単語記事: 京言葉

編集

京言葉いうんは、京都で話されてることばのことですえ。

概要

京都市の旧、広くは山城地方で使われることばのことで、TVドラマやらでみなさんよう聞かはるんとちゃうかと思います。京都弁とも言いますけど、これはあんまり好かれしません。京言葉、て言うとくれやす。

乱暴な言葉遣いをせんと、遠まわしな表現や敬語を使うて、やらかい口調でがたたへんように喋るんが特徴です。お公家さんの言葉なんかの影もあって、独特の彙もようけあります。

とくちに京言葉いうても商の言葉、舞さんやらの言葉、職人さんの言葉、農村部の言葉、公家言葉といろいろあります。TVやら舞はんの喋り方のイメージから、京都の人はみぃんな「どす」てつけて喋ると思たはる方がいはりますけど、ほんまにそういった喋り方をするんは、舞はんやお年寄りやらのほんまに一部です。

正味のところは、他の関西弁と区別のつかへんような喋り方が普通です。特に若い人らは関西の他の地域のことばと混ざった「関西共通」の喋り方になったはることも多いし、今ではちょと聞かはっただけでは京都の人か他の関西の人かを聞き分けるんはなかなか難しおすなぁ。せやけどようよう聞いたら他の関西の言葉との違いもありまっしゃろな。

見分ける方法としては、「どんつき」いう京都でしか通じひん表現をつこてみるいう手ぇがあります。実際に京都の人がが兵庫の人につこてみたら全然通じひんかったいう話もありますし、ある程度効果的な手段と言えますやろな。ただ、メディアの発達なんかもあって他の関西ひとでも知ったはることもありますやろから、100%確実とは言えしまへん。
否定表現の「しない」「来ない」の言い方で判断するいう方法もあります。京都の人やったら「しいひん」「きいひん」て言わはりますけど、大阪では「せえへん」「けえへん」、神戸では「せえへん」「こおへん」て言わはります。これも徐々に混ざりつつあるみたいやし、璧な見分け方とは言えしまへんけども。

京言葉の語彙

京言葉には独自の彙がようけあります。最近はそないに使わへんのもありますけど、ゆっくり見てっておくれやす。なかには関西の他の地域でも使われる言葉やら、京言葉から全に広まった言葉やらもぎょうさんあるんですえ。

  • あがる/さがる……内の通りを北に行く/南に行く。元は御所に向かうことが「あがる」。住所などで上ル/下ルと表記する。
  • あんじょう……上手に、うまくいく。
  • いけず……意地悪。意地悪をする人のことを「いけずしい」という。
  • いちびる……ふざける、調子に乗ってはしゃぐ。
  • いぬ(往ぬ・去ぬ)……立ち去る、帰る。
  • いらう……いじる、触る。
  • うち……女性が自分を差すときに使う。
  • えげつない……あくどい、辛辣な、露な、どぎつい。「えぐい」と同系統の言葉。
  • おいでやす/おこしやす……ようこそいらっしゃいました。「おこしやす」のほうが丁寧。
  • おおきに……感謝の意を表す言葉。「おおきにありがとう」の省略形。
  • おはようおかえり……学校へ通う子供らにかける挨拶はよ事に帰ってきいや、という意味。
  • おばんざい……普段のありふれたおかず。お惣菜
  • おやかまっさん……立ち去るときの挨拶。お騒がせしてすみませんでした、の意味。
  • ぐじ(具慈)……甘鯛。
  • こそばい……くすぐったい。
  • ごめんやす……こんにちは、にあたる挨拶
  • さら……新品。
  • しんきくさい……もどかしい、じれったい。
  • しんどい……疲れた、辛い。「辛労」が「辛労い」となり転訛して「しんどい」に。
  • ずいき……里芋
  • すかたん……頓、間抜け、見当外れ。
  • せく(急く)……急ぐ。
  • せわしない……忙しい、落ち着かない。「せわしい」とも。
  • せんど……たくさん、毎度、十分に、と言った意味と、先日、以前といった意味がある。前者と後者でアクセントが違う。
  • たいたん……煮物。「~のたいたん」の形で使う。「炊いたもの」の意。
  • たんと……沢山。
  • てれこ……あべこべ、互い違い、行き違い。
  • どんつき……突き当たり。
  • なんぎ(難儀)……困ったこと、難しいこと、苦しみ悩むこと。
  • なんしか……とにかく。「なんせ」とも。
  • にぬき(煮抜き)……ゆで卵
  • のぶとい(野太い)……図々しい、図太い。
  • はすかい……斜め、対線。
  • はばかりさん……ご苦労様、ありがとう。または便所のこと。
  • はんな……上品で明るい様子。
  • ぶっちゃけたこというと……本当のことを言うと。近年「ぶっちゃけ」の形で若年層を中心に全的に広まる。
  • ほっこり……(に精的に)疲れた、大変だった。全的には「ゆったりした」「和んだ」等の意味で使われる。
  • まったり……やわらかくてこくのある味。最近は「ゆっくりくつろぐ」意味で使う。
  • むしやしない(養い)……空腹をしのぐ軽食。「を養う」という意味。
  • ややこしい……こみいった、複雑な。ややこ(=赤ちゃん)の形容詞化で、現在では全的に使われる。
  • わや……台し、失敗。「わやくそ」「わやくちゃ」などとも。

文例

あの名台詞京言葉で言わはったら、こないな感じにならはります。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%AC%E8%A8%80%E8%91%89
ページ番号: 4476937 リビジョン番号: 1727931
読み:キョウコトバ
初版作成日: 10/10/04 12:10 ◆ 最終更新日: 13/01/20 03:18
編集内容についての説明/コメント: 文章微修正、文例追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

京言葉について語るスレ

53 : ななしのよっしん :2013/12/04(水) 15:00:46 ID: 8zhxBc929Y
>>52
お年寄り(昭和一桁以前)はホントにこういう話し方される。
ソース大正まれの親戚。
あとこの記事にのってる彙は日常的に使うなー。
54 : ななしのよっしん :2013/12/07(土) 12:33:08 ID: HbSmoBmfxN
お年寄りは京言葉使う人確かに多いけど、京都に限らずやっぱり上流な地域と庶民な地域ってあるじゃん?
そうすると仕事や生活も変わってくるわけで、京言葉的なゆったりした話し方、商人的なせかせかした大阪弁に近い話し方、違いはあるよ。
京都在日の人が多いから、またそこでも違いが出てくる。一概に正解は言えないと思うよ。
55 : ななしのよっしん :2013/12/07(土) 12:43:05 ID: HbSmoBmfxN
って偉そうにったけど、概要に似たようなこと書いてあるんだよね・・・
56 : ななしのよっしん :2014/01/03(金) 22:43:49 ID: l7iTbNBnRD
生まれも育ちも京都府だけど京都市に言った事は
京都府の人間全員京言葉や違うけど、京都=はんなりな言葉だと思われてる節が
京都にだって方言はあるよ 京都市以外の京都の1地方にすぎないからね
57 : ななしのよっしん :2014/04/19(土) 09:57:35 ID: ThM/YV+DXj
これとかどうかな?昔の京言葉が出てくるんだけど。まあ、映画であって本物の日常会話とも多少違うだろうけど。今の標準的な京都の人の話し方との違いが分かるかも?(私は京都ぢやないので何とも言えないので)
http://www.youtube.com/watch?v=QrMlL4GSq7k
同時期の大阪とも対
http://www.youtube.com/watch?v=w497OJtsYxw
58 : ななしのよっしん :2014/06/08(日) 00:44:42 ID: 29xHDfpDq9
一人称うちとか、えげつないとか、~しはるとかは神戸とかでもよう使うよ。
関西弁が混ざるんはメディアとかだけやなくて、親戚とかが散らばってたり
引っ越ししたりとかで影受けたりするんが多いのもあるんちゃうやろか。
後、場所?に「~さん」てのもよう使う。
生田さん(生田神社)とか、コープさん(生協)とか、色々。
59 : ななしのよっしん :2014/07/06(日) 14:21:09 ID: quKsVIV4E+
>>53 >>57
大正まれの57映画に近い話し方だった。
親世代(昭和十年~二十年代)になると、今の関西弁に近くなってるなあ。
60 : ななしのよっしん :2014/08/30(土) 15:36:20 ID: 2rgVEv1yJF
京都弁って上品な感じがしていいなぁ。うちの地元の方言は他方の人から怖いとか怒ってるとか言われるんだよなぁ。
61 : ななしのよっしん :2014/09/06(土) 17:23:35 ID: 4ldR+aw8kC
京言葉舞子と芸子ぐらい
だいたいはやねん使う、といっても大分緩めのやねん、やろ、やなとか
62 : ななしのよっしん :2014/12/04(木) 21:55:25 ID: 9efzevqtG/
往ぬって京言葉だったのか
ナ行変格活用で習ったから
単に古い言葉かと思ってた
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015