単語記事: 仮面ライダーカブト

編集

-を往き、総てをる!-

おばあちゃんがいっていた。

仮面ライダーカブトとは、2006年1月29日から2007年1月21日まで放映された特撮テレビドラマであり、
を往き、総てをる男の戦いを描いた壮絶な料理番組である。平成仮面ライダーシリーズ第7作

東映特撮ニコニコおふぃしゃるにて、2013年2月17日より配信開始。現在は全話有料配信されている。

あらすじ

1999年東京渋谷区。そこから世界変した。
渋谷一区画を破壊し尽くすほどに巨大な隕石が落下し、多くの人命が失われたのである。
しかしそれは本当の脅威の序章にしか過ぎなかった。
人間に擬態し、人間に成り代わり、人間社会を乗っ取らんとするワームの蔓延――
渋谷を壊滅させた隕石に乗って来訪した侵略者は徐々に、しかし確実に人類社会へと浸透していった。

2006年東京
ワーム出現の通報を受け、加賀美新は現場に急行した。
既にZECTの対ワーム戦闘部隊ゼクトルーパーたちは戦闘を開始していたが、状況は芳しくない。
新人の加賀美仕事は彼らの戦闘状況をに伝えるカメラ役である。
なんの手助けもできず、次々と倒れて行く仲間たちを加賀美は見ているだけしかできなかった。

惨敗を期した翌。帰宅する加賀美の前に妙としか言えない男が現れた。
彼は作務衣姿で都内を闊歩し、暴に怯えることなく軽々とあしらい豆腐を持ち歩いていた。
「なんなんだお前」
を往き、総てをる男……。オレの名は天道総司

加賀美の部隊にライダーベルトが到着した。
加賀美はベルトの装着を上に申し出るが既に資格者は決まっていると断られる。
そこにワーム出現の通報が入る。
加賀美たちは現場に向かい戦闘を行うが、やはりクロックアップしたワームには手も足も出ない。
加賀美は再び上ライダーベルトの使用許可を訴えた。
現場の判断加賀美の訴えは許された。ライダーベルトを装着する加賀美
ライダーシステム心臓部たるカブトクターが時を飛び越えて飛来する。
しかし、カブトクター加賀美の手を飛び越え、太陽を逆にする男の手に収まった。
その男、天道総司は厳かに叫んだ。

変身!」

運命の時より七年。仮面ライダーカブトは遂に地上へと降臨した。
を往き、総てをる男の戦いは始まったばかりである。

特徴

おばあちゃんがいっていた。

原点回帰ではなく、仮面ライダー限界・頂点に挑む」
「いいものは焼き直しと言われようと取り込み、不要なものは新そうでも容赦なく切り捨てる」

そういったコンセプトどおりに昭和ライダー平成ライダー両方の特徴的徴的な要所を随所に取り入れた上で、新要素を取り込み王道でありながら新しい仮面ライダーといった感じになっている。

メインライター何かとカオス回や宇宙回を担当する事の多い米村正二サブライターには井上敏樹を起用。ストーリーは基本は暗くて重いシリアスな展開であるが、本筋から外れたサブストーリー持ちでNEET料理人な主人公の前で顔を洗う熱血な男地獄兄弟子連れのメイクアップアーティスト貧乏貴族ぼっちゃまなど、自己中心的な濃いキャラたちが織り成すコメディー要素が多いものになっている。

戦闘、変身グッズに関しては今までの平成ライダー以上にシンプルなかっこよさが重視されている(例:仮面ライダーカブト・あまり動かないカウンター重視の戦い方、必殺技ライダーキックは回し蹴りなど)。
本作の仮面ライダーは”マスクドライダー”という固有名詞で呼ばれており、『キャストオフ』『クロックアップ』というカブト独自の要素が存在する。

今作の玩具コンセプトとして「アクションギミックの面さ」が根底にあり、従来の玩具べてなりきり度が倍増している。 

『キャストオフ』

おばあちゃんがいっていた。

今作のライダーマスクドライダーには一部を除いてフォームが2形態が存在する。
ワームサナギ体との乱闘においては『マスクドアーマー』という装甲を身にまとう防御の高い『マスクフォーム』で戦い、成体戦やザコ敵を一掃する際には、『キャストオフ』することで装甲を脱ぎ捨て必殺技と『クロックアップ』が使用可になる『ライダーフォーム』となって戦うのがセオリーとなっている(中盤以降は変身した直後に『キャストオフ』することが多い)。

なお、キャストオフした際に飛び散る装甲にはある程度の威がある他、ゼクターを『マスクフォーム』の状態に戻す=『プットオン』することで『マスクフドフォーム』に戻ることも可。腕だけ『マスクフォーム』に戻した例もある。

『クロックアップ』

おばあちゃんがいっていた。

敵の怪人ライダーが使えるで、常人のには捉えられない(ヤムチャ状態とはまた違う)高速で移動・戦闘を行うものである。
今までの「仮面ライダー龍騎」のアクセルベントや「仮面ライダー555」のアクセルフォームのような、高速必殺技のような扱いではなく、ライダー怪人が同時に高速移動することで、時が止まった(スローで動く)世界の中を普通に動き回るような演出になっている(特撮ではないし少し違うが、ジョジョザ・ワールド的な演出といえばわかりやすいだろうか?)。

この要素について、本作のプロデューサーは「“私達のすぐ近くでも、もしかしたら仮面ライダーが戦っているかもしれない”という感じを出したかった。」とっている。

キャスト

劇場版のみの登場人物

「仮面ライダーディケイド」に登場したカブト

おばあちゃんがいっていた。
仮面ライダーディケイドにおける「カブト世界」について原典との相違点は以下の通りである。

原典 ディケイドカブト世界
天道総司 主人公仮面ライダーカブト ソウ
※1 主人公 マユ
矢車想 ザビーに変身する者 ソウ
加賀美新 ガタック変身する者 アラタ
登場せず おばあちゃん おでん屋「堂屋」を営んでいる

ZECTの存在とZECTがワーム殲滅の任務に当たっている点は原典と共通。違う点はマスクドライダーやワームが世間に認知されている所。神代剣影山瞬風間大介、岬・・・等に相当する人物は登場せず。
ディケイドオリジナルのワームとして「フィロキセラワーム」が登場。(厳密には仮面ライダーGへの登場が先であるが)

そして、特筆すべきは原典では姿すら見せなかった「おばあちゃん」が登場している点であろう。ガンモ、大根玉子の3品しか取り扱わないおでん屋「堂屋」の店であり、原典の語録を彷彿させる格言を口にしている。

このエピソードでの脚本は原典の村ではなく、ウルトラマンダイナガイア超星神シリーズなど円谷東宝特撮でたびたび脚本を担当していた古怒田健志が担当している。彼の東映特撮作品での脚本執筆は前年度の炎神戦隊ゴーオンジャーに続いて2作
(それ以前にも、「特救指令ソルブレイン」「特捜エクシードラフト」で挿入歌の歌唱を担当した経験がある)

※1 の詳細については原典のネタバレに繋がるので当項ではを挙げた。

関連動画

おばあちゃんがいっていた。

仮面ライダー系の動画削除率が高く仮面ライダーカブトも例外なく本編はおろかMADですら一掃、擬態される傾向にある。以前は『かぶすた』という『らき☆すた』の本編カブトキャラたちのや一部映像を加えた人気動画もあったのだが、それも一掃、擬態されている。残念。

PS2仮面ライダーカブトゲーム動画は数は少ないものの生き残っているほか、ファンクロックアップを再現した動画があるので仮面ライダーカブトを見たことない人はそちらを見て、作品の雰囲気だけでも感じ取ってもらえれば幸いである。
……って言ってたら公式配信されることが決定したよ。

公式配信・関連生放送

おばあちゃんがいっていた。

今までの東映公式配信とべて無料視聴期間が短くなるので気を付けろと。

関連商品

変身玩具

フィギュア

DVD・BD

CD・ゲーム・書籍

関連項目

平成ライダーシリーズ
第1期
クウガ

アギト

龍騎

555


響鬼

カブト

電王

キバ

DCD
第2期
W

オーズ

フォーゼ

ウィザード

鎧武

ドライブ
ゴースト
ゴースト
映画 MOVIE大戦スーパーヒーロー大戦
ゲーム クライマックスヒーローズガンバライジングバトライドウォー
その他 東映特撮ニコニコおふぃしゃるネット版 仮面ライダースピンオフムービー
ハイパーバトルビデオ運営とのライダーバトル
一覧 平成ライダーの登場人物一覧平成ライダー昭和ライダー仮面ライダー
仮面ライダーシリーズ特撮作品一覧仮面ライダーの関連項目一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88
ページ番号: 861470 リビジョン番号: 2389072
読み:カメンライダーカブト
初版作成日: 09/01/09 12:04 ◆ 最終更新日: 16/07/30 22:13
編集内容についての説明/コメント: テンプレにハイパーバトルビデオ追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仮面ライダーカブトについて語るスレ

1226 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 14:41:41 ID: klukVIFv0h
ザビードレイクサソードはガタック完成までのつなぎだぞ。
1227 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 20:46:33 ID: mAq8zaR9k7
>>1224なるほどテレビで回収しきれなかったとこも見れるみたいだから見てみるか
1228 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 18:50:04 ID: 3VVJ+RyWsF
マスクフォームの赤外線攻撃?がなんでつかわれなくなったか言われてたっけ?
1229 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 18:56:35 ID: X/YYyuNlmj
第一話のこと言ってるならマスクフォームの性を試しただけで、
ただ倒すだけならライダーフォーム(クロックアップ)でいいし、
そっちの方が安全確実だから。


ぶっちゃけクロックアップの設定がある以上、
マスクフォームの価値はキャストオフにしかないのよね…かっこいいけど。
1230 : ななしのよっしん :2016/05/28(土) 17:19:02 ID: fORQyln5sc
>>1229
何話だか忘れたけど
ドレイクとザビーがウカワーム?と戦ってる時に、相手の打撃攻撃が強すぎて苦戦からの
マスクフォームに戻るぞ!」「わかってる、命令するな!」
みたいなやり取りがあったことを考えると
打撃攻撃を防げる防御ってのは1つの強みだと思う

まあ防御したからって「ねばって時間稼ぎ」または「相手の攻撃を見極める」
ぐらいしかやれることないけども
「攻撃は最大の防御」と言うし
全に手の内がわかってる相手なら、クロックアップで速攻仕留めた方が良い
1231 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 14:59:41 ID: suHa2MtUhF
ここ最近デザインがかっこよくて見始めてブルーレイ買って面いから36話ぐらいまで見たんだけど

蓮華ちゃん可すぎやしないか
1232 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 21:41:32 ID: E5g8t7Y+5R
もし平成2期に放送されてたらVシネとかでカブトガタック以外のライダーの活躍も観れたんじゃないかとつくづく思う。
ドレイク編とかサソード編とか地獄兄弟編とか見たい。
1233 : ななしのよっしん :2016/07/18(月) 19:36:26 ID: o1jb2/G9a1
まりストーリーについて言われすぎると反発しちゃうんだよなぁ
他の作品も言うほど伏線残してないかなぁ…みたいな
カブトの反対でストーリー最高の勲章与えられると粗もなかったことにされてる気がしてならない
1234 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 08:35:38 ID: /Ey68Er6y1
シナリオは悪いことには悪いけど
最近の平成ライダーとどっこいどっこいかな
デザイン、設定は随一
1235 : ななしのよっしん :2016/08/17(水) 20:23:32 ID: klukVIFv0h
>>1232
ドレイクに限っては登場=メイン回という異例の扱いだからあんまり変わらんかも
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015