単語記事: 二ッ岩マミゾウ

編集

二ッ岩マミゾウ(ふたついわ まみぞう)とは、ZUN上海アリス幻樂団制作弾幕STG東方Project」の登場キャラクターである。非公式ながら称はマミゾウさんマミゾウおばあちゃん、親分など。

東方Projectの登場キャラクター

概要

マミさん

種族 化け
二つ名 化け 十変化(神霊廟
僅有絶の外来妖怪茨歌仙
佐渡の二ッ岩求聞口授
捕らぬのディスガイザー(鈴奈庵
いつも驚きを提供する化け心綺楼
侵略せよ!宇宙妖怪深秘録
出演 東方神霊廟EXボス
東方茨歌仙
東方鈴奈庵
東方心綺楼
弾幕アマノジャク
東方深秘録←NEW!!
テーマ 佐渡の二ッ岩
幻想郷の二ッ岩

東方神霊廟EXステージボスとして初登場。
WIN版としては初の眼鏡っ娘である。

佐渡に人間とともに住んでいた、が仲が悪い等の台詞・設定から、元ネタ日本三名の一、「団三郎」と思われる。「二ッ岩大明神」というれっきとした格持ちの大妖怪である。
マミゾウという名はムジナを表す猯(まみ)&人をたぶらかす魔物を表す魔魅(まみ)に、団三郎の三を付けたと考えられる(実際に港区には「狸穴(まみあな)」という地名がある)。魅魔様マダー?

らしく頭に葉っぱタヌキに巨大なしましま尻尾につけているのは陶器の瓶と貸しの台帳だろうか?
そしてドロチラ

由緒正しい化けであり、妖怪撲滅をうたう人・豊聡耳神子が復活したため対抗手段として封獣ぬえが(独断で)呼び寄せた、外の世界に住む妖怪。しかしマミゾウが戦う前にすでに神子主人公たちに退治されていた。

自らの実について、それなりに強妖怪としての自信もあるようで、神霊廟」では軽いフレンドリーな話し方で、早苗に「いっちょ揉んでやるか」、妖夢には「みっちりと稽古を付けてやる」と発言している。

騒ぎの後は幻想郷に居ついたようで、命蓮寺魔法の森で活動している模様。幻想郷に来てからは、時に妖怪たちの相談相手になったり、命蓮寺妖怪たちが何者かに襲われた時は霊夢の仕業と勘違いし博麗神社抗議に向かうなどいろいろ頼りにされているようである。その一方たちと落ち葉を集めて堆肥を作るシノビジネスを始めたり、生まれたばかりの付喪を化けの宴会に参加させて妖を高め、一級の妖怪に育て上げて部下として迎え入れようとたくらむなど幻想郷での勢の拡大にも余念がい。「鈴奈庵」での宴会シーンや「心綺楼」での戦闘シーンなどの描写から、幻想郷の化けを既に相当数下に収めていると思われる。

おまけテキストによると「時には騙したりしていたが、貧しい人にはお金を貸したり、仕事を依頼されれば遂行したりと、ちゃんと人間社会に溶け込んでいたようだ。」とあり、また助けをめられてわざわざ佐渡からを渡ってやってくるなど、かなりいい人。「神霊廟」では後半で出てくるキャラ達はに一物抱えた者達が多いせいか、一部では「マミゾウさん神霊廟の良心」とまで言われた。その一方で的を妨した人物には厳しい態度を見せ、化けの宴会を妨した魔理沙に対して「人間情が」と高圧的な発言をし、怒りをあらわにしている。

一人称は「儂(わし)」で全体的に老人口調。ただ、本人としては口癖のようなものでさほど年寄りのつもりはないらしい。
東方三月精」に登場した化け一人称も「儂」であったので、化けは皆老人口調なのかもしれない。

能力

化けさせる程度の能力

物を化けさせるぬえと似ていて、物の姿を本来と違うものに見せるのようだ。ぬえが相手の認識に依存するのに対して、マミゾウは自分の発想に依存するようだ。自分自身を別のものに見せるのも可で、「神霊廟」では霊夢に、「鈴奈庵」では人間の姿に自らを「化けさせて」いる。

おまけテキストには、「は人を化かして戸惑う姿を見るのが大好物で、直接被を与えたりする事は余りない。満月になるとが増す。」「化けさせるという意味ではとは似たもの同士である。結局お互い、直接戦闘に役に立つ妖怪ではないようだ。」とある。
ぬえは「10人の話を同時に聞くが相手なら、分身10+1=11相当の妖怪を呼ばざるを得ない」とでも考えてマミゾウさんを呼んだのだろうか……(考察であり公式設定ではありませんのであしからず)

また、上記以外にも、「鈴奈庵」では絵本を執筆したり、霊夢が「インチキ技」を使わないと解けないような封印を施したりと多種多様なものに精通しているようである。

東方深秘録では、幻想郷の結界をもろともせずに外の世界自由に行き来できることが確認された。

鈴奈庵マミゾウ

東方鈴奈庵ではメインキャラ霊夢魔理沙小鈴阿求に次いで出番が多いのだが、大半は先述した人間に化けた姿で出る事がどである。
に人里に出入りする際、長長身の麗人に化ける。pixivではこのスタイルに「鈴奈庵マミゾウ」というタグが付けられている。
本居小鈴マミゾウに接し、格好いいと評している。煙管を手に取る姿が妙に似合う。

弾幕・戦闘スタイル

通常弾はランダムの全方位固定弾。色の一色で、外から来たばかりで「美しく魅せる弾幕勝負」には慣れていない初心者であることが伺える。また、化が変化する際にモクモクと上がる煙を描写している、との考察もある。

BGM解説によれば「弾幕勝負に向いてない」とのことで、スペルカードでは動物弾幕を飛ばしてくる独特なものになっている。
飛ばしてくるのは人で前半のスペカはそれぞれ個別に、後半では混ぜて飛ばしてくる厄介弾幕ケロちゃん爆発や横から波のように襲ってくる弾幕からコミケなどと既にネタにされている。
また、霊夢に化ける(ご丁寧に尻尾付き)。しかも、スペル名が明らか奇々怪界リスペクト

なお終盤の耐久スペルでは分身する(分身は恐らく眼鏡し)。4→6→10人と時間経過と共に分身が増えていく。変化弾幕の種類も多種多様で弾数も多く、今作の『耐久スペル初見でわかり辛い仕様変更』も相まってラストスペルより難易度が高めなスペカとなっている。

現在耐久スペルを取得しようとするとマミバグって落ちるので注意。パッチ修正に期待しよう。
パッチktkr

前作神霊廟と同じく弾や弾も使ってくるが、唐お化け釣瓶落とし、塗り、果てには百鬼夜行を召喚するなど、様々な古典妖怪を駆使して攻撃してくる。
……が、よくみるとこの百鬼夜行たち、みんな尻尾が生えている。
そう、この古典妖怪たちはマミゾウの部下たちが変化したものなのだ。ちきゆるされた!
当然たちは生身なので、相手の攻撃を食らうとあわれ変身が解けてダウンしてしまう。一定数が落とされてしまうと、下の葉っぱゲージに「たぬき補給中」とアナウンスが出て、変化系の技が使えなくなってしまう。
部下をいかに傷つけずに戦うか、大親分としての資質が問われる戦闘スタイルである。

スペルカード

東方神霊廟

番勝負「霊長化弾幕変化」 Extra
弐番勝負「食化弾幕変化」 Extra
参番勝負「延羽化弾幕変化」 Extra
四番勝負「両生化弾幕変化」 Extra
番勝負「鳥獣戯画 Extra
六番勝負「の化け学校 Extra
七番勝負「野生の離 Extra
変化「まぬけ巫女の偽調伏」 Extra
マミゾウ弾幕十変化」 Extra
狢符「満月ポンポコリン Extra
ワイルドカーペット OverDrive

彼女のスペルカード東方Project作品ではしく、七枚まで一貫して符名に『○番勝負』とつく。途中から一切つかなくなるが、霊夢との会話で「まだ七か八くらいかと思っとった」と発言しているのを見る限り、途中で必死すぎて今何番なのか分からなくなっていた可性がある。ボケるとかマミゾウさんマジおばあちゃん

東方心綺楼

変化「分福熱湯風呂 VS
変化「妖界の門」 VS
変化「二ッ岩の裁き」 VS
「八囃子」 ラストワード
変化「満月園」 Story
変化「鳥獣戯画 Story

トリッキースペルカード定評のあるマミゾウさんだが、今回も初見インパクトばっちりなスペカばかりである。
やっぱりコミケ会場のごとく異形共が駆け回る「妖怪の門」、なんだかロケットクーンっぽいキャベが飲みたくなる「八囃子」。まさかの相手を変化させる「二ッ岩の裁き」。

しかしなんといっても々の度肝を抜いたのは「分福熱湯風呂」であろう。
スペカ発動後のまさかのほぼ全裸描写に、東方本編でここまでの描写が許されるのかと界々の股間を熱くさせた。
何が起きたのかはぜひ、自分ので確かめてほしい。
?

?

ふぅ・・・

弾幕アマノジャク

「鳴かぬなら泣くまで待とう時 8日 Scene3
にんげんっていいな 8日 Scene6

東方深秘録

深秘録初出のスペルカードのみ掲載

エイリアンカプセル オカルト必殺技
宇宙機密漏洩! 直ちに処置せよ* ラストワード
未確認「遊抱戯画 Story
*満員のエイリアンボール Story
*そろそろ帰ろうエイリアン達よ* Story Climax

佐渡の団三郎狸

ぽんぽこマミゾウさんその外見や口調から如何にも人のよさそうなおばあちゃんにしか見えないマミゾウであるが、その正体がとんでもない闇社会大物であることを知る人は少ない。何を隠そう、マミゾウ元ネタとなった(というよりマミゾウ本人)佐渡の団三郎は、淡路の芝右衛門香川・屋禿と並ぶ日本三大の一を謳われる大なのである。

佐渡軍団の総元締めであり、狡知に長け、人々に色々ないたずらをする一方、義理人情に篤く、佐渡金山で築いた圧倒的な財を活かし、に困った人たちには惜し気もなくを貸していたという(に欲しい額と返済予定日を書いて置いておくと次の日に文は消え、代わりにが置いてあったという言い伝えが残る。神霊廟マミゾウに下げているのはこの文帳と思われる。)。そのため人々からは畏敬の念をもってられ、佐渡では「二つ岩大明神」という格を持つ大妖怪として知られている。

その名くことはあまねく全的であり、ジブリアニメ平成狸合戦ぽんぽこ』では四国の六代長に「佐渡の名高い団三郎先生」と呼ばれている。とはかの合戦の一を担った雄であるが、そんな英雄の名を継いだからも「先生」と呼ばれている程であるから、その実カリスマの傑出ぶりたるや推して測るべしと言えるであろう(まぁ劇中だと戦後の食糧難の折に猟師に射殺されたことになってるのだが)。

元々団三郎という名前は越後の養殖商人の名前だったという説がある。金山のふいご用にの皮が必要であり、団三郎佐渡養殖を始めたところ民に敬われ、も同時に氏としてられたという。

三郎としての宿命故かを嫌っており、過去に化かし合いでを追放したり騙して酷いに遭わせたりしたため、今も佐渡島にはが住まないと言う。そういえば八雲家にはがひとりいるね。

マミさんマジで大ピンチ富、名――かつてこの世のすべてを手に入れた佐渡王・二ッ岩団三郎であるが、こと人を化かすことに関してはある事情から既に引退しているようである。団三郎の電撃引退劇については、こんな末が現代に伝わっている。

  1. 人間の男が来たので具合が悪そうな少女に化けて騙そうとしたら、相手に感づかれ、背負われたはいいが「落ちるといけないから」と背中に縄で拘束される
  2. これはヤバいと思い立ち、とっさに「尿意が来たので降りたい」と言って逃げようとするも、「むしろ美しいのなら見てみたい。このまま背中でシても構わない。」と予想外のことを言われる
  3. 結局、相手のまで連行された後に散々絞られ、引退決意

やっぱり日本人は昔からHENTAIだったんだね!

二次設定

これ、そんなトコばかり見るでないぞ

本編、書籍と出番が多くセリフも多いため、性格や口調はかなり固まっている。一言で言えば、老獪ながら義理堅く親分肌で少しおせっかい。命蓮寺の一員として描かれる場合もあるが、幻想郷各勢の影を受けずに自由に行動している場合も多い。定番の「化ける」も様々に活用されている。

東方六大老

喋り方や設定から東方五大老に加え新たなババアとして迎え入れられる可性が浮上している。「むしろマミゾウさんおばあちゃんだろ」というもっともな意見もあるが。さらに、元ネタに従うならマミゾウの年齢は300~400歳程度で、東方キャラとしてはむしろ若い部類に入ると思われるが、「封印前のぬえと旧知の仲」という設定から察するに実際は1000年以上生きているそれなりに年季の入っている妖怪という考えも成り立つ。また、新作の東方心綺楼にて推定年齢1000歳以上とされる雲山を若造呼ばわりしていることから、相当な古参妖怪である可性も出てきた。それでもトップには微も……おや、こんな時間に宅急便か……。

任侠、親分

また、団三郎佐渡軍団の大頭であったことや、「悪さはするし、のような不の相手には冷酷だが、本当に困った人には優しい」という気の良いであったこと、定・審一切ナシの良心的な貸し業を営んでいたこと、そもそも元ネタの二ッ岩団三郎が昔から任侠っぽい描き方をされてきた経緯などから、マミゾウヤクザの親分、任侠として描く試みが某所で始まっているようである。そのため称のひとつに「親分」がある。ただ、そのヤクザっぷりもただ一家の親分という描き方から、の長ドスやトカレフを不法所持していたり、賭場で片肌脱ぎで振りをしていたり、白いクスリ当てに福岡から瀬取りの船を出航させたりしているガチな描き方まで幅広くある。

メガネっ娘

上でも書かれているように、Win東方キャラでは初の眼鏡っ娘である。が、瞳の下半分にかかるようなかけ方は老眼鏡に特有のものなので、眼鏡っ娘の魅というよりむしろおばあちゃん臭を強調している気も…
あの丸眼鏡から熱気バサラを連想する方もいるようだ。

新たなカップリングの地平~封獣ぬえから八雲藍まで~

公式ぬえとは仲が良いのでカップリングとしてはぬえと絡ませやすいだろう。また、八雲家の一員である八雲藍キツネであるため、であるマミゾウとは種族の差故惹かれ合うという宿命を背負っていると解釈できる。実際、おまけ.txtキャラ解説にも「幻想郷と一着を起こした」と書かれている。これらの情報から、長らく八雲紫以外のカラミ相手がいなかった八雲藍にとってマミゾウの登場は初の「宿命的ライバル」ということになり、実際このセンでマミを盛り立てていこうと画策する一がいることは否定できない。ただし、書籍作品に管東方茨歌仙)や化け東方鈴奈庵)が登場しているように、幻想郷には以外にも妖怪が多数いる模様。「一着」にが関わっているかは想像の域を出ない。
事実東方キャラ初となる「幻想郷の外で長年普通に暮らしていた妖怪」という強アイデンティティを持っている。

東方鈴奈庵』の描写から本居小鈴とのカップリングも多い。ただしこちらは通常のマミゾウではなく、人間に化けたマミゾウである。マミゾウ小鈴に取り入ろうと画策していたが、一方で小鈴マミゾウの正体に気付いておらず、憧れを抱いている。

上記のスペルカードや、マミゾウというインパクト抜群の名前などネタには欠かない。特に後者は、情報開直後には名前つながりからマミるイラストが即座に投稿された。まぁ、上記の名前からわかるとおりガチで魔魅三(マミさん)なのだが。上記の名前・親しみやすい性格と設定から即座に今作における「さん」付けポジションになった模様。

また、「化かす」という設定や上記の尿ネタからくも特殊な趣向を持つ紳士達の妄想コメの餌食になっている。
でも、マミゾウさんの放尿なら見てみたいかも

とにかく、ネタ・設定共に今までになかった要素に溢れているため今後の創作に期待が持たれる。

関連動画

神霊廟EX

BGM

手描き

MMD

その他

関連静画

関連お絵カキコ

マミゾウさん マミゾウさん 緑のたぬき マミゾウさん 越智マミゾウ マミゾウさん マミさん ぽんぽこマミゾウさん これ、そんなトコばかり見るでないぞ >>3が理解できることが不幸#651697 八雲藍#446 マミゾウ らくがき#8611 >>3が理解できることが不幸#940001 マミゾウ  マミゾウ >>3が理解できることが不幸#1216259

【ドット】製カブ記事【改造ポケモン(東方人形劇編)】#616 【ドット】製カブ記事【改造ポケモン(東方人形劇編)】#617

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%8C%E3%83%83%E5%B2%A9%E3%83%9E%E3%83%9F%E3%82%BE%E3%82%A6
ページ番号: 4699008 リビジョン番号: 2246135
読み:フタツイワマミゾウ
初版作成日: 11/08/14 23:10 ◆ 最終更新日: 15/08/13 21:07
編集内容についての説明/コメント: 削除された静画の入れ替え
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


マミパイ

たぬきの緑

マミゾウさん

おばーちゃんかわいいよ

おほん、ぅおっほん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二ッ岩マミゾウについて語るスレ

1633 : ななしのよっしん :2016/12/12(月) 21:21:16 ID: uOLfe4HVrW
マミゾウさんが登場してから一気にこれまで出張ってた知識豊富な長生きな連中が出なくなった気がする
初期の頃なんて隙間の人とかちらほら重要な時に現れて喋ってたけど
今じゃどんなイベントでもマミゾウさんメインとして
あれこれ喋ってる気がするの
立ち位置的に使いやすいキャラなんだろうね
屋敷に住んで部下にだけほとんど動かせて自分はぐーたらしてる年長組より
部下と一緒に直接動くのがメインっぽいし
1634 : ななしのよっしん :2016/12/12(月) 22:18:56 ID: Akn2s08d+P
マミさんって大妖怪だけど幻想郷では新参もいいとこなのがいいんでしょ
何もかも知ってるゆかりんみたいなのが解説役に回っちゃうとの答え合わせにしかならない
1635 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 01:30:42 ID: ngFctmNJ5z
マミゾウは現状、「妖怪サイド主人公格」だからねえ……
ボス格とか解説役ではなく、あくまで地に足をつけて、足りない幻想郷の知識を経験や推理で補って、何でも知ってる立場ではなく自分で考えた言葉でる立場。

そう、言うなれば、妖怪サイドの『ポジション魔理沙』だと思われる。
……うん、使いやすいだろう。
1636 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 23:50:06 ID: JVeXWeZ8VI
なるほど、答えを知らないからこそ過程が描けるというわけか
からうろこ弾
1637 : ななしのよっしん :2016/12/14(水) 00:37:57 ID: Akn2s08d+P
妖怪主人公つーと第一に思い浮かぶのは華扇だがあっちはほぼ人間サイドなのよね
妖怪サイドから色々思索を重ねて喋ってくれるのはマミさんかブン屋ぐらい
1638 : ななしのよっしん :2016/12/14(水) 01:53:23 ID: gXvWVv3oRX
6巻だとほぼ主人公になってた
1639 : ななしのよっしん :2016/12/15(木) 20:37:45 ID: GSSi6H4RGy
色々人間と妖怪バランスも考えて動いてるし、
も案外安心して寝てるんじゃないの?
1640 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 11:50:43 ID: ngFctmNJ5z
6巻全体を通して読んで、天狗の話の後によく考えてみたら化け達のやった殺人隠蔽って『相当の覚悟』でやった事なんだなあ、と気づいた。

天狗達は人里の人間を、保護・治療する的で攫っても他の妖怪が黙っていないと「事件をなかった事にした」。多少の良心もあったと思うが、基本的には責任回避・事なかれ義に近い。(放置しても、おおっぴらに治療しても人間の里の人間に被を出したになるので、他の妖怪から「何やってんだよ!?」ってつつかれるのが必至()

だが、化けの件は放っておいても『人間社会内の事件』で裁かれて終わりな出来事。本来は妖怪が関与するべき事ではなく、関わらなくても不利益なし、関わっても得はなし。
それなのに、化け達は「かわいそうだから」という理由だけで、一生をかけて全てを化かしきる覚悟を決めて事件を隠蔽しきった。この心意気と覚悟は正直凄いと思う。

そも、化けの逸話って「たまに迷惑をかける人間の隣人」ってポジションで、あんまり人間の敵ってイメージもないんだよねえ……(かちかち山は例外だけど、そもそも汁(時期
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1641 : ななしのよっしん :2017/01/04(水) 00:03:12 ID: 3reSObKrcG
では天狗に対抗して茨ではおn、仙人と対抗したりとアグレシッブすぎぃ
1642 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 21:39:12 ID: lfi9frDiop
鈴奈庵四巻34ページを酌むマミゾウさんが美しすぎて見いってしまう
直後に一の姿に戻って蟒にヤニを吹き付けてやるのもまた格好いいわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015