単語記事: 九尾の狐

編集  

九尾の狐とは、9本の尻尾を持つ妖怪である。

概要

は古来より精霊妖怪に近く、なんらかのを持つ動物とされていた。年を経て妖を増した尻尾が増えていき、最終的には9本まで増えるといわれた。これが九尾の狐である。九尾(きゅうびこ)、九尾の妖狐、尾裂(おさき)などともよばれる。後述するように、吉兆をもたらす獣とされる場合と、人を惑わす妖怪とされる場合がある。

九尾の狐が最初に文献に見えるのは中国最古の地理書『山経』で、「南山経次一経」の丘山の項に、

丘山に獣がいる。のような姿かたちで、尻尾が9本ある。赤ん坊のようなで鳴き、人を喰らう。逆にこれを食べた人間は邪気を退けることができる。

という旨の記述がある。また同じ『山経』「東山経次二経」の鳧麗(ふり)山の項には、

のような姿で頭と尻尾が9つあり、虎のを持つ。名前をリョウ蛭(りょうしつ)[1]という。赤ん坊のようなで鳴き、人を喰らう。

という記述も見られる。

3世紀ごろ、西の時代に『山経』に追加された「大荒東経」では、上記の記述に加えて「下泰の時代に現れる」と書かれ、瑞獣とみなされている。それより以前、後漢時代の『白虎通義』では子孫繁栄のとされた。唐代の歴史書『周書』や北時代の『太広記』などでも同様に幸福と平和をもたらす界の聖獣と書かれている。日本においても、安時代の『延喜式』では獣とされていた。

これと同様のものに「」がいる。千年生きた獣となり、体毛はく、眼は色にき、千里先までを見ることができるという。尻尾が4本、もしくは9本だといわれる。なお古代中国などではがさらに二千年生きると「」となり、狐耳を持つ人の姿をしたになるとされた。一方江戸時代日本では最上位とされていた。

白面金毛九尾の狐伝説

かように古くにはなものとみられていた九尾の狐だが、日本では時代が下ると絶世の美女に化けてを傾ける妖怪九尾の狐」としてられるようになる。とてつもない妖を持つ妖怪で、その名のとおり顔はく毛は色にいているという。その実体はの姿をしているとも、尻尾を生やした人間の姿をしているともいう。

このベースとなったのは後述する「玉藻前」の話で、これが江戸時代歌舞伎人形浄瑠璃などによって中国インドにみられる同様の傾美女伝説と結びつけられて広く流布した。近年の数多くの創作作品に登場する九尾の狐もこれらの影を強く受けていることもあり、現在ではこちらのイメージのほうが広く知られている。

ただしここにられる伝説の元となった話には、いずれも「九尾の狐」がはっきりと登場するわけではない。
玉藻前室町時代の『玉藻の』などでは二尾のとされており、現在のように九尾の狐として扱われるようになったのは妲己褒姒らと同一視されるようになってからのことである。
また妲己についても「千年精」との記述はあれど、尾の分かれたであるとの描写はない。前述の、千年生きたは九尾となるという言い伝えから、九尾の狐へと連想が繋がったものと思われる。
更に陽夫人および褒姒については、大元ではと結び付けられてすらいない。これらの話が日本に入ってきた際に、傾美女という共通項から玉藻前妲己伝説と結びつき、日中印の三を渡りを傾けた九尾の狐の話として流布されるようになったのである。

その当たりをふまえたうえで、以下に「九尾の狐」としてられる話を紹介する。

妲己(だっき)

紀元前11世紀頃、殷の辛(紂王)の后に妲己(だっき)という女がいた。その正体は実は千年精という千年を生きた化けで、紂王のであった寿というを食い殺し、その身体を乗っ取っていたのである。

紂王はあっさりと妲己に惚れ込み、妲己の言うことなら何でも聞くようになった。元いた皇后は殺され、皇太子すら流罪となった。紂王と妲己の乱痴気騒ぎをしたり、税を厳しく取り立てたり、実の人々を残虐な刑罰にかけたりなど、大いに暴政を振るってを傾けた。

このあまりの暴虐に反発した発(のちの周の武王)によって殷は滅ぼされ、紂王は炎の中で自殺した。妲己は捕らえられて処刑されることになったが、いざ刑執行というときになって、死刑執行人が妲己の妖しい微笑に魅せられてしまい、その首をることができなくなってしまった。そこで武王の軍師・太公望妲己に照魔鏡ラーの鏡のようなもの)をかざすと、妲己はたちまちその正体を現した。化けを起こして飛び去ろうとしたが、太公望が投げた宝によって体を3つに引き裂かれて地に墜ち、息絶えた。

陽夫人

妲己の死後700年ほどが過ぎた頃のこと。インド)に耶竭(マガダ)というがあり、斑足(はんぞく)太子という王子がいた。斑足太子は陽夫人という美女愛して妃としたが、その妃の言うままに千人もを虐殺するなど非を尽くした。

あるとき太子は庭園で一匹のが寝ているのを見つけ、で射た。すると次の日、陽夫人が頭の傷がもとで寝込んでしまう。そこで随一の名医・婆(きば)に診せると、夫人は人ではなく妖怪であるという。太子が山ので作ったで夫人を打ちすえると、夫人は九尾の狐の正体を現わして、北のへ飛び去っていった。

褒姒(ほうじ)

殷を滅ぼした周の武王から数えて12代目王の時代。褒褒姒(ほうじ)という絶世の美女がいた。褒姒の出生ははっきりしていないが、周の機嫌を損ねた褒によって周に献上されたであった。褒姒はやはりく間に王の寵をほしいままにし、王の皇后だった申后をおしのけて后となった。

ところがこの褒姒、なぜか全く笑うということをしなかった。王は褒姒笑顔を見ようとあれこれ手を尽くした。あるときを裂く音を聞いた褒姒が、何が面かったのかわずかに笑みを浮かべたのを見て、王はを大量に取り寄せて片っ端から引き裂いた。褒姒はそれを見てやはりわずかに笑みを浮かべたが、次第にそれでも笑わなくなった。

そんなおり、非常時に召集をかけるための烽火が手違いであがってしまうということがあった。有事でもないのに都に集まった諸侯たちのポカーンとした表情を見て、褒姒笑顔を浮かべた。これを見て喜んだ王は、その後も何もないのに烽火をあげて、諸侯たちを集めるということを繰り返した。褒姒はそのたびに笑顔を見せたが、諸侯たちは呆れ果て、やってらんねーよと次第に不満を持つようになった。

そして遂には、堪えかねた一部諸侯と申后の・申侯の一族、そして北方の異民族が手を組んで、周に反乱を起こした。王は烽火をあげさせたがいわゆる少年状態、「どーせまたいつものお遊びだろJK」と考えた諸侯たちはすぐには集まらず、王は捕らえられて処刑された。褒姒も捕らえられたが、いつの間にか行方知れずとなっていた。一説には、に化けて逃げたともいう。

褒姒エピソード九尾の狐のものとしてられる場合、前述の陽夫人のあとにくることがあるが、史実ではこの出来事は紀元前771年、一方前項の耶竭インドに存在したのは紀元前6世紀~1世紀と、時系列が入れ替わってしまっている。この矛盾を嫌ってか、九尾の狐関連の作品で褒姒エピソード省略されることもある。

玉藻前(たまものまえ)

奈良時代は聖武天皇のころ。遣唐使・吉備備が日本へ帰る船に、いつの間にやら16、7歳の美少女が一人こっそり乗り込んでいた。玄界まで来たところで見つかったこの少女司馬元修の・若藻と名乗り日本見物に来たという。帰の前にして戻るわけにもいかず、そのまま乗せていったが、博多に上陸するとまたいつの間にやら姿を消していた。これが実は九尾の狐だったという。

それから三数十年が経った末期北面の武士坂部行綱の拾い子で藻女(みずくめ)という美しい少女がいた。藻女はやがて鳥羽上皇に仕える女官となり、美しいだけでなく非常に博識だったことから上皇の寵を篤く受けるようになった。

あるとき内裏で詩歌管絃の遊びがあり、鳥羽上皇は藻女を連れて参加した。そのさなか強いが吹き、蝋の明かりを全て消し去り、辺りは暗闇に包まれた。すると藻女の体がりだし、辺りを煌々と照らしたのである。その様がく玉のようであったため、このときから藻女は玉藻前と呼ばれるようになった。

鳥羽上皇玉藻前を更に気に入り、とうとう契りを結ぶことにした。ところが契りを結んだ後、上皇は急に病にす。医者に診せても原因もわからず、日に日に病状は悪化するばかり。そこで陰陽師安倍泰親[2]を呼んで診せたところ、その原因は玉藻前、しかもその正体は妖獣で、に近づいてその命を縮め、を乗っ取ろうという魂胆だという。

泰親はこのことを上皇に申し上げたが、玉藻前を溺する上皇は信じず、病は更に重くなる。そこで上皇の病を治すためとの名で「泰山府君」というの祭をおこなって、玉藻前の正体をあぶりだすこととなった。の代理として祭の幣取りの役を任された玉藻前は、祭文が読み上げられるやいなやその形相を変え、九尾の狐となって飛び去った。泰親が咄嗟に四色の幣を取って投げつけると、青色の幣が玉藻前のあとを追っていったので、「妖孤はい弊があるところに隠れている。見つけ次第都に知らせよ」とのお触れを出した。

青色の幣が見つかったのはそれから実に17年後。下野現在栃木県那須の領が、那須野原い弊が落ちていると報告を寄せた。またその地では妖孤が女子供をさらうなど悪行を働いているということで、速討伐軍として三浦介義明と上総介広常という二人の武士陰陽師安倍泰親、そして8万を越える大軍勢が送られた。

九尾の狐を発見した討伐軍はこれを打ち倒そうとするものの、流石に大きな神通を持つ妖怪とあってそう簡単には捕まらず、仕方なく一度は引き上げる。再び那須野に出向いて狩ろうとするも、七日をかけても成果はあがらない。この事態に三浦介と上総介の二人は、もし万が一討伐に失敗して恥をすような羽になったら、生きて故郷を拝むまいと不退転の決意の元に々に加護を祈った。すると、三浦介の夢の中に20歳ほどの美女が現れて、どうか命を奪わないでと泣き落としにかかってくる。これはが弱っている拠と考えた三浦介は、「だが断る」と一両断、チャンスとばかり最後の攻勢に打って出た。そして逃げる三浦介が放った矢が見事命中、九尾の狐は息絶えた。

その直後、は巨大な石と化した。石からは気が発せられ、近づいたや獣はその邪気にあてられて倒れた。それを見た人々は石を「殺生石」と呼び、怖がって近づかなかった。それから二数十年後の室町時代、玄翁和尚がやってきてで石を打ち砕くまで、殺生石は猛威を振るい続けた。なおこの時砕けた石のかけらが、高田の名をもつ3つの場所に飛び散ったという。

創作作品における九尾の狐

九尾の狐妖怪の中でも特にを持ったものであり、その知名度も大きいことから数多くの作品にこれをモチーフとしたキャラクターなどが登場する。なものを以下に挙げる。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *リョウは「」のしたに「
  2. *安倍明とする話もある。但し明は泰親の5代前であり、当然ながらこの時代に生きてはいない。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B9%9D%E5%B0%BE%E3%81%AE%E7%8B%90
ページ番号: 4156853 リビジョン番号: 2515113
読み:キュウビノキツネ
初版作成日: 09/09/10 13:13 ◆ 最終更新日: 17/08/15 10:17
編集内容についての説明/コメント: 記事名変更([生]pork hj -> [単]九尾の狐)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


背中がかゆいけどかけない

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

九尾の狐について語るスレ

132 : ななしのよっしん :2016/07/12(火) 16:27:32 ID: 0NgPvh2ESl
東亰ザナドゥにもラスボス(一応隠しボス)として登場
名は九尾ノ
133 : ななしのよっしん :2016/07/22(金) 20:41:44 ID: 8LqAKQXQJt
記事が本当なら創作物で一番再現度と悪役度高いのはやっぱうしおととらだと気付いた
134 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 21:23:09 ID: kv/1Rc3HC+
コマミソナインテイルズという隠しボスもそうかな
135 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 15:13:08 ID: R7Tq0fsFxy
もんむすのたまも
136 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 01:10:11 ID: yTZjP5xAUX
>>133
あいつは九尾の狐にしては強すぎる。
世界の陰の気を凝縮させた存在なんだから邪神みたいなものだろ。
本来の九尾の狐はあくまで妖怪だ。
137 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 21:33:44 ID: IqobPHjGYJ
俺屍の九尾りお戦国妖狐火は人間から変化した
138 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 21:38:00 ID: 8qaZ7iG79W
面の者はモデルは絶対に九尾だけど作中で一切「」との表記がないので、九尾をモデルにした「陰の気の大妖怪」、としか言えんな
139 : ななしのよっしん :2017/08/21(月) 02:53:47 ID: KlVm+MjbLg
メガテンならばIにそのまま「タマモ」がおるで。ついでに色違いの「テンコ」も
まあ、ちょっと調べたら登場これ一回しかないみたいだからメガテン的にはマイナー
140 : ななしのよっしん :2017/10/24(火) 22:33:22 ID: RzfYjCd4cH
>>139
ほかにも出てるのはあるで。昔の外伝ばっかりだからマイナーなのは否定できないけど。

女神転生Ⅱ』    鬼女タマノマ
真・女神転生』    妖獣タマモ/妖精センコ
魔神転生』    魔獣タマノマエ/妖獣センコ
魔神転生II』    妖獣タマノマ
ラストバイブルII』    タマモ/センコ
ラストバイブルIII』    タマモ/センコ/テンコ
ラストバイブルスペシャル』    タマモ/センコ

このほかに
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
141 : ななしのよっしん :2017/11/06(月) 12:53:58 ID: Fz2L0g1Xfn
九尾の狐がいるなら十尾のとか十一尾のとか十二尾のとかいても構わんと思うの
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829