単語記事: 中堅

編集

中堅とは、もともとは軍隊などで、大将に直属する精鋭部隊のことをす言葉であった。

現在では、各分野において様々な意味を持つ言葉として使用されている。

概要

スポーツにおける「中堅」

剣道柔道などの団体戦で、5人のうちちょうどん中に当たる3番手に出てくる選手をす。
前二人が連敗しているときはもちろん、連勝しているところで負けると流れが変わってしまう恐れもあると、いろいろな意味で責任の重い出番でもあるため、ある程度経験を積んだ実のある選手を置くことが多い。

野球における中堅は「中堅手」を参照。

キャリアにおける「中堅」

会社組織や特定分野の業界においても「中堅」という言葉はよく使われる。一般的には社会人となってから高卒で15~20年、大卒で10~15年あたりをすことが多いが、職業分野によってまちまちである。
例えば選手寿命が短いプロスポーツであればキャリア10年をえると中堅世代を終えてベテラン扱いされることがある反面、落語界など中心となる人物の年齢が高い業界では40代後半になってもなお中堅扱いされることがある。 

しかし、年齢に差異はあれど、いずれの場合も「その世界で学ぶべきことをひと通り学び終えた段階にあり、これから自分自身が吸収してきたものを発揮したり、応用していく段階に差し掛かった世代」をす言葉であるという意味では共通認識が持たれているものと言うことができる。

企業における「中堅」

会社そのものにおいても、「中堅企業」という表現はよく使われる。中小企業よりもさらに発展・拡大した企業であるが、大手企業較すると規模が小さく、企業体質がやや弱いかわりに今後の発展性を残している、中小企業的な柔軟な発想が残されているなどの特徴を持った企業すことが多い。

会社規模で言えば、業界によってその線引きは異なる。中小企業基本法を参考にすると、

  • 小売業:資本5,000万円、従業員50
  • サービス業:資本5,000万円、従業員100
  • 卸売業:資本1億円、従業員100
  • 製造業、その他:資本3億円、従業員300人

とされているが、業種ごとに基準が異なるのはややこしい、という理由で、
法人税法上の特例適用区分や各庁の企業規模別統計を参考にすると、もっと単純に

「資本1億円~10億円未満の企業

を一般的に「中堅企業」と定義付けることができる。

例を挙げると、「ガリガリ君」で知られる赤城乳業や、「金鳥」のブランドで知られる大日本除虫菊などがこのあたりの規模の会社であり、みんなによく知られている中堅企業の代表格と言うことが出来るであろう。また、この定義をそのまま当てはめると関西テレビ名古屋テレビなどラジオ放送局を持たない準キー局や地方中枢都市テレビ局中堅企業の範疇に含まれることとなる。
他にもクックパッドや価格.comなど較的大規模のインターネット関連事業や、較的規模の大きい中小私鉄秩父鉄道関東鉄道アルピコ交通など)も中堅企業の一つに挙げられる。
その他会社法では資本5億円以上または負債額200億円以上のいずれかを満たせば、従業員数がどんなに少なくても「大会社」と扱われる(現に従業員数が6人の大会社といった企業実在する)。

なお、法律上や産業分類上では「中堅企業」という区分はなく、資本が1億円中小企業(いわゆる「中の上」)と10億円未満の大企業(同じく「大の下」)を一括りにしたものが「中堅企業」の概念である、と言うことができる。

その他、企業IT化をリサーチする会社・ノークリサーチでは企業規模の判定をさらに単純化し、業種区分しの純な売上高のみに着した区分を適用しており、

「年商50億円以上~500億円未満の企業

中堅企業と定義づけている。

リサーチの際にはさらに細かく、年商100億円未満の企業を「中堅L」(=中小企業に近い中堅企業)、同100億円以上300億円未満の企業を「中堅M」、300億円以上500億円未満の企業を「中堅H」(=大企業に近い中堅企業)と区分しているが、このような売上高だけで見た区分であってもそれぞれの属性における企業IT化の進展度に明確な違いが現れている、というデータが示されている。

同人業界における「中堅」

いわゆる「中堅サークル」 のこと。「中手」とも表現される。大手サークルほどではないが、一定のジャンル同人誌をある程度の部数(コミックマーケットの場合、同人誌1種類あたり数部~1000部未満)を毎回安定して頒布している規模のサークルす。配置とまではいかないものの、(お誕生日席)の常連さんであることも多い。

ジャンルコロコロ変えたり、単発的に1種類の同人誌が数部程度頒布されたことがある、などのサークルには適用されず、ある程度の実績を伴って初めて付けられる呼称でもある。

場合によってはここから大手サークルに発展して、商業展開に繋がるなどの可性を秘めている、面みのある規模のサークルであると言うこともできる。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%AD%E5%A0%85
ページ番号: 5037517 リビジョン番号: 2164962
読み:チュウケン
初版作成日: 13/02/03 00:59 ◆ 最終更新日: 15/02/21 15:54
編集内容についての説明/コメント: 本文を少し修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中堅について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/06/23(日) 22:55:24 ID: CkKXoTacX/
中堅大学って立場微妙だよね…
ニッコマめえのことだよ!
2 : ななしのよっしん :2013/11/03(日) 21:39:40 ID: DP3CdZ/YEE
10人のチーム中堅は3~5番
100人の大会の中堅は11~25
10000企業中堅は6~100
というように、数が大きくなるほど中堅ラインは厳しくなる気がする
3 : ななしのよっしん :2013/12/29(日) 02:53:02 ID: WtWkKDRoty
大体の組織はピラミッド構成やからな
4 : ななしのよっしん :2015/02/21(土) 13:49:54 ID: Dq5QzI3hJ8
中堅企業あるある

の商品名はめっちゃ有名なのに、会社名はあまり知られていない。
5 : ななしのよっしん :2015/05/15(金) 22:10:32 ID: vqOobjhArh
ちゅうけい→変換できない
ちゅうけん→中堅
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015