単語記事: 仮面ライダー剣

編集

タイトルロゴ 

◆ 運命の切札 をつかみ取れ ! ◆

 仮面ライダー剣とは、2004年1月から2005年1月に放送された平成仮面ライダーシリーズ第5作にあたる特撮番組である。

なお、「仮面ライダー剣」と書いて「仮面ライダーブレイド”」と読む。

2014年12月には、ドラマCDの発売を記念してニコニコ生放送での全話無料上映(※一部はプレミアム会員のみ視聴可が実施されている。また2015年1月24日ドラマCD発売の翌日)にも、全49話一挙上映が実施。

今、その力が全開する。

主役4ライダーの画像古代に封印された不死身の殺戮生命体"アンデッド"が現代にった。アンデッドたちは本の赴くまま、一万年前に行われたバトルファイトと呼ばれる戦いを再開する。

巻き込まれる人々を守り、アンデッドを再び封印するために作られたライダーシステム1号ギャレン2号ブレイド
戦いの最中、突如現れる仮面ライダーカリスアンデッドの手によって作られた邪悪な仮面ライダーレンゲル

本作はこの四人のライダーを中心に据えて、物語を展開していく。

※画像 左上:レンゲル 右上:カリス
左下;ブレイド 右下:ギャレン

あらすじ

人類基盤史研究所 (通称BOARD)の新人所員である「剣崎一真」とその先輩の「橘朔也」は古代からった不死身の殺戮生命体"アンデッド"を封印するため、BOARDが開発した特殊兵器"ライダーシステム"を用い、『仮面ライダー』として日夜戦っていた。

そして今日も新たに出現したバットアンデッドと戦う二人。戦闘経験の浅い剣崎仮面ライダーブレイド)は苦戦を強いられるが、ベテランである仮面ライダーギャレン)の活躍により封印に成功する。
「やっぱり一流だよなぁ橘さんは、はまだ足元にも及ばないよ…」強く頼もしい先輩剣崎は尊敬し、信頼しているのであった。

その剣崎に同僚の広瀬栞からBOARDアンデッドに襲撃されているという連絡が入る。
彼はBOARDへ急ぐが時すでに遅く、施設は破壊され、所員はほとんど殺された後だった…彼はかろうじて生き残っていた広瀬を発見し、彼女から「以前から所長と確執のあったアンデッドを操りBOARDを攻撃させたのかもしれない」と告げられる。
共に戦っていた仲間であるを信頼していた剣崎広瀬の言葉が信じられず苦悩していた。そんな彼の前にBOARDを襲撃していたローカスアンデッドが現れる。剣崎は怒りに任せてブレイド変身しローカスアンデッドに挑むが、敵は強く防戦一方のブレイド

そんなを影から見つめる者がいた……。ギャレンだ。

橘さん!本当に裏切ったんですか!?」ギャレンの姿を見つけた剣崎は戦いながらそう問い掛けるがギャレンは何も答えず姿を消してしまう。「そんな…何故だぁ――っ!」剣崎は静かに去って行くギャレン昂する。

しかし今彼に出来る事は、の前の敵と戦い、封印する事だけであった...

特徴

本作では『仮面ライダー龍騎』で好評だったカードを使った戦闘(必殺技)が採用されている。ただ、倒した敵をカードに封印しそのカードとして使用したり複数のカードを同時に使用することでさらに強いを発揮できたりと『仮面ライダー龍騎』よりも当時人気のあったカードゲームを意識した仕様になっている。

前半のメインライターである今井詔二による較的暗い雰囲気の展開と、レギュラー出演のキャリアの浅さなどからくる低い演技などで、放映当初は評価が低く、玩具売り上げで非常に高い功績を残した前2作にべても3分の2近くまで落ち込むなど、散々な状況におかれた作品だった。

とにかく後述するネタが行きがちであり、リアルタイムで見ていない世代ですらもそのネタなら知っているという屈辱的な知名度の高さを持っている。このためネタとしての印ばかりが先行しがちであるが、この知名度の高さが作品自体の再評価を促進している節もあり、非常に複雑である。

シリーズ後半から終盤にかけてはメインライター會川昇に交代。ストーリーの盛り上がりとまりを高く評価するファンが多く、俳優の演技も完成されたという見方が多い。そのほか、希望に満ちた救いと暗い別離を同時に描き出す結末、を固めるベテラン俳優たちの重厚な演技など、全般にわたって見所の多い作品である。

剣崎一真アンデッドは全て封印した……お前が最後だ……ジョーカー!!」

相川始お前は……戦う事でしか分かり合えない!!」

                                        ~EPISODE 49 永遠の切札~

登場ライダー

TVシリーズ本編に登場するライダー

ライダー 変身 スー モチーフ 武器 強化フォー 最強フォー
仮面ライダーブレイド 剣崎一真 スペード ヘラクレスオオカブト 鷲のジャックフォー キングフォー
(13体のアンデッド全てと融合)
仮面ライダーギャレン 橘朔也 ダイヤ クワガタムシ 銃剣 孔雀ジャックフォー キングフォー
(カテゴリーKのみと融合/未登場:設定のみ)
仮面ライダーカリス/マンティアンデッド 相川始 ハート カマキリ なし ワイルドリス
(13体のアンデッド全てと融合)
仮面ライダーレンゲル 上城睦月 クラブ クモ なし
(設定ではジャックフォーム)
なし

ちなみに、ブレイド(0w0) カリス(<::V::>) ギャレン(0M0) レンゲル(0H0) と、簡単かつ再現度の高い顔文字があり、インターネット上でよく使用されている。

劇場版のみ登場するライダー

ライダー 変身 スー モチーフ 変身カード 武器
仮面ライダーグレイブ 志村純一 ワイルド アルファベットのA チェンジケルベロス
仮面ライダーラルク 三輪夏美 ワイルド アルファベットのA チェンジケルベロス
仮面ライダーランス 禍木慎 ワイルド アルファベットのA チェンジケルベロス

劇場版ライダーは、橘朔也制作した新しいライダーシステムを使用し変身している。

主な出演者

テレビ本編

劇場版ゲスト

主なスタッフ

テレビシリーズ

劇場版スタッフ

オンドゥル語

第1話の主人公の「本当に裏切ったんですか!」という叫びが「オンドゥルルラギッタンディスカー!」と聞こえたことがネットで評判になった。
その後も出演者の滑舌の悪さからか様々な空耳が生まれた。それらは『オンドゥル語』と呼ばれ、今でもネットとして散見される。

台詞が聞き取りづらい現や、そういう役者自体を評して使うこともあり
「あの役者は(声優は)オンドゥルだ」「あのシーン全員オンドゥル連発だったなあw」などの用法が見られる。

なお、オンドゥル語については、演の椿隆之しており、しばしば冗談半分で用いる。
8月公式ブログで行われたファンとのチャットでは、
オンドゥル実在するかも?」
最終回後の剣崎オンドゥルに帰ったかもしれない(笑)。実際は違うけど(笑)
など、容赦なくオンドゥル語をいじるファンにも嬉々として応えていた。

「仮面ライダーディケイド」に登場したブレイド

仮面ライダーディケイドにおける「ブレイド世界」について原典との相違点。

原典 ディケイドブレイド世界
剣崎一真
苗字で呼ばれる事が多い 
主人公仮面ライダーブレイド カズマ
 名前で呼ばれる事が多い
橘朔也 ギャレン変身する人物 菱形サクヤ
上城睦月 レンゲル変身する人物 ムツキ
相川始 リス変身する人物 リス伝説ライダーとして噂される存在。
正体はBOARD社長四条ハジメ。
人類基盤史研究所 BOARD 国家予算にて運営されている企業
未解放 パラドキサアンデッド ディケイドにて初めてその姿を現す。
人間態は龍騎世界から引き続き登場する鎌田
殺せないので封印する アンデットの倒し方 原典と同様。ただしディケイドのみ例外で、
不死の存在に関わらず全員撃破可

BOARD」は名称こそ原典と同じであるが、「ディケイドブレイド世界」においては大企業となっている。
スペード、ダイヤクローバーの3つの部署に2~Aのランクがあり、ランクには待遇等に格差が出てくる。
Aランクに昇格した社員にのみライダーへの変身資格を与えられる。

ライダー変身する資格を与えられたAランク社員がブレイドカズマとギャレン菱形サクヤである。
アンデッドとの戦闘時においては本社からの承認が降りない限り変身する事が許可されない。
失態を演じたり、社則に違反した場合、変身資格を取り上げられる等、ランクが降格される憂きに遭う。

広瀬栞烏丸所長白井虎太郎栗原天音……等に相当する人物は登場せず。
また、原典に登場しない人物として、アイ、マイ、ミーの三人が登場。ディケイド門矢士チーフと呼び慕っている。

ちなみにこのエピソードではカブトメインライターである米村正二が脚本を担当。
そのため、劇中の3分の1がBOARDの社員食堂を舞台にしており、カブト同様の料理番組と化している。

ニコニコ動画における仮面ライダー剣

他の仮面ライダー同様、公式配信を除き本編は封印される確率が高い。
前出したオンドゥル語の影が強くオンドゥル語ネタにした動画が大半を占めるのが最大の特徴。

関連動画

関連商品

変身玩具

フィギュア

DVD・BD

CD・ゲーム・書籍

関連コミュニティ

関連項目

平成ライダーシリーズ
第1期
クウガ

アギト

龍騎

555


響鬼

カブト

電王

キバ

DCD
第2期
W

オーズ

フォーゼ

ウィザード

鎧武

ドライブ

ゴースト

エグゼイド
映画 MOVIE大戦スーパーヒーロー大戦
ゲーム クライマックスヒーローズガンバライジングバトライドウォー
その他 東映特撮ニコニコおふぃしゃるネット版 仮面ライダースピンオフムービー
ハイパーバトルビデオ運営とのライダーバトル
一覧 平成ライダーの登場人物一覧平成ライダー昭和ライダー仮面ライダー
仮面ライダーシリーズ特撮作品一覧仮面ライダーの関連項目一覧

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E5%89%A3
ページ番号: 492833 リビジョン番号: 2439193
読み:カメンライダーブレイド
初版作成日: 08/08/25 07:28 ◆ 最終更新日: 16/12/18 10:43
編集内容についての説明/コメント: テンプレにエグゼイドマーク追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ブレイドタイトルロゴ

ケンジャキ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仮面ライダー剣について語るスレ

1360 : ななしのよっしん :2017/08/11(金) 14:32:07 ID: PLgYEuxnm9
「当時みてたけどダレた」とか「つまらなくて二話切りした(今は後悔してる)」とか言ってる人って理由が単調過ぎて見てない人が面半分で言ってるのが7割位いそう
1361 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 23:11:42 ID: 99f0+4fOqx
見終わったけど…良かった…人気な理由も分かるわ
1362 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 09:14:40 ID: z98ECfxNan
序盤、これだけ味方同士で争っていたんだから、子供が見たら困惑するのはよく分かる
でも大きいお友達は、オトモダチドラマを見たいんじゃなくて、全突した先のドラマを見たかったから
むしろこの序盤があってこそ平成で一番好きなライダーなんだけどね

例えばドンドコ山の戦いも、ネタとしても最高なんだけど、
の意地や強情さとか、先輩への友情と憎しみに揺れる剣崎とか、
そういった人間の強さに衝撃を受ける始とか、展開も実に熱くて良い
1363 : ななしのよっしん :2017/08/16(水) 05:04:32 ID: 2oziKBxu8x
もあのシーン好きだわ
という作品を構成するエッセンスのすべてが詰まってると言っても過言ではない
1364 : ななしのよっしん  :2017/08/22(火) 18:45:36 ID: SiEo3JHroG
橘さん伊坂マインコントロールされなかったのは
ライダーだから効果がない、
あるいは融合係数あげて戦闘させれるほどの洗脳じゃない
のどっちかって解釈でいいの?
1365 : ななしのよっしん :2017/09/01(金) 10:27:25 ID: N/+mcAY1L6
マインコントロール全だった場合。

>>sm25218385
1366 : ななしのよっしん :2017/09/03(日) 21:19:52 ID: gv3WB6B0ap
ネタにされがちだけど後半熱いから見ろと再三進めてもらった結果全話見てその通りだと思ったけど、前半ギスギスと重苦しい空気が続いたからこそ後半の展開が盛り上がったのかなと思った。そう考えると前半部分は駄、というわけじゃなく、終盤に向けての仕込みの部分だったのかもしれない
1367 : ななしのよっしん :2017/09/09(土) 15:07:13 ID: 909RckMdLZ
今更ながら40話のアレ!?って睦月の黙れぇ!って台詞だったのか…
最初の「だ」の部分が聞き取りづらい上に何故か剣崎台詞と勘違いしてて
所長のクサー!に並ぶ台詞だと思ってた
1368 : ななしのよっしん :2017/09/09(土) 18:23:27 ID: 2GBqmgB+ze
RSFの手順が段々手短になっていくのがアンデッドとの融合を如実に現してたな
最終回になると最ラウズすら必要くなってた
1369 : ななしのよっしん :2017/09/11(月) 13:02:51 ID: voDXRHMcJf
アンデッドの存在理由上組織的に動かないから序盤は受動的に敵を倒しつつ登場人物の内輪の不和っぷりやら不理解の描写で立ち上がりにちょっとぐだぐだなのはファンでも否定できないよね
まあその序盤のやりとりが後半でもその答えを示すって形でおのおの経験になってるからベストなんだけど
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829