単語記事: 中華民国史

編集

中華民国とは現在台湾のことであるが、この項では1912~1949年の中国統治時代について記述する。

概要

1912年に辛革命清王朝が滅びると中国は各地に軍閥が跋扈する戦国時代に戻っていく。その後、国民党共産党が手を結び一応の統一は果たすものの、蒋介石クーデターを起こし今度は共の間で内乱が発生。その間に日本東北への侵略を許してしまった。

やがて中国日本日中戦争に突入し、更には太平洋戦争も含め東ユーラシア大陸全体が戦乱の炎に包まれた。日中戦争自体は日本の降伏をもって終わったが、即座に共内乱が再開される。最終的に毛沢東率いる共産党が勝利し、中華人民共和国が設立。破れた蒋介石国民党台湾に逃れた。

日本が強く関わっていることもあってでも興味を持たれることが多い時代である。

辛亥革命

かつて眠れる獅子と呼ばれた大清王朝西欧列強の侵攻、太天国の乱、日清戦争での敗北西太后による政治混乱で既に末期状態にあった。西太后が死んだ後の1911年に、政府が民間鉄道有化を宣言することをきっかけに四で暴動が発生。武では元洪を都督とした革命独立宣言を果たす(武起)。

反乱は全に広がり、孫文も南中華民国立し臨時大統領となった。清朝は北洋の英傑、袁世凱を起用して反撃を試みるもあっけなく裏切られ、清朝最後の皇帝、宣統(溥儀 )が退位。270年続いた清は滅んだ(第一革命)。これは同時に始皇帝以来2000年続いた中国皇帝政治の終わりをも意味していた。

裏切りの見返りとして臨時大統領となった袁世凱であったが彼には皇帝になるという野望があった。袁の独裁を危惧した革命は、彼が強硬手段にでる前に「国家元首である大統領は議会が選ぶ」という議院内閣制を彼に約束させていた(臨時約法)。

孫文がかつて日本で結成した中国同盟会は国民党と名前を変え、選挙では教仁が率いる国民党が議席を伸ばしたのだが、これを不安に思った袁世凱はなんと教仁を暗殺し、孫文らを追い出して皇帝政治の復活を宣言したのである(第二革命)。がすぐに各地で反乱が起きて3ヶ後には政復活を取り消している(第三革命)。袁世凱は夢破れたまま更にその三ヶ後にこの世を去った。その後、中国は群雄割拠の軍閥時代に突入する。

高まるナショナリズム

その頃、欧州はちょうど第一次世界大戦っ最中である。日本も日英同盟を根拠にして中国ドイツ圏を攻撃し、州湾の(チンタオ)を宣言する。袁世凱には不等条約や領土割譲を含んだ二十一か条の要を飲ませ、大陸侵攻への意気を強くしていた。中国日本からつきつけられた不等条約受諾の日を恥記念日と呼び、日本への反発から強いナショナリズム民が共有することになった。それを受けて後に中国共産党の祖となる陳独秀やらは口による文学革命を行い、人々の意識革を呼びかけていた。

中国民は一次大戦のパリ講和条約で二十一か条の撤を期待したが、それどころではなかった欧人からはスルーされ、日本に対する憎悪はついに爆発。五・四運動と呼ばれる反日暴動が発生。ときの政権の段瑞も親日高官を罷免しなければならないところまで追いつめられた

陳独秀やロシア革命の成功を受けてマルクス義を中国に紹介し、1921年には彼らが中心となって中国共産党が結成される。彼らは労働運動中国利権回復に尽するが欧と軍閥の抵抗に阻まれ上手くいかなかった。そうした中で、孫文共産党との連携に動いていた。第一次全大会で「連ソ、容共、扶助工農」を掲げる共産党国民党が手を結び、ここに第一次合作が成立した。

北伐

1925年に孫文は死ぬが、大衆運動の熱をうけて民政府と革命軍が組織された。総令の蒋介石中国の軍閥支配を打破するために、北伐への動員令をだした。破の勢いで軍を進める民政府は、占領した武に本拠地を移す。このまま一気に中国統一するのかと思いきや、蒋介石上海共産党員を虐殺し、南民政府として半独立の状態になってしまった(上海クーデター)。武の中央もやがて共産党員を排除し、蒋介石に合流。第一次合作はここで終わりとなる。

1928年からは民政府軍は北京に向けて進軍。北京の先にある東北利権を脅かされることを恐れた日本田中義一内閣は山東出兵を行ってこれに干渉した。日中両軍は済南で衝突するが、北伐軍は全面対立を避けて北に進軍を続けた。

北伐軍は北京作霖を追い出し、ここを支配下におさめる。作霖は東北に亡命する途中に日本軍に殺された(作霖爆殺事件、満州某重大事件)が、作霖の子の学良は東北において民政府の下についたため、ここで中国は一応の統一を完成させた。

一方で民政府内では汪兆銘をはじめ、蒋介石の独裁への反発が強まり、ついには閻錫山や玉祥なども含んだ内乱が始まる(中原大戦)が、学良の加勢によって蒋介石はこれを鎮圧する。

日本の侵略

当時の日本帝国日露戦争での勝利で中国東北地方利権を得て、経済的には世界恐慌でヘロヘロではあったが軍事的にはイケイケの状態であった。日本にとって民政府と仲がよく、また日本が経営する満州鉄道ライバル路線を持つ学良はジャマな存在であった。そこで関東軍は奉付近の付近で満州鉄道の路線を自ら爆破、これを中国軍のせいにして勝手に戦闘を始めてしまった。いわゆる満州事変である。日本の中央政府は関東軍に「戦線を拡大するな」と言ったのだが、関東軍はこれを視して南満州まで占領してしまった。賽は投げられたと日本政府と昭和天皇はこれを事後承諾する。

中国軍の反撃に遭いつつも1932年にはハルビンまで制圧し、最終的に関東軍は清朝最後の皇帝、溥儀を執政(後に皇帝)に置いて東北地方満州国を建する。いうまでもなくこれは日本の傀儡国家であった。中国日本際連盟に提訴し、連盟もリットン調団を派遣して満州国を認めない決定をだした。そこで日本はこれに抗議して際連盟を脱退した。日本満州国の領土を拡げつつ、中原への野心を隠す事もしていなかった。

が侵を受けている一方で蒋介石は、共産党弾圧に熱をあげていた。20年代の末から共産党の本拠地に包囲討伐戦(囲剿戦)を開始し、満州事件が起きて内乱停止と抗日合作戦線がめられても「まず共産党を潰してから日本にあたろう」とする安内攘外作をとって共産党への囲剿戦を続けていた。

当時の中国共産党毛沢東が瑞中華ソビエト共和を建てていたが、蒋介石軍の攻勢に破れ、25000キロの敗走を経て延安に到着(長征)。兵は10分の1になっていたが、この地に辿り着いたことにより毛沢東導権が全に確立する。

日中戦争

中国が内乱している間にも日本は侵攻の手を緩める事はなかった。1935年から翌年にかけて日本華北の分離工作を進め、長の南の非武装地帯に冀東防共自治政府という傀儡政権を立させた。日本はこの地からアヘンや低関税商品を中国に流入させ、幣制革でようやく統一されつつあった中国径材を混乱させた。当然民衆の日本への反発は強まっていく。北北京)では華北自治をした学生デモ(十二・九運動)が始まり、抗日運動は再度全的に拡がる。

共産党がいくらいっても内乱を止めない蒋介石に業を煮やした学良は周恩来と共に、西安で蒋介石拘束してしまう(西安事件)。世界中を驚かせたこの事件は蒋介石の解放で解決し、以後抗日戦線の結成へと進んでいく。

1937年、北京近郊のにて偶発的な日中両軍の衝突が発生(事件)。戦闘はすぐに収まったのだが、本土の強硬がこれを機会に一気に中国懲せよとしたため、ついに日中戦争が勃発する。蒋介石もついに折れて第二次合作が成立。抗日民族統一戦線が結成された。

日本はすぐに戦争は終わるだろうと予想していたが、その見通しは甘すぎるものであった。ようやく上海を陥落させるも戦争は終わらず、南では軍民への虐殺南京事件)も行っている。1938年には近衛麿内閣が自ら和交渉へのを絶ち、戦争は泥沼化していく。いくら日本軍都市鉄道を占拠しても所詮それは広大中国大陸にとっては線と点の支配にすぎなかった。日本ゲリラに悩まされ、伸びる補給路は中国軍の格好の餌食となった。

中華人民共和国の成立

欧州第二次世界大戦が始まると日本インドシナに軍を進めて南からの中国軍の補給路を絶とうと試みた。ただでさえ中国マーケットが荒らされて頭にきていた英インドシナ利権日本に犯されそうになったことをきっかけに日本への石油の全面禁輸に踏み切る。物資の多くをアメリカからの輸入に頼っていた日本はこれで四肢をもがれたようなものであった。そんなこんなしてる間に太平洋戦争が勃発するのだが、物資の足りない日本軍は物資を現地調達するしかなくなってきていた。戦線は拡大を続け、東、東南アジア日本の占領地は凄まじい被害を受けた。

ようやく戦争が終わり中国は惨勝をおさめる。共のトップである蒋介石毛沢東トップ会談(双十協定)を結び、1946年には政治協商会議がひらかれて両者が妥協する憲法案の合意にこぎつける。しかし蒋介石は後にこれを反故にし、内乱は再開された。

当初は勢いのあった民軍であったが、インフレ政策による経済混乱、四大家族と呼ばれる資本家による富の寡占などがあり、政治的に腐敗した国民党は民衆の支持を失っていた。一方の共産党は新民主主義論を唱えて民主主義の支持を得た上に、大地の土地を再分配する土地革命を行って貧農からも人気を得た。こうして48年には戦況は逆転。翌年までの三大戦役と呼ばれる戦いを経て共産党は勝利する。南を陥落させた毛沢東北京遷都を行い、そこで中華人民共和国の建を宣言した。

やぶれた国民党台湾に移転し、そこで独裁を続けていた。死後には息子蒋経国が継承し、台湾国連を脱退する。台湾は「通商、通信、通航」の三通をめる共産党に対して、「接触せず、交渉せず、妥協せず」の三不政策を堅持した。

関連動画

ニコニコでも関連動画は多いが純歴史よりも政治色が強いものが大半である。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9B%BD%E5%8F%B2
ページ番号: 5438182 リビジョン番号: 2396676
読み:チュウカミンコクシ
初版作成日: 16/08/17 22:49 ◆ 最終更新日: 16/08/20 22:35
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「清王朝」「中華帝国(1915年-1916年)」「中華人民共和国」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

中華民国史について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 09:27:45 ID: ZUxTXUf28H
孫文がもっと長生きしてたら歴史も変わったんだろうか
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829