編集  

伊勢(艦これ)単語

イセ

戦艦火力と軽空母並みの航空機運用。ね?素敵でしょ?」

伊勢(いせ)とは、旧日本海軍戦艦及び航空戦艦、「艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する艦娘である。
CV大坪由佳

概要とかどうかな?いける?

すーについて語るスレ#82

伊勢航空戦艦の一番艦「伊勢」がモデル艦娘。他の多くの戦艦艦娘と同様、巫女ベースアレンジ衣装をまとっており、見落としがちだが帯しているのが特徴。日向との外見の差異は髪型で、伊勢ポニーテールのようになっている。
最初は普通戦艦だが、育てていくと航空戦艦として改造できるようになる。同艦の日向の項にもある通り火力は下がるが、それ以外の性は向上し、瑞雲による開幕爆撃も可となる。また、改造するとセリフと見たが変化し、航空戦艦という特殊な艦種に自信を持つようになる。

立ち絵でわかる通り巨大なハリネズミのような状態になっているが全然重くないらしい。温和な話し方や表裏のなさを感じさせるお姉さんだが、港では振り向きざまにをぶつけてしまったり呼ばれても一気づかなかったりとちょっと抜けているところも。
出撃時やMVP時などことあるごとに姉妹艦の日向に構っている。が、日向さんのほうは少しウザがっているよう。

余談だが戦艦時のあの巨大なはおについているわけではない。よく見ればわかるがちゃんと左手で持っており、航空戦艦装すると飛行甲になる事からもお分かり頂けるだろう。

ちなみに、立ち絵ではわかりにくいが上着の下に黒インナーを着用しており、着用者の身体の凹凸を隠さないムッチリさを想像して沈する提督も多い。興味がある人はGoogleで「黒インナー」を画像検索してみよう。

四コマ『吹雪、がんばります!』での活躍

No.003 伊勢一番艦 戦艦 伊勢

駆逐艦たちの演習監督を務めることが多いが、好き勝手やっては日向に怒られている。

吹雪、がんばります!』第1巻 艦娘紹介!より引用

ファミ通コミッククリア公式4コママンガ吹雪、がんばります!』では、新入生でもある駆逐艦たちの良き先輩であり、導役の教官も兼ねるポジション。高い登場頻度を有するレギュラーの一となっている。
キャラとしては日向よりフランクな性格が強調されたのか、回を追うごとにすぐ遊びたがる・すぐサボりたがるキャラになっていき、その関係からコメディリリーフオチ要員として定着している。
上実習に行けば(訓練なのに)水着で登場し、大掃除の日にはサボりを警されて日向ガン見りされ・・・。 

提督!改装航空母艦、伊勢。全通飛行甲板で参ります!

2018年6月13日、ついに改二実装された。必要レベル改二としては2位タイのLv88で、資の他に装設計図×2、試製甲カタパルト戦闘詳報、開発資材80が要される。改二実装前の兵站奪還任務を遂すれば必要な資材は全て入手可だった。

「大規模if装」と予告されており、直前まで行われていたミニイベント兵站奪還で試製甲カタパルトが入手可であったことからこれが必要であろうということは予想されていた。

艦種が新しく「航空戦艦」に変わり、左上の艦種マークも「」となっている。武蔵改二と同様の5スロ艦であり、さらに艦攻以外の艦載機も搭載可。搭載機数も5スロ合計で最大57機と改二空母並みであるが、第三・第四を撤去して格納庫の拡や全通甲の整備等を行ったことから系統は第1、第2スロットにしか装備できない

ステータス火力の最大値がさほど変わっておらず改造の状態とべて1低い「88」に留まり、対・装甲・耐久も微増程度となっている(運は42と戦艦としてはかなりの高い数値だが)・・・

が、伊勢改二は昨今の改二艦に実装されている特定装備による補正が極めて多く、組み合わせ次第で運用に特化した仕様にすることが可艦上爆撃機(彗星系統)や水上爆撃機(部隊名の入った瑞雲及び晴嵐)、二式艦上偵察機を装備する事で火力と回避や装甲が+補正される。当然ながら航空戦における火力にも補正が付くので状況次第で開幕攻撃は空母とほぼ同等のダメージが期待できる(艦攻が装備出来ないので最終攻撃は劣る)艦戦が装備出来る上に第3、4スロットの搭載機数が22機とかなり多いため制も非常に強空母が編入できないorルート制限が掛かる域の攻略に極めて有効。

装備可な種類は格段に増えたが「」時代に装備出来たWG42が装備不可になっており、明石装工での担当では12cm30連装噴進修が出来ないので注意。

なお、名乗りこそ「航空母艦」と言っているがあくまで空母ではなく航空戦艦なので、扱いとしては航空戦艦に準じたものとなる。ルート分岐や遠征などの艦種定では航空戦艦扱いとなる(現時点)、撃戦では艦載機ではなくでの攻撃を行う。イメージとしては無印戦艦レ級が近いかもしれない(性はさておき)。
ちなみに基本射程が戦艦系としては初の「中」。通常は大口や二式艦上偵察機を装備することで射程が「長」以上になるので気にならないが、今後のイベント域で空母の編成制限があるときに伊勢改二に艦戦ガン積みするというような場合は長射程の他の艦を先に行動させられるということでメリットになりうる特徴である。

ビジュアル装がまでの衣装から大幅に様変わりし、金剛扶桑に似た巫女装束に近い姿になり航空を模した前掛け(他の空母艦娘同様、末尾に「いせ」と付いている)や左肩に背負った空母徴である航空が大きな差異。も初期装備である試製41cm三連装を右側のみ装備する(1.2番スロットのみの装備を現している)なお、上記静画もはっきり判る伊勢徴である黒インナーは健在であるので安心されたし。

ガーン!せっかくの飛行甲板が…

伊勢は、大正4年(1915年)5月6日三菱長崎造船所で起工、大正6年(1917年)12月15日工した戦艦である。名前の由来は伊勢(三重県旧国名)から取られている。排水量31153トン、速23ノット、56498
当初は扶桑型戦艦として建造されるはずだった伊勢だが、大人の事情でなかなか予算が下りず、起工が大幅に遅れてしまった。が、逆に扶桑の反から数々の良が取り入れた扶桑とも言うべき設計になり伊勢の一番艦として建造されることになる。
そのため扶桑とはの配置など大きな違いはあるものの全体的に似た雰囲気の艦となった。反を生かした甲斐もあって欠陥らしい欠陥はなかったようだが乗組員の居住性は悪だったらしい(元々当時の帝国海軍は少ない数で英と渡り合う事を想定していたために個艦の戦闘を重視しており、居住性は切り捨てられていた)。

扶桑の反から建造時に善された部分もあるが、それでも伊勢には複数の欠陥や脆弱性が見受けられた。そのため何度か大規模な装を受ける事になる。まずの仰を最大25度から30度へと引き上げた。これにより射程距離が向上した。昭和3年には艦載機が試験的に搭載された(当時は航空戦艦ではないのでカタパルトからではなくフロート付きの水上観測機を面に浮かべて発進させている)。
昭和9年での装では30度まで上げたの仰45度にまで引き上げた。この装で伊勢長門に匹敵する射程距離3万3000メートルを獲得した。次に装甲が強化され、艦横にバルジが取り付けられた。新のタービンエンジンも取り付けられ速25ノットに向上。同時に新の機や高も載せられ、対まで上昇した。さらには測距儀やレーダーまでも搭載され、その様子はまさに魔改造に等しかった。

昭和11年12月8日、宿毛湾で再び大装を受ける。これにより排水量40699トンに増加、速25ノットに上昇した。翌年3月了。を代表する戦艦だけあって乗組員の錬度は高く、昭和15年には教練訓練と射撃訓練で戦技優勝艦にいた。この時に射程距離3万メートル、命中率19.2%を記録。

一度近代修を受けて迎えた太平洋戦争だが、戦の時代はすでに航空体へと移り変わっていたため、戦艦としての出番はなかった。開戦後も内地で訓練に勤しむ日々が続く中、1942年5月5日伊予へ射撃訓練中に僚艦の日向爆発事故を起こす。そして1942年6月日向ともどもミッドウェー海戦への参加が決まる。試作品とはいえ伊勢日向にはレーダーが搭載されており、それを頼られての参加だった。しかしレーダーは活用されず、日本海軍は大敗を喫する。残された伊勢アリューシャン方面を攻撃している第二艦隊と合流し、横須賀へ帰投した。

4隻の正規空母を熟練兵共々失い上の航空機運用ハードソフト両面)が明らかに不足していたにもかかわらず、新しく艦を建造するにも時間が、特に雲龍に代表されるように、大出のボイラーとタービンの製造に時間が掛かる苦難を抱えていた(製鉄の問題)。

そこで立案されたのが『既存戦艦航空機運用』を持たせるというアイデアであり、大きさに余裕のある伊勢扶桑航空戦艦への改造が計画され、実際に伊勢の2隻はその様に改造されることとなった。19432月23日の工改造開始。この改造伊勢は第5、第6と副を下して航空を手に入れ、19438月24日航空戦艦として生まれ変わる。この装で排水量35350トンに減少したが、出は8万馬に増加、速25ノットで維持した。
しかし肝心の搭載機「瑞雲」とカタパルト発進の「彗星」の開発・生産が遅延おまけに生産されたらされたで他の空母基地航空隊に供出されてしまい、航空戦艦としての機はあるが、活かす術がないという状況に。そのため日向とともに輸送任務にあたることとなり本来航空機を収めるはずだった格納庫には物資を満載して活躍する。
9月5日、再就役を果たし、第一艦隊第二戦隊へ編入。10月14日、さっそく丁三号輸送作戦に従事し、品からトラックへ第107連隊を輸送した。11月5日、内地に帰投。

1944年5月1日、第四航空戦隊に編入。に入渠し、機や電探を装備した。

1944年10月1日、ようやく瑞雲35機が伊勢に割り当てられ、念願の艦載機を手に入れられた・・・と思いきや、二週間後の台湾沖航空戦で見事に消耗してしまい支給されなかった。

4410月フィリピン米軍が迫る。大本営は「日天王山」と称し、残存戦フィリピン方面へ出撃させる。20日、伊勢小沢機動部隊の一員として豊後を出撃。一路、フィリピンすがいきなり敵潜水艦に探知されてしまう。敵潜の追跡を回避するため一時東に進路を取り、振り切る。21日、予定の航路へ戻った。機動部隊は潜水艦に対して神経質になり艦載機を飛ばしたり、爆を投下したが戦果は挙げられなかった。
代わりに1隻も欠ける事フィリピン域に到達し、22日に警部隊に対して燃料補給を行った。しかし潜水艦の脅威は依然健在で、本来の3分の1しか補給できなかった。補給終了後、実際に潜水艦の襲撃を受け、駆逐艦」が制圧に向かっている。

囮としての役割を与えられ先頭に立つ小沢艦隊は23日、襲と潜水艦に警しながら第一次攻撃隊発艦地点まで移動する。艦隊は輪形を取り、伊勢瑞鶴瑞鳳の後方へ配置された。
24日、空母から索敵機が飛び上がり、近の状況を探る。索敵機からの通信で攻撃を決意した小沢令は58機の艦載機を発進させるも、攻撃らしい攻撃は行わず、そのままルソン航空基地へと退避させた。
25日には栗田艦隊が米軍の攻撃を受け、応戦しているとの通信を受ける。

26日、ついに小沢機動部隊も爆撃機隊に襲われてしまう。米軍機は空母を第一の標としており、空母航空隊が殺到した。伊勢は至近弾を受けただけで乗り切った。しかし第二波攻撃時には伊勢も標的にされ、熾な攻撃に遭う。2番に小爆弾が命中、至近弾も8発受けるが反撃し、艦爆5機を撃墜している。
第三波の敵編隊は伊勢が発見。この攻撃により、生き残っていた味方の空母は次々に被弾・脱落。護衛の甲斐むなしく、あっという間に4隻の空母全滅
米軍は残された伊勢日向に攻撃を集中させる。しかしここで第四航空戦隊令発案の弾幕回避を実施、のべ527機の米軍機に攻撃されながらも敵を寄せ付けず、ほぼ傷で切り抜ける(この史実がゲーム内の伊勢日向の高い回避ステータスに反映されている)。
米軍襲下にありながら、沈没した瑞鶴瑞鳳の乗組員を救出しており100名ほど収容。撤退を始めた頃に米軍の再襲が始まり、伊勢は辛くも難を逃れた。

追撃の手は続き、第四波が襲来。米軍はやはり伊勢へと集中攻撃をかけ、命中弾こそかったが34発の至近弾を受ける。その影線付近に大小の裂が走り、重油95トンが使用不可となる。左舷缶室も若干被害を受けたが全航行は可だった。至近弾により5名戦死、重軽傷者は71名に上った。
第五波、第六波と猛攻は続き、伊勢は遂に1発の命中弾を受けた。だが損は軽微だった。この第六次攻撃をもって米軍の攻撃の手は一度止む事になった。

生き残った伊勢たちであったが、帰路も穏やかではなかった。午前6時10分、宮古南方域にて敵潜水艦の襲撃に遭う。さっそく撃されるも、魚雷日向艦首前方をかすめて外れた。続けて午後5時34分、また日向撃されるも、放たれた2本の魚雷は艦尾を通過した。午後8時32分、今度は伊勢が標的となったが魚雷3本全てが伊勢日向の間を通過して外れた。米軍の執拗な追撃を振り切った伊勢たちは湾へ帰還。レイテの地獄からようやく生きて帰る事が出来たのだった。

因みにちょっと対照的な話であるが、この回避運動の時に伊勢はひたすら取日向は面に徹して敵弾をことごとく回避したという逸話も存在する。このあたりは偶然であろうが少し面い話である。加えて敵機を寄せ付けなかったあたりは高16門、25mm機104門、多連装噴進6基と、大和を除けば最多の対兵装も貢献している。

一号作戦終了後に帰投した伊勢はついに「撃の邪魔」ということでカタパルトを撤去されてしまい、今度はその格納庫を活かした輸送任務に就くこととなる。1944年11月8日日向とともにからマニラへ軍需品を輸送していたが、13日のマニラ襲により寄港不となってしまう。このため新南諸に寄港し、輸送船に軍需品を託した。
物資輸送を終わらせた伊勢シンガポールへ寄港。そこで航空燃料やゴムを満載し、輸送船団とともに内地への帰還をす北号作戦に参加する事となる。出発直前の2月6日伊勢が触し小破するも、作戦は強行された。2月10日シンガポールを出撃。
中、英潜水艦タンタロスや潜水艦ブラックフィンに発見され、執拗な追跡や攻撃を受ける。速13日に潜水艦バーゴール撃を受けるも、伊勢は回避。他にも対潜水艦を追い返したり、伸びてくる魚雷を破壊するなどをして追跡を振り切り、2月20日、ついに船団は軍港に辿り着く。上層部からも成功が絶望視されていた作戦だったが、1隻も欠ける事く帰ってきた伊勢たちを見て狂喜乱舞したという。伊勢たちが持ち帰ったこの資は、日本に届けられた最後の資だったとされ、本土襲を行う米軍機を迎撃する日本軍機の燃料に使われた。

こうして輸送戦艦として活躍した伊勢だが、燃料不足からついにの倉に繋留され浮き台となり、他の残存艦艇とともに奮戦する事になる。3月1日、第四航空戦隊が解隊され、呉鎮守府第一予備艦となる。
1945年3月19日午前6時頃、機動部隊より飛び立った攻撃隊が軍港を襲。伊勢は装備されていた対噴進で迎撃を開始する。噴進が起こす猛な炎と煙は、攻撃を仕掛ける米軍パイロットを恐怖させ判断を鈍らせる効果を挙げた。しかし約30機にも及ぶ米軍機から猛爆され、艦首、第三、右舷後部に命中弾を受ける。さらに船体中央部に一発の直撃を受けるも不発であった。第二波は午後12時頃から始まり、艦爆弾が命中してしまう。艦長以下50名が戦死、負傷者は100名に上った。攻撃は続き、数の至近弾で船体が大破。もはや満身創痍であった。

6月1日、特殊警備艦になり音戸で防台任務に従事。

同年7月24日28日に起きた二度軍港襲で、伊勢は合わせて20発の命中弾を受ける。開戦劈頭から戦地を駆け抜けてきた伊勢はその巨体を右へ15度傾け、ついに着底。上部構造物がほぼ全壊し、三番蓋が貫通されていた。第二一発だけ弾が装填されていたため、最大仰で発射。この防射撃が日本戦艦による最後のであった。艦長を含め190名が死亡した。
そして8月15日終戦を迎える。11月20日、除籍。伊勢はしばらく放置されていたが、1946年10月9日より播磨造船の手で解体開始。1947年7月に解体作業が了し、日向とともに戦艦としての数奇な生涯に幕を閉じる。

因みに戦艦伊勢が正式に除籍され、軍艦旗を下ろす際に何かの原因で降下せず「伊勢はまだ戦うつもりなのだ」と、多くの乗員が涙したという。数奇な生涯であったが最後まで奮闘した戦艦の1隻であったのだろう。

その後海上自衛隊ひゅうがヘリコプター搭載護衛艦の二番艦「いせ」として名前が受け継がれているが、こちらは「ひゅうが」が先に就役しており姉妹関係が逆転している。因みに海上自衛隊でも伊勢の名前継承は意識しているようで、一般パンレットでは「伊勢」と「いせ」が並んでおり、実は全幅全長の寸法が結構似通っている。

そして2013年11月22日台風30号により多くの犠牲者を出したフィリピンにおいて自衛隊による救援活動を行うため、輸送艦おおすみ」・補給艦「とわだ」を伴った「いせ」は実に69年の時を経てレイを再訪することとなった。かつて先代が米軍火を交えた地の人々を救うため、今度はその米軍と手を携え「サンカイ(現地友達作戦」を展開する。

どんどん書いてきなさいな

二次創作公式四コマでは若干アホの子が入ったお姉さんというキャラ付けがほぼ定着しており、そのゴツい見たとともにされている。
、飛行甲を前に持っているため胸は見えないし日向を見るとむしろ立たない大きさなのだがなかなか立バストで描かれることが多い。大艦船だから仕方ないね
また本人の言動もあってか日向との絡みもよく描かれる。

え?また私の関連静画が一番なの?どーなのさぁ日向、大人しいじゃん!

黒インナーって、どうかな?いける?

改二もいいんじゃない?

結構バッチリじゃない、この関連商品ってば!

 

提督に関連コミュニティです…忙しいのね…

 

関連項目、発艦急げ!


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%28%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C%29
ページ番号: 5143103 リビジョン番号: 2599622
読み:イセ
初版作成日: 13/09/15 04:18 ◆ 最終更新日: 18/06/18 11:04
編集内容についての説明/コメント: 視聴不可静画削除及び差し替え
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊勢(艦これ)について語るスレ

190 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 08:51:10 ID: /WfngoAaor
なるほどわかりやすい
確かに低速の水上機じゃないと難しいわ…サンクス

そういや本体性は全部微強化かと思ったら対下がってるのに気づいた
単艦運用を考えるより他の戦艦空母との連携が大事になりそうだ
191 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 21:27:16 ID: yWr7Vuxxa4
>>190
つうても艦戦・戦爆使える上に武蔵改二と共に噴進改二の特殊カットインは健在だからほぼ前のままの使い勝手よ。
むしろ5スロで装備の補正付きだから対のリソース撃戦に回せる分単独でもより上。以上に域に合わせた適切な装備選択がめられるかな。
192 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 21:32:09 ID: Fk5ekBtiWl
改二にしたいけどカタパルトがない!
運営なんとかしてくれ!
193 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 22:28:11 ID: 0Vpok+vffY
あまり強すぎてもあれだから
タシュケントくらいの器用貧乏感にしたのかもねぇ~
まあ専用対カットインと弾着を両立できるのはいいかもね。低速になるけど
低速になるとカスダメもらいまくるから(うちの鎮守府だと)今は高速にしてるかな
194 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 18:28:05 ID: 8+V15xEbxN
>>187
艦種に関してはあれガン視されて航空戦艦で通じるから気にしなくて良いぞ。
(鋼とかやってた提督達にとってはあの姿こそが航空戦艦やし)

本来の航空戦艦としての強化と見るなら順当なのかな?
今後は空母航空戦艦と航巡航空戦艦の二種で運用方法大変そうだ。
195 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 23:28:18 ID: LrGJWFzaD6
しかし普通に立ってっすぐ進もうとするだけで転びそうなほど左右のバランスが悪いな……
196 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 10:05:48 ID: MaMokRowYp
戦闘航空母艦、略して戦闘空母

なんてこった伊勢改二ガミラス製だったのか
197 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 10:14:32 ID: nDwGnefMki
いやいや、地球防衛軍戦艦タイプ戦闘空母でしょ。
ガミラス式なら回転甲が必要になる。
198 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 11:56:28 ID: 9c7eBqQsUv
しかし見たインパクトが凄いな、あと何気に軍を上にして佩いてたり矢の持ち方とかこういうところしっかりしてるよなしばふ
199 : ななしのよっしん :2018/08/04(土) 07:44:32 ID: yWr7Vuxxa4
今回のボイスでしんみりしたなぁ・・・伊勢は明るいお姉さんの印強いからああいうきはドキッとする
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829