単語記事: 二次創作

編集

二次創作とは、原作者とは別人の、いわば第三者が原作を元に作成した創作物である。

概要

元々は1990年代後半ごろに同人パロディの言いかえとして登場した表現であるが、原作者監修のメディアミックス作品等(他の作家が似せて描いた漫画など)を含む場合もある。 多く場合は「二次創作」と言えば、 原作者(もしくは権利者)が一切関与していない非公式ファンによる作品す。
中には二次創作から更に創作が進み、三次創作、四次創作…と続く場合もあるが一般的な言葉ではない。

二次創作と著作権

当然ながら、許可を取らずに作られた二次創作には著作権の問題が生じる。
企業同人サークルによっては「二次創作ガイドライン」等を設定し、 決められた範囲内で二次創作許可している所もある。

例:東方Project

ちなみに、二次創作物にも著作権は与えられる為、
二次創作物を使って三次創作を行うなら、二次創作者の許可が必要となる。

二次的著作物

二次創作物は多くの場合著作権法では二次的著作物にあたる。

著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物
著作権法2条1項11号
翻訳
ある言著作物を別の言への変換
編曲
音楽著作物のアレンジ - 例によってどの程度かという基準は明確でない
変形
著作物を別の表現形式に変換すること
翻案
原著作物の内面的表現を維持しつつ外面的な表現を変えること

法的問題

二次創作物が抵触する可性のある法律としては、著作権法以外に、商標法、不正競争防止法がある。商標法は名称や画像等を商標登録されている場合にその登録内容の範囲で使用に制限が生じる。商標登録されてなくても、公式との混同を生じさせるようなものについては不正競争防止法違反となりうる。(参考文献:中山著作権法』)

その他の問題

ファンの間で楽しむ分にはあまり問題視はされないが、原作に酷似した二次創作作品のドラえもん最終話同人誌問題の様な事例がある。上記は表原作にそっくりに似せた上に「最終話」の文字があり、作者プロと関係があるかのようなペンネームであり、2chなどネット上で一部のページが流失され、何も知らないファンの間で未開の最終回では?といったデマ拡散し、最終的に小学館側が深刻な問題であると判断し、二次創作者に著作権を通告した事例である。この問題は原作ファンの間でも一部嫌われており(それもそのはず、未完作品を二次創作者が勝手に完結させているからである。)、特定スレッドでは禁止になっていたりする。

二次創作の「バランス」

許諾なき二次創作に対して知的財産権なく行使する権利者もいれば、表立ったアクションをとらないままでいる権利者も見られる。中には松岡修造氏のようにMADに対して好意的な発言をしたり、角川ナック(現ICHI)のように積極的に認めている所も出ている。音楽アーティストである平沢進氏は「現在の絶妙なバランスには、しばしば私も驚きますよ」と述べている (ソロデビュー20周年記念・平沢進ロングインタビュー【後編】) 。

関連商品

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E5%89%B5%E4%BD%9C
ページ番号: 234286 リビジョン番号: 2280942
読み:ニジソウサク
初版作成日: 08/06/13 01:05 ◆ 最終更新日: 15/10/28 15:58
編集内容についての説明/コメント: 関連項目修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二次創作について語るスレ

1435 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 16:05:43 ID: vVwapBYTVW
「しかし、独自の絵と独自のストーリーだけを用いており、原作品を感得させるような絵(たとえばキャラの特徴的な装が原作と共通している、 原作と同じ外観の建物が出てくる、など)やストーリーが含まれないなら、著作権違反にはなりません。」

これ言い出すと終わりになるんですが、〇〇の二次創作物だと明記してる時点で翻案権(複製権)侵かどうかを争うことすら出来ないんですよ。何せ自分から「(許諾)二次創作物」だと状してるわけですからね。
 この時点で内容如何に関わらず、著作権法第十九条氏名表示権を侵することになります。「一年以下の懲役若しくは万円以下の罰に処し、又はこれを併科される」という較的軽い刑罰ので視されがちですがね。
1436 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 16:18:08 ID: vVwapBYTVW
なので翻案権(複製権)侵の可否で逃げられるのは原作がぼかされたパロディー同人誌くらいなので、著作権法違反ではないはかなり理がありますよ。文化審議会ワーキングチームもそこらへん苦悩してますが。
1437 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 21:57:10 ID: jV2tpX2m7b
二次創作物を作成した本人が「私の二次創作物は、著作権で言うところの二次的著作物には当たらない」とすれば、翻案の成立要件に照らし合わせて判断することになると思います。
1438 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 23:06:34 ID: vVwapBYTVW
「”〇〇〇〇の二次創作物”という表記は著作権法における二次的著作物ではい」
権利者側から「では私の作品の著作権法上の何に該当するという意味で用いたのか?」と聞かれた時に何とするんです?これはオリジナル作品で偶々一致したのだ!としたいわけですよね。当然ですが作品名を使用した意図を説明できないとどうしようもないですよ。
1439 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 23:42:15 ID: vVwapBYTVW
少なくとも二次創作同人社会的にどのように認知されているかは当然裁判官の判断材料になります(過去の判例でもオマージュパロディについて述べている)。「〇〇〇〇の二次創作著作権法の二次的著作物という意味で書いたわけではない」という明らかにそのような社会的認識には反している以上「翻案権侵」の論争に持ち込めたとしても、オリジナル作品としての戦いは相当厳しくなるでしょうね。
1440 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 10:55:00 ID: jV2tpX2m7b
翻案権違反を争点にして争うならば、個々の作品の内容を、翻案の成立要件に照らし合わせて判断する以外にはないでしょう。
1441 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 20:12:48 ID: vVwapBYTVW
ときめきメモリアルアダルトアニメ映画化事件」ではキャラの名前すら使用しないにも関わらず、具体的なキャラの特徴が一致している事から翻案権侵が認められています。判決文で述べられているキャラの容姿レベルすら一致しない同人誌を私は見た事がありません(それこそ原を留めてないネタ同人誌ならともかく) 方が言う二次創作における「翻案の成立要件」は何度も言いますが非常に低いです。
原告の
「本件藤崎の図柄は、ありふれたもので創作性はない。また、抽的なキャラクタ ーについては、具体的な図柄を離れて別個の創作性を有する外部的表現形式とならないので、著作権の保護の対とならない。複製権の侵はない」

まぁ裁判官に上記の特徴の一致度具合を摘された上に「なお、被告は、同人文化の一環としての創作活動であり、著作権法違反は成立しないとするが、採用の限りでない」と切られてますが。
とりあえず反論するなら二次創作における翻案権侵の立が難しいと判断できる判例を示して下さい、少なくとも告訴された例ではど敗訴だと理解してますが。
1442 : ななしのよっしん :2016/08/25(木) 20:44:59 ID: vVwapBYTVW
過去の例と異なり、現代では作品名からキャラクター名まで原作のものを使用している事や商業的に大々的に販売されている事も踏まえて下さい。これらを裁判所が視する事はありえません。

権利者も人間です。少なくとも「ファン」である以上は裁判になっても心理的抵抗が残る事も有り得ます。ですが、最低限のリスペクトである「二次的著作物であるという事実」すら投げ捨てると、その心理的抵抗を捨てさせる事にしか繋がらないでしょうね。
1443 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 01:25:37 ID: qoBsJF3MBn
JASRACみたいの作ってコミケとかで強制徴収するのが良いんだろうね。

そうすれば堂々と幾らでも二次創作できるし。二次創作してる人たちも満足なんじゃないの?
1444 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 02:21:33 ID: PVOk78bhwK
JASRACがやったこと考えたら口が裂けてもそんなこと言えんわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015