単語記事: 伊藤賢治

編集

僕にとっては、『今』が一番なんです。

Re:Birth/聖剣伝説 伊藤賢治アレンジアルバム ライナーノーツより

伊藤賢治とは、SAGAシリーズなどの音楽担当として知られるゲーム音楽作曲家、ピアニストである。

→ゲーム音楽の作曲家一覧

概要

元スクウェア所属のゲーム音楽作曲家で現在はフリー(gentle echo主宰)。
近年はPiece of Wonderや植松伸夫との共演など、ライブ/コンサート活動も精力的に行っている。

スクウェアではサガ2秘宝伝説の植松氏との合作(これが作曲デビュー作)、聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜におけるソロで始まり、ワイルドカードへの作曲を以て退社する。

「イトケン」の愛称で親しまれ、特に戦闘曲に関してはカリスマ的な存在である。但し、本人曰く戦闘曲は得意でないとのこと。穏やかな優しい曲にも定評がある。

ファンタジー作品でギターがぎゅんぎゅん鳴ってドラムがドスドス響きまくるのは日常茶飯事。
時には曲の半分以上がイントロみたいな曲を作ったり、毒魔法をピョイピョイプゥにしたり、いきなりヘェーラロロォールノォーノナーァオオォーしたりもする。

ニコニコ動画でも彼の戦闘曲メドレーは非常に人気がある(※ただし、版権曲を無断アップロードする行為自体には苦言を呈している)。
他の作曲家の楽曲をイトケン風にアレンジした、という動画も数多く投稿されている。(→ロマサガ風アレンジ)

ゲーム自体それほどしない上、サガシリーズが軒並み難易度が高い作品なので、自身が担当したゲームはあまりプレイしたことがない。ただし、新約聖剣伝説はプレイしたそうだ。しかし、(本人にとっては)難しかったようで、わざわざスタッフに電話して攻略法を聞いたそうだ。新約ってそんな難しいっけ?ちなみに、氏にとって聖剣伝説1は初のソロ担当だったこともあり、非常に思い入れのある作品である。そのため、久々に4の担当になった際は嬉しかったらしい。なお、ゲームの出来は

作風

バラードが得意、と自負することから非常に情緒ある曲が多い。また雰囲気を重視したメロディーであるため、聞いていて飽きが来ない。ロマサガ2まではクラシカルな曲が多かったが、ロマサガ3では割とカオスな世界観だったせいか曲のジャンルにも幅を利かせてきた。次作のサガフロンティアでは、西洋な世界観から完全に乖離したものになったため、音源の増加もあってか「作曲しやすかった」と述べている。本作で初めてテクノミュージック、プログレミュージックを作曲した。尚、プログレの作曲にはご存知師匠こと「植松伸夫」に助言してもらったそうだ。その後カルドセプトではジャンルの変化もあってか、サガフロンティアを昇華させたような様々なジャンルの曲を産出。ミンサガでやや原点回帰するも、前述の通り「熱情の律動」が生まれることにもなった。原点回帰というのならば、名実共に聖剣伝説4が最も近いだろう。

バトル曲は1フレーズ毎にドラムが入ることが多い。
例「~~♪、ドコドン!、~♪」といったかんじである。
サビの部分が低音で、そこだけ聞くとバラード調に思えるのが特徴。いわゆるクサメロという部類で、聞いててこっちが恥ずかしくなるくらいものっそいメロディーが臭いものになっている。しかし、ゲームを愛する諸兄の皆様には非常にウケがいいため、これこそイトケンの真骨頂、称して「イトケン節」と言われている。ちなみにイトケン節とは、(デビュー当時)三和音しか出力できない環境での苦肉の策である。

ロマサガシリーズを担当しなかったかもしれない?

ロマサガシリーズにおける数々のBGMが生み出されない可能性もあった。

『Sa・Ga2 秘宝伝説』のあと『聖剣伝説2』と『ロマンシング サ・ガ』のどちらを担当するか植松伸夫に聞かれ、伊藤は『聖剣伝説2』を選んだ。前作『聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜』を担当した流れからである。

その後、一日考えた植松に『ロマンシング サ・ガ』を担当して『ロマンシング サ・ガ』プロデューサー・河津秋敏に揉まれてくるようにと言われる。

この植松の判断がなければ『ロマンシング サ・ガ』はもちろん、『ロマンシング サ・ガ2』や『ロマンシング サ・ガ3』、そして『サガ フロンティア』のBGMが生み出されなかった可能性は高い。

バトル曲の逸話

氏の特徴といえば言わずもがなバトル曲だが、デビューから現在まで未だにバトル曲が苦手だという。以下、バトル曲にまつわるエピソード一覧。

Q.イトケンさんといえばバトルですが、苦手ということでプレッシャーを感じませんか?
A.感じますね! 

  • 秘宝伝説サガ2の作曲の際、師匠から「通常とボス戦よろしく」と頼まれた際に断ろうとした。しかも三和音というコンポーザ泣かせの環境で弱音を吐いたが、師匠からを飛ばされ、何とか書き上げることに成功。さすが音魔導師である。
  • バトル曲を書くたびにため息が出る。でも頑張って作っちゃうからクオリティが上がっちゃう。
  • ロマサガ3の「四魔貴族バトル2」はイントロだけで数週間かかった。ちなみに再生してもイントロだけで1:07かかる
  • ロマサガ1の「決戦!サルーイン」はX JAPANを(間接的にだが)参考にしたと公言している。
  • サガフロのCM販促用のBGMを作曲して提出したが曲名がなかった。その時咄嗟につけた名前が「Battle #4」。今でこそ名曲として名高いが、味気なさ過ぎるんじゃないか。
  • サガフロのBattle #1のイントロは四魔貴族バトル2よりはマシだが長いが、これはバトルに入るまでのロードのためにわざとした…のは全くのデタラメであり、真相は以下である。

イトケン「ねえキョン(小泉今日治の愛称)、バトル曲書いたよ、どう?」

キョン「いいね、でもイントロ長くない?バトルの尺に合わないよ?」

イトケン「ゑ?じゃあバトルまでのロード長くしてよ。できるでしょ?キョンなら^^」

キョン「何言ってんのこの人!?

  • サガフロでは主人公分のラストバトル曲を書き上げるという脅威の制作環境だったが、その際はアセルスにはクラシック(One Night Re:birth Againインタビューより)、T260Gにはプログレ(勿論アドバイザーはあのヒゲ師匠である)を大胆に活用し、自らの作風に新たな風を巻き起こしたという。実際、サガフロの環境が最も作曲しやすかったと言う。
  • ミンサガ及び聖剣伝説4の作曲の際、バトルのほとんどを関戸剛に押し付けようとしたPTA大困惑。実際、聖剣伝説4のバトルの大半は関戸剛が担当している。(イトケンがフルで作曲したのはラストバトルと愚者の舞のみ
  • 河津神から「ロマサガっぽいくさメロバトル書いてよ」と言われてやけくそ気味に書いたのがBelieving My Justice
  • モンスターキングダム ジュエルサモナーで通常バトルを担当され、やけくそで書いたらボス戦はおろかラスボス戦を食うほどの神曲になってしまった。目黒将司・下村陽子「「あいつ何とかしてくれよ」
  • クロスゲートの曲である「剣もて疾る」→「閃光」→「戦士の誇り」を順番に聴くと…。
  • ポップンミュージックでは直々にバトル曲をお願いされて渋々バトルXIIIを書いたが、次回作ではスパニッシュバラッドというよくわからないバトルを執筆した。
  • でもギタドラではバトル曲を二曲続けて提供。特にShake and Shout!!の作曲は非常に難産だったことを激白。
    ちなみに珍しいことだが、この曲のロングバージョンはあまり出来が芳しくない。(あくまでバトルXIIIとOVER THE LIMIT!と比べてである)気になる人は検索して視聴してみるといいだろう。
  • デビルサバイバー2でもやっぱりバトル曲を担当。どう聴いてもロマサガ(特に運命への挑戦)です。本当にありがとうございました。
  • バレットソウル(かの悪名高いこんにゃくアニメ版を輩出した5pb作)ではRESONATORとして高橋コウタと合作負担軽減のためかライナーノーツも生き生きとしてる。楽曲もバリバリロックでノリがよい。でもステージ1はやっぱりロマサg(ry
  • Re:BirthIIではまさかの「サガバトルアレンジ」というファン垂涎のコンセプトで、氏の絶対自由すぎる音の連携が炸裂(特に七英雄バトル)し、ファンを興奮させた。
  • 決戦!サルーインは当時隆盛を極めていたX JAPANを後輩から借りて参考にしたという。その後輩、GJにつき
  • Battle #5は色んな人からTHE ALFEEみたいと言われる(本人も自覚済み)が、それを踏まえて自分の個性をどう活かすか試行を重ねたという。
  • パズドラZの作曲の際、依頼曲の1/3がバトル曲だった。

それ以外の逸話

  • ピアノの音に聴き入って足を止めた際、母に「ピアノやりたい?」と聞かれて頷いたことから、音楽への道が拓けた。ただし、男のくせにピアノを嗜むという偏見のせいで、よくからかわれたらしい。
  • 何故か姉がいるという噂がひとり歩きしていたが、2012年8月24日のニコニコ生放送にて本人が「一人っ子ですよ」と姉の存在を否定した。但し崎元仁氏のスタッフの中に公認の妹[偽]が居る模様……。
  • ゲーム音楽への目覚めは、友人がプレイしていたドラゴンクエスト3がきっかけ。
  • 就活の際、様々なゲーム会社へデモテープを送ったが、面接まで進めたのがスクウェア(現スクウェア・エニックス)のみだった。現在は落ちた企業からもお仕事をもらっている。
  • 杉田智和とのTwitterで、何故かけいおん!の話題に。イトケンは紬推しだった模様。
  • 同期でもあった北瀬佳範との対談のとき、「今のFFはツマラン。やはり昔のFFに戻るには坂口さんや植松さんが不可欠」と力説。「誰がまとめるのさ?」と渋い北瀬に対して、「そういう役割を俺が、いや俺が!ってやる気を出す人材が求められてるよね」と、珍しくスクエニの現状を批判した。でもイトケンはFFはあまり担当してない。
  • 担当しているパズドラもプレイしているが、まだまだ(自称)初心者らしい。ちなみに、ドラゴンボールコラボの際、バンドメンバーである山本健司がその作曲者であることを知らなかった。また、パズドラの仕事を依頼された際、ゲームのプロトタイプを見て「これ面白いんですか?」と疑問をぶちまけた。
  • かなりの(逸話っていうか特徴だが)。MC担当が増えていったことにより、その才能も声を活かして花開いている。
  • SSGやロマンシング佐賀で最近何かとイベントの多い本シリーズだが、イトケンはその時のトークショーにほぼ必ず参加している。いかにコンポーザーとはいえ担当作のイベントにここまで出張するのも珍しいのではないだろうか。単に暇なのか目立ちたがり屋なのか。

手がけた作品 

  • サガシリーズ(秘宝伝説、時空の覇者SoL、ロマサガ全作、サガフロ1、ミンサガ、SSG)
  • カルドセプト(楽曲提供はセカンド以降)
  • 聖剣伝説
  • クロスゲート(アップデート以降)、コンチェルトゲート
  • ポップンミュージック(13 カーニバルで初参加)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズX(数曲編曲を担当)
  • ファイナルファンタジーIV、V(サウンド担当)
  • チョコボレーシング -幻界へのロード-
  • GuitarFreaks & DrumMania(V6で初参加)
  • モンスターキングダム
  • ポケモン不思議のダンジョン 炎/嵐/光の冒険団
  • 杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン オープニング曲(2011年5月から)
  • ロマンシング佐賀
  • デビルサバイバー2
  • 勇者30SECOND
  • バレットソウル 弾魂
  • 式姫草子
  • パズル&ドラゴン
  • パズドラZ
  • Ragnarok Online(各アレンジCDの編曲)
  • Re:Birthシリーズ
  • かくりよの門

など。

記事のある楽曲

  • A Piece of Courage
  • 運河要塞
  • OVER THE LIMIT!
  • おれたちゃ海賊 / 俺たちゃ海賊
  • 果断なる勇
  • 神々への挑戦
  • クジンシーとの戦い
  • 下水道→(世界一カッコイイ下水道)
  • 決戦!サルーイン
  • 玄城バトル
  • 心のたからばこ
  • Shake and Shout!!
  • 七英雄バトル
  • シドのテストコース
  • 死への招待状
  • 邪聖の旋律
  • 術戦車バトル
  • 水晶の廃墟
  • 絶対自由
  • 戦いの序曲
  • 戦え!アルカイザー
  • トレード
  • 熱情の律動→(ヘェーラロロォールノォーノナーァオオォー)
  • バイオの音
  • Battle#5
  • Believing My Justice
  • Last Battle -T260G-
  • 流星のビヴロスト
  • レオナルド・ラボラトリー(別名:イトケン大丈夫か?)
  • 呼び醒まされた記憶
  • Re:Birth(伊藤賢治)

関連人物 

  • 植松伸夫…師匠。彼がいなければ、イトケンは今とは違う評価だったのは間違いない。
  • 関戸剛…相棒。主にミンサガ以降、共作が多い。
  • 高橋コウタ…5pbで得た新たな相棒。
  • 河津秋敏…サガにイトケンあり、を確立した偉大なる神。
  • 浜渦正志…後輩であり、正当なるサガの後継者。勇者30 SECONDを除いて、今現在共作はない。
  • 岸川恭子…熱情の律動やデス戦、はたまた愚者の舞でボーカルを務めた歌手。
  • X JAPAN…決戦!サルーインの参考にしたという。
  • 光田康典…シャドウハーツ2にて共作。2001年には氏によるインタビューも行われた。
  • 下村陽子…サガっぽい聖剣伝説LOMのコンポーザを務めた。光田氏を交えた座談会も開かれている。
  • REVO…イトケンを「師匠」と呼び、過去にはサガシリーズのアレンジも行っていた。

関連動画 

関連商品

関連項目

  • ゲーム音楽
  • スクウェア
  • ロマサガ風アレンジ
  • 植松伸夫 - 師匠

関連リンク 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%B3%A2%E6%B2%BB
ページ番号: 152794 リビジョン番号: 2396837
読み:イトウケンジ
初版作成日: 08/05/25 23:12 ◆ 最終更新日: 16/08/21 09:27
編集内容についての説明/コメント: 一文のみ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Believing...

伊藤賢治について語るスレ

177 : ななしのよっしん :2016/02/05(金) 08:20:05 ID: tAO9FQzmoL
いまさらだけど、バトル曲の逸話のところ、
プログレ活用したのはT260Gじゃなくてエミリアじゃないか?
T260Gどうみてもテクノだと思うんだが。
178 : ななしのよっしん :2016/03/03(木) 22:28:53 ID: IeTpo6ZYh9
パズドラのマルチバトル用曲何回聞いても飽きない…
179 : ななしのよっしん :2016/03/11(金) 15:50:32 ID: Afexka5UYn
>>lv254586813


180 : ななしのよっしん :2016/03/17(木) 13:24:56 ID: Afexka5UYn




>>lv255170285
181 : ななしのよっしん :2016/04/02(土) 05:09:35 ID: 83a1ZxZAr7
おおかみかくしのRainすき
182 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 14:54:47 ID: OFwAuL9S3u
サガフロのAloneはトラウマだけど綺麗でいい曲
183 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 09:48:38 ID: 2MgMkH2Liy
パズドラの戦闘曲聴いてるとマジでバトル曲作るの苦手だったとわかるんだよな
184 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 15:38:29 ID: ke09gEsD/y
イトケンとキョンとサガフロのバトル#1の小話がどこかルーデル染みてて笑う
185 : ななしのよっしん :2016/12/30(金) 17:00:09 ID: uwf+yDKxok
単体でもレジェンドのイトケンとかそれを発掘した師匠ポジの植松伸夫とか、つくづくかつてのFFは神々の集いだったな…
186 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 16:54:41 ID: 7TqYKlaojo
サガスカの曲も最高
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015