単語記事: 中国人

編集  

中国人とは、様々な定義がある(後述)民族の呼称である。

概要

1,人種とは関係なく中国籍を持つ人。この場合でも政治的立場から香港人などを含める場合と含めない場合がある。

2,人種的に、民族である人。この場合はチベット人などは含まないが、シンガポール華僑等も中国人であることになる。また全に純血の民族はいないのである程度化した少数民族満州族など)を含んだり含まなかったりする。

3,広島など中国地方の人間がおどけて自称する言葉

他にもあるがこのように政治地理的に様々な定義がある言葉である。人種的に(ある程度)民族である人を中国人とするならば、中国本土以外では台湾東南アジア全般、アメリカなどに住んでいる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA
ページ番号: 5431881 リビジョン番号: 2383118
読み:チュウゴクジン
初版作成日: 16/07/14 00:30 ◆ 最終更新日: 16/07/14 00:30
編集内容についての説明/コメント: さくせい
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中国人について語るスレ

37 : ななしのよっしん :2018/04/21(土) 19:16:26 ID: GmzxqN6rBq
中国で自分の子供が誘拐されて探しだしたら別ので育てられてましたーって映画
本当の親の自分じゃなく知らない他人を親と慕って連れ帰るのを嫌がるのよ、残酷だよな

まぁ中国の人口ってだいたいどの時代も日本の10倍ぐらいはあったんだけどね(関係ない)
38 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 18:11:18 ID: cRk4VDYqf+
中国人日本のAVへの食いつきっぷりは何なんだろうな
日本国内では確かにそういう産業はあるが所詮は日陰産業、なのに向こうではとってもメジャーな存在で凄い食いつきっぷり
日本はAVのイメージとか本気で言ってるまで頻繁に居るが、本人は自分が下劣だと言してるつもりは全く日本の事を馬鹿にできてるつもりなのが笑える
39 : ななしのよっしん :2018/04/24(火) 00:28:25 ID: U7IQYVRk/D
お前の話が事実かどうかなんて知らんが
>向こうではとってもメジャーな存在で凄い食いつきっぷり
と言っておいて
>日本はAVのイメージ
なら何もおかしくないんでないの?

40 : ななしのよっしん :2018/05/08(火) 06:45:18 ID: E9i+BOliCA
人口10倍なんだから、日本人より優秀なは10倍居るだろうけど、頭のおかしいのも10倍居るんだろう。
41 : ななしのよっしん :2018/05/11(金) 15:09:03 ID: 11FbdhG74D
落ちてるがあれば拾いに来るし
盗んでも気そうなら盗む、ついたほうが得ならをつく。
イジメも普通に楽しむ。他人を出し抜いたが生きていける。
気遣い?モラル?何それおいしいの

世界中で嫌われるけど、中国人として生きるのは気楽だろうな
42 : ななしのよっしん :2018/05/11(金) 15:11:05 ID: JnTo2jom7O
あれ、それ日本人の特徴と変わらない……
43 : ななしのよっしん :2018/05/11(金) 15:12:21 ID: r8XnNY/Y0/
ちょちょいと文章を変えたらあらゆる民族への煽りに使える便利文
44 : ななしのよっしん :2018/05/14(月) 22:08:39 ID: DCfulLDK3e
まあどこののでも良い人もいれば悪い人もいるってことね
45 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 14:47:09 ID: psMG1qRfoC
はーい、先生
46 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 17:01:38 ID: GDUx5mFw7q
https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2018/05/2-86.php
>今から約2年前、中国雲南昆明に住むスーユン家族のために可愛いプレゼントした。

コロコロとした子は、チベット原産のチベタン・マスティフ(チベット)。体格が大きくてどう猛なチベットは、遊牧民の生活の糧となる畜を守るのに飼育されてきた。
だからだろうか。スーユン庭に迎え入れられた子は、脅威的な食欲を見せた。中国新聞網 によると「毎日バケツ1杯分の果物と2杯分のヌードル」をたいらげ、一家を驚かせたという。

時は経ち、一家はさらに衝撃を受けることになる。
かつての子は日々、巨大化。成長が止まる気配がない。そして、ある日、立って歩き始めた。人間のような2足歩行を、だ。一家はようやくに対して大きな誤解を持っていたことに気づいた。チベットだと思っていたペットは、クマだったのだ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829