単語記事: 伊勢湾台風

編集

伊勢湾台風とは、1959年9月に紀伊半島から東海地方にかけて大きな災害をもたらした台風である。災害発生時の呼称は台風15号。上陸時の気圧は和歌山県潮岬で記録した929.2ヘクトパスカル、最大瞬間風速は愛知県伊良湖岬で記録した風速55.3メートル。

概要

室戸台風(1934年)、枕崎台風(1945年)と並ぶ昭和三大台風の一つとして数えられ、死者4,697人・行方不明者401人・負傷者38,921人という数字は阪神大震災が起きるまでは、第二次世界大戦後の日本で発生した自然災害の被災者として最悪のものだった。

特に被害が多かったのは被災地の中でも最大人口を擁する愛知県で、被災者約153万人中約79万人、犠牲者5098人中3351人が愛知県で被災。(次いで多かったのが隣県である三重県の被災者32万人、犠牲者1211人)

上陸前

気象観測衛星ひまわりが無かった時代とは言え、在日アメリカ軍と気象庁が「東海地方を通過する超大型台風」として事前にキャッチしており、9月26の正午前には愛知・三重の両県では暴風雨・波浪・高潮の各警報が発令されていた(台風の進路が予想進路とほとんど差がないものだったため、事前に厳戒態勢に入ることが可能だった)

しかし、進路及び「超大型台風」というところまでは合っていたものの、その規模・勢力は気象庁の想像を遥かに超えるものであった。

伊勢湾台風の特徴

最低気圧こそ室戸台風の911.6ヘクトパスカルに劣るものの日本本土で観測された台風としては第三位、直径2500キロメートルという規模は同台風の2000キロメートルを大幅に上回り、暴風域も北日本と西日本の一部以外で風速20メートル以上を記録するほど広かった。

さらに伊勢湾台風の特徴として挙げられるのが、急成長し・足が速く・勢力がほとんど衰えない台風であったこと。

発生後二日足らずで急成長した伊勢湾台風は気圧観測開始から三日後に和歌山県潮岬に上陸。この時点で最低気圧929.2ヘクトパスカル(通常の台風は950ヘクトパスカル前後)を記録し、その後も紀伊半島や中部地方の山岳地帯を通過しながら勢力はほとんど衰えなかった。

主な被害とその後の対策

暴風雨そのものよりも、室戸台風の海水位3.1メートル(当時の日本最高記録)どころか伊勢湾奥の海岸堤防3.38メートルすら超える3.89メートルを記録した高潮が大きな被害を生む原因となった。

特に名古屋市南区と港区は名古屋港の貯木場から流れ出した木材約20万トンによる二次災害も大きく、両区の住宅地は壊滅状態となった。

伊勢湾台風において大きな被害を生んだのは、台風の規模を見誤っていたことに加え、全国的に防災体制や避難誘導が不十分であったこと、被災住民のほとんどが自分たちの住む場所の海抜高度が低いということを知らなかったということ、停電によりラジオによる情報伝達が不可能(当時は電池式のラジオがほとんど普及していなかった)となったことも原因とされる。

この被害を教訓とし、被災から二週間後に10月9日に臨時台風科学対策委員会が設置され、1961年には災害対策基本法が公布。

伊勢湾沿岸を中心に防潮堤・堤防の建設・改修が進み、愛知県や三重県以外でも治水計画を大幅に上回る水位を記録した河川が多かったため、治水計画の見直しを迫られる地域が多数あった。

また、後に阪神大震災が発生するまでの「防災」は伊勢湾台風を基準として考えられることが多かった。

特に最大の被害者を出した名古屋市は学校の授業で伊勢湾台風について語られ、2009年に名古屋地方気象台が作成したパンフレットを『第二の伊勢湾台風に備えて』という名称にする等、現在でもこの台風の爪跡は色濃く残っている。

近鉄名古屋線も被災し仁大な被害を出したが、復旧工事と併せて近鉄大阪線との相互直通運転のための改軌を断行した。これにより大阪から名古屋までの直通特急の運行が可能となった。   

台風観測体制の強化

1959年当時は気象衛星なんてものはなく[1]日本に長距離を観測できる気象レーダーもなかった。
海を航行する船舶からの通報を受けて軍が観測機を飛ばして(台風の中に突っ込ませて)台風の規模や風速気圧等を逐次追跡する方法が一般的であった。そのため伊勢湾台風の規模を見誤り、情報の遅れの原因ともなっていた。

伊勢湾台風の教訓により、日本に近づく台風の早期発見が急務であるとされ富士山レーダー(1965年運用開始 観測距離800km)の建設、気象衛星ひまわりの開発打ち上げ(1977年打ち上げ)の契機となった。

富士山レーダーは1999年に運用終了し、静岡県の牧之原気象レーダー観測所と長野県の車山気象レーダー観測所)2カ所があとを継いでいる

気象衛星ひまわりはGMSシリーズ5機(ひまわり1号~5号)、MTSATシリーズ3機(みらい・ひまわり6号・7号)と受け継がれ、観測精度を着々と向上させ、最新型のひまわり8号ではデータ量が7号の50倍という大幅な性能アップがされている。(当該記事を参照)

関連動画

関連商品

関連項目

  • (気象現象)
  • 台風
  • 天気予報
  • 1959年
  • 気象衛星ひまわり

脚注

  1. *世界初の気象衛星は1960年のタイロス1号

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E6%B9%BE%E5%8F%B0%E9%A2%A8
ページ番号: 4362831 リビジョン番号: 2435728
読み:イセワンタイフウ
初版作成日: 10/05/18 03:02 ◆ 最終更新日: 16/12/08 16:20
編集内容についての説明/コメント: 最低気圧は895
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊勢湾台風について語るスレ

8 : ななしのよっしん :2013/09/28(土) 11:35:16 ID: 37Q3PbQQh5
>>sm21910969

これも加えておこう
9 : ななしのよっしん :2013/09/28(土) 22:13:15 ID: Lk3VQ3076k
>>最大人口を誇る愛知県で
「誇る」って表現は適切ではない希ガス
10 : ななしのよっしん :2013/09/28(土) 22:18:29 ID: OdytYVWR16
>>6
あれなにげに虫プロ制作で声優陣も小山茉美さん筆頭にかなり豪華だったりするんだよなあ
11 : ななしのよっしん :2013/09/28(土) 22:51:25 ID: qXtoMnpWYv
「擁する」かね
12 : ななしのよっしん :2013/09/28(土) 23:52:40 ID: suQp/92T3V
愛知県で昭和史を語る区切りには
戦前/戦後 の他に
伊勢湾台風の前/後 がある
13 : ななしのよっしん :2013/10/14(月) 21:13:35 ID: x1xyPFLjJM
愛知県の死者3,351人の中で名古屋市が1,909人。
その内、名古屋市南区の死者は1,400人近くを占めてたりする。

まあ、人数が少なくても被害甚大だった鍋田干拓みたいな話もあるけどな。
14 : ななしのよっしん :2014/07/11(金) 00:23:55 ID: iNKdNHQElW
うちの爺さんが愛知南部に住んでいた姉夫婦のところまで支援に行った時、2階まで水が浸かっていたらしく屋根の上で過ごさないといけなかったって言ってたな。
あと小舟でおにぎりを売りに来た奴がいたらしく、しかも1個100円でぼったくっていたそうだ。(かけそば35円の時代)
15 : ななしのよっしん :2014/10/10(金) 16:26:10 ID: aThtRCuQnC
>>6
岐阜県民だが見たわ。かなり印象に残ってるわ
16 : ななしのよっしん :2016/01/20(水) 02:12:18 ID: 5heXdF1tB4
見誤るというよりは当時の気象予測能力の限界を遥かに超えていたってことだよね
今なら予測はできる。一般市民が防災対策出来るかどうかはまた別だけど
17 : ななしのよっしん :2016/08/23(火) 02:02:01 ID: 1fY5M6QkCI
最近の台風なんかメじゃないぐらい怖いな・・・
今の名古屋に直撃してもやっぱりとんでもない被害になりそうだ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015