単語記事: 伊勢神宮

編集

伊勢神宮とは、三重県伊勢にある神社である。


概要

一般的には「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれ、辞書やメディアなどでは「伊勢神宮」と紹介されているが、正式名称は単に『』である。宮と言えば伊勢神宮し、検索でも最初に表示される。

に1万8千社ある神明神社の総本社であり、日本の約8万社の神社を包括する宗教法人神社本庁』では、宮が古来より至高至神社であるので、全神社の総親として本宗と仰ぐ。

全ての神社には社格という定められた格式が与えられている中、宮には社格がなく、文字通りの別格として定義されている。伊勢の地が都と呼ばれ、宮が神道の核を為す聖地とされる由縁である。

宮とは、大神こうたいじんぐう,通称:内宮(ないくう))と豊受大神(とようけだいじんぐう,通称:外宮(げくう))の二つの正宮のほか、伊勢からも離れた42に跨る別宮、摂社、末社、所管社を含めた125のお宮(神社)からなる総称である。

創祀

日本書紀によると、天照大御神が宿る御体の八咫は、当初宮中にて代々天皇によりられてきた。第10代崇神天皇の時代(紀元前97~29年頃)に、大和にて豊鍬入命(とよすきいりひめのみこと)がることとなり、その後、第11代垂仁天皇の時代(紀元前29年~紀元69年頃)に御代である倭命(やまとひめのみこと)が新たに八咫を奉する土地を探すことになった。倭命は大和賀、近江美濃など、20もの土地を巡った後、垂仁天皇26年に伊勢の地に辿り着いた。

命が八咫を抱え伊勢の地を通った時に、『この伊勢は常世の浪の重浪(しきなみ)の帰(よ)するなり、かたのうましなり、このに居(お)らむとおもう』との天照大御神の御宣託があり、約2000年前に伊勢宇治にある五十鈴川川上に社を築いて鎮座し、磯宮と呼ぶようになった。この磯宮を朝廷が崇拝するところと成り、現在宮に至る。

御神体

  • 八咫(やたのかがみ

    天照大御神の御体で、三種の神器のうちの一つ。2000年間一度も滅失した記録がない。

    ひかりうるわ)しくして六合(あめつち)の内に照徹らせり、または、の内になくが照り徹るとされる。

    八咫の所有者である天皇陛下さえも、その御をご覧なさったことはない。八咫を見た者は祟られて死ぬとされており、御袋に包み木に収められて厳重に安置されている。かなり大きなもので、その重量も複数人でやっと持てるものと伝えられる。

    天照大御神の岩戸に隠れた岩戸隠れの際、石凝姥命が拵えたというで、受売命が踊りを舞い、何事かと思った天照大御神が岩戸を開いて、「方より優れたが顕れて、御名で喜んでいる」といわれ「何か怪しい」と更に岩戸を開いて「そのの御姿を見られよ」と天照大御神のお姿を映した八咫を見せ更に岩戸を開いて、表に出た所を之手男之一杯天照大御神の御手を引っってノ岩戸開きをした。

主な宮社と祭神

皇大神宮(内宮)

主祭神

*1天照大御神の最高位の尊称。他の々の記載も同様。

相殿神

皇大神宮別宮

荒祭宮(あらまつりのみや)

天照大御神の荒御魂を別宮として御りする社殿賽銭箱があるので、身に余る個人的なお願い事は必ずこちらの御宮でする。内宮の荒祭宮と、外宮の多賀宮。宮を代表する二柱の荒御魂を御りする宮社には鳥居がない点も興味深い。


月讀宮(つきよみのみや)

近鉄鳥羽線五十鈴川から歩いて10分。天照大御神である神様尊」を御祭とする。縁結びや夫婦円満を願う人にお勧めする。社殿を守るような大きなクスノキには参拝客も圧倒される。

御幸道路側から入るのが表参道23号線側から入るのが裏参道となっており、表参道から入るのが正式。参は右側通行。

お社に向かって、左から①伊佐奈弥宮(いざなみのみや)、②伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)、③月宮(つきよみのみや)、④月荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)となっています。参拝の順序は③月宮→④月荒御魂宮→②伊佐奈岐宮→①伊佐奈弥宮が一般的。4社が仲良く並んでいるとても優しく穏やかな雰囲気に包まれた神社。罪 、穢れを祓い、清めるが強いとされる。

瀧原宮(たきはらのみや)

JR紀勢本線から歩いて15分ほど。倭命が天照大御神の御鎮座の場所をめて各地をする中で、倭命がこの土地の美しさに惹かれ、御宮を一時建てられたのが起とされる神社。清らかな行して伸びるっ直ぐな参へ進んでいくと、せせらぎの音が聞こえてくる。社殿にはの玉石が敷かれており、とてもが似合う御宮。


伊雑宮(いざわのみや)

近鉄志摩線、上之郷から歩いて3分ほど。にある雑宮(いざわのみや)は、数々の巨木が秘的な雰囲気を醸しており、岩のように見える巨木が魅。地元民は「いぞうぐう」と呼び、古くからの守りとして猟師や女さんに親しまれてきた。静寂の中で心も洗われる御宮。


風日祈宮(かざひのみのみや)

弉諾尊の御子で、特にられる、級長命、級長戸辺命を御りする。は農作物に大きな影を与えるので、宮では古より正宮に準じて丁重に扱われる御宮。毎年5月14日8月4日の2度、災害いよう、また五穀が豊かに実ることを祈願する日祈(かざひのみ)祭が行われる。これは鎌倉時代の「御(みかさ)の事」を元とする。

1975年に新左翼共産主義者同盟戦旗(現アクティオ・ネットワーク)が起こした放火テロ事件、日祈宮放火事件をに、宮では赤外線監視装置の設置について議論され、日本警備保障(現セコム)に打診すると、日本警備保障は自然木のように特別に偽装した機械警備システム伊勢神宮償で奉納した。

倭姫宮(やまとひめのみや)

倭姫命御杖代奉賛会(公式)

JR東海伊勢市駅近鉄宇治山田駅から三重交通都線バス(外宮・内宮循環)の「徴古館前」で下すると、すぐ表参道鳥居が見える。広大倉田山のに包まれ、ゆるやかに行した参や石段が変化に富んだ観を作り出し、どこか女性的で大らかな雰囲気を味わえる倭宮。

甚大なる御功績を御示しになられたにも関わらず、倭命を奉る御宮が伊勢に存在しなかったことを嘆き、御徳をお慕いしたいと大正の初年から庁と宇治山田(現在伊勢)が命を奉る御宮の創立を請願してきた。そして大正10年1月4日、皇大神宮別宮としてのご創立が許可され、同12年11月5日に御鎮座祭が執り行われた。地元民のが、皇大神宮別宮という大変立な格式の御宮に倭命を御鎮座するという価値ある結果を結んだのだ。宮の御宮の中でも、最も新しい神社である。

豊受大神宮(外宮)

大神宮が伊勢に御鎮座してから約500年後に、『丹波の治(ひじ)の名井(まない)の原という所にまつられている豊受大神を御饌(みけ)つとして私の近くによんでほしい。一人では大御食(おおみけ)(お食事)も安心して食べられない』と天照大御神から雄略天皇への示があり、丹波のから伊勢の度会の山田原にお迎えして御宮を建てられたことが、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の由緒である。伊勢神道(度会神道)は、豊受大御をおりする外宮が内宮より至上の神社と考えた。

豊受大御天照大御神の大御気をであることから外宮だけにあるのが御饌殿(みけでん)。毎日夕の二度、々に御食事を用意する日毎夕大御食祭(ひごとあさゆうおおみけさい、通称常典御饌は、1500年以上前から、一日たりとも欠かさず営々と続けられている日本世界)最長の祭事。忌火屋殿(いみびやでん)は神様の御気を調理する台所とされる。忌火とは「特別な火」の意味ですべての事や宮中で使用される清浄な火であり、外宮では弥生時代に発明された「舞錐式発火法」で火をきりだす「御火鑽具(みひきりぐ)」を使用して、饌(神様の食事)を調理する忌火を現代でも起こしている。また、神様にお供えする御料は、毎、上御井神社(かみのみいのじんじゃ)からんでおり、この御は、高原の穂井(あめのおしほい)から移されたと伝えられている。

主祭神
  • 豊受大御(とようけのおおみかみ)

    天照大御神の大御食をる御食。また、衣食住あらゆる産業の守りとして厚く信仰され、とりわけ食物・穀物を女神

相殿神

豊受大神宮別宮

多賀宮(たがのみや)

宮前の池の横の石を過ぎ、土宮と宮の間にある石段を98段登った丘の上に鎮座。外宮での個人的なお願い事は、是非多賀宮で。外宮の多賀宮と、内宮の荒祭宮。宮を代表する二柱の荒御魂を御りする宮社には鳥居がない点も興味深い。

  • 豊受大御荒御魂*2(とようけおおみかみのあらみたま)

土宮(つちのみや)

  • 大土御祖(おおつちのみおやのかみ)

    山田の原の守護宮川の氾濫や、防を守護する神様とされる。また、日々の暮らしや人々の生活を支えてくれる外宮宮域の土地の土着とされる。

月夜見宮(つきよみのみや)

JR伊勢市駅前から南に10分。また、外宮から北に徒歩で10分。厚生小学校のすぐ裏手にあり、皇大神宮別宮の宮が尊と尊荒御魂がそれぞれ社殿を分けて御りしているのに対し、こちらは月夜見尊の和御魂と荒御魂が一つの社殿に合わせて御りされている豊受大神宮(外宮)別宮の神社、欅、その他常の木々のおい茂った社がある。一歩域に入ると、町中の御宮とは思えない清らかな静謐が感じられる。地元では「つきよみさん」と親しみみを込め呼ばれている。

「豊受大神宮(外宮)」の北御門と「月夜見宮」を結ぶ一直線のは通称「路通り」と呼ばれる路で、の通い路として神話の時代から存在していたと伝承され、中は歩かない、また穢れに触れてしまった者はそのを避けて通らなかったという習慣があった。月夜見命がに乗って豊受大御の許へ向かったとされる「伝説」も伝えられている。路通りのい石畳が、月夜見尊の御へと変身するのだ。

宮柱建て初めしよりの往きかふ中のふる の宮仕へとて夙(つと)に起き通ふ路を清めざらめ


風宮(かぜみや)

宮は神様で、の順調をお祈りする農業に関する神様を御りする御宮であるが、元の際に二度のを起こしたのが宮とされ、以降は護の祈願対にもなっている。 また昭和33年伊勢湾台風宮の参の巨木が次々となぎ倒された際も、宮では倒木のために宮の茅葺屋根のみがっ二つに裂けて壊れただけで、内宮外宮共に宮以外は一切の被が出なかった。神職や地元民からは自らが受け入れ他の社を守られたという逸話が根強く伝えられ、困難なときに現状打破を願ってお参りするとが開けると信仰される。


*2和御魂(にぎみたま)、荒御魂(あらみたま)について

日本では、古来よりの御魂(御霊、御心)について人間に様々な恵みをもたらす一面、「和御魂(にぎみたま)」と逆に災などの災いをもたらす別の荒々しい一面、「荒御魂(あらみたま)」の2つの側面があると考えられており、同一のでも全く異なる程のしい性を持つと考えられてきた。これは、日本人自然に対する感謝と畏敬の観念が、々に対する思想として反映されたアニミズム的解釈論である。災いをもたらす程の荒々しい一面である荒御魂は荒魂(あらたま)と呼び、動的で勢いのある性は、伊勢神宮では別宮として両方を御りする。

式年遷宮

宮では、20年に一度宮式年遷宮(式年遷宮)と言う、社殿・御装束(おんしょうぞく)・御宝(ごしんぽう)を全く同じ形で新造し、御体を新しい御正殿に移す儀式『遷御の儀』が1300年に渡り連綿として執り行われている。簡単に言うと、『神様に全く同じ形の新居にお引越し願う儀式』であるが、紛れも日本国の最重要祭事なので、々にリフレッシュしてもらうための並々ならぬこだわり振りが発揮される。

飛鳥時代の7世紀から原則20年ごとに行われた伊勢神宮の式年遷宮だが、朝廷が落ちた中世になると、遷宮のための多額の費用と時間を捻出できなくなった。しかし、織田信長正13年(1585年)の式年遷宮を計画し、1582年に本能寺の変で討ち死にする。それを臣であった豊臣秀吉が実行し、下人が変わった徳川家康継続させた。戦国時代に式年遷宮を復活させたのは、何を隠そう彼ら戦三傑武将である。

準備期間……約8年 / 総工費……570億円以上 / 使用する御用材……ヒノキ1万本 / 1300年前と変わらぬ宮大工の工法

一新される御装束や御宝。それらは714種、1576点を数え、内宮と外宮の両正宮と14の別宮に奉献される。人間国宝ら当代随一の名工、名が、数年から十数年をかけて丹念に作り上げる。もちろん、全てボランティアでの制作

この式年遷宮には、「常若(とこわか)」と言う、常に若々しくきを放つ存在としてのへの思想が根付いている。20年毎に宮の建物を総とっかえすることで、宮はどの時代においても「古く」ならず、常に「新しさ」を備えて伊勢の地に佇んできた。宮が世界遺産に登録されない一の理由だが、そんなものはどうでもよく、々にさらなるご威を発揮していただくことが何より先決して大事である。

経済研究所では、2013年度の式年遷宮に伴う参拝客の急増などによる経済効果を、2416億円と試算した。

神宮宮域林

伊勢面積の約1/4を占める内宮の宮域は、五十鈴川川上につらなる路山と路山で総面積5500ヘクタールの広さがあり、の方の3500ヘクタールには将来の式年遷宮御用材造成と確保のためのヒノキの造となっている。域と宮域に大別され、域は社殿を中心とした付近93ヘクタールの区域で創建以来一度もを入れたことのい禁伐となっている。宮域はさらに域周辺と宇治付近1000ヘクタールの第一宮とそれ以外の4400ヘクタールの第二宮に区別される。第一宮は大部分を天然が占め、木の育成に必要な場合を除いて伐採が禁じられている。第二宮五十鈴川と宮域の致保全を的としている他、社殿造営用の備材もここで育てられている。式年遷宮で御用材として必要なヒノキの数は1万本とされている。

建築様式

宮の建物は『唯一神明造り(ゆいいつしんめいづくり)』といい、出雲大社の大社造とともに、日本最古の建築様式を伝える。ヒノキの素木を用い、切妻、入の高床式の穀倉の形式から、宮殿形式に発展したものである。屋根は萱で葺き、柱は掘立、全て直線的である。屋根の両端には内削(切)の千木が高くそびえ、棟には10本の木が列び、正殿を中心にして、瑞垣・内玉垣・外玉垣・板垣の4重の御垣がめぐらされている。 正殿のお屋根は萱葺で、両妻は直径79cmの太い棟持柱が支えている。その棟には屋根の重しである木が10本列び、その東西両端、破の先端が屋根を貫いて、千木になっている。内宮では、千木の先はに切られていて、これを内削(うちそぎ)という。

内宮では千木が切の内削ぎ、木が偶数の10本。外宮では千木が垂直切の外削ぎ、木が奇数の9本と覚えるといい。同様に、別宮では祭男女を問わず内宮別宮は内削ぎ・偶数の木、外宮別宮は外削ぎ・奇数の木であり、摂社・末社・所管社も同様である。同じ女神であるのにこのように違いがあることは興味深い。

神宮の基本知識とマナー

  • 宮』とは、『天皇』が、『天照大御神様』に、『日本国民一人一人の幸せを願う天皇の場所』のことです。

    安時代に編成された「伊勢宮式」では、「天皇以外の者が奉幣すること」が禁止と書かれており、そもそも民衆が宮に立ち入ることはまかり通りませんでした。

    それでも伊勢に行きたいという民衆の気持ちが抑え切れず、江戸時代には「お蔭参り」・「ええじゃないか」として熱狂的な一大ブームにまでなりました。参拝者は参宮がった喜びや、生きていることの感謝を伝えたとされます。

    日本国民が宮にお参りすることには、天皇の益々の健康と繁栄を祈り、日本国の安寧を祈願するのが常識です。

  • 伊勢神宮の最も重要な規定は『私幣禁断』。つまり、個人的な願いをかなえようと手を合わせてはいけません、お賽銭を投げてはいけませんということ。

    内宮・外宮ともに御正宮には御賽銭箱が設置されてありません。御正宮にはい敷布が敷いてあって、そこにはおさい銭がちら ほら見られます。あれは、おさい銭を投げ込む輩がいて、人の手が触れたお金が地面に接触して聖域穢れてしまうのを防ぐための 「防御装置」です。式年遷宮用の募が用意されていますので、そちらに寄付しましょう 。

  • 一般のに例えると「門」にあたる鳥居は、くぐる際は必ず脱帽し一礼します。宮では、ペットの同伴は禁止されています。

  • 宇治域に架かる他の、御正宮へと続く玉砂利の敷かれた、それらのの中央を歩かないようにしましょう。中央は 「正中」と言い、憚られます。参拝時も正面に立つのではなく、少し脇に寄って二拝二拍手一拝をしましょう。

  • 一般のに例えると「玄関」にあたる手水舎では、

    1. 一拝一拍手
    2. 左手をすすぐ
    3. 右手をすすぐ
    4. 左手で口をすすぐ
    5. 左手をもう一度すすぐ
    6. 柄を洗う
    7. 一拝一拍手
    の順に行います。御手洗場(みたらし)で手と口を洗うのも正式な作法です。

  • 内宮の御正宮は石段の下までで撮影が禁止されています。外宮の御正殿もそうですが、迷惑な撮影はなにより不敬です。

  • 宮におみくじはありません。外宮・内宮の神楽殿ではご祈祷を受けたり、神楽を奉納奉拝することができます。大麻、お守りも受け取ることが出来ますが、大麻・お守りともに神様の御魂分けがなされたありがたい品ですので、必ず棚にお供えしましょう。詳しくは 神宮大麻 - 西野神社 社務日誌 をご覧ください。

用語解説

御装束(おんしょうぞく)
式年遷宮で建て替えられた社殿内を飾り立てる奉飾品や
宝(ごしんぽう)
々にげる武具や楽器などの調度の品々
化成(かせい)
形を変えて他のものになること
祭(にいなめさい)
収穫祭にあたるもので、11月23日にその年の収穫に感謝する。

唄・名言

民も常に心を洗はなむ みもすその清き流れに

明治天皇


何事の おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる

西行法師


深く入りて路のをたづぬれば また上もなき峰の松風

西行法師


ここは心のふるさとか そぞろ詣ればごころ うたた童にかへるかな

吉川英治


御子良子の 一本ゆかし

松尾芭蕉


伊勢七たび、熊野にゃ三度愛宕さんへは参り

伊勢音頭


伊勢参らばをかけよ、かけねば片参り

伊勢音頭


伊勢神宮参りでは、内宮に行く前、宇治を渡るだけでもう清な雰囲気を感じて、伊勢神宮に来たという気持ちになる」

鍵山秀三


宇宙規模の大きさがあって、その前に立っていられるありがたさがある」

北野武


「この聖地において、私は、あらゆる宗教の根底的な統一性を感得する」

アーノルド・トインビー


世界で一番古くて新しいもの」

アントニオ・レイモンド


あそこに<永遠なるもの>の祖形が、遷宮という仮を通して千古なお生き続けている」

アンドレ・マルロー


「初めて伊勢神宮を訪れたときも、私はまるで違和感を覚えなかった。むしろなつかしささえ感じ、すっかり気持ちがやすらいだものだ」

C.W.ニコル


宮の建築は、ギリシアのパルテノンにすべき、すばらしいものである。から降ってきたようなこの建築は、日本固有文化の精髄であり、世界建築王座である」

ブルーノ・タウト


お伊勢参り(ご参宮)の仕方

に二十五社ある宮号の神社で、参宮と呼ぶのは宮への参拝だけです。昔から「一生に一度は詣りたい」と言われる宮は、三重県伊勢からすぐ近くの以外にもアクセスの良い立地にあります。

直会をするまでが正式な参宮です。宮での参拝が了したら、すぐ近くにある伊勢神宮内宮の鳥居前門前町「おはらい町」の中ほどにおかげ横丁があります。赤福アワビに手こね寿司と美味しいものがたくさんあります。

アクセス

遠方からのお伊勢参り

近隣県からのお伊勢参り

観光特急しまかぜ

観光列車つどい

神都バス

外宮から内宮までは5.5kmと以外に距離があります。そんな時に役立つのが、式年遷宮で観光客が賑わいを博す伊勢に新たに運行を開始した「バス」です。外宮前⇔内宮前で、大人700円・小人500円です。昔懐かしいチンチン電車デザインです。

※年末年始やゴールデンウィーク伊勢神宮で大きなイベントが開催される際は交通規制が行われます。その際は、伊勢西IC伊勢ICではバスタクシーバイク緊急自動車許可以外は降りられなくなります。
そのため、うっかり玉城ICを通過してしまった場合は伊勢自動車道に直通する伊勢二見鳥羽有料道路に誘導され、特設有料駐車場に強制的に駐のうえ、専用シャトルバス伊勢神宮に向かうことになるので要注意!

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE
ページ番号: 4228721 リビジョン番号: 2349840
読み:イセジングウ
初版作成日: 09/12/10 17:47 ◆ 最終更新日: 16/04/14 20:27
編集内容についての説明/コメント: 全体のスタイルを修正、項目の整理、重複した内容・切れているリンクの削除、一部文章の変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊勢神宮について語るスレ

19 : ななしのよっしん :2015/02/13(金) 12:50:36 ID: Z7v/96DMzQ
オススメ記事おめ
これぞ三重県民の誇り
20 : ななしのよっしん :2015/02/14(土) 13:30:34 ID: H6Em9Bugg4
文字ばかりでこれではWikipediaと一緒
ニコニコ色がない
21 : ななしのよっしん :2015/02/14(土) 16:33:46 ID: JhGzxM/dcq
>>20
今までのおすすめ記事の全てを読めばそんなこと言えなくなるよ
22 : ななしのよっしん :2015/02/16(月) 15:18:52 ID: oSdYy4G2Ui
今年既に2回行ったけど、やっぱ何回行ってもあの雰囲気は
たまらないものがあるなあ
23 : 1128 :2015/09/02(水) 05:01:32 ID: y8ES58BMUg
「一度は行け」「雰囲気が好き」って感想はよく見るけど、
宮に「さ」をめるなら初詣はやめとけ
あの時期は良くも悪くも観光地でしかないから

ただ、「聖地でありながら観光地でもある」という面さを見たければ、正月も面いけどね
(できれば「メッカ」関連の動画等で較することを勧める)
24 : ななしのよっしん :2015/10/22(木) 21:13:52 ID: GBSX8sERUL
オフシーズン平日マジおすすめ
25 : ななしのよっしん :2015/11/01(日) 00:14:47 ID: ahPCJ4NCbn
やっと参拝できてとても清々しい気持ちです。
26 : ななしのよっしん :2015/11/01(日) 11:17:45 ID: nS/cdSdMtH
今日駅伝大会か。弓道駅伝日本一伊勢で決まるんだよな。
27 : ななしのよっしん :2015/11/19(木) 19:30:49 ID: y/ksF98iWh
ISとかの日本での標的の一つになっているらしく、伊勢志摩サミットに乗じて伊勢神宮への攻撃あり得るらしいとか。
28 : ななしのよっしん :2015/12/23(水) 13:30:59 ID: h1497ul5L7
内宮の近くに色いファミマ(しかもイートインコーナー付きと割と最近の出店形態)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015