単語記事: 亀

編集

とは、脊索動物カメ動物である。

曖昧さ回避

概要

同僚「カメってアレでしょ? でしょ? え、違うの、じゃあカエル仲間? あ、分かったヤドカリだ。だって殻脱げるじゃん!」

「……」

実話

カメってどんな生き物?

クサガメカメトカゲヘビワニなどと同じ爬虫類仲間。かつては原始的な爬虫類とされたが、実はワニに次いでと近縁であったりするらしい。

れっきとした脊椎動物であり、特徴的なあの甲羅は背によって構成されているため脱ぐ事は出来ない。つまりめちゃくちゃ背で肩やの内側に入っている。

に引篭もるのは良くないと余計なお節介で引き摺り出してもトカゲにはならないし、甲羅の中は直に内臓なので生物として取り返しのつかない事になる。絶対に止めましょう。

恐竜と同じ頃に現れ生き残り続けてきた、色々な意味で丈夫な生き物である。亀の骨格
ウミガメリクガメと名前からして生息域もかなり広い。大体よく泳ぐもの程甲羅がべったく軽い。
ガメラ温泉カメ、クサガメロボット等を含めると陸を制覇してしまう。

生息する地域や環境より、甲羅を首にしまう方法によって大まかに分類する。

ミドリガメのように上から見るとっ直ぐ、横から見るとS字になる物を潜頸亜(せんけいあもく)といい、較的新しく種類が多い。

ヘビクビガメ、ヨコクビガメのように上から見て横に首を曲げる物を曲頸亜(きょくけいあもく)といい、原始的。

怪獣など創作物は潜頸亜が圧倒的に多いというか、曲頸亜はあるのだろうか。カメーバはマタマタだった気がするが……

ミドリガメを飼うに当たっての諸注意

ミドリガメとは、現在ではほとんどがアメリカに生息するミシシッピアカミミガメの子供の事をすが、該当する種類は四十種類近く居たりする。

昔、サルネラ菌騒動で大量に捨てられたミドリガメだが、サルネラ菌はなどを含むほぼ全ての生き物に付いている物なので彼らが悪いわけではない。
動物に触ったら手洗いはきちんとしましょう。彼らの住処であるは同時に飲みです。替えも小まめに、清潔にしましょう。

小さくて可愛いと衝動買いされる事の多いミドリガメだが、成長すると実は甲長(甲羅の長さ)30cm近くなる。気楽に飼っていい大きさではないので先に飼育書やネット情報を集めましょう。

爬虫類両生類と違って日光浴が必須。
これは体温を暖める以上にカルシウムの吸収に必須なビタミンD3を体内で精製する為に必要な行為。
はその体を見ただけでも分かる通り大量のカルシウムを必要とする生き物です。
日光浴をしていないとが脆くなり、酷くなると甲羅が柔らかくなって最終的には死んでしまう為、日陰に置いてはいけない。かといって熱中症にだってなるので加減が大事です。

知識

ゼニガメとは元々ニホンイシガメの子供が銭のように丸い事から付けられた呼び名だったが、最近売られているゼニガメは大半がクサガメという別の種類。
オドントケリス

口にはなく嘴になっている。別に老化ではない。原始的なカメにはがあった。現在知られている最も原始的なカメはオドントケリスといい、ずばり「があるカメ」という意味。
2億2千万年前の中国に生息したオドントケリスには側にしか甲羅がなく、中で下から迫る敵に備えてのものだったらしい。復元図はそのような説を採用したもの。ただし異説もあり、背中にも何らかの装甲があった可性はある。

肺呼吸する生き物だが、中で冬眠するものは肛門から酸素を取り込める。

引っ繰り返るとそのまま死ぬように思われているが種類によって(ミドリガメなど)は首を使って自で起き上がれる。
ハコスッポン

スッポンは甲羅表面の質甲を失っているが、れっきとしたカメである。鈍重でかさばる甲羅がないため泳ぎは速く、底の泥に潜りやすい。鱗もないため皮膚呼吸ができる。オサガメという最大最速のウミガメも、潜による大きな圧変化に柔軟に対応するため甲羅が柔らかい。

は千年、は万年というが、均ではミドリガメなどヌマガメの仲間20年前後、リクガメ仲間50年前後。ギネスの最高齢はガラパゴスゾウガメの176歳。
176なんて数字になると一人の人間が死ぬまで観察するのは現代医学では不可能なためカメの最高寿命というのは信憑性が問題になる事が多く、非公式でなら200年以上生きたという話もある。

関連動画

 

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%80
ページ番号: 4230818 リビジョン番号: 2050319
読み:カメ
初版作成日: 09/12/13 03:21 ◆ 最終更新日: 14/07/07 20:26
編集内容についての説明/コメント: とりあえずこちらのマルチポストは私が対処しておきます。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


潜頸亜目 曲頸亜目

ミドリガメ

オドントケリス

インドハコスッポン

クサガメ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

亀について語るスレ

48 : ななしのよっしん :2015/11/24(火) 19:57:55 ID: bdTYM07xqQ
カメより飼育が簡単な生き物はそこそこいるんだろうけど、それぐらいも惜しむならペット飼うべきではないと思う。

自分から世話の手軽さを行っておいてこんなことを言うのは卑怯なんだろうが。

ペット買う事自体手間を背負い込むようなものだし
49 : ななしのよっしん :2015/11/28(土) 05:50:18 ID: LhnhAlYjiD
いや「手間が少ないほど初心者向け」という発想がそもそも違う気がするけど・・・

42はああ言ってるけど別に毎日変えなくてもいいし、たまに腐っても直ちに影はない
私が>>43で言いたかったのは、衛生管理が楽というのと、丈夫でうっかり死が少ないということ

さらに付け加えると、入手が楽・資材も簡単・都合による飼育中断も割りとやりやすい
あとカメは嫌う人間が少ないというのもね
50 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 18:06:30 ID: EcxIxbHx0g
を題材にした漫画エッセイとかあったら読みたいけどないかな?
51 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 03:37:27 ID: DzhsIg6I0P
いつか広いに住めるようになったらリクガメ飼いたい
意外と懐くらしいし
でも寿命的に考えて30代までがタイムリミットだな…
52 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 04:18:14 ID: 36R8ORHpCm
>>50
めてるのと違ってたらごめん。あんまりメインじゃないかも。
http://seiga.nicovideo.jp/comic/13431
53 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 16:32:16 ID: 7KG+F6BO6T
世の中色んな漫画あるけどメインは読んだことないなぁ
動物園漫画とか農業漫画とかは結構あるんだけどな
54 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 17:28:48 ID: LhnhAlYjiD
は冷血でおっとり系だから主人公キャラにはしづらいよね 脇役なら多いけど


カメ役のマンガめるんだったら、ノロマなイメージを払拭するのが大事
まず俊敏なニンジャ融合させて、ヌンチャクとかカタナを持たせて、
ニューヨークとかでアクションするようなのがいいと思うよ
55 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 03:32:29 ID: kEd2kmZv5m
ウサギカメの話からカメの持久について調べたが
リクガメは長時間歩き続けても疲れないような体構造になっているとか
横隔膜がい代わりに四肢を動かすことで連動して肺を動かすから
そのために強な持久を身に付けたんだとか
逆にウサギは短距離なら速いけど長距離はバテる
イソップさんはその辺見抜いていたんすかね
56 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 16:42:04 ID: Wo5h+mTBsD
シネミスガメラ 恐竜時代の中国のどっかで怪獣バカカナダ人が発見。暴。後ろ足の入る辺に、ステルス戦闘機っぽい突起が生えてて、飛びそうだからこう命名。

 ニンジェミス・オーウェニ 恐竜時代のオーストラリアで発見。当時カメに、首ひっこめるその発想はなかった」ので、首の後ろに突起が生え、それが鉢巻き巻いた某TMNTさんズに似るのでこう命名。ニンジェミスって前の名前のわりに普通に後へ古生物学界の偉人の名が付く。
57 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 16:48:42 ID: RjzHa7H5FM
>>56
いいらだなw
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015