単語記事: 仙石秀久

編集  

仙石秀久1552年~1614年)とは、戦国武将・大名である。通称・権兵衛
豊臣秀吉古参臣の一人であり、もっともく大名に出世した人物。
そして易され、大名に復帰した数少ない人物である。

出生~大名

1552年1月26日斉藤氏に仕えていた族・仙石久盛の4男として美濃国加茂黒岩現在加茂坂祝町)で生まれる。しかし、兄弟不幸にあったため急遽督を継ぐことになる。

15歳の秀久は稲葉山城の戦いで落ちのびた後、信長に勇壮な相貌を気に入られ、一錠を与えられたといわれている。  信長、秀久の容貌の勇壮なるを賞す「選仙石譜」
その後羽柴秀吉の配下として各地を転戦する。

1570年の戦いで山崎を討ち取り、1574年1000石の一領となる。
中国攻略に従軍してからも1578年に4000石、翌年に山城へ。
着々と出世を続け1583年淡路5万石の大名となる。
さらには1585年四国攻めの論功行賞により讃岐10万石(うち2万石は十河氏領)を与えられた

例えるのも難であるが、1店長から数年で地方の統括を任されるようなもので、もはや給料が増えたというレベルではない。このあまりにもい出世に耐えられる人間はそんなにいないだろう。

改易、そして「無」へ

 1586年四国定した秀吉に従い四国勢の軍監として従軍することになる。
十河存保長宗我部元親・信親父子らの軍勢と共に九州に渡し、豊後で島津家久と対峙する。
しかし四国攻めから間もない状態から四国勢は結束に乏しかった。加えて大友からの援軍も少数に留まっていた。
秀久は秀吉からは本隊到着までは持久戦に徹するよう書状を受け取っていたが、互いにの仲である長宗我部親子と十河存保がそろって反対したにも関わらず両者の反対を押し切り先部隊だけでの攻勢を決定した(資料によっては十河存保長宗我部親子への対立か賛意を示したとも)。
 1587年戸次の戦いで大敗し、長宗我部信親十河存保らが討死、軍勢も総崩れとなって退却した。

 四国へとっ先に逃げ帰った秀久はこう記された。
「仙石は四国して逃げにけり、三一の臆病者」(豊軍記)
 ルイス・フロイスはこの時の仙石軍の様子をこう記した。
「豊後に跳梁している最悪の海賊や盗賊は仙石の来や兵士に他ならない」(日本史
「恥とか慈悲と言った人間的感情を持ち合わせていない輩であり、できる限り(略奪して)盗み取ること以外がなかった」(日本史

 それ以上に、九州から四国讃岐へ勝手に撤収するという醜態を見せ、これらの行状に秀吉は所領没収の上で

 高野山追放の処分を下した

 なぜこの処分となったのかは不明である。

復帰

その後高野山だけでなく京都大坂を転々としていたらしい。
1590年に小田原の役がはじまると故郷・美濃浪人達を集め、徳川家康推薦もあって借りとして参
羽織一面に縫いつけるという際立つ格好をして合戦に参加したという逸話も残されており、「鳴り武者」の異名をとったと伝えられる。
秀久は伊豆山中攻めで印を背負い先を務め、小田原早川口攻めでは虎口の一つを占拠するという抜群の武功を挙げた。その名箱根にある地名「仙石原」は秀久の武勇に由来するという説が存在する程である。

その功績から秀吉からする信濃小諸に5万石を与えられ、大名として豊臣臣に復帰した。

その後

 秀吉の死後、徳についた秀久は1600年の関が原の戦いで東軍として参戦。徳川秀忠の側近として上田城攻めに参加。遅参し、秀忠に対して激怒する家康への謝罪に努めた。この働きが後に秀忠に重用されるきっかけとなった。
 江戸時代になってからは信濃小諸の初代となった。秀久の治世では佐久において農民がストライキを起こすなどあまり内政は上手くなかったらしい。しかし、取垰、小諸及び下町を現在のようにしたのは秀久の功績でもある。また、街道の伝制度や宿場の整備など多様な治績を残している。

 1614年、江戸から小諸へ帰る途中に発病し、武州鴻巣(埼玉県鴻巣)にて5月6日に死去。享年63

子孫

秀久の死後、仙石氏は大名として小諸上田出石兵庫県豊岡市出石町)を治めている。
江戸時代後期には江戸時代の三大お騒動」の一つ「仙石騒動」というゴタゴタで5.8万石⇒3万石に減らされたが、置県まで大名として存続した。

評価

以上の事から、戸次の戦いでの結果から長宗我部ファン十河ファンの敵だったり
これだけの失敗をして大名に復帰するなんて許せないなどアンチが多い人物である。
しかし、彼が秀吉家康の元で結果を出し続けてきたことは事実である。

フロイスからは「海賊のような」とられてる一方で
『彼は高尚ではなかったが、決断に富み独善的、ただし優秀な武将として知られていた』
とされ、武将としては優秀と書かれている。

逸話

漫画「センゴク」

は死なん!生きるんじゃあ!!』

 本編主人公
15歳で当時の身長を上回る約170cmの体格を持つ青年。笑ったり照れたりするとダンゴ鼻になる。
恵まれた体格と生命を持ち戦場ではかなりの強さを誇る(三方ヶ原の戦いでは馬場信春率いる武田兵相手に一人で立ち回れる程)。
表裏のっ直ぐな性格で周囲からは「ゴンベ」「ゴン」「ゴン」と慕われている。
労働が苦手な脳筋でもあるが、野生の勘が鋭く、年齢と経験を重ねるにつれて大局の見方を身に付けてきた。
 物語の展開上あまり立たなくなってきている(特に3部の一統記)が、紀州征伐から始まる4部の『センゴク権兵衛』で描かれるであろう戸次の戦いでの大失敗~小田原の役での挽回が最新の歴史と現地取材でどのようなドラマが描かれるのか注である。

センゴク(漫画)の記事も参照。

仙石権兵衛秀久「戦国史上最も失敗し、挽回した男」

戦国大戦

戦国大戦では戦国数奇で参加。『センゴク』の主人公の姿、仙石権兵衛として登場。
7/3、2コス、気合・魅持ちの足軽。特技を考えればまあまあのと言えるだろう。

「死を越えるのが、生きるってことじゃ!」

計略の「の一字」は、自分が味方で最前列の時、武が上がり兵が徐々に回復する。後ろにいる味方が多い程武は上がる。気合持ちと回復計略は相性が良いので、原作の高い生命を再現していると言える。あ、は勘弁な!

ちなみにこの数年前三国志大戦にて同作者による関平が登場していたがほとんどゴン

Ver2.0でも豊臣の参戦により彼も2枚が登場している。1.5コスト最高武の6を有しながら気合、更に豊(兵が一定以下でタッチすると兵時に微回復+徐々に兵回復)持ちで、計略の日輪の構えも日輪3使用で兵回復、としぶとさに特化した武将。ただし本人は軽騎隊のため殲滅はさほど期待できない。統率も2と低いのでダメージ計略にはあっさり負ける。
ちなみに豊臣は武6の1.5コスト軽騎が他に2人もいたりする(直政甲斐姫)が、仙石を選ぶならその生存だろう。 

信長の野望シリーズ

仙石戦国軍雄伝、将星録には登場せず

軍事 内政
戦国群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲 戦闘 68 政治 73 72 野望 69 教養 59
覇王 采配 65 戦闘 78 智謀 20 政治 51 野望 67
天翔記 戦才 142 智才 34 政才 56 55 野望 76
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 24 戦闘 60 智謀 28 政治 31
世記 采配 31 智謀 17 政治 14 野望 66
蒼天 統率 40 知略 27 政治 12
下創世 統率 36 知略 24 政治 15 教養 22
革新 統率 33   武勇 71 知略 20 政治 16
統率 43 武勇 71 知略 20 政治 16

関連動画

仙石秀久に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

仙石秀久に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%99%E7%9F%B3%E7%A7%80%E4%B9%85
ページ番号: 4826315 リビジョン番号: 2446203
読み:センゴクヒデヒサ
初版作成日: 12/02/17 00:55 ◆ 最終更新日: 17/01/07 21:13
編集内容についての説明/コメント: 少し修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仙石秀久について語るスレ

54 : ななしのよっしん :2017/07/10(月) 23:23:45 ID: tVftz6u/G9
そもそも事の当事者である大友氏(義統ほか)の戦意がない時点でを見捨てる選択肢以外がない。
というか、地から出撃して敵前渡河する理由にならない。
55 : ななしのよっしん :2017/07/10(月) 23:40:46 ID: tVftz6u/G9
府内館はそもそも防御に向かない地形であり、この時期の大友氏の本拠は臼杵(丹生)であるので、防御対ではない。
大友氏は南北朝より府内に危機がおよぶ時は、府内ではなく北方高崎山城で戦うのが通例である。
実際に大友義統は府内を捨て高崎山城に撤退しているので、最初からそうして豊前の毛利軍と連携するのが良かったのだ。
56 : ななしのよっしん :2017/07/22(土) 10:09:52 ID: 5Yj71MHLlD
仙石や大友義統が連合軍の絶対権者だったらその手もあっただろうが、実際は違う
まず当時の軍は各地域の民衆の権益を代表する衆が地元から連れてくる士民+都市商人たちが抱える傭兵部隊
兵農分離しようがこれは変わらない
当然だが衆は地元を守るし、だから民衆を彼らを支持するし、いざという時は一緒に戦うこともある
志賀佐伯が持ち堪えることができたのは、まさに彼らが守備したが彼らの地元だから
島津軍の侵攻を受けた地域は当然だが大友に救援をめた
まずこの時点で、大友中には戦意のある人々=地方の衆が大勢いたことは理解しておく必要がある
当時の島津軍は徹底的な乱取りをしてたからね。かといって島津軍に降って、その後に豊臣軍が来て彼らが勝利したら今度は豊臣軍に制裁(乱取り)されてしまう
このことは皆分かっていたから難しい判断だったろうが、それで大友につくと決めたからには戦い抜かなければならない

これに対して大友は、遠すぎる、準備が間に合わない、兵が集まらないせいだと色んな理由で援軍を渋った
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
57 : ななしのよっしん :2017/07/22(土) 10:22:41 ID: 5Yj71MHLlD
ところがはまさに>>53摘したであり、しかも仙石たちが大友軍に合流したため様々な言い訳はできない状況だった
しかもに篭った士民は、一度は自島津家久軍を撃退していた
久が初めから釣りのために手を抜いたと勘違いする人もいるかもしれないが、将の狙撃は幸運が重なり好条件がって初めて可になることだからね
さらに当時の籠戦はが討死しても継続を続けられる場合が結構あった
というのもだけでなく周辺地域の衆が駆けつける場合がほとんどで彼らが揮を代行したり、家老揮を引き継げたから
またを落とすことは島津軍にとって極めて重要で、ぶっちゃけこのを落せば大友の防衛網はガタガタになる&近距離で味方見殺しにした大友政治的にお終いになるから
つまりの守備軍は立に戦った人々であり、そんな彼らを最後まで見殺しにするのは大友にとってはアウトだったわけ
もちろんあまりに近いだから言い訳できないというのは前に書いた通り
徳川家康堀江みたいなものだったんだよ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
58 : ななしのよっしん :2017/07/22(土) 10:34:09 ID: 5Yj71MHLlD
久はそれを分かっていたから、攻略に失敗してから戦術を転換した
久は自軍を少なく見せたりそういう情報を流すこともしてただろうね
長篠の戦いなどもそうだが、戦国時代にはよく使われた作戦だから

大友はヤバいと分かっていても、援軍を出さないことができない状況になっていた
長曾我部元親の慎重論は、彼が大友と関係ないから提案できたことだからね。大友危機に陥ろうが戦後領民から見限られて大変なことになろうが、長曾我部には関係ない

それはそれとして、島津に奪われるのは、豊臣軍にとっても大変拙いことだった
もしその後の島津が一気に豊後の大半を征していたら、賀を見捨てる判断を下した仙石は尾のように処罰されたかもしれない
そして処罰を受けるのは総責任者の仙石だけ
実際は島津軍の兵站管理が滅で、府内をした後から島津軍の侵攻ペースは落ちて行ったが、当時の情勢では仙石たちは島津軍の詳しい内情まで情報入手はできない
59 : ななしのよっしん :2017/07/26(水) 02:30:32 ID: tVftz6u/G9
長宗我部ほかの四国勢は、あくまで先遣部隊であり、牽制する以上の期待をかけらられていないことは、秀吉手紙等で明らか
が絶対防御の対と書いてるが、大友氏自身の組織的抵抗はこの時点でほぼ壊滅しており(個々の支で個別に抵抗しているだけ)、事の当事者がこの体たらくである以上、小勢である四国勢には事の導権はない、と判断するのが足り前。
大友義統に戦意はなく、宗は矢面に立たず臼杵に籠し、当事者が不在同然の状態で四国勢だけで島津軍に攻撃を仕掛けること自体がアホと言える。
そもそもそういった戦略判断の不味さの他に、自を撃って出て、正面から敵前渡河を仕掛ける時点で戦術的にも見るべきものがセンゴクには何にもない。
ゆえに秀吉逆鱗に触れて易されたのであり、長宗我部には一切罪を問われなかったのがその左。
60 : ななしのよっしん :2017/12/05(火) 02:19:01 ID: tVftz6u/G9
>>53が書いている通り、府内は元々地で防御に全く向かない地形であり、ゆえに宗はすでに大友氏の本拠を臼杵に移してしまっている。
四国勢が来援した時点ですでに大友氏の組織的な抵抗は壊滅しており、個々の支で個別に抵抗している状態であるから、小勢の四国勢にとって、状況に応じて戦線を後退させ、秀吉の来援を待つ以外に方策がない。
61 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 21:16:26 ID: Jwm7MS4ft1
秀吉スタッフ「仙石殿…なんということをしでかしてくれたのだ…」
62 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 22:50:37 ID: TZXX4s5OqF
秀吉軍で令官を担った武将って
頻繁になってる秀長、小牧長久手での秀次、対島津の仙石の他にがいます?
63 : ななしのよっしん :2018/01/14(日) 18:50:38 ID: KdIBYOSvo4
>>62
九州征伐のゴンベの後釜が尾
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829