単語記事: 世界

編集

世界とは、人間が認識出来る間の総称である。が、中に誰もいませんよ

概要

に以下の意味で使われる。

  1. 仏教で、現世、過去世、未来世、東西南北全てをひっくるめた呼び方。(世界の中で輪廻する)
  2. 地球に存在する全ての国家をまとめた呼び方(例:世界平和す)
  3. 自分の周りの間の事。(例:達の世界へようこそ)
  4. 専門的な分野の総称。(例:芸世界は狂ってる)
  5. 漫画アニメなどの設定背景の事。(例:ドラゴンボール世界は死んでも生き返る事が出来る)
  6. 人名。(例:西園寺世界

世界」とは元々、サンスクリットの「lokadhaatu」を当時の中国の人が漢字訳したものであり、「shì jiè 」←みたいに発音される。

仏教として「世界」と言った場合は「東西南北上下、現世、過去世、未来世」全部まとめた意味で使われていた。

日本では「世の中」と「の」を付けて使われることも多く、自分の周りの人間社会の雰囲気や、世界中の国家をまとめた呼び方としても定着している。

これが世界だ

条件分岐

関連商品

関連項目

加筆依頼 まだだ、まだ終わらんよ!
カオス世界を実現するため、加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%96%E7%95%8C
ページ番号: 1620761 リビジョン番号: 2370037
読み:セカイ
初版作成日: 09/02/27 13:24 ◆ 最終更新日: 16/06/07 02:55
編集内容についての説明/コメント: 「これが世界だ」の節で、「~「第一位」~」のところに「世界一」を、「~「世界三大○○」~」のところに「世界三大珍味」を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


世界地図

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

世界について語るスレ

148 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 12:01:21 ID: tc3d4Ctl6O
二つの世界の衝突を描いた宇宙戦争というものが
149 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 10:50:42 ID: 1b1AeNtJBJ
そういやあれの原題はThe War Of The Worldsらしいね。
150 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 02:00:05 ID: nXawiOxGSH
世界人口に占める女性の割合
男:50.4%
女:49.6%
www.maff.go.jp/j/tokei/pdf/zusetu_05.pdf
151 : ななしのよっしん :2016/07/12(火) 20:46:15 ID: nJ75fXkXqw
夢とと不安で出来てる
152 : ななしのよっしん :2016/08/03(水) 18:36:22 ID: qHWRZQ9L0J
>>143
貴様の物言い、許される世界ではない
153 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 12:55:26 ID: bbhuSilN0P
「この世界」とかいう単クッソ厨二臭いけど好き
154 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 20:32:57 ID: 1b1AeNtJBJ
それ単って言わなくない?
155 : ななしのよっしん :2017/05/13(土) 15:06:12 ID: xURE8fc+kI
世界をよく知らないほどこの言葉を使いたがる印
しかも自分に都合よく切り取られた限定的な世界
156 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 09:43:38 ID: AvNNw+kCd9
講義で、『世界平和にするには時間を巻き戻して、生まれた有をに戻すしかない。混乱を引き起こすエントロピーを減らすにはそれしか方法はない』とか何とか聞いたことがある。ここの掲示板でも触れられてるな。
でも平和かどうかってのは所詮人間の観であって、地球には関係ない。そもそも平和というのは何だろう、皆いつもニコニコしてて、争わない世界のことか? それって悪夢じゃないだろうか。いつもそこまで考えて、結局自分は考えることをやめている。
157 : ななしのよっしん :2017/06/25(日) 20:06:24 ID: 1b1AeNtJBJ
>一方で、英語の「Peace」はラテン語の「Pax(パックス)」がであり、その意味は「戦争戦争の間」「停戦期間」「武による平和」「次の戦争のための準備期間」という意味である。

要するに「平和=戦間期」って事らしいですよ。日常笑顔の下で繰り広げられる前戦という訳ですね
争わない世界が[悪]夢なら争う世界は地でしょう。天国?感官そのものが失せた世界じゃないですかね。
行いとその結果、世界の成立ちとメカニズム、そうしたものを一つ一つ理解していかければ何度時を戻しても一緒ですよ。多くの物語り手に言わせているように性懲りも歴史を繰返すのが彼らの性なんでしょう。
何を回避すべきなのか、何を嫌うべきなのか、何をして何をしないように務めるべきなのか、結局一人一人の行いでしかない訳ですからね。それを分っていると思うんですけど、どうにか転しようとあれこれ必死な方々がいるようです。
それこそ彼らのう罪悪の積み重ねに他ならない、ただ必要な手戻しの数を徒に増やすだけなんですけどね。
彼等には不実からは何も得られない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829