単語記事: 二次創作

編集

二次創作とは、原作者とは別人の、いわば第三者が原作を元に作成した創作物である。

概要

元々は1990年代後半ごろに同人パロディの言いかえとして登場した表現であるが、原作者監修のメディアミックス作品等(他の作家が似せて描いた漫画など)を含む場合もある。 多く場合は「二次創作」と言えば、 原作者(もしくは権利者)が一切関与していない非公式ファンによる作品す。
中には二次創作から更に創作が進み、三次創作、四次創作…と続く場合もあるが一般的な言葉ではない。

二次創作と著作権

当然ながら、許可を取らずに作られた二次創作には著作権の問題が生じる。
企業同人サークルによっては「二次創作ガイドライン」等を設定し、 決められた範囲内で二次創作許可している所もある。

例:東方Project

ちなみに、二次創作物にも著作権は与えられる為、
二次創作物を使って三次創作を行うなら、二次創作者の許可が必要となる。

二次的著作物

二次創作物は多くの場合著作権法では二次的著作物にあたる。

著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物
著作権法2条1項11号
翻訳
ある言著作物を別の言への変換
編曲
音楽著作物のアレンジ - 例によってどの程度かという基準は明確でない
変形
著作物を別の表現形式に変換すること
翻案
原著作物の内面的表現を維持しつつ外面的な表現を変えること

法的問題

二次創作物が抵触する可性のある法律としては、著作権法以外に、商標法、不正競争防止法がある。商標法は名称や画像等を商標登録されている場合にその登録内容の範囲で使用に制限が生じる。商標登録されてなくても、公式との混同を生じさせるようなものについては不正競争防止法違反となりうる。(参考文献:中山著作権法』)

その他の問題

ファンの間で楽しむ分にはあまり問題視はされないが、原作に酷似した二次創作作品のドラえもん最終話同人誌問題の様な事例がある。上記は表原作にそっくりに似せた上に「最終話」の文字があり、作者プロと関係があるかのようなペンネームであり、2chなどネット上で一部のページが流失され、何も知らないファンの間で未開の最終回では?といったデマ拡散し、最終的に小学館側が深刻な問題であると判断し、二次創作者に著作権を通告した事例である。この問題は原作ファンの間でも一部嫌われており(それもそのはず、未完作品を二次創作者が勝手に完結させているからである。)、特定スレッドでは禁止になっていたりする。

二次創作の「バランス」

許諾なき二次創作に対して知的財産権なく行使する権利者もいれば、表立ったアクションをとらないままでいる権利者も見られる。中には松岡修造氏のようにMADに対して好意的な発言をしたり、角川ナック(現ICHI)のように積極的に認めている所も出ている。音楽アーティストである平沢進氏は「現在の絶妙なバランスには、しばしば私も驚きますよ」と述べている (ソロデビュー20周年記念・平沢進ロングインタビュー【後編】) 。

関連商品

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E5%89%B5%E4%BD%9C
ページ番号: 234286 リビジョン番号: 2280942
読み:ニジソウサク
初版作成日: 08/06/13 01:05 ◆ 最終更新日: 15/10/28 15:58
編集内容についての説明/コメント: 関連項目修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二次創作について語るスレ

1469 : ななしのよっしん :2016/11/07(月) 21:06:44 ID: jV2tpX2m7b
>>1463
翻案権侵になるかどうかが、翻案の成立要件に合致するかどうかで決まるというのは
ごく当たり前のことであり、例外でも何でもありません。

そして、あなたが摘したときメモの件も、具体的なキャラの特徴が一致していることにより
それを見る元にオリジナル作品の本質的特徴が直接感得されるのであれば
それは翻案の定義に合致していると言えるので、私のと全く同じことです。
決して「二次創作だから翻案権侵になった」わけではありません。

そして、二次創作と銘打っていようがいまいが、オリジナル作品の絵やストーリーを感得するのが
難しい作品なら、裁判所はそれに翻案権侵を適用することは難しいでしょうし
そんな判例も、当然ながらありはしません。
1470 : ななしのよっしん :2016/11/08(火) 08:21:02 ID: LRiveX+PK2
>>1466
ルールマナーを意図的に誤用しようとしてない?そういう誘導は好きじゃない
あと一部のクソを全体化する行為も好きじゃない。そいつの感覚に皆本当に従ってんの?そういう誘導も好かない
1471 : ななしのよっしん :2016/11/09(水) 23:04:51 ID: efkUnmAZNz
よく出てる質問だと思うが、公式アンソロジーと書かれた作品は一時創作物ってことでいいのか?
1472 : ななしのよっしん :2016/11/09(水) 23:06:17 ID: efkUnmAZNz
訂正、✖一時創作、〇一次創作
1473 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 18:47:26 ID: OC1f73Pstw
>>1471
作品によるけど、だいたいは公式二次創作じゃない?
1474 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 23:29:04 ID: xA3RSQQn/m
一次創作者と二次創作者の距離が縮まりすぎた
まあ元から同人出身の漫画とか同人もやってる漫画家小説家みたいなのは結構いたけど
1475 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 00:04:51 ID: WVzDGEawLt
許可めるのはNGって元々は権利者側が
そういう確認に逐一対応してるとその対応だけでも膨大な手間が発生するし、許可を出すわけにもいかないけど静かにやってる分には黙認します
と言うスタイルを取っているという事情もあったりするから、いわゆる閉鎖的な黙認文化が現代の開放的なネット文化では理が出てきたというだけの話だったりする

まぁこれは二次創作だけの問題じゃないけどね(素材化、転載、配信とかいくらでも似たような問題は出てくる)
1476 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 16:35:53 ID: /Jm3uZFy9R
>>1470
どっちが誘導してるんだか
1477 : ななしのよっしん :2016/11/16(水) 00:06:41 ID: P9InBDy50C
二次創作物を取り締まれと原作者にしたアホがいたな
原作者が容認したら逆ギレしだして原作者すら叩き始めるというを見たときはなんともまあ
1478 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 01:35:22 ID: in+OoUgYv1
>>1475
同一性保持の問題にも関わってくるから一概に手間と黙認だけが理由にはならない
少なくとも非公式二次創作であっても原作と同じように著作権の保護が適用されるわけだから
当然だけど公式と誤認させる意図があるものやロゴ仕様は別問題として
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015