編集  

今日は、アドルフ・アイヒマンが逮捕された日なんですよ(暗黒微笑)単語

キョウハアドルフアイヒマンガタイホサレタヒナンデスヨ

1960年5月11日は、アドルフ・アイヒマン逮捕された日なんですよ(暗微笑)。ただ、実際には正規の法的手続きに則って拘束したわけではないため、逮捕っつうか、まあ拉致だな隊長

この記事では、アイヒマンホモガキ時代や、オイルロッカーとして働いていた頃、そして「ユダヤ人の最終的解決(意味深)」に果たした詳しい役割については、流しますね……

今日は、アドルフ・アイヒマンが逃亡した日なんですよ(暗黒微笑)

第二次世界大戦中は親衛隊中佐としてユダヤ人絶滅収容所への移送を導したアドルフ・アイヒマンであったが、戦後は様々な偽名を使い分け、連合による戦犯狩りから逃れていた。

1950年イタリアに脱出したアイヒマンは、親ナチス的な現地のオーストリア・カトリック組織の協を得て、政治難民リカルド・クレメント(大嘘)」としての身分とパスポートを得た。そしてアイヒマン6月17日に船でジェノヴァを発ち、7月15日アルゼンチンのブエノスアイレスに到着した。後には家族もブエノスアイレスに呼び寄せたアイヒマンは、工員や養など様々な職に就き、現地では4番息子けている。普通家族みたいで微笑ましいと思う。

しかし、イスラエル諜報機関モサドの魔の手からは絶対に逃れられない! その詳細については諸説あるが、モサド1950年代末にはアイヒマンが偽名でアルゼンチンに潜伏していることを掴んでいた。特定の決め手は、「リカルド・クレメント」がブエノスアイレスに購入したの名義がアイヒマンの妻の名と一致したこと、そして「クレメント」がアイヒマン結婚記念日に束を買ったことであった。

今日は、アドルフ・アイヒマンが逮捕された日なんですよ(暗黒微笑)

アイヒマンの居所さん!?特定したイスラエルであったが、肝心のアルゼンチン政府は過去にも逃亡戦犯に対する捜を拒否したほどの親ナチスであり、イスラエルは当初から正規の手段でアイヒマン拘束しようとは考えていなかった。

大統領ダヴィド・ベン=グリオンによってアイヒマン誘拐作戦が下命され、アルゼンチンに設立された偽の旅行代理店によってモサド工作員たちが現地に送り込まれた。当時イスラエルアルゼンチン間には定期便が運航しておらず、誘拐の期日はアルゼンチン独立120周年に際して送られたイスラエル公式代表使節団が帰する1960年5月20日に設定された(はぇ~すっごい周到……)。

1960年5月11日、ブエノスアイレス北部サン・フェルナンドに在するアイヒマンの自宅付近で、2台のクルルァに分乗した7人のモサド工作員たちが、アイヒマンの帰宅を待ち構えた。通常アイヒマン毎日必ず午後7時に帰宅するマジメ君であったが、なぜかこの日に限っては帰宅が遅れた。

しかし、作戦は予定通り決行された。午後8時5分、自宅前に現れたアイヒマンに対し、工作員テルマルキンスペイン語で「あっ、おい待てぃ」とをかけた。と同時にマルキンアイヒマンの首元を掴んで地面に引き倒し、すかさずアブラハムシャロームとラフィ・エイタンがその両脚を掴んだ。3人に勝てるわけなくアイヒマンクルルァに押し込まれ、占めて20余り拉致了した。

その後9日間、アイヒマンはブエノスアイレス郊外モサドが用意した屋敷で拘束された。そして11月20日夕方、やわらかスマホ睡させられ、エルアルイスラエル航空制服を着せられた状態でブエノスアイレス空港に連行された。警備隊には、エルアル航空パイロットラファエルアルノン」の身分と、彼が現地で事故に遭ったという偽の診断書が提示され、こうしてアイヒマンアルゼンチン側に気づかれることなく、イスラエル公式使節団とともにイスラエルへと連れ去られた(まるでスパイ映画みたいだぁ……(直喩))。

当然ながら、この誘拐作戦際法違反であり、直後にアルゼンチン政府は「これが……合法行為なのぉ? なんか(権が)侵されてるよぉ!」と国連安保理に提訴している。安保理理事会はアルゼンチンを認めたが、その後アルゼンチン政府とイスラエル政府が交渉を重ねたことにより、2幸せキスをして終了。

今日は、アドルフ・アイヒマンが処刑された日なんですよ(暗黒微笑)

その後、アイヒマンイスラエル国刑法ナチ及びナチ者処罰法」に基づき訴訟(きそ)され、判はエルサレム地方裁判所特別法廷で1961年4月11日に開始された。

弁護側は、1950年に制定された「ナチ及びナチ者処罰法」による起訴は法の不遡及に反し、そもそも大戦中に存在すらしなかったイスラエル国には裁判権自体が存在しないと訴えた。しかし裁判所は、際法上の普遍的管轄権が優越するとしてこれらの訴えを却下した(そんなこと言ったらニュルンベルク裁判の正当性も揺らぐからね、しょうがないね)。

1961年12月15日エルサレム地裁はユダヤ人に対する罪・人に対する罪・通例の戦争犯罪など15の訴因すべてについて有罪とし、アイヒマン死刑を宣告した。弁護側は再度イスラエルの裁判権や適応法条についての法律論で争い、イスラエル最高裁に上訴した。しかし、最高裁1962年5月29日に地裁判決を支持して上訴を棄却し、6月1日午前0時過ぎ、アイヒマンラム刑務所において絞首刑を執行された。基本的に死刑制度が存在しないイスラエルにおいて、現在まで法制上の刑死者はアイヒマンを含めて2人のみであり、また判決が撤回されていないのはアイヒマン1人のみである(語録視)。

アイヒマンの遺体はすぐさま火葬され、そのイスラエル軍が地中海の領海外バラ撒くぞこの野郎!

今日は、エルサレムのアイヒマンが発表された日なんですよ(暗黒微笑)

かくしてアイヒマンに対する裁きは下ったが、アイヒマン裁判はその後も各方面に対して大きな影を残した。なかでも裁判で注されたのは、自身の行為に対するアイヒマンの態度であった。

アイヒマンは自身がホロコーストに加担した事実については弁明せず、それに「遺憾の意」さえ表しながら、その責任については「(総統命令を)聞くっつったのに聞かねぇっておかしいだろそれよぉ!?」と繰り返した。自身はハイドリヒ、ヒムラー、MUR虐殺おじさんの命令に従ったまでである、と衒いもなく述べる小役人さながらアイヒマンの姿に対し、彼がKMYJYUのように人間性も良心も持ち合わせない怪物だと想像していた人々の考えは裏切られた。

傍聴席からつぶさにアイヒマンを観察していたユダヤ人哲学ハンナ・アーレントは、1963年2月16日に『エルサレムアイヒマン――悪の陳腐さに関する報告』を発表した。この著作でアーレントは、アイヒマンが怪物ではなくただ命令に従うことを至上とした、結婚記念日には妻に束を贈るような一市民に過ぎず、時と場合によっては「でもそうなるんや」と、人々の心に遍在する「悪の陳腐さ」について警鐘を鳴らした。

このアーレントアイヒマン擁護と受け取った各界からは凄まじいバッシングが相次いだが、その後『エルサレムアイヒマン』に着想を得て行われた「ミルラム実験」では、井の人々がいとも容易く虐待おじさんと化すことを雄弁に物語っている。

今日は、アドルフ・アイヒマンが逮捕された日なんですよ(原点回帰)

以上、アイヒマンの後半生についてすっとぼけて縷々述べてきたが、実際のところ、「今日は、アドルフ・アイヒマンが逮捕された日なんですよ(暗黒微笑)」という言葉は、あるゲイビデオに登場した一台詞である。

そのゲイビデオ2003年COAT COAPORATION から発売された『BABYLON STAGE 42 少年犯罪』であり、当該台詞は4章の短編から成る『少年犯罪』のうちの第3章「汚濁の御子」内で、遠藤という登場人物(通称AOK)によって発されている。

汚濁の御子」の簡単なプロットは、「友人に自らの担任教師レイプさせようとしたAOKが、事の最中に変心し、自ら友人をレイプする」というものである。当該台詞は、この「汚濁の御子」のラスト付近においてなされるAOKの独であり、この台詞の直前には「死刑にしてください」や「倦怠のうちに死を夢む」という中原中也の引用も含まれている。そのため、自身を「死に値する人間」と捉えるAOKが、その具体例としてアイヒマンを引いていると推察するのは難くない。

しかしながら、他に悪人の代名詞などいくらでもあるにも拘らず、敢えてアイヒマンが選ばれたのには、やはり制作側の何らかの意図があると見るのが自然である。その一つは論、上述した「悪の陳腐さ」であろう。AOKがなした悪辣極まる行為も、根底には元々の純恋愛感情があったのかも知れず、その意味では全員AOKとなり得る、と制作側は訴えているのかも知れない。

しかし々はここで、アーレントがなした、あまり知られていないもう一つの摘も思い出さねばならない。それは、アイヒマン裁判がその経過を逐一ラジオテレビで全世界に中継され、結果ユダヤ人への被害者意識の植え付けとシオニズムの正当性の強化に寄与した「アイヒマンショー」であったという事実である。

アーレントアイヒマンを見世物として大上段から裁き、自らを謬の存在としたイスラエル批判した。翻って々はどうか。ホモビを見世物として大上段から嗤い、自らを謬としてはいないか々は決して過去の小さな過ちを掘り返されないと言い切れるのか。々の活舌は決して彼らのようにモロモロにならないと言い切れるのか。々は決して「うんこの擬人化」「池沼」と他人から嘲笑されることはないと言い切れるのか。

々がホモビを観るとき、ホモビもまた々を観ているのだ。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%8C%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%97%A5%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88%28%E6%9A%97%E9%BB%92%E5%BE%AE%E7%AC%91%29
ページ番号: 5531322 リビジョン番号: 2598317
読み:キョウハアドルフアイヒマンガタイホサレタヒナンデスヨ
初版作成日: 18/06/05 22:04 ◆ 最終更新日: 18/06/14 20:56
編集内容についての説明/コメント: スタンフォード監獄実験がやらせだったってこマ? じゃけん訂正しましょうね~
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

今日は、アドルフ・アイヒマンが逮捕された日なんですよ(暗黒微笑)について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/06/05(火) 22:49:27 ID: 8SGFE3pczD
が発したセリフなのか書かれてなくて記事が分かりづらい
2 : ななしのよっしん :2018/06/05(火) 23:54:56 ID: uItE+Qd29v
最後に「あ、そうだ」って汚濁の御子について触れて欲しいと思った(粉ミカン)
記事自体は読み応えあっていいゾ~これ
3 : ななしのよっしん :2018/06/06(水) 02:51:35 ID: oSg69L4B7C
ユダヤ人人種クズ。はっきりわかんだね。
4 : ななしのよっしん :2018/06/06(水) 22:45:21 ID: zoFnLOPF0n
ユダヤ人イスラエル同一視してはいけない(め)
5 : ななしのよっしん :2018/06/07(木) 16:45:03 ID: NDLm6kQRN1
闇が深すぎるんだよなあ……
6 : ななしのよっしん :2018/06/19(火) 13:08:58 ID: lKjA9OgUFX
>「刑務所長役」は、消極的な態度を取る「看守役」に対し「残な看守」として振る舞うように積極的に示を行っていた。
 「看守役」が強く反論したにも関わらず「刑務所長役」が自らの示を押し通す様子も録音されており、これらは「看守は刑務所長の明確な示と導を受けていた」ことを示している。
 つまり、「看守が図されるわけでもなく残に振る舞った」という実験結果の子そのものを覆すものだったのである。

ミルラム実験は正しいけどスタンフォード監獄実験はほぼ間違ってたのか、たまげたなあ……。
https://ja.wikipedia.org/wiki/スタンフォード監獄実験
7 : ななしの梨 :2018/07/01(日) 09:07:00 ID: fPSLmgV06x
>>6
実験実験者もガバガバすぎませんかね....
8 : ななしのよっしん :2018/07/28(土) 18:36:48 ID: 07SM8+hFcU
はえ^~すっごいタメになる……

せっかくこれだけ詳しく書いているんだから出典(ソース)もほしい…ほしくない?
そうすればもっといい記事になるはずだゾ〜これ
9 : ななしのよっしん :2018/08/01(水) 21:26:24 ID: izoK+W7pmQ
>この誘拐作戦際法違反であり、直後にアルゼンチン政府は「これが……合法行為なのぉ? なんか(権が)侵されてるよぉ!」と国連安保理に提訴している。

ここすき
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829