単語記事: 仏教

編集

仏教とは世界三大宗教の一つである。

開祖

インド族の王族を出自とするゴータマ・シッダルタ(シッダールタ)が開祖とされる。
この事から、としての開祖を釈如来(釈、釈尊)と呼び、日本では“お釈さま”と呼ばれる事が多い。
また、覚めた人をす「」と呼ばれる事もあるが、これは宗によって釈のみをさない場合がある。

教義

仏教宗教であるが、仏教を信仰するという言い方は適切とは言い難い。
正しくは「三宝に帰依する」と、表現するのが適当かと思われる。

教義そのものを言葉で説明する事は非常に難しい。
故にのような言外の教えが伝わっている。

敢えて、客観的な定義を行うとするなら、以下のような教義を持つと言える。
三宝(法僧)───
即ち、と、そのの教えである法、そして、法を正しく理解する僧を、生きる際の寄る辺とせよと教えている。

よって、教義の大基となる「」の定義によって、法や僧が大きく(または小さく)様変わりする事になる。
この為、どの宗に属しているのかという事は“信仰”という意味においては重要な意味を持つ。

但し、これも人によっては詮き事とも言えるので、万事において客観視の難しい宗教である。

死生観

輪廻転生を謳うのが一般的であるが、転生先の定義については宗によって異なる。
基本的には、積んだ業の内容によって、より下層の世界か、より上層の世界に転生する。
業の定義は様々であるが、積んだ業をチャラにするような教義はく、カトリックにおける懺悔のような秘はない。

本邦における仏教にも、輪廻転生の死生観が適用されているので、幽霊など出るがないのだが、成仏という言葉が、死者の転生を意味するような解釈をされているのが一般的で、僧が幽霊成仏させる話は古くから存在している。
現代では特に、密教者や修験者が霊や魍魎の類を退治、調伏するような話が多い。

宗派

新興宗教や分を含めると、総括することは難しいが、大別すると以下の2つに分けられるとするのが一般的である。

上座部仏教

入滅以前からの、較的厳しいを守り続ける保守的、または、伝統的仏教の修行法を採った宗
仏教におけるは出者(丘、丘尼)と、そうでない在信者とで守るべきが異なる。
このに関して、釈は、重要でないものに関しては、僧(出者の集団をす)による修正を認めていたが、
その入滅後、どのを重要とするかで議論が生じ、修正に慎重で、元のを遵守する方向性を持つのが、
上座部仏教である。
現在は、タイスリランカ等に残る。

大きな分として、較的大乗仏教寄りな部仏教がある。

大乗仏教

元来の遵守の上座部仏教に対し、仏教の広がりに応じ、の修正を認める事で順応性を高めた宗
そもそもは、部仏教から分化した宗であるとされるが、部仏教や上座部仏教との最大の違いは、
修行の中に「他者を救うという概念」を含めるかどうかである。
土地や時代に合わせたの修正を認めていく事で、仏教の伝播に貢献したが、多数の分を生む事にもなった。
現在はユーラシア大陸中央から東にかける広範な地域で信仰されている。

多数の分を持つが、大きなものとして、密教宗、宗、浄土宗、法宗などが挙げられる。

日本の仏教

日本には朝鮮半島を経て飛鳥時代に伝来したと伝えられるが、諸説ある。
少なくとも、安期などに中国から、直接輸入されたものもある事を考慮しなければならない。
また、日本古来のとの習合も著しく、の姿を借りて現出したとされる「権現」という発想も生まれた。
他にも、インド土着の神様 (帝釈天弁財天&c.) や儒教明治以降の毀釈の影も考慮しなくては、日本仏教る事はできない。

現在、(あくまで)法律上は十三五十六と見なすの流である。

奈良仏教系(南都六宗系)
華厳宗 法相宗 

仏教系(安二宗)
真言宗 天台宗

鎌倉仏教
鎌倉仏教浄土系) 浄土宗 融通念仏宗 時宗
             浄土真宗西本願寺 東本願寺  高田  木辺

鎌倉仏教系 総称して宗とも言う) 曹洞宗(分があるが相当数なので割愛) 臨済宗 檗宗

鎌倉仏教系) 日蓮宗

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%8F%E6%95%99
ページ番号: 4268654 リビジョン番号: 2173483
読み:ブッキョウ
初版作成日: 10/01/26 21:06 ◆ 最終更新日: 15/03/09 21:44
編集内容についての説明/コメント: 「関連動画」から、消えている「「恐山の禅僧」に日本社会の現代を問う」(sm5875567)を除去
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仏教について語るスレ

156 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 17:51:03 ID: ZkomsP5RiR
>>152
浄土真宗が極端にってそうかな
むしろ逆に他よりかなり緩いと思うけど
157 : ななしのよっしん :2016/11/17(木) 23:23:48 ID: nXYb3fGQW+
信徒一人一人に考えさせるよりも、信仰という形でなるべく分かりやすくして、悪く言えばパッケージ化した観念を上手に用いてより多くの人を救うことに努めたって意味でじゃない?
とか他とか悪人正機説とか見る限り、哲学的な要素は薄まってるとも思う。室町後期以降なんか大変な時代だし、浄土真宗を殊更どうこう言うつもりなんてさらさらないけどね。
良くも悪くも世界宗教だからな。
158 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 03:04:47 ID: Cm4+M12+bQ
元の哲学してた頃の話とか聞くとそもそもこれは漠然と信じるのをよしとする宗教とは違う気がするんだよねー
なんというか…苦労して編み出した苦しみを取り除く方法論というか
信徒になるっていう言い方も不適切な感じがする。
崇拝の対にするってのも変だ。オイラーパスカルみたいにすごい公式を発見した学者に対して抱く敬意みたいなもののほうが釈にはふさわしいのではないだろうかとか思ってしまう
をあがめよとかそういうのとは違う。
159 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 03:16:54 ID: jb7X/G2kkC
>>158
自分も同意見だわ
だからもこれっぽっちも信じてないけど
悟りに至る考え方が気に入ってるから仏教徒だって名乗ってる

まぁ他の宗教にしたってを信じる面と思考のとしての面があるから
仏教だけが極めて特殊って訳じゃないだろうけどね
160 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 00:03:44 ID: 8yrVW6RF7B
大乗はみんなを救う思想であり、政治との相性がよく、日本では国家統合の手段として聖徳太子の時代より導入された。
現在でもチベットではチベット民族統合の手段となっている。

上座部は他人を救う的な発想を採らず、まらなくても、「生えてくる果実を食っていけばなんとか生きていける」熱帯地方で受け入れられた。
これらの民は、他人に迷惑をかけず、個々人が好き勝手に生きる傾向がある。
161 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 18:34:07 ID: Vlk+iXJ+tR
日本だとさま、お釈さまと呼ばれることが多いのに
海外日本を舞台にした作品では、ブッダと呼ばれることのほうが多いのは何故なのか
162 : ななしのよっしん :2017/01/20(金) 22:55:39 ID: aFXBgxPlZd
>>156
亀レスで悪いが、実際のところ、自での覚悟を諦め、さらにそこを通りこして、の方便に頼りきって自分の意志やを放棄して救済をあちら側から来るのを器として受け入れろ、必ず救済が来る事を「信じろ」って思想だからね。
初期仏教の、苦には原因があり、その滅し方を「知れば」苦から解放される、って考え方からすれば、いかに知ではなく信に全振りしているかが分ると思うよ
ちなみに時宗は、「信じる必要さえい。もう救われることは確定しているのだから」となる。こうなるともう信仰さえ越した何かだね。個人的には嫌いではないけど
163 : ななしのよっしん :2017/03/03(金) 22:04:34 ID: ayvVmoyBqD
※159
はたまに絶対者というか神様的な存在に祈りたくなることがあるから、
適当に観音菩薩チョイスして近くの観音寺にお参りに行ってる。
本当に観音様が実在するかどうかは二の次で。
164 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 20:30:29 ID: a+o5ywG4K7
>>154
新約は喩というより史実を使ったラビ文学。要するにカバラの稿で、カエサルとその周辺人物を中核として紀元前地中史の文学化という名の「閉じ込め」を行った原始的魔術本でもある。
ヨシュアユダヤが秘史化しているけど恐らく身内批評をしたユダヤの「内部告発者」。つまりユダヤ人達に新約を書かさずにはいられなくした人物で、セム人とは何かというのを血統とその所業からった事でユダヤ人自我を揺さぶり、その痛故になみされた。
キリスト教土星崇拝を媒介としてユダヤ教、ドルイディズム、ギリシャ=ローマ神話の「三位一体」により形成された謂わば地中教とうべきもの
165 : ななしのよっしん :2017/05/13(土) 20:55:54 ID: bkkuy2EB3G
仏教バー
のついたまんこ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015