単語記事: 人工知能

編集

人工知能(Artificial Intelligence、AIとは、コンピュータに人間(いは生物)と同様の知をもたせようとする計画、いはそのための基礎技術である。

概要

人工知能」という言葉そのものは1956年ジョン・マッカーシーが最初に提唱した。
現在では記号処理を用いて知(のようなもの)を記述することを体とする情報処理や研究方法も人工知能に含まれている。
また、いわゆるマイコン電の制御や、ビデオゲームにおけるコンピュータの思考ルーチンも人工知能に含まれることがある。
まあ要するに「コンピュータに知っぽいものを持たせればなんでも人工知能」みたいな状態である。

創作物における人工知能

SF作品などにいては人工知能ロボット宇宙超能力などと並ぶ形の一つである。
巨大な宇宙船のメインコンピュータに搭載されたり、ロボットや歩行戦車に搭載されて自行動したり、いは主人公サポートしたりと様々なところで活躍する。

作品次第では、たまに暴走して人類に牙をむいたり、いは敵の大ボスになったりするのもお手の物。
キャラボスキャラ)として登場した際はあらゆる面で効率化された思考や行動によって人間が追いつけない領域に達していたりする反面で、人間の主人公が非合理的な人間性(自身を犠牲にする、等)を見せると『理解不と言い出し混乱し始める(そして、それが元で突破口を開かれる)のも定番のパターンだろう。

またいは、人間らしい思考を持ったロボットアンドロイド)が人間の『感情』に覚めていく、というのもフィクションSFでよく見られる題材となっている。「人間と人工知能との間には成立するのか?」「ロボットは人間の『笑い』を理解できるのか?」など、人間に近づきたいと願う人工知能たちが人間の感情を人間と共に理解していく、という作品も見られ、視聴者読者)に対して未知の可性を想像させてくれる。
もちろん、人間に限りなく近い事が「璧な人工知能」かというとそうでもなく・・・

 

アトム全ではないぜ。なぜなら、悪い心を持たないからな。

手塚治虫 「鉄腕アトム」より

 

人工知能(及び人工知能が搭載されたデバイス)が登場する作品

この他にもあれば随時追加をお願い致します。

関連動画



創作物に登場する人工知能達。



ラブプラス」は人工知能と対話することを楽しむゲームと見ることもできる。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD
ページ番号: 5092936 リビジョン番号: 2343095
読み:ジンコウチノウ
初版作成日: 13/05/27 19:57 ◆ 最終更新日: 16/03/28 19:18
編集内容についての説明/コメント: シュタゲ0を移動ネットハイを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

人工知能について語るスレ

130 : ななしのよっしん :2016/06/15(水) 09:42:59 ID: 7kfrPTh0fL
人工知能を研究する的が理解できない。
人件費の削減と業務の効率化くらいしか思いつかない。

人工知能が人間がやっている仕事をやるようになったら、
人間は何をして暮らしていけばいいんだ?

人工知能に生活だけでなく1日の行動から、
人生の決断に関する決定権を全て委ねて、
人類はそれに乗っかってそのまま乗ってればいいのか?

それは思考停止につながり、
人類の自己決定権を奪い、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
131 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 18:37:55 ID: ximR2Zmkis
人一人にそこまでしてやれる程人工知能に計算資の余裕持たせられるのはいつになる事やら
132 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 08:39:35 ID: 0wrP5EIdPX
ある意味で既にそうなりつつあるけどな
google検索して評判の良い映画しか見ない人、amazonおすすめの本やベストセラーしか買わない人、ネット政治的意見の影を受けて選挙投票先を決める人は、自己決定権のかなりの部分をgoogleamazonアルゴリズムに委ねていると言える
133 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 09:12:55 ID: ximR2Zmkis
それは人の自己決定権を奪っているというより元々長い物に巻かれたがる人の本という名のプログラムに巧みに訴したマーケティングを「中の人」がやってるだけじゃ?
あそこ人工知能と呼べるような働きは何もないっしょ。そのように見える何かを感じる時は大抵中の人の手配によるものだから。

今の人工知能には客の購入・閲覧履歴の傾向や、キーワードタイトルの類似性、著者や出版社、価格などの諸パラメータからヒットしそうな商品を統計的に割り出すアルゴリズムくらいは組み込まれてそうだが肝心のマーケティングの妙となる部分は中の人に委ねられてるっしょ。
その状態は当面続くと思うよ。少なくとも人工知能が自らに組み込まれたプログラムで判断して独自のマーケティングを展開したりと言った事は到底不可能な段階。


134 : 白窟玄武 :2016/06/27(月) 00:12:26 ID: MVs5eEfpQY
心を再現するのは簡単ではいが十分可
重松某の小説とかを読んでいて気付いたん
だが、人間の心ってのはその大部分を自然
から受け継いでいるんだ。
恐怖なんて今の機械にはいが高等な生命
になる程に「失う」事への恐怖がある。
これは非常に強固な"意思の"を産み出す。
を失う事への恐怖。
今の人工無能に恐怖を感じる事の出来る心
を与えれば小動物程度の自は再現出来る
かも知れない。
もう完成してるのかも知れないが、特に軍
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
135 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 16:01:19 ID: ximR2Zmkis
「心の再現」って何だと考えてるんだ?
心かどうかは人間のの思考以上に多様で深い思考エンジンは十分な計算量と然るべきパターン学習が用意できれば可だが。
今現在機械いのは有機体特有の「フレキシリティ」とでも言うべきものじゃないか?現に有機物で出来ていないから理もない話だが。
機械と呼ばれていながら"機"ってのも随分な話だが要するに々が今日使っているコンピュータなどは"器械"なんだろう。"機"はどれもこれも人の手で組んで来たものばかりで、それらを掻き集めて一つの集合体を形成していった時に果たして"心"なるものになるのかどうか。
いずれにせよ「中の人」抜きでそれが実現できるかどうかが肝心なポイント

136 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 20:05:27 ID: wVV0YUylxB
人間の知自然環境の中で生まれたもの
だから知が生まれた自然環境を再現すれ
ばいいって事?
多種多様なウイルスとかボットとか人工
の入った巨大なサーバー水槽として、
それらに寿命を与え、寿命を伸ばすには食
わなけりゃならない様にして弱肉強食
槽を作る。
その中で一番賢いのが生まれたらバックアッ
プして取り出し同じ事を繰り返せば・・・
137 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 20:35:33 ID: MVs5eEfpQY
>>135

例えば囲碁とかだと頭の良い人間が数万局以下の対戦で習得できるが、人工知能だと数万局位の対戦を経験しないと習得出来ないというアレですか?
何と言うか人間と機械を分ける界ってのはストレスを感じるかどうかなんじゃないかと思う。
ストレスを感じない、失う恐怖がいからから人間みたく視野が狭くならない。
新定石もポンポン発見してしまう。笑われる事を恐れないから。
人間みたく失敗しまくる、新定石にも気付かないで権威を信じてしまう。
そんな人工知能が生まれたらそれは人間の心に近づいたって事なんだろうか?。
それともストレスを感じる人工知能ってもうあるのでしょうか?
138 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 12:17:16 ID: ximR2Zmkis
>>137
それ変数とか乱数の問題なんじゃないの?
例えばある場所からある場所への程が何通りかあるとして最短距離をとるパターンだけが組まれてたら毎回同じを行くでしょ。
その他にも消費エネルギーとか混雑度、安全性なども含めた所要時間諸々を変数としてその時その時最適だと思われる程を算出された値の較で選ぶなら状況によって変わる訳で。
更に乱数加えて例えば差が5%以内なら同値と見做してそこからランダムで選ぶとか、日によって算出に用いる計算式やパラメータの値を替えるとかすれば行動パターンにもある程度バリエーションが付いて来ると思うよ。

人間も大体こんなような思考パターンで動いてる様な気がするけど個人差ってのは畢竟諸パラメータおよびアルゴリズムの差に帰着出来るって事になんのかね。
ストレスって要するに負荷による疲労/摩耗の事で、機械でもあるしなるべくその蓄積を回避するパターンが組み込まれていれば自ずと人間がみせるストレス耐性の差による違いのようなものとして表れるんじゃないか?(ある自作業機械に疲労度なる値
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
139 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 12:29:52 ID: ximR2Zmkis
あとその失う恐怖とかってのも本プログラムの一種だし同じような物はAIにも回避パターン組むだけで拵えられると思うけど。
人間の場合何かスイッチング回路の様な機として本的に備わってて、そこにJ-POPみたいな刷り込みで強化学習させて形成されてくもんなんじゃないかと思うけど。
御宅も人生の中で嘲笑・侮辱され、それに屈した事で思考パターンに絞り込み掛けられたり、権威への追随が正しいと判断して行動した結果視野狭に陥った経験があるからこそ「人間みたく=御宅自身みたく」という発言をしてる事かと思われますし人間自体がストレス体的・精暴力による化に屈するように出来てあるという事を自身で実感しているからこその発言でしょう。
ただその話は個人的経験に基づいているであろうとはいえ人間全般について言える事だと思うよ。実際そうならない人間に出会った事がないんで。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015