単語記事: 串

編集

とは、次のものをす言葉である。

  1. - 食材を刺すための棒状の調理具。→概要1、「調理具としての」へ。
  2. - ネットスラングの一つ。→概要2、「ネット上の俗語としての」へ。
  3. 串駅 - 愛媛県にある名。→「串駅」を参照。

概要1、調理具としての串

に使われる素材金属もしくは木材で、先端がったもの、丸いもの、手に持ちやすいように取っ手をべったくしたものなどがある。大抵の場合調理後そのまま手に持って食する。

調理においては炭火ったり直火で焼く事が多い。を使った料理仕事帰りのおっさんがたむろする居酒屋や近所の焼き鳥屋など、日本中どこでも見られるありふれた庶民の料理といえる。

主な串料理

二次元での串

二次元では武器として使う者もいる。危険なので真似しないように。

概要2、ネット上の俗語としての串

ネットではプロキシー/プロクシー(Proxy)を意味する言葉として古くから使われている。ブラウザProxyアドレス定すると自分のIPアドレスを隠すことが出来る。が、Proxyサーバの管理者に問い合わせれば大抵ログを提出してくれるので全な匿名になるわけではない。

漢字として

Unicode
U+4E32
JIS X 0213
1-22-90
部首
丨部
画数
7画
読み(常用)
-
訓読み(常用)
くし
意味
  1. 貫く
  2. と通じて)習慣
𠢏と通じ、賗とも書く。
日本語では、「くし」の意味で使われる。なお、中国では「くし」の意味の漢字に、丳(𠁷)がある。
爾雅・釈詁〕に「、習なり」、〔広韻〕に「穿なり」「習なり」、〔康煕字典〕に「慣と通ず。狎習なり」とある。〔経・大〕に「夷、載(すなわ)ち路(つか)る」という古い用例がある。夷は西の名。
くしざしの形。毌と同じような由来の字である。
音訓
読みは1.の場合、セン(音、音)、2.の場合、カン音、音)。訓読みは、つらぬく、くし。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。2010年常用漢字に採用された。
符とする漢字には、などがある。
客・詐・子・珠・

異体字

  • 穿は、〔正字通〕に「穿に作る」とあり、異体字としている字書もある。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%B2
ページ番号: 746356 リビジョン番号: 2367522
読み:クシ
初版作成日: 08/11/29 16:28 ◆ 最終更新日: 16/05/30 22:20
編集内容についての説明/コメント: 丳について追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

串について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/04/25(日) 08:14:40 ID: TVWXVYOotE
誰得記事
2 : ななしのよっしん :2011/01/13(木) 01:18:23 ID: xB+nRVGXnT
だけど、これは名としてのというよりかは串駅の説明だから「串駅」に分離したほうがいいんと思うなあ
3 : ななしのよっしん :2011/10/15(土) 19:39:15 ID: YqVaLk44qw
味噌田楽のやばさってなんだ?
ググってもそれらしいものが見当たらない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015