単語記事: 主人公補正

編集

なぜ死なないか教えてやろう
役だからだ

ニケ(魔法陣グルグル)

主人公補正とは、そのキャラクター主人公であることによって受けられる、さまざまな恩恵のことである。

概要

主人公補正と言われることが多いが、主人公が中心で物語を引っる「役」と同一である場合に強く働く補正のことでありどちらかと言えば「役補正」と言うほうが近いと思われる。

その定義については議論の的であるが、大まかに言えば
物語作者が、作劇の都合上、主人公を優遇する展開を描くこと」
である。多くの場合、読者視聴者が気に留めるほどのものではないが、デウス・エクス・マキナご都合主義に通じる概念であり、度が過ぎると好意を持って迎えられることはない。

主人公物語役であるとき、その物語主人公のために、主人公はその物語のために存在する。よって主人公が頑れず、あまつさえ死んだり諦めたりしてしまったりなどすると物語が進まなくなってしまう。しかるに、主人公は途中であきらめるわけにはいかず、並大抵のことでは死ぬことがあってはならない。

故に、主人公物語を進行してもらうために、主人公に対して致命的な現が起こらず、また主人公に有利なことが起こりやすくなってしまう。これを主人公の特典であると考えたものが「主人公補正」である。

具体例を一つあげてみる。
とある現代を舞台にした物語で、主人公(を含めた数名)に温泉旅行をさせたかったとしよう。
ここで、例えば小具として福引きを登場させ、主人公(先述の通り、別に他のかでも良い)に福引きを引かせる。
するとどんなに確率が低かろうが、その人物は温泉旅行券を引き当てることになる。

この「福引きで当たりを引く」の部分が、いわゆる「主人公補正」と言えよう。

装甲騎兵ボトムズ主人公であるキリコ・キュービィーはこの主人公補正を逆手に取った設定の代表例である。
作中では「主人公は死なない」という部分を極端に掘り下げ、「異能生存体」 と呼ばれる何があっても死なない人間として主人公を中心に物語が進行している。

また主人公が高すぎる事をして主人公補正と呼ばれる向きもあるが、意見の分かれるところである。この辺りについてはメアリー・スーの項も参照されたい。

主人公補正の例

主人公補正の逆説

 読者視点で見ると、確かに主人公を中心に都合よく物語が回っていることは多い。
しかし、例えば実在の偉人の伝記がそうであるように、主人公だから都合よく進んでいるのではなく、最後まで運と実でやり切ったからこそ数あるキャラの中から主人公に選ばれたという見方もできる。
それ以上に、全にがんばらない主人公はかなり少なく、多くの主人公が話の中心に立ったがためににぶち当たり、並々ならぬ努をし、自分の信念を貫き、仲間のために奔走しているわけで、主人公という立場に意地で立ち続けたことがそのを作ったとしても不思議ではない。
そして、何であれそこまでやり遂げたカッコよくないはずがい。

どんな人間でも行動すれば成長するわけで、所詮ご都合主義と言い切れない部分もある。

関連動画

フィクションの世界での主人公補正

動画の15:43あたりから

現実世界での主人公補正


※この物語主人公がここに至る苦難の過程も含める

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E8%A3%9C%E6%AD%A3
ページ番号: 4375214 リビジョン番号: 2390455
読み:シュジンコウホセイ
初版作成日: 10/06/05 19:48 ◆ 最終更新日: 16/08/03 21:39
編集内容についての説明/コメント: 冒頭部の「主人公補正」を太字化しました。「関連項目」に「プロットアーマー」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

主人公補正について語るスレ

442 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 01:35:20 ID: gf9DKbaHE0
そりゃそれを含めたら使われてるわな
>>435で言われてるものとそれは実質勝利しているという点で全く違うけど
443 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 12:19:28 ID: H39wTIs8bc
ガルパン全に主人公補正入ってるけど、ダー様の前ではと化す。
444 : ななしのよっしん :2016/09/07(水) 08:45:28 ID: ZtIXgZAZcG
最強主人公タイプって、純俺tueeeeeの為以外にも敵側に感情移入させ応援させる為に
あえて主人公最強にしてるってケースもあったりするな。例えばああ播磨とかがそれ。
主人公が既に横綱と言う最強の位置にいて、他の力士主人公に挑むに至るまでの色々な
ドラマやら何やらを描いたりして(その中には普通なら如何にも勝利フラグっぽく思われそうなのも
あったりして)読者を相手力士の方に感情移入させた所で主人公に敗れ散って行くって言う。
445 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 10:26:29 ID: C7MjB2z8pw
一度負けた後でリターンマッチで勝利が飽きられないのは
戦隊ウルトラマンみたいな1話で起承転結が成り立つ形式ならの話でしょ
446 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 13:22:09 ID: wquwZHLIUP
>>400
亀レスだけどそれは長門有希という「作品の売り上げの大半を担う程の人気キャラ」だから成立したものだと思う。
同じことをみくる鶴屋さんがやったらかれると思うぞ。
447 : ななしのよっしん :2016/10/12(水) 12:21:51 ID: ZtIXgZAZcG
明らかに最後に倒す事前提の巨敵がちょっと主人公の前に顔見世的に表れて、
圧倒的なの差を見せ付けて去って行くってパターンも割とあるけど、こういうのもいけないの?
448 : ななしのよっしん :2016/10/18(火) 04:54:43 ID: Cj1OHd59Hx
>>447
>>439で触れた荒木飛呂彦の理論(彼はプラスマイナス法則と呼んでいる)になぞらえるなら
その敗北がきっかけで話が後戻りする事なくプラス方面に進展するなら問題ないと考えられる

例えば、ジョジョにおいてのそういう場面を振り返ると
二部:負けはしたが、結果的に修行を通してパワーアップするプラス方面へのきっかけが生まれている
四部:吉良には負けたが、戦いの中でエコーズの成長というプラスが描かれた
五部:チーム全員ボスに立ち向かう、新しいプラス的が生まれるきっかけが描かれた
と、結果的にストーリープラスの方向に進んでいるのがわかる。そして後退していない

ただ>>439でも書いたけど、話が面くできる理由があるならこの法則視できるそうなので、そういう例外に当てはまっているのが理由、という読み取りも可かも
ジョジョの場合だと、一部序盤でひたすらジョナサンされる展開。ディオ悪役ぶりを描く為に敢えて法則に反した展開に
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
449 : ななしのよっしん :2016/10/18(火) 05:21:56 ID: 3EHmdIemlo
昔、攫われたを救うために子供達が敵とパズル対決をするっていう天テレみたいな番組があって毎回ではないけど楽しみに見てた
その最終回が、ラスボス戦のパズル主人公サイドの子供達が解けなくて負けてオワリ→爆発オチっていうひでえ最終回だったけど
今思うとゲームで負けルートに入ったようなものだな
450 : ななしのよっしん :2016/10/18(火) 06:06:29 ID: cpRbJEz0wV
>>449
クイズバーチャQだっけ
なんかがキレて敵踏み潰して終わった
451 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 18:37:20 ID: ZtIXgZAZcG
ウルトラマンオーブは苦戦や敗北も頻繁にやってるんだけど、役が情けない…じゃなくて、
敵の方が強いんだって言うのがちゃんと表現出来てるから案外気にならないんだよな。
ここ最近はマガオロチギャラクトロン・ゼッパンドンラスボス級の格を持った
立て続けに出て来るボスラッシュ状態だったし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015