単語記事: 主人公

編集

主人公とは、「中心人物」をす単であり、娯楽作品の物語視点提供する者か、体となる登場人物をす。

概要

主人公」とは元々は「」の「人」をす単であり、「人」の敬称として使われていた単である。

娯楽作品における主人公

一般的には主人公体となって物語が進んでいく訳だが、物語の内容や演出によって印や役割は異なる。

読み手やプレイヤーの分身、あるいは読者に「視点」を提供する者を主人公とする場合
ゲームなどでは人格が設定されていない場合がある。また人格があるタイプの者でも癖は強くなく
プレイヤーはそのキャラの心情を直接見ることができる場合が多い。

逆に、強い心や明確な意思を持って物語を引っっていく中心人物を主人公とする場合
プレイヤーはその人物の行動を第三者として見守ることになる。
プレイヤーが「軍師」や「守護霊」のような補助的な立場で物語に参加していると明示される場合もあり
この場合は、最悪主人公に一時的に裏切られるという事態もありえる。

主人公の類型

たとえばRPGや冒険物などでは、勇敢で正義感の強い10代くらいの少年という印が強い一方で、何の変哲もない普通少年がとある理由でゴタゴタに巻き込まれ、その中で人間的成長を遂げる、という方向も見られる。
不意を突いてオヤジ主人公だったりすることもある。ただし、稀に全く同等に主人公が二人いたり
主人公がいない群像劇であったり、人ではなくチームそのものが主人公だったりすることもある。

また、恋愛シミュレーションゲームでは恋愛に方向が進むという特性上、主人公は何かと異性との交流に恵まれている場合が多い。しかし、ただ恵まれているだけの者は少なく、油断するとする者を失ったり最悪niceboat.という危機的状況に同時に立たされている者もまた多い。多くの主人公はその状況を常人離れしたや不屈の頑りや抜群の立ち回りの良さで乗り切っているのである。
その頑りぐらいは見習いたいものであり、見習えるなら現実でもきっと上手くいくはずである。

アクションシューティング不思議のダンジョンのようにストーリーより体感やシステム重視のゲームの場合
マリオを始めとする任天堂キャラシレン博麗霊夢のように毎回同じ人物が主人公として登場し、
そのシリーズと共に定番化している場合も多い。が、この場合理なストーリーは作れない。
この問題を解消するため、リンクゼル伝)やリュウBOF)のように、毎回別人だが名前と一部の設定を引き継いでいる、という者もいる。

格闘ゲーム等、使用できるキャラが複数いる場合は癖のないバランスである場合が多い。

プレイ中は半分自分であるためか、主人公というポジション萌え属性となるケースはあまり聞かない
が、やはり決めるときゃ決めるのが主人公である。そうでないときはBADENDなのだから…

主人公補正について

一般に、主人公になるキャラは多くの点で他のキャラクターよりも何かと優遇されており
ゲームではステータス上も一回り強くなっていたり、エロゲでは妙にモテるなど特典が多い
これをして「主人公補正」という場合がある。
先の通り、原則として物語の最初から最後まで中心に居続けなければならないうえ、
負けると話が終了してしまうため常に高いポテンシャルめられることに起因していると思われる。
ゲームでは強制出撃になったり死ぬとゲームオーバーだったりという理由で強くされているという事情もある。

ある種ご都合主義なのかもしれないが、中心に立ち重責を担う人間は強くなりやすい傾向はあり
逆に「強いから(潜在が高いから)主人公になったという見方もできる。

以上の「お約束」を逆手に取り、絶対に死なないことを正式な設定としたのが「装甲騎兵ボトムズ」のキリコ・キュービィーである。

降板された主人公たち

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC
ページ番号: 557713 リビジョン番号: 2495583
読み:シュジンコウ
初版作成日: 08/09/15 21:46 ◆ 最終更新日: 17/06/01 23:22
編集内容についての説明/コメント: 関連項目を追加「※主人公です」
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

主人公について語るスレ

775 : ななしのよっしん :2017/05/18(木) 20:03:49 ID: 5hYS6sreCo
>>768
的にはむずいと思うんだがな
ゲームとかみたいな受け手が体的に関われる余地のある媒体ならまだしも
漫画とか小説みたいな受け手に介入の余地がない媒体だと無口レベルでなくほぼ喋らんやつを中心に据えて
話を構成するのはエンターテイメント的観点から考えるとかなりきついだろ
代弁キャラ立てるとそいつが主人公でいいだろとまず間違いなく言われるだろうしな
776 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 21:49:49 ID: euvyEaBJ6C
代弁キャラコメディリリーフとか狂言回しの立場において軸は絶対に動かさない扱いにしないと
が逸れるってオチになるから物語の要所要所を抑えさせることが必要になるな。
777 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 22:14:18 ID: 1EWMIYzhWk
>>771
『炎と氷の歌』だと典的な群像劇だけど、主人公ではなく、複数の視点人物が中心になっていく感じだな。まあ宮廷陰謀劇でもあるんで叙述トリックとか、複数視点でないと詰まらん作品なのだけど
視点が固定されて、特に主人公営の側から離れないと、物語の問題点まで主人公側に回収される嫌いはある
主人公以前に、り手の問題もあるからね。特に信頼出来ないり手の場合とか。その場合は喋らない主人公ってのも有効だったりするな。喋ることで主人公交替を明示するとか
778 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 21:05:03 ID: 0p9ez2QHjF
そういやラノベ主人公の記事はないんだね
779 : ななしのよっしん :2017/06/02(金) 10:55:29 ID: C9RCI10Zgl
ラノベ主人公ってどんなんだっけ、大方想像付くけどヤレヤレ系とかが代表格?あれってラノベ発祥なんですかね
780 : ななしのよっしん :2017/06/02(金) 11:14:08 ID: DAnF+xeTCd
まだセラミックとかベーキングウダー
のほうが納得のいく総称だな。中身散らばり過ぎだろ
やれやれ系だってルーツを辿れば昭和のタフガイ
気取りやがり、っ葉にも見られるんだから
やれやれ系がラノベ主人公ってのは乱暴じゃないか
781 : ななしのよっしん :2017/06/02(金) 11:16:34 ID: cAA6XEGiLz
ルーツがあるとすればハードボイルド系か偏屈探偵系だよね
782 : ななしのよっしん :2017/06/08(木) 22:03:03 ID: MK+4wzxK+E
爆発的に増えたのはToHeartの浩之ちゃんあたりからだからラノベよりエロゲの系譜
東鳩KANON→ダカーポで現在ラノベの方向性が決定的になった
783 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 11:34:23 ID: C9RCI10Zgl
海外でも貼られてたこれが所謂ラノベ主人公ってですかねラノベじゃないのも混じってるが
https://washiblog.files.wordpress.com/2011/03/1300278716758.jpg
でもこの人らって基本ヤレヤレ系だよね。何かしらその要素持ってる

昭和のタフガイってのはうーん、ちょっとどういう感じなんですかね。なんじゃこりゃの人とかですか?ハードボイルド系か偏屈探偵系、なんか分かる気しますねぇ
強いて言うなら やれやれ…(の出番か) と ヤレヤレ…(傍観) の違いですかね
784 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 18:02:05 ID: DAnF+xeTCd
うん、ハードボイルドで合ってると思う
ていうか何でそれが出なかったし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015