単語記事: 仮面ライダードライブ

編集

タイトルロゴ

この男、刑事で仮面ライダー!!

仮面ライダードライブとは、2014年10月5日~2015年9月27日に放送された特撮テレビドラマである。

概要:仮面ライダードライブとはなに

2014年8月に正式発表された平成ライダー16作目。
メインライダーであるドライブは乗用車がモチーフで、史上初めて「バイクに乗らない、車に乗る」事を明言された仮面ライダーである。これまでも専用バイクが存在しなかったり専用の車に乗るライダーは存在したが、その両方を兼ね備えたメインライダーは初めて。トライドロンと呼ばれるマシンに乗り込み、これまでの作品以上に「人とマシンが共闘する」仮面ライダーの原点に立ち返る要素もあるという。この影響もあり、特に初代仮面ライダーをはじめとした昭和ライダー関連のオマージュもところどころ散りばめられている。ただバイク要素が無くなった訳ではなく、メインライダー以外のライダーが搭乗する。

恒例の収集要素でもあるシフトカーという意志を持ったミニカーを変身に使うほか、ドライブやトライドロンのタイヤを変化させることでそれぞれに新たな力を与える。また、本作よりiOS、AndroidよりTV本編と連動したスマホアプリがリリースされた。シフトカーとの連動も完備しており、玩具収集にも幅を持たせている。毎年恒例のオリジナルDVDでも、シークレットMissionシリーズとして1年間通じて展開。例年通りのハイパーバトルDVDの他に劇場先着配付作品やそれらをまとめたBlu-Rayと、本編との連動エピソードが更に強化された。

チーフプロデューサーには「獣電戦隊キョウリュウジャー」を担当、平成ライダー初チーフとなる大森敬仁。サブプロデューサーには前作の鎧武から続投となる望月卓が担当する。メインライターは前述のキョウリュウジャーで戦隊史上初となる全話の脚本を担当した三条陸、サブライターには三条との仕事が多い長谷川圭一が共に「フォーゼ」以来の参加、この二人のタッグ体制は「W」以来5年ぶりとなる。ゲストライターでは、大森とは「海賊戦隊ゴーカイジャー」から共に仕事をしている香村純子が参加。「Go!プリンセスプリキュア」でも香村は脚本を手掛けており、同年度のニチアサ2枠で執筆している。そして次作「仮面ライダーゴースト」とのコラボ回となる最終話では「仮面ライダー4号」で脚本を担当した毛利亘宏が登板する。

主人公は警視庁に所属する刑事で、事件捜査や犯人探し、カーチェイスといった刑事ドラマ的要素も持ち合わせる。あらかじめ何らかの職業に就いていたり、就学していたりする平成ライダーの主人公であり、「W」「フォーゼ」と続く三条が脚本に関わった作品に共通している要素が今作でも引き継がれる事になった。また、番組構成も平成ライダーでは定番の2話完結方式(ロイミュードの影響によっては2話以上を費やす事もある)を再び採用しており、現時点では1話を除きアバン無しで直接OPからスタートする形式をとっている。

あらすじ:物語はどのように始まるのか

周囲の時間が遅くなったように感じる怪現象「重加速現象(通称:どんより)」が多発し、それにまつわる犯罪が社会問題となっている現代。警視庁はこの現象に対抗するため「特殊状況下事件捜査課(通称:特状課)」を設立した。

特状課に配属された刑事、泊進ノ介は過去にどんよりと遭遇し、そこで起きた事件がトラウマとなりやる気を失っていた状態だった。そんな進ノ介はある日、愛車トライドロンの車内で"ベルトさん(ドライブドライバー)"と出会う。どんよりを打ち破り、それに関わる怪人ロイミュードと戦う唯一の方法、それは仮面ライダードライブに変身することだった。

仮面ライダードライブ、Start Your Engine!!

「ひとっ走り、付き合えよ!」

主な登場人物・キャスト:だれがドラマを綴っていくのか

以下の説明文の一部は東映公式サイトからの引用。

警視庁特状課およびその関係者

警視庁況下事件捜査の略。「重加速」という怪現象とそれにまつわる事件を捜査する。新設の部署なためか、久留間運転免許試験場の隅に追いやられている閑職である。

泊進ノ介(とまり・しんのすけ)/仮面ライダードライブ……竹内涼真(たけうち・りょうま)
仮面ライダードライブに変身する警視庁特状課の刑事。
グローバルフリーズ勃発時、自分のミスで相棒の早瀬明を再起不能にしてしまったトラウマや、表向きでは特状課に左遷された経緯から、暇があればサボりを決め込む問題刑事となっていた。
しかしある日ドライブドライバーことベルトさんに出会い、仮面ライダードライブとしてロイミュードたちと戦うこととなる。
普段はエンジンがかかることが遅いが、一度ギアが入ると一気に真実に辿り着く天才肌タイプ。
ロイミュードを単なる敵としては見なさず、チェイスを始め彼等の信念を理解しようと試みる柔軟性もある。
ドライブドライバー(ベルトさん)/クリム・スタインベルト……クリス・ペプラー
仮面ライダードライブに変身するためのベルト。進ノ介からは「ベルトさん」と呼ばれる。
元人間で本名はクリム・スタインベルト。友人である蛮野に頼まれトライドロンやシフトカーの動力源であるコア・ドライビアを開発した科学者であったが、その結果彼らの反逆を招き、命を落としてしまう。しかし、自らの意思をベルトにダウンロードし、以後は「ベルトさん」としてロイミュードを根絶すべく戦い続けている。
詩島霧子(しじま・きりこ)……内田理央(うちだ・りお)
警視庁特状課の婦警で進ノ介の相棒兼見張り役。本作のヒロイン。
ドライブやベルトさんの協力者で、極めて高い身体能力や銃の腕前の持ち主。
グローバルフリーズ時にロイミュードに襲われ、プロトドライブに助けられるが、その際のトラウマで笑顔を作れなくなってしまう。
しかしドライブの活躍や進ノ介との絆が深まるにつれ、徐々に笑顔も覗かせるようになる。
チェイスがプロトドライブであると知り、彼が元に戻ることを信じ続けるが――
詩島剛(しじま・ごう)/仮面ライダーマッハ……稲葉友(いなば・ゆう)
仮面ライダーマッハに変身する、霧子の実の弟。
明るく目立ちたがり屋な性格だが、その洞察力や捜査能力は有能で、姉同様身体能力もズバ抜けている。
カメラマンを生業とし、アメリカで訓練を受けていたが、急遽中断して帰国する。
最初は進ノ介のことを見下したような態度をとっていたが、後に和解し兄貴分として慕うようになる。
姉の霧子を大切に想っており、彼女と進ノ介の仲を誤解(?)したことをきっかけに、進ノ介を『進兄さん』と呼んでいる。
ロイミュードを強く敵対視し、霧子の命を救ったチェイスも例外ではない。
沢神りんな(さわがみ・りんな)……吉井怜(よしい・れい)
警視庁特状課・客員電子物理学者。敵怪人の能力などの研究を行っている。
実はベルトさんの協力者であり、ドライブのメカニックを担当している。
独身で内心ちょっと焦っているが、ロイミュードの主催する婚活パーティーに当たってしまったり、元彼がロイミュードの協力者だったりと男運は最悪。明るい性格で特状課のムードメーカーである。
西城究(さいじょう・きゅう)……浜野謙太(はまの・けんた)
警視庁特状課・客員ネットワーク研究家。ネットワーク関連の著書を多数持つデジタルの専門家。情報収集能力も極めて高く、ベルトさんをして「天才」と言わしめるほど。
いわゆるオタク的風貌で、「マーマーマンション」というアニメにハマっている。
自分をコピーしたロイミュード072と意気投合し、一時期共同生活を送っていたが――
追田現八郎(おった・げんぱちろう)……井俣太良(いまた・たいら)
警視庁捜査一課・警部補。捜査一課から協力連絡員として派遣されている刑事。
特状課の仕事を厄介事と思っており「オカルト同好会」などとバカにしていたが、ロイミュードとそれを倒す仮面ライダーの存在を目撃し、口では文句を言いながらも特状課に協力するようになる。口は悪いが頼れる刑事で、進ノ介とは馬が合う様子。
実は物凄い子煩悩で、それだけは誰にも知られたくないと思っている。
本願寺純(ほんがんじ・じゅん)……片岡鶴太郎(かたおか・つるたろう)
警視庁特状課・課長(役職・警視)。トラブルが大嫌いな穏健派。サボり癖のある進ノ介のことで、霧子に見張りを命じている。占いや風水が大好きで、ネクタイの色はその日のラッキーカラーと決めている。
強烈なコネを持っており、たびたび捜査の役に立っている。家族思いでよく旅行へ行くが、娘との関係はあまり上手くいっていないらしい。
仁良光秀(にら・みつひで)……飯田基祐(いいだ・きすけ)
警視庁捜査一課長。追田警部補の直属の上司にあたる。
特状課を落ちぶれた人間の集まりと決めつけており、成果が出なければ潰そうと目論む。
一方で機械生命体(ロイミュード)専門アドバイザーの能見として近づいたブレンとも接触しているが、本人は真影に利用されている事実を知らない模様。
蛮野天十郎(ばんの・てんじゅうろう)……森田成一(もりた・まさかず)
かつてクリムと共に研究に携わってきた科学者で、霧子と剛の実父。
ロイミュードの生みの親であるが、クリムと決別後、彼らを人間以上の生命体に進化させた。
ロイミュードに粛清されてからも世界征服の野望は潰えておらず、その思念をタブレット端末やドライブドライバーに移し替えている。

仮面ライダードライブ

進ノ介と剛が変身する仮面ライダー。
今作での「仮面ライダー」の名称は、進ノ介がドライブになる以前にロイミュードと戦っていたプロトドライブの姿を見た敵怪人・ロイミュードが、プロトドライブの事を仮面ライダーと呼称した事が由来となっており、進ノ介も自身を仮面ライダードライブと名乗っている。

腕に装着するブレスレット型アイテム【シフトブレス】に、意思を持つ小型マシン【シフトカー】をレバーモードにして装着し、シフトカーを押し込むことで、変身ベルト【ドライブドライバー】の力によってドライブへの変身が完了する。
過去の仮面ライダーシリーズにも、ブレスレット型アイテムで変身する仮面ライダーは存在したが、主役ライダーがブレスレット型アイテムで変身するというのはライダーシリーズ初となる。

シフトカーにはそれぞれ固有の能力が備わっており、シフトカーを戦闘中に取り替えることによって、ドライブの各フォームに装着されているタイヤが交換され、様々な能力を発揮する【タイヤコウカン】を駆使して戦闘を行う。

現在までに判明しているシフトカーとタイヤ能力の詳細は、「シフトカー」及び「泊進ノ介」の記事に記載されているのでそちらを参照。

ロイミュード

本作の敵種族(?)。人間になる事に強い憧れを持つアンドロイドのような存在。
ほとんどはネットワーク上に光(コア)として散らばっているが、現実世界に存在する一部のリーダーがコアを実体化、復活を目論む。ハート達を含めその数は108体で、基本となるプレーン態にはバット、スパイダー、コブラの3種類がある。人間そのものや人間の記憶、意志などを読み取り進化することが可能で、これらは"進化態"と呼ばれている。
更に、新たにロイミュード側の戦力となる「ネオバイラルコア」を用い、人間の感情とシンクロすることで彼らとの融合、進化を果たす強化態”融合進化態”も存在する。

チェイス(魔進チェイサー)……上遠野太洸(かとおの・たいこう)
紫のライダースーツを着た、ロイミュードの番人を名乗る謎の青年。
過ちを犯したロイミュードを粛正するため、彼らからは『死神』と恐れられている。
ただし魂であるコアは破壊せずにあくまでリセットするだけであるため、コアごとロイミュードを消滅させる仮面ライダーを憎んでいた。
また人間は絶対殺さないという美徳を持ち合わせており、人の命が関わる場面では死神としての使命すら揺らいでしまうことも。
その正体はかつてグローバルフリーズから世界を救ったプロトドライブ。
記憶を取り戻しかけていたところをメディックにより再洗脳され、死神としての機能を失ってしまうが――
ハート(ハートロイミュード)……蕨野友也(わらびの・ともや)
赤い革コートを身に纏い厳つい風貌をしたロイミュードの指導者。
ロイミュードのことを『友達』と称し、非常に大切に思っている。
試作型として作られた初期型ロイミュードの一人であり、人間時代のベルトさんを抹殺した張本人。
更にプロトドライブを倒した…とされていたが、彼をチェイスとしてロイミュード側に率いれ、友と呼んでいる。
ドライブを友達を倒す者として敵視しているが、その実力は認め『面白い男』と関心を抱いている節も。
ブレン(ブレンロイミュード)……松島庄汰(まつしま・しょうた)
緑色のジャケットに銀縁の眼鏡をかけたロイミュードの参謀。
その名の通りロイミュードの頭脳であり、情報収集や部下の管理を担当。
神経質な性格で何かと物事を「○○で××で△△」と三つ言葉を並べて表す癖がある。
自分とは正反対な性格のハートに文句を言うことも多々あるが、その実そんな彼のことを好いている。
メディック復活により、彼女にハートの側近という立場を奪われたことによる嫉妬から、その冷静さを失いつつある。
プロトドライブを洗脳した張本人であり、作中の『仮面ライダー』の名付け親。
メディック(メディックロイミュード)……馬場ふみか(ばば・ふみか)
黒いゴスロリ風の衣装を纏った女性ロイミュード。ロイミュードとしてのナンバーは009。
機能停止の状態だったがボルトロイミュードが集めた電気の力で復活。
当初はロイミュードの治療役を勤めていたが、チェイスを再洗脳したことにより、新しい死神の長として活動し始める。
ハートを思慕しており、その能力は極めて有能で、ブレンからはその存在を煙たがれている。
可憐な外見に反して、過激な選民思想を抱いた利己的かつ残虐な性格の持ち主で、進ノ介曰く「悪魔」。
真影壮一(ロイミュード001/フリーズロイミュード)……堀内正美(ほりうち・まさみ)
国家防衛庁長官にして参議院議員。
自身の権力を巧みに利用し、仁良捜査一課長には進ノ介と特状課を監視させ、ブレンを警視庁に送り込む。
殉職した進ノ介の父、英介と関係があるようだが――

主題歌:なぜ彼は歌い上げるのか

  • SURPRISE-DRIVE
    歌:Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
    ※担当の松岡充はかつて仮面ライダーエターナル/大道克己を演じた。

主要スタッフ:ドライブをつくる者たちはどのような心を持っているのか

  • 原作:石ノ森章太郎
  • 脚本:三条陸、長谷川圭一、香村純子
  • 監督:田﨑竜太 ほか
  • 音楽:鳴瀬シュウヘイ、中川幸太郎
  • プロデュース:佐々木基(テレビ朝日)大森敬仁(東映)望月 卓(東映)
  • 製作:テレビ朝日、ADK、東映

関連動画:映し出されるものになにを思うのか

関連商品:なぜ彼らはアイテムを集めるのか

玩具

フィギュア

DVD・BD

CD・書籍

関連チャンネル:その情報が配信される日はいつ

関連コミュニティ:我々はどこへ集うのか

外部リンク:更なる世界にはなにが待っているのか

関連項目:仮面ライダーはどんな繋がりを持っているのか

平成ライダーシリーズ
第1期
クウガ

アギト

龍騎

555


響鬼

カブト

電王

キバ

DCD
第2期
W

オーズ

フォーゼ

ウィザード

鎧武

ドライブ

ゴースト

エグゼイド
映画 MOVIE大戦|スーパーヒーロー大戦
ゲーム クライマックスヒーローズ|ガンバライジング|バトライドウォー
その他 東映特撮ニコニコおふぃしゃる|ネット版 仮面ライダースピンオフムービー
ハイパーバトルビデオ|運営とのライダーバトル
一覧 平成ライダーの登場人物一覧|平成ライダー|昭和ライダー|仮面ライダー
仮面ライダーシリーズ|特撮作品一覧|仮面ライダーの関連項目一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96
ページ番号: 5264234 リビジョン番号: 2439170
読み:カメンライダードライブ
初版作成日: 14/08/30 13:15 ◆ 最終更新日: 16/12/18 09:36
編集内容についての説明/コメント: テンプレにエグゼイドマーク追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ドライブクレスト

ドライブクレスト修正

ドライブクレスト

仮面ライダードライブ タイトルロゴ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仮面ライダードライブについて語るスレ

5485 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 20:29:47 ID: Z05/VdFEQH











今年の冬映画で進ノ介はまさにMEGAMAXの翔太郎ポジで大活躍だったな。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
5486 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 20:29:20 ID: cQFFl5Qcjw
進ノ介とベルトさん、一年に一度再開できる織姫と彦星みたいな関係になってるな
5487 : ななしのよっしん :2016/12/27(火) 23:38:36 ID: 7LqoGSR32X
001のおかげで超進化体が弱そうに見えちゃう
5488 : 削除しました :削除しました ID: HpUVZKT004
削除しました
5489 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 18:06:40 ID: FkAiIQDVEQ
>>5488
蛮野が黒幕判明してから刑事要素が薄れていったからなぁ。夏映画は新フォームや限定ライダーの活躍が主だし。
5490 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 22:20:24 ID: momAaLm8OZ
わかりやす
5491 : ななしのよっしん :2017/01/29(日) 20:10:47 ID: nlMbuhzypv
>>5488

あと、終盤での毒親なら殺してもいいという展開やロイミュードは無罪で人間が悪いというのも問題。
5492 : ななしのよっしん :2017/01/29(日) 20:27:11 ID: momAaLm8OZ
極論で解釈かあ
5493 : ななしのよっしん :2017/02/02(木) 09:20:59 ID: 7LqoGSR32X
終盤の人間の心が怪人(悪)を生み出すはオーズ理論なのね
5494 : ななしのよっしん :2017/02/12(日) 18:25:33 ID: 5cPijuWIpv
>>5493
その辺はオーズだけじゃなく所謂平成2期と呼ばれる作品で共通してる理論だと思う
鎧武は違う感じがあるけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015