単語記事: 中二病

編集
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

 

中二病とかもこの番組から出来たんだけどもう違くなってんじゃんか、だからあれはもう知らないです。

博士  伊集院光(女医)

 中二病(ちゅうにびょう)は、中学2年生(14歳前後)で発症することが多い思期特有の思想・行動・価値観が過剰に発現した病態である。
多くは年齢を重ねることで自然治癒するが、稀に慢性化・重篤化し、社会生活を営む上で障となることがある。特異的な身体症状や臨床所見は見出されていない。

発見

古くからこの病気の症例は数々報告されていたが、『中二病』という病態として定義したのは『女医』伊集院光博士である。(ちなみに博士中二病の権威であるが、それ以外の病気には「唾つけときゃ直る」の一点りであるのは有名)

1999年ライフワークである自身のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)において、『かかったかな?と思ったら中二病』というコーナーでこれを発表。ラジオリスナーの患者から送られた疑わしい症例の報告を鑑定し、中二病認定していったことによって定義が明確化された。

その後、インターネット上の症例報告によって研究が進み、現在ではよく知られた病態として認知されている。

症状(女医伊集院光による発見)

女医伊集院光中二病患者リスナーによって様々な症状が発見された。
前述の通り診断基準となるような身体症状、臨床所見、器質的病変は存在せず、以下に挙げる特徴的な思考、行動にあてはめて診断する。

  • 自分は特別な存在だと思い込む
  • 急に洋楽を聴きはじめ、その一方で邦楽を否定しだす
  • 急にを書きはじめる
  • 突然ブラックコーヒーを飲みだす
  • 急に母親の事をオカン・おふくろなどと呼び出す
  • 急に母親に冷たくなる
  • やたらバンドを組みたがる
  • 好きな女の子の近くに行くが何もせずに帰る
  • 大好きな芸人が自分の事が好きだと妄想する
  • メディアインターネットで仕入れた知識を自分の考えであるかのように
  • やれば何でもできるかのような万感を感じるが、実際に行動に移すことは少ない
  • 様々なものを批判しはじめる一方、ある種カルト的なものを崇拝する
  • 上記に付随し、見た・聞いた知識を経験としてる。また数字を勝ち負けに結びつける
  • 想がなくなり、孤独を好むようになる(いわゆる“孤高”)
  • 自分の部屋に親が入ると、プライバシーが何とか々などと屁理屈を言って怒る

上記以外にも様々な症状が確認されているが、共通するのは自分を良く見せようとする自己顕示欲、あるいは自己陶酔、少年期による心の悩みなどである。またこの他にも個々の症例において特徴的な症状が存在するため、注意深い観察が必要である。「本当の自分を探す」等と言いはじめたら危険。即座に治療を開始する必要がある。

伊集院女医大学1年生ぐらいになった時に「あの頃、中二病だわ」と気付くことが多いとされる。

経過・予後

基本的に予後は良く、多くは成人前に自然治するが、重篤化すれば稀ではあるが邪気眼を発症する他、発展して「高二病」へと変化する事例が非常に多い。また成人を過ぎても治せず慢性化すると、人格の形成に伴い治療が困難になる。その場合社会生活に支障をきたす可性があるため、治療が必要となる。

治療

外科的治療、物療法は適応ではない。ほとんどは自然治癒するが、中二病をこじらせた場合は高校卒業しても治せず慢性化した場合、カウンセリングによる治療を行う。

慢性化した中二病の場合、自らに対する万感が理想の自分像として具体化している場合が多く(通常は社会や他者との関わりの中で理想と現実の溝を埋めることで自然癒していく)、急に現実を見せ付けるのは危険である。理想の自分を守るためにヒステリーを起こし、最悪の場合社会との関わりを絶つ可性があるため、徐々に自分で気付かせるように心がける。

 なお、中途半端または過剰な治療行為は中二病の次の段階である高二病にかかる危険性がある。これは中二病に対し過剰なほどの嫌悪を抱き、関連したものすらも全て馬鹿にしたくて仕方がくなるという症状を持つ病気である。多くの高二病患者は自分の中二病治したと思い込んでいるが、自分を特別視するという本質は全く変わっていない上に他者を侮辱してまわる分、むしろ中二病よりも症状は重く、治療は困難を極める。

中二病考察

 中二病自体はそんなに悪いわけではない。どこのでもいつの時代でも存在する、大人になろうと背伸びをした結果の、若さゆえの過ちちょっぴり恥ずかしい行動にすぎない。その恥ずかしさは現実からの剥離っぷりにある。

 外文化やアイドルなどやかな世界に憧れ、そうなろうとすること・自分もそうであると振る舞うこと自体は、現実世界での話であり、理想の自分の到達点として実現可である為、そこまで恥ずかしくはい。むしろそれによってより素晴らしい大人になれる可性すらある。たとえば世界一のスポーツ選手やスターに憧れ、その振る舞いを真似ることで彼らに少しでも近づけたのなら、それは決して悪いことではないはずである。

中二病の分類

の「中二病取扱説明書」によると以下のように分類される。

DQN
根はだったり臆病な少年が、あこがれで不良ぶったり反社会的好意をするタイプ。盗んだバイクで走り出したり、の校舎ガラス壊して回ったりしたいけど出来ない。悪そうなは大体友達ではない。
サブカル
人とは違う趣味・趣向を持とうとするタイプJ-POPバカにして洋楽を聴いているふりをしたり、通俗小説バカにして世界文学を読んだふりをするタイプ。ライ麦でつかまえない。
邪気眼
超能力魔法・秘密結社などに憧れ、自分には隠されたがあると思いこむタイプアニメ漫画ライトノベルに影されやすい。闇の炎に抱かれて消えろ!

上記はいずれも「中二病」として扱われているが、全く別タイプなためそれぞれ決して友好関係にはない。

「中二病」「厨二病」の意味の変化

中二病」は以上のように、元々は「中二ぐらいの思期の頃の背伸びした行動」という意味が原義であったが、概念が流行した末に広く言葉が乱用されてしまった結果、現在では単なる蔑称としての意味合いが強くなっている。特に創作物の評価においては「身の丈に合わない壮大すぎる設定や仰々しすぎる世界観を持った作品」が対となり、次第に転じて「現実的・特殊な世界観や設定そのもの」を揶揄・否定するための言葉として使われるようになっている。この意味で使われる場合は特に「中(厨二)病」「中二(厨二)設定」などと表記される。

これらの特徴として、

  • 登場人物・組織・世界観に過剰な程大量の設定が用意されている。
  • 専門用や固有の造などが多数存在している。
  • 特定の人物や集団などを非常に持ち上げる設定が付けられている。

等がよく挙げられるが、実際には具体的な定義その物が存在せず、個々の観によって否定する標的となる作品やジャンルの構成要素がそのまま用いられている事が多い。

注意すべきなのは、これらの要素を上手く生かして高い評価を得た作品も数多ある、ということである。つまり、このような点が多数あるからといって「厨二病=悪い作品」だと評価するのは間違いであり、逆にこれらの設定を排除、または正反対の扱いをした作品が高尚で優れているというわけでもないのである。

これらの要素はどのフィクション作品でもある程度は備えている物で、良い作品はそれらを含めた作品全体の構成が優れているのであって、逆に全く含まないと往々にしてで退屈なストーリーしか作れないからである。そのことから「地味で退屈な物以外は何でも中二・厨二扱い」と逆に揶揄されることもある。

しかし、このは便利なマジックワードとしてニコニコ動画を含むネット文化では安易な作品きに使われてしまっているというのが現状である。ネタ的な意味として肯定的な意味で使う人も中にはいるが、一般的にはネガティブな意味しか持たない評価であるため、掲示板などのコミュニティで不用意にこのを使うのは避けるのがである。

この用法は定義上は「中二病」より「邪気眼」の方がむしろ近い。ただし、「邪気眼」は非現実要素のない世界(特に現実世界)において、あるいは根拠もなく、非現実的要素を手にしたすることに用いられるのに対し、「厨二病」はSFファンタジーなど創作作品に対してよく使われるが、両者が区別されることなく一括りに扱われていることも多い。

関連のあるキャラクターと作品

アニメマンガの登場人物なのでほとんどが邪気眼系。サブカル系はあまり見かけない。

公式に中二病のキャラクター

中二病扱いされるキャラ

下記のキャラクター公式には中二病扱いではないが、ネタとして中二病扱いされることがある。

類似の疾病

邪気眼

「自分には隠されたがある特別な存在」という妄想をこじらせて、それを他人に吹聴して回ったりあからさまに匂わす言動を取ったりすること。中二病が悪化するとこれらの行動を取ると考えられている。ただし、創作作品などにおいて本当にそのようななどを持っている設定だとしても揶揄的で用いられることがある。

詳細は「邪気眼」の記事へ

小二病

伊集院光女医は中二病以外にも研究されていて、その他の病気に「小二病」が存在する。

その他の疾病と較して好意的かつ原義を保った扱いがされ続けている。

詳細は「小二病」の記事へ

高二病

この単伊集院光女医が発見した病気の一種であるが現在では別の人間が定義した内容が多い。

※症例など、詳しくは高二病を参照。

中二/厨二病を極端に蔑み、忌み嫌うという病気である。その大半は元厨二病患者であり、厨二病の次の段階ともいえる病態である。上記の様に中二病と言う言葉自体が便利な蔑称と化している状態を踏まえて、現在ネット上に最も蔓延していると言える病である。

厨二病患者の場合は、厨二病時代の自身の行動を恥じるあまり、自らの過去を否定し、だが時々思い出してはその恥ずかしさに苦しみえるという発作を起こす。そのため、自らの過去を思い出させる、自身の厨二病の元となった作品や類似作品、現厨二病患者らを忌み嫌い、それらを否定して「中二とは違うまともな自分」を演じることで現在の自分との切り離しを図るという発作行動を起こす。

その他には評論家玄人気取り的な意味としての性質があり、必然的に思期周辺の若者に受ける事が多い中二病(と認定される)要素を否定することで、自分をさらに高い位置に見せようとするものである。自己顕示欲のさらなる肥大化として「中二病に対する中二病」と呼ばれることもあり、一部では原義としての中二病の意味がそのままスライドして適応されている面もある。

また、夢や希望にあふれていた過去を否定しているため、夢や希望といったものすら否定し、世の中を斜に構えて見るようになる。根本は何も成長してない上にはスゲーにきまってる、スゲー」という理想が「皆クズにきまってる、スゲー」という妥協に変わって攻撃対だけは増加しているため、中二病べて非生産的でポジティブな可性すらも少なくなっている。

この病気治には、過去を、そして現在をも受け入れることが必須である。しかしそのためにはかなりの年と精的成長が必要なため、その治療は困難である。 

関連動画

関連商品

 

処方箋

今週のおすすめ この記事は学会に認めらました
期発見期予防に心がけましょう - 伊集院光クリニック -

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85
ページ番号: 1035 リビジョン番号: 2035322
読み:チュウニビョウ
初版作成日: 08/05/15 20:07 ◆ 最終更新日: 14/06/08 10:46
編集内容についての説明/コメント: サスケェ・・
記事編集 / 編集履歴を閲覧

中二病について語るスレ

3379 : ななしのよっしん :2014/07/12(土) 20:12:29 ID: jUVXN6FrZ7
http://iwatam-server.sakura.ne.jp/kokoro/chuuni.html
3380 : ななしのよっしん :2014/07/13(日) 01:57:25 ID: RcmYtaftnA
>>3377
しかしだな、大人になってもシニカルな部分がゼロってのはそれはそれで危なくないだろうか。
シニカルな部分がないってことは、ハイな時の自己肯定感に止めがかからないってことで、
自分の言動行動を条件に肯定できちゃうってことだろう。
それはさすがによくないよ。
特にみやギャンブル好きにとっては致命的だ。

程よく自分の存在を肯定でき(←中二病の遺産)
程よく自分の限界をわきまえる(←高二病の遺産)
それが「自分」とつきあっていく上で大事なことなんじゃないかね?
3381 : ななしのよっしん :2014/07/14(月) 12:10:30 ID: 7/YZCgADlv
要するに「自分は大人になったと思いこんで身の丈に合わないことをする精年齢がガキな」のことだと思う。かっこつけたがるのはにでもあることだし若い内だととくに元気も体も有り余るから「自分はなんでも出来る!」って思うのも普通にあること…中二病ってのはそういうのに対して「そういうのカッコ悪い」って妙に分かったな冷めた態度を取って悦に浸るのことじゃないかと。
大体そういう人って大人の言うことを素直に聞けないって人が多くて、でもいずれ何かの機会でそれが間違いであることに気付いて反省して立ち直って徐々に受け入れられるようになっていくものだから、要は思期にありがちな一過性の症状なんだよな。時代毎にそのイメージって変わるから上に挙がってる例ってどれも時代錯誤というか、昭和中二病って感じがする。
3382 : ななしのよっしん :2014/07/14(月) 12:24:25 ID: FK3jj2FfZY
意識に異端カッコイイってやつが中二病なんだよ。
意識的にだとそれはネタでしかない。
3383 : ななしのよっしん :2014/07/16(水) 01:12:07 ID: 1qaE+GqJN3
でも意識的に中二ネタを言えるカッコいいと意識に思ってるかもしれないしな
3384 : ななしのよっしん :2014/07/16(水) 01:43:03 ID: SQntEPo+BN
>>3380
何でもそうだがバランスが大事だな。
中二、高二と言われる症状は自己肯定と自己否定のバランスが崩れてるだけで、単なる過渡期だと思う。

「憎まれっ子は世にはばかる」とはよく言ったもので
若いうちに自信過剰と、自己不信の双方で痛いを見て学習して、自分に適したバランスを調整することが良い大人へ成長するために必要なことかもしれない。

社会に出てからの職業や生き方によって、最適のバランスはそれぞれだと思うが、
積極性は利益を得るのに当然必要だし、消極性もリスク回避のために必須のだよ。
3385 : ななしのよっしん :2014/07/18(金) 22:19:34 ID: V1tFObnPQZ
ライ麦でつかまえないでワロタ
3386 : ななしのよっしん :2014/07/19(土) 20:21:52 ID: Ygod45KRKD
褒められるべきものを治せとか理解できない
多分嫉妬だと思うけど
もう30近いがは生涯中二病でいたい
3387 : ななしのよっしん :2014/07/19(土) 22:26:03 ID: SQntEPo+BN
子供のようなをして、純に生きてることを楽しんでそうなオッサンたちは正直うらやましいし、好感を持てる。

中二病が嫌われる原因は邪気眼的な痛い要素じゃなくて、他人を見下したり、批判しまわったりすること1点じゃないだろうか。
3388 : ななしのよっしん :2014/07/22(火) 10:39:11 ID: kAUHJcwfhk
中二病がえらい詳しく書かれていて笑ったww
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015