単語記事: 京騒戯画

編集

前絶後の祭りが始まる・・・・

京騒戯画』(きょうそうぎが)とは、東映アニメーションバンプレストによるアニメーション作品である。

概要

2011年3月公式サイトTwitterアカウントが開設。

同年8月27日に、『キャラホビ2011 C3×HOBBY』にて制作発表が行われ、同日にコミカライズと、本編開日が発表された。

本編開日は2011年12月10日で、開前に東京京都で試写会が開催された。

公式サイトでは、インターネットでの配信を予定していることが明記された。

バンダイチャンネルニコニコ動画Youtube で配信。配信期間は2011年12月10日(土)~2012年1月15日(日)。
ニコニコ動画での動画エンコードミスがあったため再度うpされた。
ニコニコ動画2012年3月4日から2012年3月31日まで再配信された。
ニコニコ動画2012年7月31日から2013年1月31日まで再配信された。また、他短編の開期間も同様。
現在は全て開が停止されている。

2013年に何の前触れもなくTVアニメ化されることが決定。
TOKYOMXBS朝日の他ニコニコ動画での配信も行われた。

作品内容

京都であって京都でない、独自の発展を遂げた庭のような間、「都」。 ひょんなことからそんな世界に迷い込んでしまった女の子・コト。 坊主に出会ったり、メカオタク女の子に追いかけられたりと波 乱万丈の日々をけっこう楽しんじゃったりもしていた彼女だが、知らぬところである計画が動きだしつつあった・・・。 妖怪と人間が入り交じった不思議なで、いま、祭りが始まる!

公式サイトより引用

公式プロモーションビデオから開され、
第一弾が2011年12月10月に一話完結作品として配信、
第二弾が2012年8月から全5話、独立した短編エピソード開された。
そして2013年秋アニメに登場。本記事は第一弾からの内容を扱うが、全て内容は共通している。

 映像作品としての色が強い作品だが、エピソード開されるごとに少しずつ世界観の全容や明らかになっていっている。
 一貫して公式サイトでも飄々とした文章でしか紹介がなく、世界観の説明、主人公達の遇や立ち位置などはあえての説明は作中ではなされない為、視聴者の解釈にゆだねられる事の多い作品であるのが一番の特色とされる。
序盤からハイスピードな展開だが、視聴者は登場人物より情報量が極端に少ない為、様々な論争を招いている
 いわゆる異世界から来ちゃった系の主人公であるが、彼女自身がある意味一番を秘めているため最初は視聴者視点も頼れない状況になるが、それは当然の事なので理解できなくても安心するよう。

 京都モチーフにした「」は、日本日常風景にありながらを引く色彩効果に妖怪ホロラム、果ては巨大ロボが一緒くたに存在する非日常の坩堝で、「騒」とあるようにハイテンションお祭り騒ぎを中心とする群像絵巻となっている。表面上ではわからない登場人物の行動理念も観る上で大きなキーポイントになっている。

ニコニコで留意すべき点

 「京騒戯画の作品解説生放送(要約)」というものもあるように、本作品を見た人には、少なからず大きな困惑を抱く層が存在しています。
他の多くのアニメのような一般・大衆向けの表現を取っていない作品であり、難解不親切奇抜な演出などの要素が多数あり、内容の予想や推理から、アニメ持論・論争に至るまで様々なコメントを招くことになっています。

この通り、この作品は好きな人は一気にハマれるものの、合わない人にはトコトン合わないものであり、かなり人を選ぶ内容なので、苦手な人も当然発生することになります。
よって過去の例に漏れず、本作も言葉を尽くすほどにファンアンチの溝は埋まりようがないものです。
動画が荒れやすいのは動画の性質上であること、またコメント掲示板での騒乱アニメ中のお祭り騒ぎのようには収束を生まないということを承知しておきましょう。 

 アニメファンのたしなみとしては、人を選ぶ作品は苦手、という自覚がある人は縁がなかったと思い、「つまらない」と思うなら、めに視聴をやめることをオススメしています。
ハマった人もそうでない人も、本意でない形で京騒戯画を楽しみに観ている人のニコニコすることのないよう方法をとるようにしてください。

 生放送に出演した監督松本理恵からは「個々のシーンの説明はしない」という旨の発言があることからも、それぞれの場面でどういった意図が込められているか、どう感じるかなどは、視聴者のひとつの楽しみとして託されている。

 ファンになった視聴者は、このことをまず理解しておくと良い。

TVアニメ版

かつて、幾つかの々が存在し

人とカミのが曖昧だった頃

これは、とある一家を巡る、と再生の物語である。

                                        TVアニメーションナレーションより

出演者らく前よりわかりやすくなっているらしい。以前の配信限定版では断片的にしか明かされなかったことを、TV版ではより深く描いていく様子。本編は全10話。

TV視聴者向けにマイルドにされており、これまで見てきた視聴者に関しても、第二弾までに解らなかった部分がある程度明かされる内容となっていることは確か。

ただし第0話となる予習編は配信版の第一弾をややカット音楽担当を変更した内容であるため、初見の人にとってはかつての配信版のような混乱が繰り返されている模様。

先述のように、第1話や過去編というより、途中のエピソードを描いてる作品なので、予習編だけで全てをすぐ理解出来るわけではないことを留意されたし。

TVアニメ版が初見という視聴者の中で、もしこの作品についていろいろ気になった人は、先の配信版エピソードが全て収録されたBD / DVD巻の入手をオススメ。

主題歌や使用楽曲など

その他第二弾では挿入歌が使用されていたが、詳細は不明。楽曲は第一弾のみ高木洋が担当していた。第二弾以降は椎名豪製作

TV版OPの『ココ』と、第二弾以降の椎名豪が手がけた楽曲は発売が決定している。

主要な登場人物

コト - 釘宮理恵
世界から来た制服少女。帰郷を夢見つつ、都で好き勝手している。甘酸っぱい青春を奪われた。カワイソス
、吽(あ、うん) - 日高のり子/吽の白石涼子
コトの分的な式兄弟。どっちがどっちかは実はどうでもいいらしい。とりあえず二人とも生意気な性格。
明恵(みょうえ) - 鈴村健一
絶倫坊主。なのにコト達を面倒見ている保護者。どことなくお人好しで妙に庭的な苦労人。
鞍馬(くらま) - 中原茂
ポーカフェイスの住職、いわゆる黒幕で、自分ではあんま動かない。断じてズボラなわけじゃないらしい。断じて。
八瀬(やせ) - 喜多村英梨
レスを着ている、一々行動が芝居くさいお姉さん。怒ると怖い、怖すぎる。持ちでいつも会を開いている。
ショーコ博士 - 斎藤千和
白衣メガネだけど住職一の偉い人。ゲーマーメカオタク。コト達を敵視するが、あしらわれ気味。独尊。
伏見(ふしみ) - 竹本英史
ショーコの部下。優秀でいつも定時あがりっぽい。上より頭がキレる二枚目。女子層に人気が出そう。
稲荷(いなり) - 石田彰
軍服を着たの人。公式でもしくマジに解説されている。コトの師匠らしい。第二弾からイケボがついた。
コト(古都) - 久川綾
紛らわしいので、ママと呼ぶといいだろう。年頃の女の子トラウマを植えつけた。

用語解説

本作品の舞台となる世界観で、人間と妖怪が暮らすもう一つの京都。元は明恵上人の描いた都の絵である。絵で描いた世界のため時が止まった世界という設定だが、が一応存在し、時期によって起こるイベントがあったりもする。絵で描かれたものなので、ここに存在するモノは壊しても基本的には自動修復される。そのため住人は破壊活動に関してかなり頓着である。ただし壊れないということは壊せないということでもある。名前の由来は八瀬から都の名前を聞かれた明恵上人が「向こうも京都でいいよ」とあまりにも捻りのない答えが返ってきたので、鞍馬が「せめて字面くらいは変えろ」とツッコミを入れたことから来ている。
三人議会
鞍馬、八瀬、明恵の似てない三兄弟が開催しているめいた議会。「三人の間には名誉があり、秘密はない」という誓いの言葉がある。ここでの決定は絶対らしく、逆に何も言ってこないなら黙認、ということらしい。ちなみに場所は都の中心にあるタワー最上階。鞍馬と八瀬は何故か勢を形成して縄り争いを行なっているが、明恵は特に大きな閥は持っていない。
鞍馬
鞍馬が幼い時に自分で建造したらしいお寺で、同時に鞍馬のことをす。お寺なのにショーコ博士ら先端テクノロジーを駆使する人々がっている。いつも安全点検と称して町の一部を封鎖しているらしく、住民からはちょっと呆れられているようだ(ショーコのせい)。
金剛巨人シャマル
鞍馬寺が所持している像のようなスーパーロボット。どこぞの鉄人よろしくPSPリモコンで操縦する。逆に言えばリモコンがないとまったく使えない。管理と開発責任はショーコ博士に一任されている模様。ショーコ博士がコトと敵対しているのは、本来はビシャマルの武器であるハンマー“アラタマ”をコトが持ち逃げして使用しているため。
アラタマ
伸縮自在のハンマー。上述の通りビシャマルのものだったらしいが、今はコトが使っている。色がなんとなくサイケ。コトはかつて現実世界稲荷からこのアラタマの元となったらしいものを貰っている。
白服 - 新井小川太郎半田典、座上洋
鞍馬寺に所属しているスーツの怖いオジサン達。ショーコ博士の命令で行動する。気でをぶっ放したり屋根の上をで走り回る迷惑な方々だが、一番苦労してそうな人達である。の腕はノーコンレベルの疑いがあるが、親分のショーコはかなりの腕前、どこで生まれたこの差。漫画版においては『液晶兵隊』と呼ばれており、ホロラムトークンなるモノらしい。本編でも微妙エフェクトがかかっているので本当の人間かどうかは微妙
四神 - 中山香、照井春佳
聖獣の名前を冠した美少女達。第二弾二話では探索活動のため呼び出される。メンバーの名前はそれぞれ、青龍アオイ警察)、白虎ハク白衣っぽい)、朱雀シュシュチャイナドレス玄武ザクロゴスロリ)。一言しか台詞がないにも関わらず、動画コメントでは俺嫁投票が行われている。流石おまえら。
お茶
八瀬の集落で行われている最大の楽。どうやらわがまま放題にお金を使っているらしい。八瀬本人を含め、参加者は自分の一に所属する妖怪達である。たまにコトが顔を出している。
開き
第二弾・3話のメインイベント。年に一度起こる事で、ゴミを粉砕出来ない都において、ゴミを処理するために利用される。そのためゴミは「捨てる」ではなく「に流す」と言われる。流されたものがどこに行くかはわからず、またがどう流すものを決めているかもよくわかっていない。一応所有者がゴミと見なせばなんでも流せるが、必要か不要かで揉めるなどして起こる事故も多い。

その後の話

2013年超ヒロイン戦記スーパーヒロインクロニクルに参戦することが決定した。他の参戦作品とべるとやや浮いている側のであるが、実質バンプレのオリキャラのような存在だっただけに扱いやすかったのかもしれない。

上記のように2013年にはTVアニメ化が決定、放送が開始されている。念願の映像ソフト化などが開始されるなど、2013年末期京騒戯画の展開がより活発となっている。

裏を返せばTVアニメバージョンがこれまでの総括的(完結編)なものになる可性もある。

漫画版

mercreによるコミカライズ作品。内容は本編の設定・世界観を踏襲したオリジナルストーリー展開となっている。

本編では不明瞭だった点の幾つかを補する内容が含まれており、より京騒戯画世界を楽しむ事ができるかもしれない。第一弾のストーリーをなぞりつつも、の多さによる取っ付き辛さはだいぶ解消されている。
コマの一つ一つにを凝らしてみると思わぬネタが隠されている事も……

2012年2月号より電撃マオウにて連載開始(コチラが第一弾)。
同年11月号からは第二弾の外伝として『京騒戯画 書院と迷子』が連載された。

各話リスト

WEBアニメ版

第一弾は30分、第二弾は基本10分程度の短編。
第一弾はそれだけで完結している長編。第二弾はその世界観をさらに膨らませた作品。
BD/DVD巻に収録。

話数 タイトル 動画 配信期間
第一弾 京騒戯画 動画リンク 2012年7月31日2013年1月31日
第二弾
第1話 コト、主人公かくりき 動画リンク 2012年8月31日2013年1月31日
第2話 ショーコ、科学者慌て窮す 動画リンク 2012年10月27日2013年1月31日
第3話 八瀬、妖怪都通信 動画リンク 2012年11月10日2013年1月31日
第4話 明恵、坊主かくりき 動画リンク 2012年12月8日2013年1月31日
第5話 古都、黒兎回想 動画リンク 2012年12月22日2013年1月31日

TV版

0話はWEBアニメ版の第一弾にOPを追加し編集した物、音楽が第二弾以降担当の椎名豪に変更されている。
BD/DVD巻に映像特典として収録予定。
特別編にあたる5.5話と10.5話はそれぞれ参巻と巻に収録予定

話数 タイトル 動画
予習篇 動画リンク
ある一家の事情とその背景 動画リンク
やってきたのは 動画リンク
長男と愉快で科学仲間 動画リンク
次女と素敵な妖怪 動画リンク
若き三男の悩みと始まりと終わり 動画リンク
5.5 京都実録篇 動画リンク
二人が計画し一人が悩む話 動画リンク
が帰還してついでにも帰還した 動画リンク
あっちとこっちでもめる話 動画リンク
どうしたらいいかみんなで考えよう 動画リンク
10 今日を騒がしく戯れ生きる人々の漫画映画 動画リンク
10.5 復習篇 動画リンク

ラジオ

TV版の放送開始日と同じ日の2013年10月2日Webラジオ京騒戯画 ~コトと明恵のお茶の間通信~」が日本コロムビアにて配信開始されて12月25日配信分で終了し、ラジオCDとして発売された。隔週水曜日更新
パーソナリティは、ラジオでは初共演となる釘宮理恵(コト役)と鈴村健一(明恵役)。

関連動画

関連生放送

関連商品

BD

DVD

音楽

書籍

その他

関連チャンネル

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%AC%E9%A8%92%E6%88%AF%E7%94%BB
ページ番号: 4709525 リビジョン番号: 1991983
読み:キョウソウギガ
初版作成日: 11/08/28 12:16 ◆ 最終更新日: 14/03/19 16:55
編集内容についての説明/コメント: 一挙生放送追加、商品スタイル調整
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


といき

公式配信はじまってるよー

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

京騒戯画について語るスレ

1020 : ななしのよっしん :2015/06/14(日) 09:16:41 ID: hG9aMGwSHW
血界がなんだか注されてるので、その何割かポロロッカしてここにくるといいなぁ
1021 : ななしのよっしん :2015/07/01(水) 00:24:47 ID: a+rng8FcQM
>>1018
そういや、ウテナ好きだった。
0話でウテナ系のわけわかんない作品かと思ったら、意外と話わかりやすくてびっくりした思い出。
予想外の当たりだった。
1022 : ななしのよっしん :2015/12/18(金) 06:22:40 ID: Z6cDSIf66c
今更ながら超ヒロイン戦記の為に視聴
自分はこういう過去現在を行ったり来たりしながら伏線回収する話が好きらしい
好みがハッキリ分かれるっていう意味ではシンフォギアに通じるものがあるね。あっちも大好きだ
1023 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 21:46:35 ID: HhvK2yBprW
>>1018
どっちとは言わないが自分は片方大好きで片方嫌いだ
1024 : 名無し :2016/05/08(日) 22:38:38 ID: 1h0s2poKYK
1話はほんとゴミアニメだったな
絵コンテ皆無 作画雑 背景雑 CG中途半端 ストーリーファッションだけで中身し いいのは音楽だけ。
2話以降は大分マシだから椎名豪当てで視聴は辛うじて続けられた。
1025 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 14:28:20 ID: 5XbAIWRPdn
そこまで言うなら1話で見るのやめればいいだろ!はそうした(作画は良かったけど)
ウテナは好きだけど騒はウテナ含めていろんなものの劣化コピーに見えた
1026 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 21:52:49 ID: ZuzWcu4qsY
この作品の場合、1話って言うだけじゃどれのことだかわからんな…w
1027 : ななしのよっしん :2017/03/27(月) 02:14:42 ID: CLrRz2kgOb
たぶん放送された一話、0話のことじゃないだろうか
あれで切った人は多かろう、さすがに訳分からな過ぎ
かといって本来の一話からやると今度は地味過ぎて多分切られたろうし
1028 : ななしのよっしん :2017/04/12(水) 20:48:02 ID: UrKyPmAcwF
初見でこの作品の雰囲気が気に入って好きになり、
そのあと血界戦線アニメも雰囲気よくて好きになった。
まさか作ってる人が同じだったとはね…
ワイワイガヤガヤしてる演出がすごく上手いよね理恵さん。
関わってる作品他にも見たいんだけど、Wikipediaにも載ってなかったし…
だれか知ってる人いたら教えてプリーズ
1029 : 16956 :2017/04/26(水) 15:46:20 ID: 7NHqocrtV+
>>1028
共同で演出やってるプリキュアオールスターズDX2がおすすめ。
新人(当時)のハートキャッチプリキュア主人公ふたりが
先輩プリキュアたちの背中を見て成長する物語シリーズ未見でも単体の映画として楽しめると思う。
アニメーターの皆さんが「松本理恵って迷惑なやつが時間のかかるコンテばかり書いて人にやらせる」と嘆いていた作品。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015