単語記事: 人権

編集  

人権じんけん、Human Rights)とは、人間の持つ権利のことである。

概要

人権」という表現を使う場合には、単なる権利ではなく、自然権としての人権すことがほとんどである。
自然権とは、かに与えられることなく各個人が当然持っている権利のことである。

日本で言えば、「自由権」「社会権」「参政権」などがあるが、人権をどのように分類するかについては様々な説があり、はっきりと定まっているわけではない。

とはいえ、現代の法学、社会学においては、人間が人権を持つことについて疑義を呈する学説はほぼ存在せず、守られるべき人権が存在するということについては一致しているのが現状である。

自然権とは

自然権というのは、人間が自然に、つまりかから与えられたわけではなく持っている権利のこと。
人権説」と呼ばれることもあるが、この「」というのは具体的に権利を与える何かの存在ではなく、「天然」のと同じで、特に何もしていない自然の状態ということである。

かつてはから与えられた権利であると考えられていたが、ホッブズ、ルソー、ロックなど、17世紀の社会契約論者により現代に近い形に整理され、系統化された。このあたりは中学校高校で覚えさせられた人も多いだろう。

このように、自然権は与えられなくとも持っているものであるため、今日日本含む各憲法では「保障する」、つまり既にあるものを侵しないように守るという表現になっている。

いろいろな人権

概要で述べたように、人権にはたくさんの種類があり、分類の方法も多岐に渡っている。しかし、上の漠然とした説明ではあまり実感できないという人も多いだろう。
そこで、ここではいくつか実例をあげて説明していく。

平等権

「法の下の等」とも言う。現代の法律では、イスラム法などを除き、まず確実に保されている権利。

日本では人種、信条、性別、出自などにより差別されないことを定めた日本国憲法第14条で規定されている。

自由権

自由である権利。はっきりした成立は英国の権利章典にさかのぼり、 人権の基礎とも言える。
上の等権も、ひろく見れば自由権の一部であるといえる。

日本国憲法においては、第13条がその包括規定(個人の尊重)として存在し、個別規定として経済自由権(第22条第29条)、精自由権(第19条第20条第21条第23条)、人身の自由第18条、第3139条)などが定められている。

表現の自由第21条)、思想の自由第19条)、信教の自由第20条)、学問の自由第23条)、それに生存権(第25条)やプライバシーの権利も自由権の一種である。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%BA%E6%A8%A9
ページ番号: 5046768 リビジョン番号: 2367792
読み:ジンケン
初版作成日: 13/02/21 15:09 ◆ 最終更新日: 16/05/31 20:56
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「国連自由権規約人権委員会」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

人権について語るスレ

1254 : ななしのよっしん :2018/01/07(日) 13:06:27 ID: MEFf7KyZM1
パレスチナ人の人権を守ってどういう利益があるのか今ひとつ見えない
自然法思想や人権法で全ての人の人権の保障が要されていることはこの際に置いといて

に石油経済からの利益が見込めるとしても、社会要支配層がブルジョアジーでなく信徒、民族義勢、王族等に占められていることからして、財産権やら自由権やらを守るつもりなど社会なのだし、ブルジョア社会になるつもりも元からいだろ
言い換えれば、近代法どころか近代思想さえまともに通用しない地域なんだよなぁ
1255 : ななしのよっしん :2018/01/21(日) 11:21:46 ID: fM1ZqDKkRf
イスラム文化と資本主義が決定的に対立するとも思えないけど
確かに利子制度は禁じてるけど、過度にならない程度にはイスラム融も発達してるし。
そもそもイスラム教の教えにも人権思想とも言える部分があるから、折り合いをつけられるのでは。
実際、問題もまたグラデーションであって、一つの文化一つの地域ってのは数々の紛争からしてありえないんだよな。人間社会は動的なものだから。

あと理にブルジョア=市民とそれ以外区別つけすぎ。マルクス経済発展段階説見てるみたいだぞ。
マルクスなら、下部構造が決定するから、上部構造の文化や宗教変数でしかないはずだけどな。
1256 : ななしのよっしん :2018/01/21(日) 17:20:31 ID: MEFf7KyZM1
人権思想には思想・信条の自由が付き物なんだが
イスラム教の教えにも人権思想とも言える部分がある」って、どの部分よ
イスラム社会融だけでなく、財産権等々や資本主義とも「折り合いをつけられる」なら、
とうの昔にブルジョア社会へ発展していたはずだろうに

社会を分類する「ブルジョア社会」「ブルジョア憲法」といった用に問題があると思うなら、
そういう用を使っている出版業界や研究業界に異議申し立てたらいかがか
歴史に名を残すレベルの学者でもなければ、一個人が各業界の用法を変えられるとは思わんけど
1257 : ななしのよっしん :2018/01/28(日) 00:29:06 ID: 2N6LounEPK
人権全否定はしないけど一部の人達は人権というものを過大評価し過ぎてるとは思うな
>>1124
人権の概念を獲得するまでどれだけの血と涙が〜っていうけど、人権の概念を獲得してからの方がはるかに多くの血と涙が流れてるよね
まあ別にそれが人権思想のせいとは言わないけど

もし人権がなかったら明日にでもお前は殺される〜とか言うけど、別に人権思想がなくなったからってなんでもありの無法地帯になるなんてありえないし
こういう人は人権という言葉が出来るまでこの世に法律ルールがなかったとでも思ってるのかね

>君を役所や法律事務所で殴ったAがいたら、Aは君の人権を侵したということで逮捕されるだろう

別に人権のない社会でもいきなりそんなことすりゃ大抵は逮捕されるだろうよ
法律警察の存在は別に人権の手柄じゃなく社会を維持する上でそういった存在が必要だからというだけ、そうした社会の維持といった名でも侵せない権利というのを体系化したのが人権
だから>>1
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1258 : ななしのよっしん :2018/01/30(火) 13:16:27 ID: MEFf7KyZM1
>人権の概念を獲得してからの方がはるかに多くの血と涙が流れてるよね
ソースは?

財産権のような経済人権を土台にブルジョア革命資本主義社会が発生したが
そうも資本主義が気に入らないんだろうか
1259 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 15:57:36 ID: KKPez+InOg
因果関係がわからないから例え「人権が出来てからかに血と涙が流れてる」が事実だとしてもだから何としか言えない
そもそも人間が戦争しなかった時期なんてないし血が流れるのは兵器開発の技術や人口増加すれば絶対数は当然増えるし当たり前
1260 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 16:56:25 ID: by/ktOCPD2
そりゃ個人の人権にとっては
他者の存在は役に立つ要素か障かの違いでしかないわけで

どんな権利も単体では同権の衝突を考慮してないからどのこうなる
1261 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 19:19:34 ID: 6iGPuEbpuq
人権の概念を獲得、ってのがどの時点なのかがわからんな。マグナ・カルタからかグロティウス辺りにするか
もっとも人類全般(人くらいから)で言えば流れた血と涙の量は、ここ数年よりそれ以前の数千年の方が圧倒的に多かろうが

除けば、ヨーロッパ人権の拡大は、フランス革命軍(とナポレオン)との戦争が大きいんだよな
貴族だけでなく民衆から農民まで戦争に駆り出されると、命ってるのは貴族だけではない、という突き上げは当然起こるから、それに対する譲歩をどのも余儀なくされた

で、民皆兵が出来たのは較的練度が少なくても殺傷が出来る銃器の普及って要素が大きいし、血の量々は回答不な問いで、信仰告白にしかなってないな
1262 : ななしのよっしん :2018/02/07(水) 20:13:22 ID: xCICf7yA9V
>>1257
>>君を役所や法律事務所で殴ったAがいたら、Aは君の人権を侵したということで逮捕されるだろう
>人権のない社会でもいきなりそんなことすりゃ大抵は逮捕されるだろうよ

特権階級や貴族は生殺与奪権を占有していたので、それは正確ではないはず。例えば、法学者曽田厚の「自由な人格と家族法」によると
>古代ローマでは、家族集団は長の絶対的権により統率された。長は家族構成員すべての上に生殺与奪の権を有し、子を殺いは奴隷として売却することも許された。(154

経済学者・農学者の七戸長生によると
>士農工商の身分階級が徹底的に貫徹された江戸時代には、武士階級に次ぐ地位におかれた農民といえども、領によって「生きぬよう、死なぬよう」にと統治され、生殺与奪は保の限りではないという状況がおよそ260年間も続いた。それは、農民というよりはむしろ農と呼ぶのが適切であるような状況であったといえよう。(「重農思想の根底にあるもの:ルソーと益を素材にして」140-141

社会学者知念英行によると
>古代の経済生活が本質において「オイコス経済であり、そこに分業があっても奴隷を含む大家計内部での労働の専門化にすぎないこと、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1263 : ななしのよっしん :2018/02/10(土) 17:58:53 ID: OZO97xl/Ho
実際問題21世紀の今の世の中ですら人権が保されない地域は役所や警察署が機しているかも怪しい。
近代官僚制は近代自由思想の発展とセットだし。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829