第5世代での「ブレイブバード」習得により、それまで力技として使っていた「つばめがえし」から火力が大幅に上昇し、また隠れ特性「まけんき」の存在により以前まで苦手としていた特性「いかく」持ちなどを相手に強気に出ていけるようになっている。そして何より注すべき強化点は第7世代で行われた種族値の梃入れによりカモネギは攻撃種族値25も上昇したということである。今まで65という元の攻撃種族値が低すぎたため、急所ダメージ依存せざるを得なかった不安定な火力は、65から90に底上げされたことによって安定的なダメージソースを手に入れることができた。またこの攻撃種族値の上昇は、実は他のポケモンにはない割と幅広いカモネギの「どくづき」や「リーフブレード」などのサブウエポンが、威が控えめなため選択肢から漏れていたのものの採用機会を増やしており、今まで続々追加された強化を見返すと以前よりべ物にならない位の相手と向き合うことができるようになっている。しかし依然として鈍足低耐久という欠点はそのままであり、お世辞にも動きやすいとは言えない点は留意せねばならない。

page topぷわわ

ヨルノズク
  見劣り 
ヨルノズク
ヨルノズク
HP100
攻撃:50
防御:50
特攻:86↑
特防:96
さ:70

合計:452↑
・徐々に浸食される縄
今ではおなじみの序盤ポケモンだが、第2世代で出てきたこのヨルノズク耐久寄りの種族値配分であり、覚える技もどこかエスパータイプを思わせる習得群で、今では大きな団子状態となっているノーマルと飛行の複合ポケモンたちとは一線を引いている存在である。
”恵まれた環境”とは言えないにしろ、競合するライバルがいなかったおかげで細々と自分の縄りを守れていたが、時が経つにつれトゲキッスバルジーナと言った似たような使用感を持つ新人ポケモンたちとの縄り争いに渋々身を投じることとなった。

・個性がぼやける不足感
特性が役立たずな訳ではない。種族値も配分としては悪いわけでもなく、タイプも特別悪くないし、技がないわけでもない。
しかし逆にこれといって突出することころがなく、前々から何となくかすめていた「不足感」と、実際運用するには数値が足りなさ過ぎるという「使用感」が、ライバルの増えてきた今になって如実に顕在化しており、固有の有用性を持てないまま埋もれてきてしまっている。
タイプノーマル/ひこう
特性1:ふみん
特性2:するどいめ
隠れ特性:いろめがね
::第6世代における環境の変化::
  • 第2特性「するどいめ」仕様変更・・・するどいめの範囲が自分の命中率低下の視から相手の回避率上昇の視まで拡大。
  • 眠りの仕様変更・・・交代によるターン数のリセットがされなくなり、ふきとばしとのコンボが成立しなくなった。
::第7世代における環境の変化::
ライバル
トゲキッス
トゲキッス 
HP85
攻撃:50
防御:95
特攻:120
特防:
115
さ:80
合計:545
シンボラー
シンボラー
HP72
攻撃58
防御:
80
特攻:
103
特防:
80
さ:
97
合計:490
バルジーナ
バルジーナ
HP110
攻撃:65
防御:105
特攻:55
特防:95
さ:80
合計:510
タイプフェアリー/ひこう
特性1:はりきり
特性2:てんのめぐみ
隠れ特性:きょううん
タイプエスパー/ひこう
特性1:ミラクルスキン
特性2:マジックガード
隠れ特性:いろめがね
タイプ:あく/ひこう
特性1:はとむね
特性2:ぼうじん
隠れ特性:くだけるよろい
第4世代からの各世代において違った個性を見出し続ける万人受けポケモン。第6世代からはノーマルタイプが取れて流行りのフェアリータイプとなり、一の複合タイプ系としてドラゴンキラーポジションも獲得。その反面、タイプ一致にならなくなったノーマル技の脅威は薄れた。 種族値の配分も耐性も違うので、直接意識するような相手ではないが、ヨルノズクが覚えるエスパー寄りの習得群をほぼ包括する立場にある。自身は同複合タイプ系の中でもしい特性や、素種族値が高いなどといった個性を与えられていて顕著なライバルもおらず、然と地を見下ろす。 同じような種族値配分を持つ第6世代のひこうポケモン。ただしバルジーナは防御種族値も高く、繰り出せる相手がヨルノズクよりも圧倒的に多い。複合タイプこそ違うものの、耐性と弱点はどっこいどっこい。とはいえ習得技での競合となると分があるのはやはりバルジーナである。
::習得技較::
物理攻撃技 特殊攻撃技 変化技 分類







































































































































タイプ
ヨルノズク
トゲキッス
シンボラー
バルジーナ
総評・長所・運用策 
ヨルノズクを不遇たらしめる要因は、何といっても種族値の物足りなさと有用な習得技の少なさである。ただ第6世代で最大の競合相手であるトゲキッスが自らノーマルと飛行の複合タイプ系から退いたことにより、ヨルノズクと競合するライバルたち全員と複合タイプが違うことになり、相対的な調整であるがヨルノズクにとっては朗報だった。もともと技の選択においてはどのポケモンとも被らずに覚えさせることは較的容易であり、不足感を助長していた種族値も特攻の値が第7世代になって上昇され、サポート一辺倒なポジションからは少しずつ抜け出そうとしている。

page topぷわわ

チリーン
 見劣り 
チリーン
HP75
攻撃:50
防御:80
特攻:95
特防:90
さ:65

合計455↑
・典的な「見劣り」タイプポケモン
戦区となっている単エスパーポケモンの中の第3世代出身ポケモン。特性は悪くないが数多くいる単エスパーポケモンの中でも埋もれがちで、特にエムリットタイプ・特性も同じな上に全ての種族値が劣っている。
補助技はそれなりにっているが、もともと単エスパーポケモンは補助技が豊富な者が多い。一番高い特攻種族値も鈍足と高くない耐久面が足を引っり生かしにくく、そもそも単エスパーポケモンは強いなのでアタッカーはかなり厳しい。

・追いに乗って
周りに強大なエスパーポケモンがいることで苦しんでいたチリーンであったが、第7世代において遂に種族値のテコ入れの恩恵を受けることになった。しかもその上昇の仕方がHP・防御・特防の3か所の種族値がそれぞれ10上がるという稀にみる好待遇で、低種族値カテゴリからは抜け出すことに成功。未だ種族値自体はエムリット全下位互換のままだが元から持っていた豊富な補助技と合わせて耐久としてもより一層の強みを手に入れている。
新たに強エスパータイプポケモンとしてカプ・テテフが登場したりと、嬉しい事だけではないが、この追いをどう生かせるか。
タイプエスパー
特性:ふゆう
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
  • 変化技「コスモパワー」習得・・・受けは苦手だが、補助的な役割を担わせるなら多少の居座りを視野に選択肢として入れられる。
  • 悪・ゴースト技の需要増加・・・鋼に等倍となり一貫性が増した事で使用率が上昇し、今まで以上に弱点を突かれ易くなった。
::第7世代における環境の変化::
ライバル
サーナイト
HP68/68
攻撃65(85)
防御
65(65)
特攻:
135(165)
特防:
115(135)
さ:
80(100)
合計:518(618)
()メガシンカ
エムリット
HP80
攻撃
105
防御:
105
特攻:
105
特防:
105
さ:
80
合計:580
ゴチルゼル
HP70
攻撃:55
防御:95
特攻:95
特防:110
さ:65
合計:490
タイプエスパー/フェアリー
特性1:シンクロ
特性2:トレース
隠れ特性テレパシー
メガ特性:フェアリーキン
タイプエスパー
特性:ふゆう
タイプエスパー
特性1:おみとおし
特性2:かちき
隠れ特性かげふみ
同期の元・単エスパーポケモン。特殊面に優れ、125の特攻から繰り出すサイコキネシス・10まんボルト・きあいだまは侮れない威である。HPは低いものの特殊攻撃ならかなりの耐久を持つ。アンコールトリックなど変化技も豊富。 第4世代の準伝説ポケモン。攻撃面ではアグノム耐久面ではユクシーに劣る器用貧乏な印が強いが、準伝説だけあって数値としては十分であり、読まれにくいというメリットでもある。種族値と特性では全にチリーン上位互換 こちらも種族値で言えば上位互換。10まんボルトシャドーボールなどの豊富なサブウエポンに加え、変化技も選びやすく差別化には困らない。また、物理耐久もそれなりに高く、居座ることもままある。BW2ではかくれ特性かげふみが追加。
::習得技較::
物理 特殊攻撃技 変化技 分類






































10















































































タイプ
チリーン
サーナイト
エムリット
ゴチルゼル
サーナイトメガシンカ時にノーマル技がフェアリータイプに変わり、与ダメージが1.2倍になる。
総評・長所・運用策 
攻撃技での差別化は出来ないため、第7世代でテコ入れされた耐久面の種族値の上昇から、やはり変化技を駆使してのサポートに徹する役が適任。そのためにも、特に優秀な変化技を豊富に覚えるサーナイトとの明確な差別化は重要であり、第6世代で習得した「コスモパワー」をはじめ、サーナイトが覚えない「あくび」や「じこさいせい」を駆使してり強く居座りを試みたい。また「スキルスワップ」と「なかまづくり」の両立はチリーン一の習得技として大きな個性であり、それを生かしたダブルバトルでの活躍も期待したいところでもある。習得技が少ないとはいえ変化技は有用なものをピンポイントで覚えており、種族値のテコ入れをはじめとした世代ごとの地味な強化は、同時にサーナイトエムリットにない個性として丹念に育まれ続けている。

page topぷわわ

バタフリー
 見劣り  弱点多数  低種族値  
バタフリー
バタフリー
HP60
攻撃:45
防御:50
特攻:90
特防:80
さ:70
合計:395
・険しいを歩んできた末の突然向かい風
元祖序盤虫ポケモンの1体。序盤ポケモンの例に漏れず種族値は低いが、命中率を上げる強特性「ふくがん」を持ち、それと相性がいい「ねむりごな」を始めとした状態異常技を活用することでアイデンティティ確立しており、これまで不遇入りを免れてきた。しかし、その踏んりが続いたのも第5世代まで。
6世代では同様の戦法がとれる上に種族値バタフリーに勝るビビヨンが登場。特攻種族値こそ同じであるものの、素さで大きく差をつけられてしまっており、単に状態異常撒きをさせるならばほぼビビヨン劣化となってしまう。
これに加え、粉技の効化手段が増えたことと、眠りの仕様が変更されたことによりバタフリーの数少ない強みを尽く潰されてしまっている。
ビビヨンとの差別化要素は隠れ特性の「いろめがね」や「シャドーボール」「スキルスワップ」と言ったごく少数の技に限られ、それらもステータスの低さが足を引っって十分には活かせないのが現状である。
タイプ:むし/ひこう
特性:ふくがん
隠れ特性:いろめがね
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
アゲハント
 見劣り  弱点多数  鈍足低耐久  低種族値 
アゲハント
アゲハント
HP60
攻撃:70
防御:50
特攻:100
特防:50
さ:65

合計:395
虫ポケモンの生けるプロトタイプ
第3世代登場当初から、虫ポケモンが覚える基本的な技しか覚えないため、アゲハント徴するような物が全くく、敢えてアゲハントを使う理由が見つからない。アゲハントが覚える技をどのように組み合わせたところで、どこか別のポケモンがその構成を上手く使いこなせてしまうのが現状である。
6世代では特攻種族値90から100に上昇したとは言え、特殊アタッカーとしてはメガヤンマウルガモスしく劣り、サポートでは特性「ふくがん」で命中率を上げられるビビヨンバタフリーに任せた方が安定する。アゲハントの少し上を行くガーメイルでさえ不遇ポケモン判定されているのが現状であり、未だに碌な個性のないまま未だに上位に食らい付く事が出来ずにいる。
特性も全く使えないような物では決していが、特殊アタッカーは他に適任が多過ぎる為、アゲハントの強みであるとは言えない。
そもそも見劣り以前に火力耐久スピードいずれも実戦外レベルという不遇の筆頭とも呼べ、ここから抜け出す決定的な個性を渇望している。ここに挙げられているポケモンの中でも一番厳しいポジションにいる部類なのは間違いないだろう。
タイプ:むし/ひこう
特性:むしのしらせ
隠れ特性:とうそうしん
::第5世代における環境の変化::
::第6世代における環境の変化::
::第7世代における環境の変化::
ライバル
アメモース