編集  

五十嵐章人単語

イガラシアキヒト

五十嵐章人(いがらし あきひと、1968年4月12日-)とは、群馬県出身の元プロ野球選手内野手)である。現在群馬ダイヤモンドペガサス監督を務める。

概要

前橋商業高校時代はエースで3番として甲子園に出場し、日本石油入社後に野手(外野手)に転向。1990年ドラフト3位でロッテに入団。

数多くの記録を所持している。
1995年には捕手として出場、2000年高校以来の投手として出場したことでNPB史上二人ポジション出場を達成。この年1シーズンで6ポジションキャッチャー以外)を守った。
2001年6月22日西武戦で4番ファーストで出場し、打順先発を達成。この試合で西口文也からホームランを打ち、この時点で残るは8番でのホームランとなっていた。なお五十嵐が4番で先発したのはこの一度だけである。
2002年近鉄に移籍。4月21日ダイエー戦に8番セカンドで出場し、右中間スタンドホームランを放ち、史上6人打順本塁打を達成。通算ホームランわずか26本での達成だった。

2003年に現役を引退現在、全ポジション出場と全打順本塁打の両方を達成した一の選手である。

全ポジション達成

五十嵐の前に全ポジションを達成したのは1974年高橋博士だが、こちらは消化試合ファンサービスとして、イニングごとにポジションを代えて一試合全ポジションを達成したというものだった。一方の五十嵐は10年かけて全ポジションを達成している。

前述の通り、プロ入り時は外野手デビュー年から外野(右翼手)として80試合を守った。

3年から遊撃手を守り始め、4年1994年)に内野手登録に転向した。この年は二塁手45試合・遊撃手60試合。

1995年二塁手メイン。この年にチームが流行し、捕手二人体制の状況で退場処分により捕手がいなくなってしまい、二塁手スタメンだった五十嵐が緊急でマスクをかぶる。捕手としての実戦経験はこれが初めてだったが、何とか乗り切った。一塁手三塁手も守る。

1996年一塁手と外野(左翼手右翼手)がメインでたまに遊撃手。それまで遊撃手を守っていた南渕時高が二塁手にコンバートされたため、この年からロッテでは二塁手での出場はなくなった。

1998年オリックス移籍後は三塁手メインに。一塁手も兼ね、たまに二塁手遊撃手・外野も守るというユーティリティプレイヤーとしての立ち位置を確立2000年以降はジョージ・アリアスの加入により一塁手出場がになる。

2000年6月3日近鉄戦で投手出場してポジションを達成。この試合は3-17という大敗であり、8回裏に至っては一死も取れないまま6失点という大惨事であった。この状況で仰木彬監督ファンサービスも兼ねた計らいで登板する事になり、そのまま失点に抑えてしまった。

2001年5月25日近鉄戦で代打から二度捕手出場。この日も6-10の手な負け試合だった。

投手捕手は当然ながら、実は中堅手として先発した事が一度もなかったりする。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
オリックス 応援歌のピコカキコ一覧#1074 12345
12345

通算成績

通算:14年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 870 2061 1801 188 422 26 171 5 70 12 173 5 267 31 .234 .347

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%B5%90%E7%AB%A0%E4%BA%BA
ページ番号: 4805294 リビジョン番号: 2375902
読み:イガラシアキヒト
初版作成日: 12/01/18 13:56 ◆ 最終更新日: 16/06/22 22:37
編集内容についての説明/コメント: パンくずリスト、応援歌、通算成績新設
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

五十嵐章人について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/04/07(土) 22:55:07 ID: DueObmwboR
キムタク(木村拓也)よりもユーティリティプレイヤーだったのか。
何で全部の守備位置をやることになったのか興味があるな。
2 : ななしのよっしん :2013/09/02(月) 15:06:12 ID: kMlk71vTri
>>1
上にも書いてある通りもともと高校時代は投手で、卒業後に外野手に転向したが、入団2年で遊撃に転向して4年内野手登録されて以降肩書き上は内野手として活躍した。この年は二塁にも挑戦した。
捕手に関しては955月チーム内でが流行してベンチ入り捕手が定詰だけだったところに、7日のブルーウェーブ戦で定詰が審判の判定に抗議して退場処分。中学時代に捕手経験がある五十嵐が抜された。この2日後には三塁を、約2ヶ後には一塁をそれぞれ初めて守った結果、プロで未経験のポジション投手だけになった(01年にプロ2度捕手を経験)。
そして2000年6月3日、大差をつけられたバファローズ戦の8回裏、当時ブルーウェーブ監督の仰木さんは(おそらく)ファンサービスの一環として五十嵐高校時代以来のマウンドに登らせた。ヒット1本を浴びたものの、キッチリ1イニングを失点に抑えた。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829