単語記事: 人間失格

編集

人間失格とは、1948年に発表された太宰治小説である。

概要

東北の田舎に生まれた大庭葉蔵は、人間の営みが理解できず、苦しむ。彼は人間への最後のとして道化となることを選んだ。
人間失格は、彼の独った小説である。
ただし近年、太宰自身が度重なる推敲を重ねた直筆原稿が見つかっており、太宰の自伝的作品とすることに疑問のも上がっている。

2007年集英社文庫の新装版で小畑健が表を描いたことで大きく話題となり、売り上げがアップした。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BA%BA%E9%96%93%E5%A4%B1%E6%A0%BC
ページ番号: 4460566 リビジョン番号: 2393076
読み:ニンゲンシッカク
初版作成日: 10/09/11 23:54 ◆ 最終更新日: 16/08/11 05:35
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に青い文学シリーズを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

人間失格について語るスレ

16 : ななしのよっしん :2014/03/15(土) 21:44:10 ID: /DdHREGpIl
のことが書いてあった。
とは言っても持ちじゃないがな。
17 : ななしのよっしん :2014/05/03(土) 21:54:19 ID: ds+wu/zwr6
>>10
しかも廃人になってからババアに犯される
18 : ななしのよっしん :2014/05/16(金) 16:19:36 ID: Lc3FLQfRIw
>>12
それでお前だけ助かるんだろ?
19 : ななしのよっしん :2014/12/14(日) 03:39:52 ID: w7SvWa1sy/
>>14

いと思えない人が居るのは不思議でないし
楽しめない人は楽しめないままできっと構わない作品だと思う

理解できるから良いとか素晴らしいってわけでもけしてなく
ただただ人としての性質として、合わない人が理に
がる必要は本当にない作品だと素直に思う
20 : ななしのよっしん :2014/12/31(水) 15:42:54 ID: c29XjKd2Tn
>>17
あの時代の犯すって罪を犯すの方かと思ったけど
そのままなのね
21 : ななしのよっしん :2015/01/01(木) 13:10:50 ID: Lc3FLQfRIw
一年前の自分にが何書いたのか忘れたうえにそれにレスするとか…ちょっと入してくる
22 : ななしのよっしん :2015/01/19(月) 18:18:06 ID: d/UUMfO+il
正月元旦にすげぇレスだぜ>>21
23 : ななしのよっしん :2015/11/03(火) 14:26:31 ID: PrR3IG7aIU
不味い鮨の屋台うんぬんの実体験っぽさは異常
24 : ななしのよっしん :2016/05/12(木) 22:44:41 ID: Z7+Anfe+Iu
葉蔵ってやっぱり太宰さんの実体験というか自己分身みたいな存在だったのかな
すっごい共感できて感情移入しっぱなしだった
おこがましいけど一度でいいから太宰さんと直接話してみたかったな
25 : ななしのよっしん :2016/09/27(火) 10:33:39 ID: T7tQbMlUoJ
まんがで読破の人間失格は何故かよし子が浮気女になとまてたな
あのシリーズ原作にはない話気で入れるからなぁ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015