単語記事: 交通系ICカード

編集

交通系ICカード[こうつうけいアイシー―]とは、鉄道・バスなどの改札機・車載機器などで利用可能なICカードのことである。「ICカード乗車券」「IC乗車カード」などともいう。

全国の主要都市圏で利用可能な10種類のカード

交通系ICカード全国相互利用のシンボルマーク
交通系ICカード全国相互利用のシンボルマーク
配色の「」は高いサービス品質を,「」は本サービスに対する熱意を示している

2013年3月23日より、我が国で以下に掲げる「交通系ICカード」の相互利用が開始された。また、相互利用の目印として、右記のようなシンボルマークがカード読み取り部付近や、取扱い機器などに掲出されている(掲出され始めている・横並び一線とは限らない)。各カードの詳細や、付随機能である「電子マネー機能」については、記事が存在する場合それらを参照されたい。

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR東日本ほか)
  • PASMO(関東の民鉄・バス各社局で構成する「PASMO協議会」)
  • TOICA(JR東海)
  • manaca(名古屋圏の民鉄・バス各社局が主体)
  • ICOCA(JR西日本・JR四国)
  • PiTaPa(関西圏・岡山・静岡の民鉄・バス各社局で構成する「スルッとKANSAI協議会」)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)
  • nimoca(西鉄グループ中心の「株式会社ニモカ」)

以下、各地方に導入されているカードを記述します。

  • ★マークの取扱いエリアでは、上記10種類のカードでも利用可能。いずれも使用除外路線(コミュニティバス系統・イベント臨時シャトルバスなど)、機器、施設や取扱いが別途定められている場合があるので注意(例:結構な乗降客数を計上する駅であっても、交通系IC乗車カードで乗車券が購入できる券売機が皆無である駅が存在する=JR東海、駅の券売機ではPiTaPa割引の都合上、同伴者などに紙の乗車券を販売【引き換え】すること自体を取扱わない=PiTaPaエリアの各券売機、持参人1名に限り入出場を認め、現チャージは駅改札内の簡易機限定、乗車券類への引き換えや履歴出力は当面行わない=伊豆急行、PiTaPaエリアの過半数以上のバス事業者がICOCA以外のIC乗車カード受け入れ除外、など)。
  • 各事業者が発行するガイドマップや、Wikipediaなどに誤解を招く表記(例:静岡県東部のPASMO【バス】エリア表記が欠落、同県中部で「LuLuCa」を先行導入したことに伴い、静鉄グループ各事業者が実質「下手な関西の路線バスエリアよりよっぽど比較的広範なPiTaPaエリア」となっているにもかかわらず無表記であったり、その他PiTaPa下位互換のバスICカードエリアが妙な概説になっていたり、TOICAエリアとmanacaエリアおよび、ICOCAエリアとPiTaPaエリアでは規定駅の改札内で機器タッチさえ怠らなければ改札を出場して駅外に出ず連絡可能、nimocaとめじろんnimocaエリアはカードを使用して【高速バスで】直接往来が可能にもかかわらず別地域・別種カード扱い、Suica‐PASMO【主に東京メトロの2線】の直通通算利用ばかりに気を取られ、首都圏の特殊な駅での取り扱いや、はやかけんエリア‐筑肥線SUGOCAエリア直通運転での連続利用可能が欠落、ほか)などが見受けられるが、ひとまずあっちは放置し、事業者発行のものは過渡的な表記と思われるのでそれぞれの編集努力、そしてニコニコ大百科読者各位の勇猛果敢な人柱精神に期待することとしよう。
  • エリア内とエリア外をまたいで利用はできない(横浜駅[Suicaエリア]で乗車し、静岡駅[TOICAエリア]で下車することはできない。函南駅[TOICAエリア]と熱海駅[Suicaエリア]でそれぞれきっぷを購入して利用すればまたいで利用が可能となる)
  • バス事業者は斜体にしています。

北海道エリア

  • ★Kitaca(JR北海道 札幌都市圏)
  • ★SAPICA(札幌市交通局/ジェイ・アール北海道バスじょうてつバス北海道中央バス)
  • Asacaカード(旭川電気軌道バス)→2015年2月1日から道北バスのドゥカードとの相互利用が開始。
  • ドゥカード(道北バス)→2015年2月1日から旭川電気軌道バスのAsacaカードとの相互利用が開始。そのため2014年11月20日に旧ICカード・旧磁気カードの運用を停止し無手数料で払戻を開始。
  • バスカード(北海道北見バス

東北エリア

  • ★Suica(JR東日本 仙台都市圏/仙台空港鉄道)
  • ★icsca(仙台市交通局/宮城交通バスグループ) ※2016/03/26よりSuicaエリアでも使用可能となるが、仙台エリアおよび仙台空港鉄道のみ対応。
  • NORUCA(福島交通、福交バス
  • ★odeca(気仙沼線BRT/大船渡線BRT)

甲信越エリア

  • ★Suica(JR東日本 新潟都市圏/富士急行/佐渡汽船)※佐渡汽船は電子マネー決済扱いであるため、PiTaPaは利用不可
  • ★りゅーと(新潟交通バスグループ
  • KURURU(長野電鉄バス/アルピコ交通バス/長野市循環バス「ぐるりん号」
  • ★PASMO(交通) ※山交本社管轄エリアはでは従前の山交バスICカードは使用不可
  • バスICカード(山交タウンコーチ) ※山交本社管轄エリアはPASMOに置き換え済み。従前の山交バスICカードは使用不可となった。

関東エリア

  • ★Suica(JR東日本 首都圏/JRバス関東水戸支店&土浦支店/東京モノレール/りんかい線/埼玉新都市交通/伊豆急行など)
  • ★※PASMO(関東・静岡東部のPASMO協議会加盟社局)※以下はSuica以外の他カードは利用不可(除外)
    • 多摩モノレール・千葉都市モノレール・沢シーサイドライン・関東鉄道での利用
    • バス特」の適用・「(各社局) バス一日乗車券」としての利用(搭載)
  • いばっピ(茨城交通)
  • でんてつハイカード(日立電鉄交通サービスバス
  • iD(ケイエム観光バス「kmフラワーバス」)※厳密にはこれらは「流通系電子マネー」の交通決済取扱いである

東海・北陸エリア

  • ★TOICA(JR東海 名古屋・岐阜・静岡都市圏)
  • ★PiTaPa(静岡鉄道/しずてつジャストライン
  • ★LuLuCa(静岡鉄道/しずてつジャストライン共通の、PiTaPa下位互換独自IC乗車カード)
  • ★manaca(名古屋鉄道/名鉄バスグループ名古屋市交通局/名古屋臨海高速鉄道/名古屋ガイドウェイバス/豊橋鉄道/愛知高速鉄道等)
  • ★PiTaPa(近畿日本鉄道)
  • ICOCA(近畿日本鉄道)
  • ICOCA(あいの風とやま鉄道)
  • ★PiTaPa(西日本JRバス沢営業所)
  • ナイスパス(遠州鉄道/遠鉄バス
  • ayuca(岐阜バスグループ
  • ICOUSA(福井市コミュニティバス「すまいる」
  • Ica(北陸鉄道/北鉄バスグループ
  • passca/Ecomyca(富山ライトレール/ライトレールフィーダーバスまちづくりとやま まいどはやバス/富山地方鉄道/地鉄バス)※この2カードの交通充当は共通利用可能
  • ★emica(三重交通バスグループ )

近畿エリア

  • ICOCA(JR西日本 近畿都市圏エリア※/京阪電気鉄道/近畿日本鉄道)※「大阪近郊区間」とは一致しない
  • ★※PiTaPa(「スルッとKANSAI協議会」加盟の同ICカード取扱い社局/西日本JRバス近江今津営業所&京丹波営業所
  • ★Hanica(阪神バス・阪急バスグループ共通の、PiTaPa下位互換独自IC乗車カード)
  • Itappy(伊丹市交通局の、PiTaPa下位互換独自IC乗車カード)
  • ★NicoPa(神姫バスグループの、PiTaPa下位互換独自IC乗車カード)
  • ★らんでんカード(京福電気鉄道の、PiTaPa下位互換独自IC乗車カード)
  • ★CI‐CA(奈良交通バスグループの、PiTaPa下位互換独自IC乗車カード)
  • なっち(南海バス・南海ウイングバス岡・南海ウイングバス南部の一部路線の、PiTaPa下位互換独自IC乗車カード
  • 近江鉄道バスICカード(近江鉄道バスの一部路線)

中国・四国エリア

  • ICOCA(JR西日本 岡山・広島都市圏エリア、JR四国高松~多度津、児島~宇多津)
  • PiTaPa・Hareca(両備バスグループ/岡山電気軌道/岡電バス下津井電鉄バス/中鉄バスグループの一部)※他カードはICOCAのみ利用可、一部利用不可路線あり
  • Hareca(宇野バス)※両備グループなどでの取扱いと異なりICOCAやPiTaPaは使用不可。
  • PASPY(広島電鉄/広島高速交通/鞆鉄道バス/宮島松大汽船など)※他カードはICOCAのみ利用可
  • IruCa(高松琴平電気鉄道/ことでんバス/大川バス/小豆島オリーブバス/高松-小豆島航路)
  • ICい~カード(伊予鉄道/伊予鉄バス/伊予鉄タクシー/伊予鉄関連会社の汽船など)
  • ですか(とさでん交通/とさでん交通バス
  • スカイレール定期券(スカイレールサービス)
  • 楽天Edy・WAON・iD・QUICPay(鳥取市営コミュニティバス「くる)※こちらも厳密には流通系電子マネー

九州・沖縄エリア

  • ★※SUGOCA・monoSUGOCA(JR九州 福岡都市圏・北部九州・長崎近郊・鹿児島近郊・宮崎近郊/JR西日本 下関駅/北九州高速鉄道)
  • ★nimoca・めじろんnimoca・でんでんnimoca・みやこうnimoca(西日本鉄道/西鉄バスグループ/大分交通バス/JR九州バス/熊本市電/宮崎交通など)
  • ★はやかけん(福岡市営地下鉄)
  • ひまわりバスカード北九州市交通局
  • 長崎スマートカード(長崎電気軌道/松浦鉄道/長崎県営バス/長崎バスなど)
  • ★くまモンのICカード(熊本電鉄/九州産交バスグループ/熊本電鉄バス/熊本バス/熊本都市バス
  • RapiCa/いわさきICカード(鹿児島市交通局/南国交通バス/JR九州バス/いわさきバスネットワークグループなど)
  • iD(那覇バス)※こちらも厳密には流通系電子マネー
  • OKICA(沖縄都市モノレール/琉球バス交通沖縄バス那覇バス東陽バス

将来発行予定のカード、および導入予定の既存カード

ソースのあるもののみ

新カード

  • ★ICASnimoca(函館市企業局交通部/函館バス)2017年春頃運用開始予定。

既存カード

  • ICOCA IRいしかわ鉄道

この他「えちぜん鉄道」「しなの鉄道」「近江鉄道(鉄道線)」などが、ICカードの導入を検討している。

現在は運用を停止しているカード

  • せたまる(東急世田谷線) ※2012/09/30廃止。
  • 宮交バスカ(宮崎交通バス

上記10種交通系ICカードを複数枚所持するリスク

上述した、2013年3月23日から共通利用開始となった交通系ICカードにおいて、どの提供者も公式には見解を述べていないが、「紛失(盗難)再発行」「各種割引」「ポイントサービス」(「Suicaポイントクラブ」・「バス特」・「(PiTaPaの各種ポイント・割引制度)」など)の点では、いちばん居住地に近い(地元の交通機関が発行する)カードを所持し、残りのカードは機会を見つけて整理、返却しておくのが無難である。以下は新聞やweb上の報道を基にした、現実にありそうなフィクションを「たとえば」として記す。カード名や付帯機能はあくまでも例なので、他の「無印」共通利用交通系ICカードの種類・名称に置き換えた場合でも同様の事象が起きうる。

なお、紛失や盗難に遭った際の「使用の差し止め」自体は、全事業者の取り扱うすべての係員窓口で受け付けている(取扱い時間や場所などは、各事業者の「別途定めるところ」による。再発行にかかる方法、場所、手数料なども同様)。また、手続きには裏面に刻まれた固有ID(Suicaなら「JE」で始まる17桁の英数字)が必要になるため、万一に備えて、こちらも控えを取っておくことをお勧めしたい。

例:
JR新宿駅の改札(入場)で「ゆうちょキャッシュカード付きSuica」と別の「クレジットカード一体型PiTaPa」を、たまたまエラーと気づかなかったり、「もう一度ふれてください」と言われるがままに二重(複数回)にタッチしてしまい、Suicaのみ東京圏で精算完結、正常出場させて帰郷。東京は人も多いし、改札機の後の人に迷惑もかけられないし。そしてPiTaPaエリアの地元に戻って数日後。いつものPiTaPaで乗っていた交通利用が、エラーを起こして使えない。困った!ターミナル駅の係員に事情を話し、PiTaPaの履歴を調べてもらったところ「JR新宿駅から先の出場記録がありませんね。JR東日本さんの窓口に直接相談して、データを消していただくようお願いします」「え!東京まで行かないと!?」「ここではできないんです、そうですね…一番お近いのは 熱 海 ですね…」「orz

上述した例え話は「JR東日本の熱海駅」であるが、これを「新千歳空港駅など、札幌圏のJR駅」「仙台圏のJR駅」「函南駅」「富士宮駅前(富士急バスの案内所・PASMO窓口の最西端)」「新静岡駅(PiTaPa窓口の最東旗艦駅)」「豊橋駅」「近鉄名古屋駅」「米原駅」「山陽姫路駅」「岡山圏のJR駅・岡山近郊のPiTaPa取り扱い窓口」「広島圏のJR駅」「北部九州のJR駅」「福岡市営地下鉄の窓口」「nimoca取扱い窓口」などなどに置き換えて述べることも可能。実際にありうるから恐ろしい

なぜ融通を利かせてくれないのかといえば、過去に「ICOCA」を用いてチートな不正行為を働いたり、「PASMO」の乗車履歴でストーカー行為をした社局従業員(元従業員)などがいたため、結果としてこういった、顧客本位の取り扱いに相反する、厳しいものになっている。手口や対象社員、顛末などについては「どうしてこうなった」と、後学のためにググって調べるのも良いだろう。

カード自体に有効期限のあるPiTaPa以外の交通系IC乗車カードは「原則10年時効」などの項目が記されていたりするので、今一度裏面をよく読み、記念柄カードなど思い入れのあるもの、コレクション目的で集めたもの、その他価値のあるカードでなければ、上述したような面倒な出来事が起きないとは言えないので、ここは思い切ってすっぱりと使い切り、取り扱い窓口で返却払い戻し、解約の手続きを取ることをお勧めしたい。別種の交通系IC乗車カードが幅を利かせている地域に転居などの場合も同様である(その旨をウェブサイトで述べている事業者・協議会もある)。また「オートチャージ」「クイックチャージ」などと呼ばれる、クレジットカード(親カード)と紐付けされた交通系IC乗車カードの解約も、その親カードを定期的に支払う各種公共料の決済手段としていたような場合、切り替え、そしてクレジットカード本体の解約(更に、任意ではあるがIC残額の使い切り)の手間もかかることを付記しておきたい。

ちなみに、PASMOの解約(返却)を例に取ると、やはり一定の所要時間がかかる。

プリペイド式/定期券タイプの交通系ICカードを、教育機関の卒業や転勤などで使用メリットを喪失し、そして返却可能な日時(早朝・深夜だったり…)や、取り扱い窓口(もし、自宅最寄り駅が遠隔管理システムで制御された駅係員無配置駅だったり…)を逸すると(あまり言いたくはないが)事業者は500円+αを丸儲け、である。くどいようであるが、JR東日本が管理する駅窓口でPASMOは解約させてもらえない。「単に利用客の便宜を図って残額を交通はじめ様々なシーンで相互利用させる協定を結んでいるだけ」であり、逆のパターンだったり、エリア違いの相互利用可能窓口でも同様である。また、Suicaでも「モノレールSuica」の解約は東京モノレールの自社窓口のみ、「りんかいSuica」は大崎駅を除くりんかい線自社窓口のみであり、JRの窓口で解約を申し出ても表裏の一瞥で門前払いである。これまた、発行事業者と窓口事業者をシャッフルさせても同様。

試しに裏面自署記名式・クレカ紐付けオートチャージ付きであったもの・クレカ解約済み)にかかる時間をカウントしてみたところ、デポジット500円を取り戻すまで約5分(2013年10月・某大手電鉄会社旗艦駅定期券発売所にて)を要す。内容は、利用履歴および残高の確認、オートチャージ設定の解除、クレカの生死判定、本人確認書類の提示および控えの複写、そして「(今後の参考のために)お客さまが今回PASMOの解約にいたるまでの理由をお聞かせください」と題された、PASMO協議会が用意した簡単なアンケートへの記入、提出、内容確認、そして「私◯◯ ◯◯(氏 名)はPASMO協議会様より確かに500円の返戻を受けました」という趣旨の用紙に署名を済ませると、切符柄地紋ロール紙に印字された払い出し証明とともに、晴れて手元に500円玉が1枚戻ってくる。

同じく、表面ロイコ染料印字記名式のものであっても、約2分(2013年11月・別の某大手電鉄会社旗艦駅係員窓口)。こちらも当然ながら本人確認書類の提示を要する(アンケート記入などはなし)。

無記名式のもので残高0円のものの純粋な返却でも、こちらはこちらで念のため紛失(盗難)届けが出されているか否か、いわゆる「ネガティブリスト」と照合する作業が必須と思われる。

め ん ど う っ ! さっさと済ませておいたほうがいいです。

関連動画

関連項目

  • 鉄道
  • 乗車券
  • 電子マネー
  • リレット - キングジム製のポータブル電子マネー残高確認機
  • 鉄道関連項目一覧
交通系ICカード全国相互利用のシンボルマーク交通系ICカード一覧
全国相互利用
サービス加盟
ICカード
北海道 Kitaca(JR北海道)
首都圏 suica(JR東日本他)PASMO(首都圏私鉄・バス等)
中京圏 TOICA(JR東海)manaca(中京圏私鉄・バス等)
関西圏 ICOCA(JR西日本・四国・あいの風とやま鉄道)PiTaPa(関西圏私鉄・バス等)
九州 SUGOCA(JR九州)はやかけん(福岡市交通局)nimoca(西鉄グループ・熊本市電等)
独立ICカード 北海道 SAPICA(札幌市交通局・バス会社3社等) | バスカード(北海道北見バス)
Asaca CARD/Doカード(旭川電気軌道バス・道北バス)
東北 イクスカ(仙台市交通局) | NORUCA(福島交通バス)
odeca(気仙沼・大船渡線BRT)
関東甲信越 でんてつハイカード(日立電鉄交通サービス)
りゅーと(新潟交通バス) | KURURU(長電バス・アルピコ交通バス等)
バスICカード(山交通バス)
東海・北陸 LuLuCa(静鉄グループ) | ナイスパス(遠鉄グループ)
ayuca(岐阜バス) | ICOUSA(すまいる) |Ica(北鉄グループ)
passca/ecomyca(富山ライトレール/富山地方鉄道)
近畿 Hanica(阪神バス・阪急バス) | itappy(伊丹市交通局) | NicoPa(神姫バス)
らんでんカード(京福電気鉄道) | CI-CA(奈良交通バス)
近江鉄道バスICカード(近江鉄道バス等)
中国・四国 hareca(岡山電気軌道・岡山市のバス会社6社)
PASPY(広電グループなど) | IruCa(ことでんグループ等)
ICい~カード(伊予鉄道グループ) | ですか(とさでん交通)
スカイレール定期券(スカイレールサービス)
九州・沖縄 ひまわりバスカード(北九州市交通局) |宮交バスカ(宮崎交通バス)
長崎スマートカード(長崎県内の一部私鉄2社・バス会社8社等)
RapiCa/いわさきICカード(鹿児島市電・鹿児島県内一部バス会社6社等)
OKICA(ゆいレール・島内のバス会社4社等)
くまモンのICCARD(熊本電鉄・熊本県内のバス会社5社等)
非交通系ICカード iD(電子マネー)-(ケイエム観光バス・鳥取市コミュニティバス「くる」・那覇バス)
WAON-(三岐バスイオンモール東員線・鳥取市コミュニティバス「くる」)
QUICPay-(鳥取市コミュニティバス「くる」)
楽天Edy-(やんばる急行バス)
廃止されたICカード せたまる(東急世田谷線 - 2012年PASMOに置き換える形で廃止)
カッコ内は発行者もしくは利用可能エリア。詳細は交通系ICカードもしくは各ICカードの記事を参照。
ICカードの一部には全国相互利用とは別に、他カードとの相互利用・片利用を行っているカードもある。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%A4%E9%80%9A%E7%B3%BBic%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
ページ番号: 5066803 リビジョン番号: 2431654
読み:コウツウケイアイシーカード
初版作成日: 13/04/05 17:41 ◆ 最終更新日: 16/11/26 02:36
編集内容についての説明/コメント: 追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


交通系ICカード全国相互利用のシンボルマーク

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

交通系ICカードについて語るスレ

12 : ななしのよっしん :2016/05/22(日) 20:38:40 ID: Lx4RALlOxi
宮交バスカ、2016年3月限りで廃止になったので編集お願いします。
13 : 導線 ◆H.HIRo.8mA :2016/09/12(月) 00:47:06 ID: UG7WtKwKrz
>上記10種交通系ICカードを複数枚所持するリスク

これ本当もっと知られるべきだよなあ。

札幌在住当時に、たまに北海道外に出るときのためにSuica買ったけど(普段JR北海道に乗らない地域に住んでいたのでSuicaでよかった)、名古屋に引っ越したときに「Suica払い戻して損はないし、manaca買ったらSuicaは払い戻したほうがいいな」ってなって東京に行く機会があったときに払い戻した。
14 : 削除しました :削除しました ID: Kjb8rdolNG
削除しました
15 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 11:58:33 ID: x4jHxbbVF7
>>10
会社線や新幹線が跨ってると紙乗車券を購入したり駅改札を一度出なくても済むケースも存在する。モバイルSuica利用ならそれなりにあるケース。
事例1
尾張一宮→大阪
東海道線 名古屋駅(連絡改札) 近鉄名古屋線・大阪線 鶴橋駅(連絡改札) 大阪環状線
事例2
新宿→大阪
山手線ないし中央線 東京駅ないし品川駅 東海道新幹線 新大阪駅 JR京都線
交通系ICカードとEX-ICカード併用ないしモバイルSuicaエクスプレス特約利用
事例3
赤羽→松島海岸
宇都宮線ないし埼京線 大宮 東北新幹線 仙台 仙石線
モバイルSuica特急券利用
16 : ななしのよっしん :2016/09/27(火) 03:30:13 ID: D8fSBYnbJ9
複数のエリアをまたいで利用出来るようになれば東海道線と常磐線が利用しやすくなるんだけどな
最大で20000円までチャージ可能なのにエリア内だけじゃ3000円分も使わないだろ
17 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 18:10:21 ID: iV1j5dM4uF
南海バスの「なっち」10月から始めてた。
18 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 04:47:40 ID: D8fSBYnbJ9
日本人の90%以上が交通系ICを持っているというデータがあるけど コミケ当日に地方から来場した参加者を見てると とてもそうは思えない
地方じゃ未だに交通系IC未導入のエリアが多いのは知ってるけど 電車やバスに乗るためだけのカードではない 俺も普段はコンビニやガソリンスタンドで使う方が多い
JR東日本は交通系ICを普及させようと頑張っているのに他のJRはまるでやる気が無い それどころか関東でも東京メトロとかフリー切符のサービスを展開してるという現状
何故JR東日本が都区内りんかいフリー切符を廃止したのかわかってねぇだろ
19 : ななしのよっしん :2017/01/10(火) 05:26:08 ID: uBM+8/3O3i
田舎で生まれてそのまま地元で働いてる俺は多分一生使わないな
20 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 02:52:01 ID: D8fSBYnbJ9
>>19
仕事帰りにコンビニとか行かないのか 仕事が休みの日に買い物に出かけたり外食とかしないのですか? その様子だとほぼ休日しか車を運転してないな

最近は交通系ICが使えるセルフレジも増えてるみたいだけど東京都内だけでなく他の県でも増えて欲しい 電車やバスに乗らなくてもいいじゃないか 小銭要らずの生活は楽しいぞ
交通系ICが使えるセルフレジとガソリンスタンドが増えれば>>19みたいな田舎者でも使うようになるはず 理由は簡単小銭要らずになるから
21 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 10:51:47 ID: iV1j5dM4uF
>>20
通勤で電車とかバスじゃなくて自家用車だったら、交通系ICカードを持とうとは思わないよな、普通。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015