単語記事: 仮面ライダーカブト

編集

-天の道を往き、総てを司る!-

おばあちゃんがいっていた。

仮面ライダーカブトとは、2006年1月29日から2007年1月21日まで放映された特撮テレビドラマであり、
天の道を往き、総てを司る男の戦いを描いた壮絶な料理番組である。平成仮面ライダーシリーズ第7作目。

東映特撮ニコニコおふぃしゃるにて、2013年2月17日より配信開始。現在は全話有料配信されている。

あらすじ

1999年。東京・渋谷区。そこから世界は激変した。
渋谷一区画を破壊し尽くすほどに巨大な隕石が落下し、多くの人命が失われたのである。
しかしそれは本当の脅威の序章にしか過ぎなかった。
人間に擬態し、人間に成り代わり、人間社会を乗っ取らんとするワームの蔓延――
渋谷を壊滅させた隕石に乗って来訪した侵略者は徐々に、しかし確実に人類社会へと浸透していった。

2006年。東京。
ワーム出現の通報を受け、加賀美新は現場に急行した。
既にZECTの対ワーム戦闘部隊ゼクトルーパーたちは戦闘を開始していたが、状況は芳しくない。
新人の加賀美の仕事は彼らの戦闘状況を指令車に伝えるカメラ役である。
なんの手助けもできず、次々と倒れて行く仲間たちを加賀美は見ているだけしかできなかった。

惨敗を期した翌朝。帰宅する加賀美の前に珍妙としか言えない男が現れた。
彼は作務衣姿で都内を闊歩し、暴漢に怯えることなく軽々とあしらい、豆腐を持ち歩いていた。
「なんなんだお前」
「天の道を往き、総てを司る男……。オレの名は天道総司」

加賀美の部隊にライダーベルトが到着した。
加賀美はベルトの装着を上司に申し出るが既に資格者は決まっていると断られる。
そこにワーム出現の通報が入る。
加賀美たちは現場に向かい戦闘を行うが、やはりクロックアップしたワームには手も足も出ない。
加賀美は再び上司にライダーベルトの使用許可を訴えた。
現場の判断で加賀美の訴えは許された。ライダーベルトを装着する加賀美。
ライダーシステムの心臓部たるカブトゼクターが時空を飛び越えて飛来する。
しかし、カブトゼクターは加賀美の手を飛び越え、太陽を逆光にする男の手に収まった。
その男、天道総司は厳かに叫んだ。

「変身!」

運命の時より七年。仮面ライダーカブトは遂に地上へと降臨した。
天の道を往き、総てを司る男の戦いは始まったばかりである。

特徴

おばあちゃんがいっていた。

「原点回帰ではなく、仮面ライダーの限界・頂点に挑む」
「いいものは焼き直しと言われようと取り込み、不要なものは斬新そうでも容赦なく切り捨てる」

そういったコンセプトどおりに昭和ライダーと平成ライダー両方の特徴的象徴的な要所を随所に取り入れた上で、新要素を取り込み王道でありながら新しい仮面ライダーといった感じになっている。

メインライターに何かとカオス回や宇宙回を担当する事の多い米村正二、サブライターには井上敏樹を起用。ストーリーは基本は暗くて重いシリアスな展開であるが、本筋から外れたサブストーリーは持ちでNEETで料理人な主人公毎朝鏡の前で顔を洗う熱血漢な男地獄兄弟子連れのメイクアップアーティスト貧乏貴族なぼっちゃまなど、自己中心的な濃いキャラたちが織り成すコメディー要素が多いものになっている。

戦闘、変身グッズに関しては今までの平成ライダー以上にシンプルなかっこよさが重視されている(例:仮面ライダーカブト・あまり動かないカウンター重視の戦い方、必殺技のライダーキックは回し蹴りなど)。
本作の仮面ライダーは”マスクドライダー”という固有名詞で呼ばれており、『キャストオフ』『クロックアップ』というカブト独自の要素が存在する。

今作の玩具コンセプトとして「アクションギミックの面白さ」が根底にあり、従来の玩具に比べてなりきり度が倍増している。 

『キャストオフ』

おばあちゃんがいっていた。

今作のライダー、マスクドライダーには一部を除いてフォームが2形態が存在する。
ワームサナギ体との乱闘においては『マスクドアーマー』という装甲を身にまとう防御力の高い『マスクドフォーム』で戦い、成体戦やザコ敵を一掃する際には、『キャストオフ』することで装甲を脱ぎ捨て必殺技と『クロックアップ』が使用可能になる『ライダーフォーム』となって戦うのがセオリーとなっている(中盤以降は変身した直後に『キャストオフ』することが多い)。

なお、キャストオフした際に飛び散る装甲にはある程度の威力がある他、ゼクターを『マスクドフォーム』の状態に戻す=『プットオン』することで『マスクフドフォーム』に戻ることも可能。腕だけ『マスクドフォーム』に戻した例もある。

『クロックアップ』

おばあちゃんがいっていた。

敵の怪人やライダーが使える能力で、常人の目には捉えられない(ヤムチャ状態とはまた違う)超高速で移動・戦闘を行うものである。
今までの「仮面ライダー龍騎」のアクセルベントや「仮面ライダー555」のアクセルフォームのような、高速必殺技のような扱いではなく、ライダーと怪人が同時に高速移動することで、時が止まった(スローで動く)世界の中を普通に動き回るような演出になっている(特撮ではないし少し違うが、ジョジョのザ・ワールド的な演出といえばわかりやすいだろうか?)。

この要素について、本作の白倉プロデューサーは「“私達のすぐ近くでも、もしかしたら仮面ライダーが戦っているかもしれない”という感じを出したかった。」と語っている。

キャスト

  • 天道総司 / 仮面ライダーカブト(声)、擬態天道総司 / 仮面ライダーダークカブト(声) - 水嶋ヒロ
  • 加賀美新 / 仮面ライダーガタック(声) - 佐藤祐基
  • 矢車想 / 仮面ライダーザビー(声) / 仮面ライダーキックホッパー(声) - 徳山秀典
  • 影山瞬 / 仮面ライダーザビー(声) / 仮面ライダーパンチホッパー(声) - 内山眞人
  • 風間大介 / 仮面ライダードレイク(声) - 加藤和樹
  • 神代剣 / 仮面ライダーサソード(声) / スコルピオワーム(声) - 山本裕典
  • 日下部ひより  - 里中唯
  • 天道樹花 - 奥村夏未
  • 高鳥蓮華 - 手嶋ゆか
  • 岬祐月 - 永田杏奈
  • 三島正人  - 弓削智久
  • 田所修一 - 山口祥行
  • ゴン(高山百合子) - 神崎愛瑠
  • じいや - 梅野泰靖
  • 日下部総一 - 鳴海剛
  • 日下部さとみ - 浅野香織
  • 7年前の天道 - ショーン・ウィーグ
  • 7年前のひより - 藤井玲奈
  • 加賀美陸 - 本田博太郎
  • 竹宮弓子 - 西牟田恵
  • 間宮麗奈 / ウカワーム(声) - 三輪ひとみ
  • 乃木怜治 / カッシスワーム(声) - 坂口拓
  • 根岸 - 小林正寛
  • ゼクトルーパー(声) - 塩野勝美
  • 各ゼクターの音声 - スラージ・ガジリア
  • ナレーション - 鈴木英一郎

劇場版のみの登場人物

  • 黒崎一誠 / 仮面ライダーコーカサス(声) - 武蔵
  • 織田秀成 / 仮面ライダーヘラクス(声) - 小林且弥
  • 大和鉄騎 / 仮面ライダーケタロス(声) - 虎牙光揮
  • 北斗修羅 - 森下千里

「仮面ライダーディケイド」に登場したカブト

おばあちゃんがいっていた。
仮面ライダーディケイドにおける「カブトの世界」について原典との相違点は以下の通りである。

原典 ディケイド・カブトの世界
天道総司 主人公(仮面ライダーカブト) ソウジ
天道樹花 ※1 主人公の妹 マユ
矢車想 ザビーに変身する者 弟切ソウ
加賀美新 ガタックに変身する者 アラタ
登場せず おばあちゃん おでん屋「天堂屋」を営んでいる

ZECTの存在とZECTがワーム殲滅の任務に当たっている点は原典と共通。違う点はマスクドライダーやワームが世間に認知されている所。神代剣、影山瞬、風間大介、岬祐月・・・等に相当する人物は登場せず。
ディケイドオリジナルのワームとして「フィロキセラワーム」が登場。(厳密には仮面ライダーGへの登場が先であるが)

そして、特筆すべきは原典では姿すら見せなかった「おばあちゃん」が登場している点であろう。ガンモ、大根、玉子の3品目しか取り扱わないおでん屋「天堂屋」の店主であり、原典の天道語録を彷彿させる格言を口にしている。

このエピソードでの脚本は原典の米村ではなく、ウルトラマンダイナ、ガイアや超星神シリーズなど円谷、東宝特撮でたびたび脚本を担当していた古怒田健志が担当している。彼の東映特撮作品での脚本執筆は前年度の炎神戦隊ゴーオンジャーに続いて2作目。
(それ以前にも、「特救指令ソルブレイン」「特捜エクシードラフト」で挿入歌の歌唱を担当した経験がある)

※1 妹の詳細については原典のネタバレに繋がるので当項目では樹花を挙げた。

関連動画

おばあちゃんがいっていた。

仮面ライダー系の動画は削除率が高く仮面ライダーカブトも例外なく本編はおろかMADですら一掃、擬態される傾向にある。以前は『かぶ☆すた』という『らき☆すた』の本編にカブトのキャラたちの声や一部映像を加えた人気動画もあったのだが、それも一掃、擬態されている。残念。

PS2の仮面ライダーカブトのゲーム動画は数は少ないものの生き残っているほか、ファンがクロックアップを再現した動画があるので仮面ライダーカブトを見たことない人はそちらを見て、作品の雰囲気だけでも感じ取ってもらえれば幸いである。
……って言ってたら公式配信されることが決定したよ。

公式配信・関連生放送

おばあちゃんがいっていた。

今までの東映公式配信と比べて無料視聴期間が短くなるので気を付けろと。

関連商品

変身玩具

フィギュア

DVD・BD

CD・ゲーム・書籍

関連項目

  • 特撮
  • キャストオフ
  • クロックアップ
  • ワーム(仮面ライダーカブト) 
  • NEXT LEVEL
  • LORD OF THE SPEED(爆死用BGM / ウンメイノー)
  • 地獄兄弟
  • スーパーヒーロータイム
    • 轟轟戦隊ボウケンジャー
  • 食戟のソーマ
平成ライダーシリーズ
第1期
クウガ

アギト

龍騎

555


響鬼

カブト

電王

キバ

DCD
第2期
W

オーズ

フォーゼ

ウィザード

鎧武

ドライブ

ゴースト

エグゼイド
映画 MOVIE大戦|スーパーヒーロー大戦
ゲーム クライマックスヒーローズ|ガンバライジング|バトライドウォー
その他 東映特撮ニコニコおふぃしゃる|ネット版 仮面ライダースピンオフムービー
ハイパーバトルビデオ|運営とのライダーバトル
一覧 平成ライダーの登場人物一覧|平成ライダー|昭和ライダー|仮面ライダー
仮面ライダーシリーズ|特撮作品一覧|仮面ライダーの関連項目一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88
ページ番号: 861470 リビジョン番号: 2439190
読み:カメンライダーカブト
初版作成日: 09/01/09 12:04 ◆ 最終更新日: 16/12/18 10:34
編集内容についての説明/コメント: テンプレにエグゼイドマーク追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仮面ライダーカブトについて語るスレ

1240 : ななしのよっしん :2016/12/21(水) 15:26:23 ID: klukVIFv0h
まあ何をしたかといえば「ネイティブへの天道の復讐」ぐらいしかないからな
1241 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 22:36:27 ID: fORQyln5sc
1:天才すぎて自分の力しか信じていなかった天道が
  加賀美から友情や不屈の精神を学んでいきその大切さに気づく

2:当初は口だけで行動が伴わなかった加賀美がヒーローとして成長していく

3:ぼっちゃまの「復讐」

ざっと上げられるだけでもこの3つは立派に物語の筋として機能してる気がするんだけどな
正直「まとまりがない」という>>1239の意見は俺にはよくわからない
1242 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 22:38:30 ID: aGl8mJSy4y
自分の頭が混乱したのを作りが悪いせいにしてるだけだもの
1243 : ななしのよっしん :2016/12/27(火) 05:47:21 ID: CPjShX81Ev
ちょっと流れぶった切って悪いけど、風間が死ぬ話(28話あたり)で間宮麗奈の視点で影山が映るシーンが複眼みたいな感じになってたけどワームの視界って全部ああいう感じなんだろうか・・・。
人間の姿に化けてる時でもあんな感じの見え方なら、神代剣の視界もああいう感じになってんのかね?
1244 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 00:58:23 ID: MRRo6G0RAX
最近もう一回god speed love見て、ついでにyahoo映画レビューも見たが、レビューが酷すぎ
演出・設定・脚本にありとあらゆる粗探しをしている有様だよ
レストランの設定や隕石による人るの総数関係もな、普通に受け流してやれんのかいって
1245 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 15:44:22 ID: 9YHWpFkpzC
god speed loveは確かに色々突っ込みどころはあるんだけど
カッコイイ映画ライダーとか面白い要素もきちんと入ってるとは思うね
個人的にちょっとこれだけはと思うのは
ラストで本編と繋がるような感じにしておきながら、本編の方で繋がりを絶っちゃったことだけかな
1246 : ななしのよっしん :2017/02/02(木) 16:53:36 ID: gqaghxOc3R
改めて振り返ってみると仮面ライダーたちと天道がかっこよかったことしか覚えていない
かっこよさにステータス全振りしたみたいな作品
1247 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 02:24:42 ID: AOcdJRSOt3
久々に黒包丁の回を見たら色々と凄まじかった
雑巾料理の下りとか役者たちは大真面目なのにやってることが全体的にバカらしいのが本当にズルい
1248 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 06:11:17 ID: cXNaptPB2z
>>1241
その伏線回収の話にもつながるんだけど
オレ個人の見方だけど>>1239が言いたいのはキャラクター個々の物語の話じゃなくて結構な伏線張ってたのに結局回収されずに裏設定で終わったものが多いというかそもそもストーリーを収束させる気がないようにみえるって話じゃないかな
1249 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 21:57:50 ID: klukVIFv0h
それにしたって存在そのものが話の理由付けになってる赤い靴関連が「伏線未回収」というのはよくわからん

そういえばネイティブに復讐したいのは陸も同じやったね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015