単語記事: 主人公

編集

主人公とは、「中心人物」をす単であり、娯楽作品の物語視点提供する者か、体となる登場人物をす。

概要

主人公」とは元々は「」の「人」をす単であり、「人」の敬称として使われていた単である。

娯楽作品における主人公

一般的には主人公体となって物語が進んでいく訳だが、物語の内容や演出によって印や役割は異なる。

読み手やプレイヤーの分身、あるいは読者に「視点」を提供する者を主人公とする場合
ゲームなどでは人格が設定されていない場合がある。また人格があるタイプの者でも癖は強くなく
プレイヤーはそのキャラの心情を直接見ることができる場合が多い。

逆に、強い心や明確な意思を持って物語を引っっていく中心人物を主人公とする場合
プレイヤーはその人物の行動を第三者として見守ることになる。
プレイヤーが「軍師」や「守護霊」のような補助的な立場で物語に参加していると明示される場合もあり
この場合は、最悪主人公に一時的に裏切られるという事態もありえる。

主人公の類型

たとえばRPGや冒険物などでは、勇敢で正義感の強い10代くらいの少年という印が強い一方で、何の変哲もない普通少年がとある理由でゴタゴタに巻き込まれ、その中で人間的成長を遂げる、という方向も見られる。
不意を突いてオヤジ主人公だったりすることもある。ただし、稀に全く同等に主人公が二人いたり
主人公がいない群像劇であったり、人ではなくチームそのものが主人公だったりすることもある。

また、恋愛シミュレーションゲームでは恋愛に方向が進むという特性上、主人公は何かと異性との交流に恵まれている場合が多い。しかし、ただ恵まれているだけの者は少なく、油断するとする者を失ったり最悪niceboat.という危機的状況に同時に立たされている者もまた多い。多くの主人公はその状況を常人離れしたや不屈の頑りや抜群の立ち回りの良さで乗り切っているのである。
その頑りぐらいは見習いたいものであり、見習えるなら現実でもきっと上手くいくはずである。

アクションシューティング不思議のダンジョンのようにストーリーより体感やシステム重視のゲームの場合
マリオを始めとする任天堂キャラシレン博麗霊夢のように毎回同じ人物が主人公として登場し、
そのシリーズと共に定番化している場合も多い。が、この場合理なストーリーは作れない。
この問題を解消するため、リンクゼル伝)やリュウBOF)のように、毎回別人だが名前と一部の設定を引き継いでいる、という者もいる。

格闘ゲーム等、使用できるキャラが複数いる場合は癖のないバランスである場合が多い。

プレイ中は半分自分であるためか、主人公というポジション萌え属性となるケースはあまり聞かない
が、やはり決めるときゃ決めるのが主人公である。そうでないときはBADENDなのだから…

主人公補正について

一般に、主人公になるキャラは多くの点で他のキャラクターよりも何かと優遇されており
ゲームではステータス上も一回り強くなっていたり、エロゲでは妙にモテるなど特典が多い
これをして「主人公補正」という場合がある。
先の通り、原則として物語の最初から最後まで中心に居続けなければならないうえ、
負けると話が終了してしまうため常に高いポテンシャルめられることに起因していると思われる。
ゲームでは強制出撃になったり死ぬとゲームオーバーだったりという理由で強くされているという事情もある。

ある種ご都合主義なのかもしれないが、中心に立ち重責を担う人間は強くなりやすい傾向はあり
逆に「強いから(潜在が高いから)主人公になったという見方もできる。

以上の「お約束」を逆手に取り、絶対に死なないことを正式な設定としたのが「装甲騎兵ボトムズ」のキリコ・キュービィーである。

降板された主人公たち

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC
ページ番号: 557713 リビジョン番号: 2238472
読み:シュジンコウ
初版作成日: 08/09/15 21:46 ◆ 最終更新日: 15/07/28 18:43
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に7件追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

主人公について語るスレ

702 : 削除しました :削除しました ID: /u3S4Nsvve
削除しました
703 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 10:36:40 ID: eEdbC3VIAv
みんなありがと
あと、自分は>>700の意見とは逆に主人公にある程度「非」があったほうがいいな。主人公がそんなに悪くないのに責められるのは胸悪いし
704 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 10:53:59 ID: MB+nLdSzfY
必ずしも・苦労・挫折させる必要はないけど、成功しすぎる(問題が起きなさすぎる)と話が坦になったり不自然になるから、その問題の解消手段としてそういった展開を入れることは有効
また落として上げることでカタルシスを生む効果もある
ただし濫用すればいいわけではく、適切に使わなければマイナスの効果しか生まないこともある
必須ではなく用法用量を守って正しく扱うべきもの
705 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 11:03:13 ID: oK/sBU0xap
きちっと落して上げる(成長など)展開に繋がるなら挫折、失敗といった展開もあってもいい、
というよりむしろ必要とは思うんだけど…

プラスにならないまま終わる、素直に上げない、成長するまでが遅すぎるとかみたいなひねった展開を見慣れすぎると、
落して上げるの「落して」の段階でちゃんと「上げる」展開になるのか不安になるってのはあるよね。
706 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 03:42:38 ID: BJz4o8inJ5
>>703
それはわかる
周りの理解がい中で自分だけが正しい事をしてるんだ!みたいな展開は好きじゃない
責められるのが辛いとかじゃなくて、物語主人公の自己陶酔に浸る為だけに動いてるような気がするから
707 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 22:29:28 ID: uLhJPm/Azq
やっぱ主人公の設定って重要だよなぁ。
最近自分の読んでる漫画雑誌でいわゆる異世界ものが2つ同時に始まったんだが
1、主人公うぜぇ。
2、主人公かっけぇ。
という感想になった。

ストーリーの好みもあるとはいえ、似たような無双してるのに考えが逆になるのは主人公のせいだと思う。
708 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 22:37:47 ID: UOAMeItfZw
それぞれ別の感想になるってことは似てるようで二つは別物で別の味わいがそれぞれにあるって事じゃないの
似たような無双だからこうあるべきなんて形はいだろうしね

個人的には主人公うぜぇと思うのと作品が面く思う思わないは別だと思うし、うざい主人公もそれはそれでその作品のあじだろ
709 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 23:04:39 ID: 5Tz3GQW/dG
Re:ゼロ主人公はウザイ・・・けど作中でもその事ちゃんと摘されてるし
本人も自覚してるし何よりそうなった、そうしてる理由も描かれてて
それが世界観や主人公を取り巻く環境に深く関わりを持ってるもんな

嫌いな人はとことん嫌いだろうけどはそれがあるからRe:ゼロは好きになったな
710 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 02:00:24 ID: IPTrUVZZ5z
>>705
挫折による成長の話を書いて、そのキャラの「成長」が読者に納得できないものだと、逆に反発招いてむしろ書かない方がよかったのでは…(挫折の話が丸々駄話になり、主人公への嫌悪が強まる)みたいなことになる可性はあるな。成長させるのに挫折は必ずしも必要ではないし(さして落とさずに上げる展開でも評判いいのは幾らでもある)、上手く書けないなら下手に入れる必要もないし。

あと時々、ちゃんと細かく話を練った結果と言うより、主人公が上手く行き過ぎると主人公補正だと揶揄されるかもしれないから挫折話入れました、みたいな予防線じみた感じで書かれた話があるのが…しかも大抵読者に対し効果はない。
711 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 02:18:23 ID: mS3NCVySSw
>>709
ウザさとか最悪な感じの性格自体が良さになってるようなキャラも居るし、ウザい・嫌いだからこの主人公は駄だにはならないとはすごく思うな
それは自覚してるしてないも含めて

砂ぼうずとかハーメルンのバイオリン弾きとか最悪でウザい主人公だけどそれが最高に良い味を出してるし
NHKにようこそ!も基本的には駄目人間という主人公ストーリーとして面いし
割とウザがられてる時がある劣等生お兄様なんかもあのキャラはあのキャラで魅あるとも感じるし(あそこまで突き抜けたのもいだろ)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015