単語記事: 仮面ライダークロニクル

編集

仮面ライダークロニクルとは、幻夢コーポレーションより発売されたゲームソフト

タイトル 仮面ライダークロニクル
発売日 2017年4月2日(日)
ジャンル リアル体験ゲーム
CERO A(全年齢対)

楽しんでるかい、永夢。

ようこそ、究極のゲーム世界へ…

概要

特撮番組『仮面ライダーエグゼイド』に登場する架ゲームであり、檀黎斗ライダーガシャットとそれに対応するバグスターそれぞれのデータを元に開発していた「究極のゲーム」。く「一般人仮面ライダー(ライドプレイヤー)に変身して現実世界に現れたモンスター(バグスター)と生き残りをかけて戦う命懸けのサバイバルゲーム」。
21話で斗が見せたゲーム画面には下部にプレイヤーであろう仮面ライダーたちが、上部のウインドウにこれまでに出現したバグスターおよび仮面ライダーパラドクスが映っており、未収集のバグスター欄となっていた。斗はバグスターウイルスを使い対応するバグスターを集めていたが、あと一歩のところでパラドによってGAME OVERに追いやられてしまう。
以降はパラドが開発を引き継ぎ、幻夢コーポレーション社長職を継いだ天ヶ崎恋洗脳されたポッピーピポパポと、復活したグラファイトが集ったことですべてのデータが埋まり第2クールラストで遂に完成となった。

そして新OPとともに幕を開けた第3クールリアルバーチャル融合した究極のリアル体験ゲームという触れ込みのもと、幻夢コーポレーションの新作ゲームとしてガシャット市場に出回り、何の告知もなかったにもかかわらず爆売れ。ここに「究極のゲーム」が開宴した。

細かなゲームジャンルを推察すると、VRMMOに近いことをしているが、現実世界の方にゲーム要素が現れるという「AR拡張現実)」の概念が近いため、専用機器のみを使用した「ARMMO」と表現するのが正しいか。
また、これまでに登場していたゲームキャラバグスター)が登場キャラクターの多くを占めるため、幻夢コーポレーションオールスターゲームの一面も持ち合わせる。

通常のライダーガシャットと異なり、システムボイスは本作でラヴリカバグスター役を務める諏訪部順一が担当。
氏は劇場版ガシャット「マイティクリエイターVRX」も担当している。

ルール

以上が大まかなルールである。エグゼイド達はナビゲーター役のポッピーピポパポによってレアキャラと告知されたことでバグスターを倒すだけではなく一般市民たちの襲撃をぐという新たなを乗り越えねばならなくなった。
とはいえ仮面ライダーや彼らに倒されるたびに復元されレベルアップを遂げてきたバグスター怪人と、ライドプレイヤー達のレベル差は歴然(とはいえエグゼイドは一般市民を傷つけるわけにはいかないのと数の暴力によってライドプレイヤー達に敗れていたが)。
この量差を覆し、バグスターを討伐したのは天才ゲーマーNこと西馬ニコが初であり、彼女は仮面ライダーの戦いを間近で見ていたこともあり、地の利やエナジーアイテムを駆使し、現実融合しているとはいえゲームならではのアクションで漸くリボルバグスターを撃墜した。逆に言えば、そこまで有利な要素がなければバグスター撃墜はほぼ不可能なのである。
どう考えてもライドプレイヤー達にとって不利な要素が妙に多いが…?

真相

さ、楽しませてもらうぜ

ライドプレイヤーたちの前に現れたパラド仮面ライダーパラドクス変身し、彼等をく間に一掃。変身が解除された途端に聞き覚えのある音フィールドき渡った…

GAME OVER

なおも再変身をしようとするプレイヤー達の前にポッピーピポパポが現れ、それまで告知されていなかったルールが宣告される。

ポッピーピポパポゲームをナビゲートするよ!」
もしも、戦いに負けてゲームオーバーになってしまったら、そのプレイヤーは、消滅しちゃうの!」
コンティニューは出来ませ~ん! 一つだけのライフを、大切にね♪」

ライドプレイヤーゲームオーバー仮面ライダーのそれと同じ…即ちコンティニューなどなく、九条貴利矢檀黎斗がそうであった様に消滅してしまうのである。ゲームオーバーになってからその事実を知ったプレイヤー達が死への恐怖に怯え絶叫しながら消滅して行く様を見届けたのち、パラドは冷ややかに言い放つ。

「許せないんだよ…この世界で一番偉いと思い込んでる人間共がな」

パラド達にとっての仮面ライダークロニクルは実際の宣伝とは正反対の、バグスターが人間を攻略し、人類を滅亡させるためのゲームであった。斗を亡き者にして開発を引き継いだのも自身の野望達成の具として用い、楽しむため。
24話のラストでもパラドが「これでプレイヤーった」と集結したバグスター達をして発言しているが、この発言を基に推測すればクロニクルプレイヤーバグスター表向きのプレイヤーである人間は雑魚キャラクターであると思われる。実際、完成した仮面ライダークロニクルゲーム画面では、仮面ライダーではなく12種のバグスター[1]が映っており、彼らがプレイヤー扱いになっている。
バグスターが倒される度に復活という名の「コンティニュー」をしていたのに対し、人間側にそれがいのは、ゲームプレイヤーと本来攻略であるゲームの敵キャラクター(を模したバグスター達)の立場が逆転した事を暗示しているのかもしれない。あまりにもバグスター体のため、あくまで人間がプレイヤーである斗の標とはまるで別物にすり替わっている可性がある。

また、仮面ライダークロニクルは使用した時点で何らかのバグスターウイルスに感染する。そのため、ゲームから降りるためにはバグスターウイルスの元となっているバグスターが撃墜されることで、存命中にバグスターウイルスの元が断たれなければならない。

この仕様によりライドプレイヤー達は、変身前から実態を知っていない限り仮面ライダークロニクルの実情を知ることが難しい。レビュー情報サイトいはニコニコのような動画投稿サイトによる「実態を知った後の情報拡散媒体」を利用し真実を知ることが困難であり、ガシャット自体も販の物であるため拡散を止められない。
それらの条件がい、爆発的に売れてしまった本ゲームは甚大な被叩き出す究極の人類ゲームとして君臨してしまった。

怪人視点において人間=ゲームという名の殺戮の対仮面ライダー=そのゲームを妨する存在と位置づけられる点では「仮面ライダークウガ」のグロンギゲゲルと類似しているが、あちらと違いバグスターには厳格なルールなど定められておらず、スーパーヒーロータイム関連作「動物戦隊ジュウオウジャー」のブラッドゲーム催者のジニスよろしく自分たちが楽しめればよいので、余計にタチが悪い。

「たっぷり味わえよ、ゲーム攻略される側の気分をな」

因みにこんなえげつないとかいう次元じゃない代物なのにCERO:Aである。「全年齢(の人類が殺の)対」という事なのだろうか…?

その後の対応

しかし、衛生事実表し、事態への対応の根拠として「CRの仮面ライダー」を挙げ、彼らのバグスターへの対処という実績を以て事態の収拾を約束。さらに当ゲームの回収に加え使用を禁止することで、拡散を食い止めようとした。また、CRの仮面ライダーが身をってライドプレイヤーを助けたことで、ライドプレイヤーの中にもCRの理解者が生まれ始めた。
この動きに対し幻夢コーポレーション側は、ゲームクリアにより消滅したプレイヤーが復活する」というクリア報酬を提示したことで、犠牲者を助けるためにライドプレイヤーになる者たちも再び増加を始めてしまう。事情は微妙に違うが、鏡灰馬もその一人である。当初はこの言葉が事実明することは不可能であり、同社に殴りこんだ花家大我もこれを全くのと決め込んでいたが、ある男の登場により話が変わってくる……。

だが、仮面ライダーバグスターを撃墜しても攻略ガシャットロフィー」が出現しない[2]ため、仮面ライダークロニクル根本的な解決にはならない。あくまでライドプレイヤー攻略しなければゲームが先に進まない。そのためか、仕様を聞いた西馬ニコが自ら仮面ライダークロニクルに参戦し、バグスター撃墜の第一人者となる。
そしてニコはCRのサポートもあり、順調にゲームを進めていき、遂に上級バグスターの解放に成功する。

檀正宗体制

しかし、CRがバグスターとの決戦に挑んだ際、突如割り込んだのは檀正宗
上級バグスター解放近辺で、斗の一件により罪が晴れたことで釈放された正宗は幻夢コーポレーション社長に復職していたのだが、決戦乱入後「仮面ライダークロニクル」の運営を引き継ぐと正宗は宣言。手始めに前任である天ヶ崎恋実質的に殺する。

以降、アクティブバグスターの登録を突然消するなど、クロニクル運営において強権を発揮。
クロニクル世界進出を果たそうとする正宗は人命を厭わない方針をよりらせており、自身が変身な「仮面ライダークロノス」のをダシに、絶対にクリアできない「クロノス攻略クエスト」を打ち出し、自身が実質的に多くのプレイヤーを殺することで、犠牲者を救うためにクロニクルを新規購入する者を増やすという外道を働く。

正宗の更なる的は仮面ライダークロニクル海外展開であり、より広くクロニクル拡散させようと暗躍している。
その一端としてジョニーマキシマ(演:ブラザートム)が社長を務める外資系ゲーム会社「マキナビジョン[3]」と接触しており、その要に応じてCRのライダー達からゲーマドライバーを奪い取り、マキナビジョン提供していた。
一方で攻略に最も近かった西馬ニコラスボスゲムデウスウイルスを感染させるなどして、CRに対する遅延を図っていたが、命の意味を理解したパラドが永夢と共同戦線をり、正宗の持つマスターガシャットを破壊したことで患者は救われ、正宗の商戦は泡と帰した。

―――かと思われたが、正宗が意図せず発動した「リセット」により、破壊されたはずのマスターガシャット『破壊された事実なかった』ことになり、結果的に復元されたのだった。

エンディング

復元により続行された仮面ライダークロニクルだが、グラファイト攻略されたことで、遂にラスボスであるゲムデウスが姿を現す。
ゲムデウス正宗により、パンデミックを引き起こすように改造されていたが、CRやその協者の活動によりドクター達はゲムデウスを追い詰める。

ゲムデウスは倒されるとそこでゲームが終了するラスボス
クロニクル終了を止めるべく、正宗瀕死ゲムデウスを自ら破壊。その残骸を己の中に取り込むことで、人として死んだ代わりに自身がゲムデウスになり替わることとなった。
これにより、イレギュラーラスボスゲムデウスクロノスが誕生することとなってしまった。

仮面ライダークロノス

一般販売された本ガシャットであるが、実はライドプレイヤーだけでなく、もう一つの変身形態「仮面ライダークロノス」が存在する。仮面ライダーの名を冠した形態であるが、こちらに変身するにはすべてのバグスターに対する全な抗体を備えていなければならない

元は斗が「ラスボスに対抗するためにプレイヤーに用意された伝説」として実装していたが、仕様を突かれ檀正宗として強権を振るわれている。
実際のところ絶対にクリア不可能であるが、作中では攻略すればクロノスを入手できる」という名で先述のイベントクエストクロノス攻略クエスト」が開催された。

本来の仕様?

本編ではられていないが、作中登場したいくつかの要素により、後任により悪されて発売した当ゲームの本来の仕様が推測できる。

この二点は開発者の檀黎斗がとあるガシャットに遺していたものであり、そのガシャットの機は作中の資料解読により、当ゲームに導入する予定があったのではないかと推測できる。
仮にこれらが当ゲームの製品版に導入されていれば、ある程度の安全性を確保し、難易度調整が入ることにより、『人類側のエンターテインメント』として機しうる可性があったのかもしれない。
仮面ライダークロノスも、そのを使用することがゲムデウス打倒の可性と明言されたため、何らかの形で一般プレイヤーでもクロノスに辿りつくルートがあったと思われるが、今となっては真実は闇の中である。
斗の言動から推測できる彼の理想のクロニクル「人類に夢と冒険を与えるエンターテインメントであり、後の展開から、周囲に被を及ぼす程の事件を起こす気はなかったことは明である。

斗の自業自得とはいえ、もし当ゲームバグスター正宗悪されていなかったら、このゲームは理不尽難易度クソゲー+周囲に甚大な被を及ぼすバイオテロにはならなかったのかもしれない。

関連静画

関連商品

電撃発売

本編同様、突如として事前予告なしで「DX仮面ライダークロニクルガシャット」のライドプレイヤーVer.がレミアムバンダイにて限定販売されることとなった。
通常の商品の仕様に加え、西馬ニコボイスライドプレイヤー変身解除音が追加されており、発グラフィックで表示されるキャラクター仮面ライダークロノスではなくライドプレイヤーに変更されている。
また、パッケージも非常に凝っており、現実ではゲーム機ではないため表示を許されなかった」CERO表示以外は原作璧に再現している。

突如として発売されたにも関わらず、原作のような猛な売れ行きでく間に一時発注が終了してしまった

関連項目

脚注

  1. *パラド変身後の仮面ライダーパラドクスの2形態が登録されているため
  2. *あくまでゲーム攻略に関わる仕様というだけであり、「ゲーム病」患者となったライドプレイヤーを救助するだけならバグスターを倒しても問題ない
  3. *海外の初期世代のゲーム機には、マテルの「インテレビジョン」やコレコの「コレコビジョン」など、「ビジョン」と名のついたゲーム機が多く、この「ビジョン」に『デウスエクスマキナ』のマキナを付与したのが社名の元ネタと思われる

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AB
ページ番号: 5479147 リビジョン番号: 2514396
読み:カメンライダークロニクル
初版作成日: 17/04/02 12:15 ◆ 最終更新日: 17/08/12 21:54
編集内容についての説明/コメント: システムボイス関係を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仮面ライダークロニクルについて語るスレ

223 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 12:46:01 ID: dYWm/k6SIL
>>221
ありがとう、その説明である程度納得できたわ

>>222
今後本編の方に書きこむときには気をつけます

ときめきクライシスガシャットロフィー(原本)に関しては
ラヴリカを殺した時に普通に入手してたのかもしれない
ほら、クロノスって言ってみれば強化版ライドプレイヤーみたいなもんだし
224 : ななしのよっしん :2017/08/02(水) 19:46:55 ID: pBAThSkLu/
ライフ9493リセット後最初のコンティニューなら、ムテキ開発前まで戻っただけじゃ
94レーザーターボに倒された時のライフ
バクスターの心や記憶がリセットされなくてよかったね
恐怖パラド、リプログラミング前の利矢、ムテキの記憶しの新檀黎斗になったらきつい
225 : ななしのよっしん :2017/08/02(水) 20:04:28 ID: 1zvRZXr5cR
>>224
もし例年のように49話まであったら1話か2話分記憶なしエピソードあったかもな
記憶を持ってるのはリセットした正宗と、同じウイルスを持っている永夢のみとかにして
226 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 11:16:52 ID: fHZ9EiDstt
ゲムデウスくん公式サイトクロノス駕するってあるけどじゃあライドプレイヤー達はどうやってゲムデウスと戦えばいいんだろうか?クロノスポーズゲムデウス相手には通用しないっぽいし、それどころかムテキでさえウイルス抑制しないとって、こんなの勝てるわけがない・・


227 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 16:08:25 ID: D4VYvhU3Ta
CAVEシューティングじゃないんだから長く遊んでもらうならある程度は簡単に攻略できるようにしとくべきなんだよな
少なくともトロフィーは個人で管理して下級バグスターは一般プレイヤーでも50位で勝てる様にするべきだった
あの仕様じゃソルティにすら勝てないから周りのウイルス倒してレベル稼ぐっていって消息不明になるばっかだ
228 : ななしのよっしん :2017/08/06(日) 16:11:31 ID: BUhIaTFK/c
>>226
クロノスは時間経過で硬くなって殴れば殴るほど強くなるから
ゲムデウスくんをポーズ世界で持久戦してなんとか絶版にしないと駄なんだろうな

無理ゲーですよ…
229 : ななしのよっしん :2017/08/08(火) 16:52:36 ID: 0wymfm8qyL
>>227
ただのゲームならそうだけど土管企画の正規版クロニクルの時点で前提は「クリア出来い事もいけど奇跡奇跡を重ねた奇跡が起きなきゃクリア出来ない他人の命がかかったデッドエンドゲーム」だし
まぁ運営含めてガバ裁量の極みの様なゲームなのは否定しようも事実だけど
230 : ななしのよっしん :2017/08/08(火) 22:49:00 ID: m3/q+TliwL
>>229
あの土管社長が自身が作ったゲムデウスが召喚できないバランスにするとは思えない。
あくまで通常のバグスター戦は一般レベルで楽しめてラスボス召喚まではいけるけど(もちろん生きている実感を与えるためのデスゲーム要素はあるけど)、ラスボスライドプレイヤーで倒すのは理って仕様だと思う。

それが新檀黎斗の言ってた「ゲムデウス攻略できない。ゲームプレイヤー達は不可能に挑み残に散っていく。そうすることで仮面ライダークロニクルは夢と冒険の物語として永久に続いていく」に繋がってるかと。

ゲムデウス仕様クロノス仕様がうまくかみ合ってるから、ゲムデウスオンリーなら他のライダーよりはクロノスの方が倒しやすいと思う。
231 : ななしのよっしん :2017/08/10(木) 01:21:15 ID: hbI4zFq+I2
茅場晶彦「なんて恐ろしいゲームなんだ…」
232 : ななしのよっしん :2017/08/16(水) 18:52:48 ID: ie4qJjIwU9
サントラ仮面ライダークロニクルテーマが凄い起動画面感あってワクワクする
一般プレイヤーが消えた時のBGMが「explanation of chronicle」って曲名なのも皮効いてて良い
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829