単語記事: 京言葉

編集  

京言葉いうんは、京都で話されてることばのことですえ。

概要

京都市の旧、広くは山城地方で使われることばのことで、TVドラマやらでみなさんよう聞かはるんとちゃうかと思います。京都弁とも言いますけど、これはあんまり好かれしません。京言葉、て言うとくれやす。

乱暴な言葉遣いをせんと、遠まわしな表現や敬語を使うて、やらかい口調でがたたへんように喋るんが特徴です。お公家さんの言葉なんかの影もあって、独特の彙もようけあります。

ひとくちに京言葉いうても商の言葉、舞さんやらの言葉、職人さんの言葉、農村部の言葉、公家言葉といろいろあります。TVやら舞はんの喋り方のイメージから、京都の人はみぃんな「どす」てつけて喋ると思たはる方がいはりますけど、ほんまにそういった喋り方をするんは、舞はんやお年寄りやらのほんまに一部です。

正味のところは、他の関西弁と区別のつかへんような喋り方が普通です。特に若い人らは関西の他の地域のことばと混ざった「関西共通」の喋り方になったはることも多いし、今ではちょと聞かはっただけでは京都の人か他の関西圏の人かを聞き分けるんはなかなか難しおすなぁ。せやけどようよう聞いたら他の関西の言葉との違いもありまっしゃろな。

見分ける方法としては、「どんつき」いう京都でしか通じひん表現をつこてみるいう手ぇがあります。実際に京都の人がが兵庫の人につこてみたら全然通じひんかったいう話もありますし、ある程度効果的な手段と言えますやろな。ただ、メディアの発達なんかもあって他の関西圏のひとでも知ったはることもありますやろから、100%確実とは言えしまへん。
否定表現の「しない」「来ない」の言い方で判断するいう方法もあります。京都の人やったら「しいひん」「きいひん」て言わはりますけど、大阪では「せえへん」「けえへん」、神戸では「せえへん」「こおへん」て言わはります。これも徐々に混ざりつつあるみたいやし、璧な見分け方とは言えしまへんけども。

京言葉の語彙

京言葉には独自の彙がようけあります。最近はそないに使わへんのもありますけど、ゆっくり見てっておくれやす。なかには関西の他の地域でも使われる言葉やら、京言葉から全に広まった言葉やらもぎょうさんあるんですえ。

  • あがる/さがる……内の通りを北に行く/南に行く。元は御所に向かうことが「あがる」。住所などで上ル/下ルと表記する。
  • あんじょう……上手に、うまくいく。
  • いけず……意地悪。意地悪をする人のことを「いけずしい」という。
  • いちびる……ふざける、調子に乗ってはしゃぐ。
  • いぬ(往ぬ・去ぬ)……立ち去る、帰る。
  • いらう……いじる、触る。
  • うち……女性が自分を差すときに使う。
  • えげつない……あくどい、辛辣な、露な、どぎつい。「えぐい」と同系統の言葉。
  • おいでやす/おこしやす……ようこそいらっしゃいました。「おこしやす」のほうが丁寧。
  • おおきに……感謝の意を表す言葉。「おおきにありがとう」の省略形。
  • おはようおかえり……学校へ通う子供らにかける挨拶。はよ事に帰ってきいや、という意味。
  • おばんざい……普段のありふれたおかず。お惣菜
  • おやかまっさん……立ち去るときの挨拶。お騒がせしてすみませんでした、の意味。
  • ぐじ(具慈)……甘
  • こそばい……くすぐったい。
  • ごめんやす……こんにちは、にあたる挨拶
  • さら……新品。
  • しんきくさい……もどかしい、じれったい。
  • しんどい……疲れた、辛い。「辛労」が「辛労い」となり転訛して「しんどい」に。
  • ずいき……里芋
  • すかたん……頓、間抜け、見当外れ。
  • せく(急く)……急ぐ。
  • せわしない……忙しい、落ち着かない。「せわしい」とも。
  • せんど……たくさん、毎度、十分に、と言った意味と、先日、以前といった意味がある。前者と後者でアクセントが違う。
  • たいたん……煮物。「~のたいたん」の形で使う。「炊いたもの」の意。
  • たんと……沢山。
  • てれこ……あべこべ、互い違い、行き違い。
  • どんつき……突き当たり。
  • なんぎ(難儀)……困ったこと、難しいこと、苦しみ悩むこと。
  • なんしか……とにかく。「なんせ」とも。
  • にぬき(煮抜き)……ゆで卵
  • のぶとい(野太い)……図々しい、図太い。
  • はすかい……斜め、対線。
  • はばかりさん……ご苦労様、ありがとう。または便所のこと。
  • はんな……上品で明るい様子。
  • ぶっちゃけたこというと……本当のことを言うと。近年「ぶっちゃけ」の形で若年層を中心に全的に広まる。
  • ほっこり……(に精的に)疲れた、大変だった。全的には「ゆったりした」「和んだ」等の意味で使われる。
  • まったり……やわらかくてこくのある味。最近は「ゆっくりくつろぐ」意味で使う。
  • むしやしない(養い)……空腹をしのぐ軽食。「を養う」という意味。
  • ややこしい……こみいった、複雑な。ややこ(=赤ちゃん)の形容詞化で、現在では全的に使われる。
  • わや……台し、失敗。「わやくそ」「わやくちゃ」などとも。

文例

あの名台詞京言葉で言わはったら、こないな感じにならはります。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%AC%E8%A8%80%E8%91%89
ページ番号: 4476937 リビジョン番号: 1727931
読み:キョウコトバ
初版作成日: 10/10/04 12:10 ◆ 最終更新日: 13/01/20 03:18
編集内容についての説明/コメント: 文章微修正、文例追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

京言葉について語るスレ

74 : ななしのよっしん :2016/10/12(水) 17:16:11 ID: Y0k7z86jEG
>>65
奈良大阪神戸その他が混ざってるらしい植田佳奈みたいだな
75 : ななしのよっしん :2017/03/11(土) 06:20:12 ID: +3Uv1rt9GI
このご時世、どんどん言葉は混じってくもんやろうしその辺はしゃーないんとちゃう?
76 : ななしのよっしん :2017/05/08(月) 18:52:20 ID: DzD+P24r05
京都実家のある者だが、いまどきガチガチ京都弁なんて言ってる人いない(そもそも京都弁とも京言葉とも意識して言わない)

そもそも京都自体が色々な言葉が乱れ飛ぶ(関東人や外人さんがあっちこっちにいるし)ので、昔から京都に住んでる爺さん婆さんですら、「私らの言葉も色々混ざってよくわからんなってきたなー」とか言ってる
77 : ななしのよっしん :2017/08/14(月) 07:12:26 ID: 3Wev/Dt6db
大阪人の祖全に大阪弁だけど、穏やかな人なので
関東の人からは大阪人には見えないらしい

京都人も話す機会はあるが、大阪との違いはほとんど感じない
ないわけでもないが「柔らかに感じる」とかは地域差なんかより、個人差の方が確実に大きいだろう
昔ならともかく、現代では大阪弁京都弁を区別する必要性は薄いと思う
そもそも京都弁だけでなく大阪弁の方も、昔のような言葉遣いは消滅してるしな
京都の「どす」にあたる「だす」もほぼ消滅、どちらも標準化して「です」に)

ただその個人差の方が、大阪京都では異なる傾向を示すので、体感上に違いがあるとしたらここだと思う
特に人との距離感に違いを感じる
京都人は最初は距離を置いて徐々に近づいていく、大阪人はいきなり本音でぶつかってから適正距離を考える
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
78 : ななしのよっしん :2017/08/14(月) 07:21:17 ID: ZsEo5iuUaY
これはドスどすえ
79 : ななしのよっしん :2017/09/02(土) 22:53:14 ID: KRNBYE8W10
~はった、~してはる、みたいな言葉は関西圏出身者同士ではほとんど使わんけど、それ以外の出身者の前ではなんか使ってまうわ

80 : ななしのよっしん :2017/09/28(木) 22:07:22 ID: 4ghwiXm2mO
小学生の頃大阪南部州)から京都陽)に引っ越したけど、「先生来たで」と言ったら「そんな言い方ないんちゃう?先生来はったでか先生来られたでと言いなさい」と言われたのにはびっくりした。
さすが京都小学生に尊敬語使わせるとは言葉遣いに厳しいなと思った。
それに明らか下の人にも使うのにも驚いた。

「~してはる」は大阪南部ではあまり聞かないな。
北部では敬語の意味で使う人多い気がするけど。
81 : ななしのよっしん :2017/10/02(月) 10:34:37 ID: /h9+lQDvQl
京都弁大阪弁の違いの中で有名で、なおかつ実際、意思の疎通に支障を来すことがあるのが、
「行けへん」と「行かれへん」、「買えへん」と「買われへん」などの違い。
京都では「行けへん」といえば「行けない」、「買えへん」は「買えない」の意味だが、大阪ではそれぞれ「行かない」、「買えない」の意味になり、不可能の意味では「行かれへん」、「買われへん」という。
この違いを知らない人も結構いるので、しばしば誤解が生じる。

打ち消しの表現でいえば、京都は「しーひん」、「きーひん」とイ段になるものが、大阪では「せーへん」、「けーへん」とエ段になるのだが、この違いは今の若い世代でも結構生きているので、
やはり少し聞けば、京都弁大阪弁の違いは方言の差異の中でも分かりやすい方だと思う。
82 : ななしのよっしん :2017/10/02(月) 10:40:32 ID: /h9+lQDvQl
今でも年輩の人が使っているようにかつては京都でも大阪でも「しやへん」、「きやへん」と言っていたようなので、京都弁大阪弁の分化は最近まで続いていたとも言える。
83 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 20:38:19 ID: mjQaOHSmJE
近頃の京都の人の言葉は京都弁➕標準 
更に大阪東京外国人の人による喋り方が混ざってきてるように
思える
 西と東の出会う場所、世界の交流地点という雰囲気を感じる
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829