単語記事: 仮面ライダーV3

編集

仮面ライダーV3とは、1973年2月17日から1974年2月9日までNET(現・テレビ朝日)系列で放送された、東映と毎日放送制作による仮面ライダーシリーズ第2作目である(全52話)。

ニコニコ動画では、2016年1月31日より東映特撮ニコニコおふぃしゃるにて配信された(現在は有料配信)。

概要

前作「仮面ライダー」の続編である。
主人公・風見志郎こと仮面ライダーV3(演:宮内洋)の強烈なキャラクターやストーリー展開、派手なアクションシーンにより最高視聴率38%という記録を叩き出した。これは2017年現在仮面ライダシリーズ最高視聴率である。

1号2号の能力を受け継いだ強さや、赤を基調とした見た目のインパクト故か未だに根強い人気があり、後のライダーシリーズへの客演や各種メディアで取り上げられる際は、1号2号に継ぐ高待遇を受けている。

主な登場人物

風見志郎/仮面ライダーV3(演:宮内洋)
本作の主人公。
 →風見志郎の記事を参照


立花藤兵衛(演:小林昭二)
前作に引き続き登場する科学特捜隊キャップもといレーシングクラブの主宰者。ライダー達の良き支援者。
サポート組織・少年仮面ライダー隊の会長・隊長も兼任している。
本作では表稼業としてスポーツ用品店を開いている。開店祝いにデストロンから花が届いたり、正月には年賀状も送られているのでデストロンに完全に住所バレしている模様。ライダーの隠れ家なんだからとりあえずタウンページとかには住所載せない方が良いのではなかろうか。
デストロン壊滅後は喫茶店のマスターに転職、そして…。

珠純子(演:小野ひずる)
デストロンの怪人に襲われていたところを志郎に救われ、彼に好意を持つようになる。
少年ライダー隊に於いては通信係を担当。ライダーマンが登場するまでは、何かとデストロンに捕まって縛られていた。

珠シゲル(演:川口英樹)
純子の弟。少年ライダー隊の隊員でもあり、純子と共にV3をサポートした。

結城丈二/ライダーマン(演:山口暁)
第43話から登場。元々はデストロンの科学者。
日頃から結城を疎ましく思っているヨロイ元帥によって裏切り者として処刑されかけ、硫酸プールで右腕を失ってしまう。
直属の部下達の協力により命からがら脱走することに成功、失った右腕の改造手術を受け「ライダーマン」に変身する能力を得た。当初はヨロイ元帥への復讐のみを目的として戦い、V3と敵対する事もあったが、次第にデストロン打倒に向けて共闘する様になった。
第51話ではその命を呈して東京を守り、その勇姿に心を打たれたV3により「仮面ライダー4号」の名を与えられた。
しかし続編以降では、どっこい生きてたライダーマン。それどころか(裏設定だが)全身改造手術も受けてハンデも完全克服した。

いわゆる「単独の主役シリーズを持たないサブライダー」ポジションの元祖でありながら、歴代ライダーの正規メンバーとしてカウントされている、昭和・平成を通じた稀有の存在である。

ライダーマン

鼻と口の部分が露出している、仮面ライダーのマスクを模したヘルメットを被る事により変身する。
当初は右腕以外は改造人間では無かったため、強化服により能力を向上させている。
右手はアタッチメントとなっており、様々なカセットアームを取り付ける事によって様々な攻撃が可能である。しかしカセットアームの付け替えは約3秒間の時間がかかってしまう…。
設定上のみの存在で本編未使用のカセットアームが幾つかあったが、その一つ、「マシンガンアーム」は漫画『仮面ライダーSPIRITS』やゲーム『スーパーヒーロー作戦』『仮面ライダーRPG』『CR仮面ライダーV3』で披露された。

ちなみに仮面ライダーフォーゼのアストロスイッチの一つにウインチスイッチという物がありライダーマンのアタッチメントを彷彿とさせるが、フォーゼの場合は左腕に装着する。

専用マシンは「ライダーマンマシン」。言いにくい名称だが当初は正式名称が無く、昭和の児童誌や図鑑では「ライダーマンのオートバイ」と表記されていた時期もあったが、後にこの呼称で統一された。

本郷猛/仮面ライダー1号(演:藤岡弘)
一文字隼人/仮面ライダー2号(演:佐々木剛)
日本をゲルショッカーの魔の手から救った前作の主人公。瀕死の重傷を負った風見志郎に改造手術を施した。
第2話で体内に原爆(!)を内蔵したデストロン怪人・カメバズーカの自爆と共に消息不明となる。

が、中盤で無事である事が確認され劇場版、本編で何事もなかったかのようにV3と共闘する。
原爆で死なないなら改造人間分解光線にもちゃんと耐えれたのでは、との声も聞かれている。

敵組織「デストロン」

前作「仮面ライダー」で、ダブルライダーにゲルショッカーを壊滅させられたショッカー首領が新たに結成した秘密結社。初期は動物に武器や機器の能力を組み込んだ怪人を製造、後期は「結託部族」と呼ばれる世界各地の結社を組織に迎え入れて戦力とした。デストロン首領=ゲルショッカー首領(声:納谷悟朗)は普段は姿を見せず、サソリがモチーフとなった像から声を送り怪人、大幹部に指令を下す。最終話で表したその正体は白骨に心臓が付いたおどろおどろしい怪物であった。

第27~28話にかけて前作のショッカー、ゲルショッカーの幹部(ゾル大佐、死神博士、地獄大使、ブラック将軍)も復活し再登場している(怪人体にはならず)。

「デストロン怪人」の記事も参照。 

敵幹部

  • ドクトルG(ドクトル・ゲー)/カニレーザー (演:千波丈太郎)
    第13話より登場した初代日本支部長。デストロンドイツ支部より日本支部に招かれる。
    度重なる作戦失敗の名誉挽回の為に強化儀式を行った結果、第30話にてサソリの兜がトレードマークなのにカニの怪人に変身してV3に決戦を挑んだ。「仮面ライダーV3」を何故か「仮面ラ~イダV3」と呼んでいたが、これは演じた千波のアドリブから偶然生まれたフレーズであり、いつしかドクトルGの代名詞となった。
    珍しいことに体が青い怪人体の姿になる以外、変身前と後の服装がほぼ同じである。 毒霧を発射する盾を持つ。
  • キバ男爵/吸血マンモス (演:郷鍈治)
    アフリカ出身。ドクトルGの死後、第31話より日本支部の二代目大幹部に就任。彼が統率する「キバ一族」は牙を持つ生物をモチーフとした怪人によって構成されている。1号2号の再登場、作中きっての強敵・原始タイガーの登場、前任のドクトルGの格好がアレで後任のツバサ大僧正の格好がもっとアレな上にトドメのヨロイ元帥の格好が更にアレ等、様々な要因が重なってしまった為か見た目のインパクト(頭骨を被った原始人ルック)の割にはいまいち地味な扱いに。なぜか一度だけ頭蓋骨の被り物はそのままでタキシードを着たことも。
  • ツバサ大僧正/死人コウモリ(演:富士乃幸夫)
    第36話より登場した三代目大幹部。ヨーロッパの邪教「まんじ教」の教祖で、飛行能力を有する怪人の集団「ツバサ一族」を率いる。
    棺桶持参でV3に勝負を挑んだ結果自分がその棺桶にぶち込まれるというある意味用意周到な最期を迎えた。
    キバ男爵もツバサ大僧正も登場してからたった5話で退場した短命幹部。彼らの登場期間の短さは「児童向け月刊雑誌の記事に、話題を提供するための月替わり登板」という「大人の事情」もあったそうである。
  • ヨロイ元帥/ザリガーナ(演:中村文弥)
    第41話より登場した、モンゴル出身のデストロン最後の大幹部。「デストロン」を「デ~ストロン」と呼び、「風見志郎」をしつこく「君」と呼ぶこともあった。己の地位保全の為にライダーマンこと結城丈二を陥れ、処刑しようとした。度重なる失敗によりその正体を表すが、それはカニみたいな鎧着込んでたのにザリガニ(しかも甲羅を背負っている)の怪人ザリガーナであった。怒りに燃えるV3にボコられ、必殺「甲羅崩し」(背中の甲羅を自分で叩き割って破片を投げつけるだけ)も不発に終わり、最期は首領に処刑された。(漫画『仮面ライダーSPIRITS』や小説『HERO SAGA』などでは「TV本編で倒されたのは影武者で、本物は別の肉体に人格をバックアップして生き延びていた」という設定でライダーマンと再戦している)

    彼の率いる「ヨロイ一族」は強固な装甲を持つ強力な怪人の集団。尚ヨロイ一族には貝殻・甲羅・鱗・鱗甲板・棘皮・硬質皮膚…と「甲殻」に拘らないメンバーが集められている。
    中には名前が「カメレオン」というあんまりと言うか、投げやりな扱いの奴もいる。
    (ちなみにショッカーの怪人には「死神カメレオン」がいた。他にも「トリカブト」もそのまんまだった)
    後に「カメレオン」は再改造されて「吸血カメレオン」になったから気にしないように。「吸血マンモスと被ってる」とか言っちゃダメ。

    また、ライダーマン/結城丈二に新年早々「新年おめでとう、今年こそ裏切り者は殺す ヨロイ元帥」と年賀状を送ったのは視聴者の間で伝説となっている。後のギャグマンガ日和の「シール」である(一応付け加えておくと、年賀状を送ったのは挨拶のためではなく作戦の一環である)
    ちなみに、ヨロイ一族となっているサイタンク・シーラカンスキッド・オニヒトデ・カメレオンはそれぞれ本来別の一族であるツノ・ヒレ・トゲ一族の怪人として出る予定だった。

幻の仮面ライダー3号

以上のように、番組は大成功、仮面ライダーV3は三人目の仮面ライダーとして、華々しい活躍を見せた。
しかし、実は彼以前に「仮面ライダー3号」が存在していたのである。

当時、石川のりひこ(現石川森彦)氏が描いた漫画版「仮面ライダー」。そこにはV3ではない、「仮面ライダー3号」が登場したのだ。
さらにさらに、43年後の2015年の映画『スーパーヒーロー大戦GP』にて上記の『3号』が復活・登場することが明らかとなり、特撮ファンの間で大きな話題となった。この時演じたのは及川光博。
 →これらの顛末は、『仮面ライダー3号』の記事に詳しく記されている。

そもそも仮面ライダー3号とは前作「仮面ライダー」の視聴率向上の為の強化案の一つとして、登場人物の滝和也が負傷し、仮面ライダー1号達によって改造されて登場するというものであった。この案はプロットまで作成されたものの、終盤に仮面ライダーのシリーズ化 が本格的に検討され始めたため、続編として新たに企画しなおすこととなった。

こうして「仮面ライダーV3」は誕生することとなったのだ。

関連動画

公式配信以外の動画は目撃次第デストロンにより抹殺される事例が後を絶たない。

公式配信

そして予想された通り、仮面ライダーの後枠として2016年1月31日より配信が開始。無料視聴期間は72時間(水曜日午前10時まで)となる。

関連商品

関連コミュニティ

作品一覧

仮面ライダーシリーズ
昭和ライダー 初代 - V3 - X - アマゾン - ストロンガー - スカイ - スーパー1 - ZX - BLACK - BLACK RX

関連項目

  • 特撮
  • 特撮作品一覧
  • 仮面ライダー(前作)
  • 仮面ライダーX(次回作)
  • 佐久間ケン
  • 片桐幸江
  • デストロン
  • デストロン怪人
    • カメバズーカ
    • ピッケルシャーク
  • 仮面ライダー3号
  • 仮面ライダー 正義の系譜
  • 昭和ライダーの登場人物一覧
  • 仮面ライダーの関連項目一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCv3
ページ番号: 2674615 リビジョン番号: 2453800
読み:カメンライダーブイスリー
初版作成日: 09/04/04 02:11 ◆ 最終更新日: 17/01/29 13:11
編集内容についての説明/コメント: 配信終了したので概要編集、関連商品・関連項目追加など
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


仮面ライダーV3

仮面ライダーV3

かめんラーイダぶいすりぃ~♪

結城丈二

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

仮面ライダーV3について語るスレ

354 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 22:31:56 ID: Gsbyj8FkkY
>>353
3号はすでに記事がありますし、何よりV3に関連した記述なんで断固反対します。
355 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 19:40:03 ID: 4mX/+piR+i
そもそもライダー3号その名はV3というサブタイトルがあるように
仮面ライダー3号という単語はV3を指すものだった。
それを勝手に改悪したのはライアルの前科がある奴だし
ファンは3号=V3の認識を変える必要ないよ
356 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 20:40:31 ID: BW7fzw0onR
>>353-355
その話、3号の記事に書いてあるんですよね。

・幻の仮面ライダー3号
以上のように、番組は大成功、仮面ライダーV3は三人目の仮面ライダーとして、華々しい活躍を見せた。
しかし、実は彼以前に「仮面ライダー3号」が存在していたのである。

当時、石川のりひこ(現石川森彦)氏が描いた漫画版「仮面ライダー」。そこにはV3ではない、「仮面ライダー3号」が登場したのだ。

さらにさらに、42年後の2015年の映画『スーパーヒーロー大戦GP』にて上記の『3号』が復活・登場することが明らかとなり、特撮ファンの間で大きな話題となった。この時演じたのは及川光博。
→これらの顛末は、『仮面ライダー3号』の記事に詳しく記されている。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
357 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 20:47:17 ID: Gsbyj8FkkY
>>356
それでいいと思います。

本来幻の~の部分は仮面ライダー3号の記事ができる前に私が加筆したもので、そこから3号の記事ができた後に記述を少し変えてコピーされたので被ってるのはある種当然とはいえるのですけども。
358 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 06:53:28 ID: cBIMWEdcE9
「滝和也が改造された仮面ライダー3号」のラフスケッチは明らかに一号二号とV3の中間に位置するし
V3と別記事ってことはないかと
359 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 11:55:21 ID: BW7fzw0onR
まあ、初代ライダーの話のなかで「マスクマンK」「クロスファイヤー」について言うような感覚じゃないですか?
無関係では無いですって!
360 : ななしのよっしん :2017/01/31(火) 03:07:57 ID: nkDp3fUN/X
幻の3号はそもそも1号と2号を助けに行くぞ完結だからV3より前じゃね?
361 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 18:52:48 ID: BW7fzw0onR
>>360
石川版は、仮面ライダー完結後にV3を連載してるから、時系列的にも前で合ってる
362 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 00:01:33 ID: VblghvByTd
平成ライダーのディケイド版の記述とか、時事的な部分が後から見ると気になるのは何となく分かる
とはいえ本編の話題が盛り上がったのも、配信という時事的な要素だからなあ
363 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 19:33:25 ID: nkDp3fUN/X
スカルマンと1号のような関係だな3号とv3
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015