編集  

主人公単語

シュジンコウ

主人公とは、「中心人物」をす単であり、娯楽作品の物語視点提供する者か、体となる登場人物をす。

概要

主人公」とは元々は「」の「人」をす単であり、「人」の敬称として使われていた単である。

娯楽作品における主人公

一般的には主人公体となって物語が進んでいく訳だが、物語の内容や演出によって印や役割は異なる。

読み手やプレイヤーの分身、あるいは読者に「視点」を提供する者を主人公とする場合
ゲームなどでは人格が設定されていない場合がある。また人格があるタイプの者でも癖は強くなく
プレイヤーはそのキャラの心情を直接見ることができる場合が多い。

逆に、強い心や明確な意思を持って物語を引っっていく中心人物を主人公とする場合
プレイヤーはその人物の行動を第三者として見守ることになる。
プレイヤーが「軍師」や「守護霊」のような補助的な立場で物語に参加していると明示される場合もあり
この場合は、最悪主人公に一時的に裏切られるという事態もありえる。

主人公の類型

たとえばRPGや冒険物などでは、勇敢で正義感の強い10代くらいの少年という印が強い一方で、何の変哲もない普通少年がとある理由でゴタゴタに巻き込まれ、その中で人間的成長を遂げる、という方向も見られる。
不意を突いてオヤジ主人公だったりすることもある。ただし、稀に全く同等に主人公が二人いたり
主人公がいない群像劇であったり、人ではなくチームそのものが主人公だったりすることもある。

また、恋愛シミュレーションゲームでは恋愛に方向が進むという特性上、主人公は何かと異性との交流に恵まれている場合が多い。しかし、ただ恵まれているだけの者は少なく、油断するとする者を失ったり最悪niceboat.という危機的状況に同時に立たされている者もまた多い。多くの主人公はその状況を常人離れしたや不屈の頑りや抜群の立ち回りの良さで乗り切っているのである。
その頑りぐらいは見習いたいものであり、見習えるなら現実でもきっと上手くいくはずである。

アクションシューティング不思議のダンジョンのようにストーリーより体感やシステム重視のゲームの場合
マリオを始めとする任天堂キャラシレン博麗霊夢のように毎回同じ人物が主人公として登場し、
そのシリーズと共に定番化している場合も多い。が、この場合理なストーリーは作れない。
この問題を解消するため、リンクゼル伝)やリュウBOF)のように、毎回別人だが名前と一部の設定を引き継いでいる、という者もいる。

格闘ゲーム等、使用できるキャラが複数いる場合は癖のないバランスである場合が多い。

プレイ中は半分自分であるためか、主人公というポジション萌え属性となるケースはあまり聞かない
が、やはり決めるときゃ決めるのが主人公である。そうでないときはBADENDなのだから…

主人公補正について

一般に、主人公になるキャラは多くの点で他のキャラクターよりも何かと優遇されており
ゲームではステータス上も一回り強くなっていたり、エロゲでは妙にモテるなど特典が多い
これをして「主人公補正」という場合がある。
先の通り、原則として物語の最初から最後まで中心に居続けなければならないうえ、
負けると話が終了してしまうため常に高いポテンシャルめられることに起因していると思われる。
ゲームでは強制出撃になったり死ぬとゲームオーバーだったりという理由で強くされているという事情もある。

ある種ご都合主義なのかもしれないが、中心に立ち重責を担う人間は強くなりやすい傾向はあり
逆に「強いから(潜在が高いから)主人公になったという見方もできる。

以上の「お約束」を逆手に取り、絶対に死なないことを正式な設定としたのが「装甲騎兵ボトムズ」のキリコ・キュービィーである。

降板された主人公たち

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC
ページ番号: 557713 リビジョン番号: 2607783
読み:シュジンコウ
初版作成日: 08/09/15 21:46 ◆ 最終更新日: 18/07/15 22:29
編集内容についての説明/コメント: 千兵衛も追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

主人公について語るスレ

867 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 12:28:45 ID: vGif4HblOk
同じ流れで「主人公のこの行動には共感できない」があるが、
自分に共感させなきゃ駄とかどんだけ傲慢なんだよと思うわ

恐らくその行動を取った本人は共感なんぞ必要としてないぞ
868 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 12:34:58 ID: XB6F57tzgZ
物語主人公を中心として見るもんだから、共感できなきゃ物語自体からも気持ちが離れていく
これは別に傲慢でも何でもなく、普通の事
ただ、主人公が何故そういう行動を取ったのかを考えもせず
自分が気に入らないから嫌だと否定してる傲慢だと思うが
869 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 12:40:54 ID: zSde+Cr2EH
主人公の後ろにずっとカメラがついてるような話ならそうだけど
破天荒主人公に、突っ込み役の常識人がついてくみたいなパターンの話もあるし
群像劇というのもある
870 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 12:58:28 ID: XB6F57tzgZ
そもそも作り手はかしらが共感を得られるように作ってる
破天荒キャラに突っ込み役の常識人がついてるのは、共感の妨げをくすためだし
群像劇もそれぞれのキャラに普遍的な共感部分を持たせるように作る
共感できない人間はその作品のターゲットではなかったというだけ
871 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 20:49:54 ID: mS3NCVySSw
登場人物たちが各々に色々な所がぶっ壊れてる(倫理観だったり考え方だったり)作品を知ってるが
共感することは出来ないが単純に面かったけどな、登場人物たちが殺人者なのもあってあれに共感出来るのは若干危ない人にも思うし
常識人がまったくいない作品も多いしな
名作品で言えばドラゴンボールも共感という部分では薄いキャラが多いとは思うけどね(サタンみたいな一般人に近い視点もあるけどでずっぱりではないし)
ダーティペアなんかも部長常識人ポジだろうけどメインは二人のハチャメチャ観、部長部長でたまに壊れる時あるし
シティハンターとかかっこいいけど共感という意味ではにだろ
872 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 22:38:54 ID: T+b07G2n+F
なんかそう聞くと共感と感情移入(本来の意味)って結構別物なんだと感じるな
感情移入って、最近聞く言葉だと「推し」が一番近いと思う

共感は出来ないけど応援したいキャラみたいなのはいるし
873 : ななしのよっしん :2018/08/02(木) 13:15:56 ID: YN1Agos5Ez
荒木飛呂彦キャラに重要なのは何をしたい人なのかという「動機」で、それに対する行動に共感や興味を得ることが重要と言っているな
ボスは成り上がる事や保身など醜いが人間が持っている欲求を動機とすることで、正しくなくても「共感」を得ることができればカリスマ的な悪のキャラになる
共感さえ貰えれば悪人でも主人公にできるが、醜い欲望自然倫理観で好ましいと受け入れさせるのはハードルが高いとも
874 : ななしのよっしん :2018/08/03(金) 01:45:28 ID: BSMEUzSyQE
>>872
そういうのだとドストエフスキー罪と罰なんかが当てはまるかな
ラスコーリニコフのイカれた思想には全く共感できないしやってることは全に悪人なんだけど、感情移入の度合いは凄いし捕まって欲しくないと感じた
875 : ななしのよっしん :2018/08/03(金) 03:37:16 ID: zF0q0jSjvv
感情移入と推しは別々だよ。共感、感情移入、推し、それぞれ別の意味がある
876 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 08:29:44 ID: FyZHNUKoTX
動く絵に何めてんの
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829