単語記事: 主人公補正

編集  

なぜ死なないか教えてやろう
役だからだ

ニケ(魔法陣グルグル)

主人公補正とは、そのキャラクター主人公であることによって受けられる、さまざまな恩恵のことである。

概要

主人公補正と言われることが多いが、主人公が中心で物語を引っる「役」と同一である場合に強く働く補正のことでありどちらかと言えば「役補正」と言うほうが近いと思われる。

その定義については議論の的であるが、大まかに言えば
物語作者が、作劇の都合上、主人公を優遇する展開を描くこと」
である。多くの場合、読者視聴者が気に留めるほどのものではないが、デウス・エクス・マキナご都合主義に通じる概念であり、度が過ぎると好意を持って迎えられることはない。

主人公物語役であるとき、その物語主人公のために、主人公はその物語のために存在する。よって主人公が頑れず、あまつさえ死んだり諦めたりしてしまったりなどすると物語が進まなくなってしまう。しかるに、主人公は途中であきらめるわけにはいかず、並大抵のことでは死ぬことがあってはならない。

故に主人公物語を進行してもらうために、主人公に対して致命的な現が起こらず、また主人公に有利なことが起こりやすくなってしまう。これを主人公の特典であると考えたものが「主人公補正」である。

具体例を一つあげてみる。
とある現代を舞台にした物語で、主人公(を含めた数名)に温泉旅行をさせたかったとしよう。
ここで、例えば小具として福引きを登場させ、主人公(先述の通り、別に他のかでも良い)に福引きを引かせる。
するとどんなに確率が低かろうが、その人物は温泉旅行券を引き当てることになる。

この「福引きで当たりを引く」の部分が、いわゆる「主人公補正」と言えよう。

装甲騎兵ボトムズ主人公であるキリコ・キュービィーはこの主人公補正を逆手に取った設定の代表例である。
作中では「主人公は死なない」という部分を極端に掘り下げ、「異能生存体」 と呼ばれる何があっても死なない人間として主人公を中心に物語が進行している。

また主人公が高すぎる事をして主人公補正と呼ばれる向きもあるが、意見の分かれるところである。この辺りについてはメアリー・スーの項も参照されたい。

主人公補正の例

主人公補正の逆説

 読者視点で見ると、確かに主人公を中心に都合よく物語が回っていることは多い。
しかし、例えば実在の偉人の伝記がそうであるように、主人公だから都合よく進んでいるのではなく、最後まで運と実でやり切ったからこそ数あるキャラの中から主人公に選ばれたという見方もできる。
それ以上に、全にがんばらない主人公はかなり少なく、多くの主人公が話の中心に立ったがためににぶち当たり、並々ならぬ努をし、自分の信念を貫き、仲間のために奔走しているわけで、主人公という立場に意地で立ち続けたことがそのを作ったとしても不思議ではない。
そして、何であれそこまでやり遂げたカッコよくないはずがい。

どんな人間でも行動すれば成長するわけで、所詮ご都合主義と言い切れない部分もある。

関連動画

フィクションの世界での主人公補正

動画の15:43あたりから

現実世界での主人公補正


※この物語主人公がここに至る苦難の過程も含める

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E8%A3%9C%E6%AD%A3
ページ番号: 4375214 リビジョン番号: 2390455
読み:シュジンコウホセイ
初版作成日: 10/06/05 19:48 ◆ 最終更新日: 16/08/03 21:39
編集内容についての説明/コメント: 冒頭部の「主人公補正」を太字化しました。「関連項目」に「プロットアーマー」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

主人公補正について語るスレ

475 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 17:16:12 ID: /WOtjckCem
>>473
設定が過剰だからってラスボスを倒しに行ってとっとと帰るべきなんて考えは作中の登場人物は一切の駄な行動をするべきじゃないし効率的に動く以外認めないにしか見えないけどな
ラスボスを倒すのが最大の的でそれ以外の的がまったくない流れならその理屈もわかるけど
物語的に必然じゃない設定は要らないのかって話もあるし、特に異世界へ召喚される物って基本的に主人公は勝手によばれた形で基本的にはその世界とは関係だし
お前はそんだけのを持ってるんだからとっととラスボスを倒しに行けなんて言われるのは単なる横暴にも思うけどな
まあどっちにしろ個々の作品次第であって「魔王なんかのラスボスデコピンで倒せるに全ての魔法を操り限の魔を持つ」という設定自体に問題なんていと思うし
とっととラスボス倒して帰れよとしか言えない状態なんてそれこそと鼻の先にラスボスが居るとかだろうしそういう感じのはあんま見た覚えがいな
近くに居るなら居るで魔王なりの仲良くなる作品もあったりするし

個人的にはT
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
476 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 17:26:46 ID: bAtuj66rs1
>>473
>多くの人がその作品を嫌いになる
視聴者の中で興味ないならともかく嫌いになるのは全体でも一部だと思うけどね
嫌いになるのも単に作が合わないだけって気も
嫌う人が全くいない少ない作品にすべきだってのは作品の幅を狭めるだろうし

ラスボスを楽に倒せるはとっととラスボスを倒して帰る以外はしてはいけないのかね
そもそもラスボスを倒して帰還する話にその作品はなっているのかというのもあるし
単純にラスボスを倒すという明確な標があって倒すことで帰還出来てラスボス殺できるほどのを持ちかつラスボスに即会える状態で
仲間集めやら世界を探検や行くのを保留にしてる理由が全くない作品が浮かばないというのがあるからなんだが
477 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 17:40:05 ID: LztOEv560N
俺TUEEEEの場合「物語上これは必要な要素か?」と言えば必要な要素だからその内容には該当しないだろ、俺TUEEEEなのに主人公の設定が弱くてどうするの
多くの人が~ってのどこの多くの人なのか太宰メソッドにしか見えないし
そりゃ好き嫌いの好みはあるだろうけど嫌いな人も居る一方で一定数の需要もあるだろう
478 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 00:50:39 ID: zxGs1O4eG+
>>475, >>476
言い方が悪かったのかもしれないけど「設定が過剰だからラスボスを倒してとっとと帰るべき」とは言ってないよ
>>469玉に挙げた作品の問題は、設定が過剰なのにもかかわらず、その過剰な設定が要らないはずの「上と同じ展開」しかしないところにあるんだから
物語を楽しんでもらう工夫としてじゃなくて、単なる自己満として設定をゴテゴテ盛ってるってこと
それが許容量をえて読者もたれを起こさせたとき、その作品はメアリー等々と揶揄されるようになるんじゃないかな?

>>477
の周りでは「俺TUEEE」は、主人公がとにかく強くて万っていう作の中でも出来の悪いもの、読者を納得させられないもの、
そういう出来の悪いものに対する蔑称という意味で使われる言葉だったからそういう言い方になった
けど俺TUEEEを1つのジャンル名と捉えてる人もいるんだね
479 : ななしのよっしん :2018/06/17(日) 17:34:42 ID: xt9KF1+4d9
>>478
>単なる自己満として設定をゴテゴテ盛ってる
それって悪い事かね裏設定も込みでとりあえず盛ってる物なんて色々あるだろ、それを全部使い切らないといけないわけでもいし

>読者を納得させられないもの
これが定義ならそもそも俺TUEEE作品かどうかって決めれないと思うが、同じ作品を見ても納得した人は俺TUEEEじゃないというだろうし納得できなかった人は俺TUEEEだというと思うが

読者と言ってるけど読者自体意思統一されてない集合体だからな、あなたの定義だと全ての作品はメアリーであってメアリーではなく
全ての主人公が強くて万って作品は俺TUEEEであり俺TUEEEではないになるだろ
読者個々人で許容量は違う訳でどのくらいの量ならちょうど良いかも千差万別
もたれや納得できなかった人の中での大きい連中が俺TUEEEやらメアリーやらレッテルってるんだと言ってるならまあわからなくもないが
俺TUEEE自体は作だったりそういう展開として捉えて
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
480 : ななしのよっしん :2018/06/18(月) 17:21:13 ID: f0THnPWE4S
ラスボス倒せるのにとっととラスボス倒して帰らいのが主人公補正だろ
481 : ななしのよっしん :2018/06/18(月) 17:33:33 ID: xUasvq7Ivd
それは引き延ばしであって主人公補正とは違うだろ…
主人公補正と同じ「ご都合主義」に属しているから親戚ではあるけど
482 : ななしのよっしん :2018/06/18(月) 17:39:13 ID: GiDti9+z3n
>>480
それは主人公補正ではくて単なる物語の都合かもしくは倒されないという意味でラスボス補正なのでは

それ以前にそこだけピックアップして倒せるのに倒して帰らないのは主人公補正みたいに言われてとも思うし
ラスボスを倒すのがその物語のすべてなのか、ラスボスを倒したら帰れるのか、帰る場所があるのか、そもそも主人公たちの的や標は、作品としてのメイン部分は何なのか
なんというか色々な要素が絡む事なのに内にあるなんらかの物語や想定を短く言う物だから何言ってるんだって感じになってないかね
483 : ななしのよっしん :2018/06/18(月) 17:49:16 ID: n9wawdhyQg
発言者も含めてそれぞれの人がそれぞれ想定してる作品が違うからかみ合わないんだろうな
>ラスボス倒せるのにとっととラスボス倒して帰ら
これだけだと引き延ばしなのか必然がある事なのかご都合主義なのかわからない、とっととラスボス倒して帰らないのに本当に理由がいのかって話で
理由がいとしたら正直にはどういう状態かがわからんな、ラスボスと思わしき物を倒せるほどのを持ってても倒しに行かない作品はそれなりに浮かぶが
ラスボスへのが遠いやらそれより今を楽しもうとしてるのだったりラスボス倒しても帰れるかわからなず帰れる方法を探してたり各々理由はあったし
484 : ななしのよっしん :2018/06/19(火) 00:44:03 ID: f0THnPWE4S
だからさっさと帰らない理由付けしてるのに全く視とかないわ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829